政令指定都市シリーズ

【横浜市・面接攻略ガイド】過去の試験で質問された内容と面接カードの書き方を解説

お悩みさん
お悩みさん
・横浜市の面接試験って特徴とかある?

・面接でよく聞かれる質問ってどんなもの?

・面接の対策法とかコツとかあれば知りたい!

このような疑問にお答えする記事になっています!

 

公務員試験、とくに面接は多くの受験生が振り落とされ、半分以上の人が脱落してしまいます。

せっかく1次試験を通過したのに、面接で落とされるのだけは何とか避けたいですよね?

というわけで、

 

本文では、

  • 横浜市の面接の傾向と対策
  • 横浜市の面接カードについて
  • 横浜市の面接でよく聞かれる質問

について解説しています。

 

横浜市の採用試験に合格したいなら面接対策を万全にする必要がありますが、そもそも万全の対策って何をしたらいいの?と分からない人も多いはず。

結論から言いますと、過去の試験でよく聞かれた質問を把握し、その質問に対して「やる気と人柄」が伝わる回答を準備することが最高の対策になります。

また、面接試験を左右するといってもいい「面接カード」を完璧に書き上げるのも面接を有利に進める上で重要な戦略になります。

この記事では横浜市の面接でよく聞かれる質問に加えて、面接カードのポイントも紹介しますので、ぜひ記事の最後までお付き合いくださいね!

赤ずきん
赤ずきん
別の記事では横浜市の論文(作文)対策も紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね!

横浜市:面接試験の傾向と対策

まず始めに、横浜市の面接試験の傾向を説明します。

  1. 面接は2次~3次試験で実施
  2. 面接でチェックされるポイント
  3. 合格率

①:面接は2次~3次試験で実施

大卒事務・社会人経験者枠・就職氷河期世代枠では、最終合格までに面接試験が2回実施、その他の試験区分では1回行われます。

他の自治体同様、横浜市においても面接試験の配点が高いことから、「人物重視の採用基準」になっていると言えますね。

②:面接でチェックされるポイント

横浜市の面接試験でチェックされることは次の通りです。

 

積極性
  • 物事に全力で取り組むことができるか
  • 自分の意見を言うことができるか
  • 熱意や意欲を持って物事に取り組めるか
協調性
  • 円滑な人間関係を構築できるか
  • 他人を思いやり、自己中心的なところはないか
  • 集団の中で協調性をもってやりとりできるか
責任感 
  • 誠実にものごとに対処しているか
  • 公務員として倫理的・自覚のある行動ができるか
  • まじめで、信頼できるか
安定性
  • 精神面に落ち着きがあり、安定しているか
  • 自分を律することができるか
  • 困難に直面しても諦めずにチャレンジできるか
表現力
  • 質問に対する応答は適格か
  • 話している内容に一貫性があるか
  • 話し方がわかりやすく簡潔か

 

すべて重要ですが、中でも重視されるのは「積極性」と「協調性」になります。

採用側は「自分で考え、失敗を恐れずにチャレンジできる人材」を採用したいという思いがあります。

また、公務員の仕事はチームワークが大事なので、職場での人間関係を上手くやっていける「協調性のある人」を望んでいます。

「これまでに努力してきたことは?」

「苦手な人はどんなタイプの人ですか?」

このような質問を通じて「あなたの人柄と熱意」を十分にチェックされることになりますので、面接官に自分を売り込めることが出来るような回答を必ず準備しておきましょう!

 

圧迫面接って公務員試験でもあるの?

結論から言いますと、

 

公務員試験では圧迫面接はありません!

 

たとえば、「あなたのやりたい事は公務員じゃなくて民間企業でも出来ますよね?」みたいな、ちょっと意地悪でプレッシャーをかけるような質問は来ないということ。

私のような就職氷河期世代が就活していた2000年代前半は「圧迫面接」が流行っていたのですが、最近は「圧迫面接する自治体(企業)=ロクでもない組織」と思われるということから、圧迫面接は一部のダメな組織でしか行われていません。

主に「あなたに関すること」や「自治体の課題について」などがよく聞かれています。

③:合格率

区分 合格率
大卒程度 約30%
高卒程度 約40%
社会人採用 約15%

 

面接試験の合格率は、だいたい上の表の通りです。

1次試験を突破して安心する人も多いですが、2次試験でも3人~7人に1人しか合格できない競争率なので他者から一歩リードできる面接対策をすることが求められます。

赤ずきん
赤ずきん
横浜市の詳しい倍率を知りたい方は以下の記事で確認してみてね!

横浜市:過去の面接試験で頻出の質問

横浜市でよく聞かれる質問は次の通りです。

 

  1. 緊張していますか
  2. なぜ公務員になりたいのですか
  3. なぜ横浜市を志望したのですか
  4. 併願状況を教えてください
  5. 複数の自治体に合格したらどうしますか
  6. 自己PRをしてください。
  7. 長所、短所はありますか
  8. 長所をどのように仕事に活かせますか
  9. 試験に落ちたらどうしますか
  10. 民間企業を受けることは考えなかったのですか
  11. 短所が原因で失敗した経験はありますか
  12. 短所を克服するために行っていることはありますか
  13. 横浜市の施策で興味のあることはありますか
  14. 今までの経験で取り入れることができるスキルはありますか
  15. 学生時代に心に残っていることは
  16. 退職した理由は何ですか
  17. 公務員に転職したい理由は何ですか

 

これらは頻出の質問のほんの一部です。

面接対策って具体的にどうすればいいの?と悩む受験生も多いですが、対策の本質は、

 

  1. 質問される内容を事前に頭に入れておく
  2. その質問に対するベストな回答を準備する
  3. ハキハキと元気に話す練習をする

 

難しく考える必要はなく、この3点だけでOKです!

スポンサーリンク




横浜市:面接カードについて

面接カードとは様々な設問に答えた上で事前に提出するもので、面接での質問の材料に使用されることになります。

ちなみに、横浜市の面接カードで問われる質問は以下の通りです。

 

  1. 学歴
  2. 職歴
  3. 資格・免許等
  4. セールスポイント
  5. 改善したいところ
  6. ゼミ研修課題・得意な科目・得意分野など
  7. 趣味・特技
  8. 志望理由(200字以内)
  9. 今まで力を入れて取り組んできたこと(3つ)
  10. 今まで取り組んだことのうち、成果や達成感を得た経験(200字以内)

 

答えやすい設問もあれば、どう書こうか悩んでしまう設問もありますね。

④、⑤、⑧、⑨、⑩あたりの設問には頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか?

すでにお話した通り、あなたが面接カードに書いた内容に沿って面接試験では質問されることになります。

なので面接が上手くいくかどうかは、「面接カードの出来次第」といっても過言ではありません!

 

また、面接カードの設問と同じ内容の質問をされた場合、同じ解答をした方が良いのは当たり前!

たとえば、あなたの集団の中での役割を問われた場合、面接カードには「縁の下の力持ち」と書いてあるのに、面接本番では「リーダーだった」と答えるのはチグハグですし、話に一貫性がありません。

そうなると当然、「この人は嘘つきなのかな・・・」と、面接官からの評価は爆下がりしてしまいます。

なので、面接カードに書く内容は覚えておくためにぜひコピーを取っておきましょう!

赤ずきん
赤ずきん
ちなみに、面接をコントロールする面接カードの書き方は以下のnoteで紹介しているよ!

横浜市の面接試験対策

横浜市の面接試験対策は次の3ステップでOKです!

 

  1. 面接の流れを把握する
  2. 面接でよく聞かれる質問を把握する
  3. 話す内容を考える

 

①に関しては、本文をここまで読んだことで横浜市の面接試験についてはだいたい把握できたかと思います。

次に面接でよく聞かれる質問と話す内容についてですが、ただ話す内容を考えるだけではNGです。

なぜなら、面接官に刺さる回答をするには「あなたのやる気と人柄」が伝わる回答を話さないといけないから。

狼くん
狼くん
面接官に自分を売り込めるベストの回答ってどうすればいいの?

 

そんなあなたにオススメなのが、『【公務員試験の面接対策】定番の質問と、そのまま使えるパーフェクトな回答例はこれだ!』です。

こちらのnoteは横浜市はもちろん、市役所や都道府県庁の採用試験でよく聞かれる質問40個を掲載しています。

また、面接官がその質問により何をチェックしようとしているか「質問の意図」を解説しています。

そして、ベストな回答が分からない方のために「100点満点の回答」も掲載しています。

これを読めば自信を持って面接試験に臨め、結果として冷静に面接を受けることが出来ます!

赤ずきん
赤ずきん
横浜市の試験に絶対に合格したい方は、ぜひ多くの受験生を合格に導いた私のノウハウを手に取って活用してみてくださいね!

横浜市:面接攻略ガイドまとめ

本文では横浜市の採用試験で実施される面接試験と面接カードについての対策法を解説しました。

多くの受験生が筆記試験で点数を取るために教養試験の勉強に力を入れて入れがちですが、本当に全力で取り組むべきは面接対策です!

なぜなら、横浜市のみならず公務員試験全体の傾向として、学力よりも人物重視の採用基準になっており、年々1次試験を通過できる割合は増加しています。

つまり、

 

2次試験には比較的簡単に進めるけど、最終合格を決める面接試験の難易度がむちゃくちゃハード!

 

という訳です。

そのため、正しい面接対策を行わなければ他の受験生同様、試験に落ちてしまう可能性大!

だからこそ、これまで多くの受験生が活用し合格してきた『【公務員試験の面接対策】定番の質問と、そのまま使えるパーフェクトな回答例はこれだ!』をあなたも手に取ることをオススメします。

面接官が質問で何をチェックしようとしているか、また、過去にどんな質問がよく行われたか。

そして、多くの受験生が「どう答えればいいか悩む・・・」という中、模範回答を知ることで知識的にも精神的にも満たされた状態からで試験本番を迎えることが出来ます。

他の受験生から一歩、二歩リードするためにも、【公務員試験の面接対策】定番の質問と、そのまま使えるパーフェクトな回答例はこれだ!を活用してみませんか?

赤ずきん
赤ずきん
公務員試験に落ちて悔しい思いをしないためにも、ぜひ手に取って読んでみてくださいね!

 

社会人から公務員へ転職する方へ

公務員になりたい学生の方へ

横浜市役所を目指す方へオススメの公務員予備校