公務員

【公務員の残業代】時間外勤務手当と休日勤務手当について現役公務員が解説します

公務員を目指している人にとって1番気になるのが、「残業代ってどれくらいになるの?」ということではないでしょうか?

また、「残業した分はしっかり支払ってもらえるの?サービス残業とか嫌なんだけど・・・」という人もたくさんいると思います。

そんな疑問を持ったあなたのために、

 

本文では、

  • 公務員の残業代について
  • 公務員の給料を時給で換算する方法
  • サービス残業ってあるの?

について解説しています。

 

公務員の残業事情について知りたい方、そして記事の最後に「自分を見つめなおす方法」「あなたに合った仕事」について診断する方法も紹介していますので、ぜひ本文を最後まで読んでみてくださいね。

公務員の残業代について


公務員の残業代は働く時間帯、曜日によって単価が変わってきます。

ちなみに、公務員の勤務時間は以下の通りです。

 

平日:8:30~17:15(12:00~13:00は昼休憩)

 

つまり1日7時間45分が就業時間。

そして、この就業時間以外に働くと時間外勤務手当(残業代)をもらえることになります。

時間外勤務の単価

先ほども触れましたが、働く時間帯や曜日によって時間外勤務手当の単価が変わってきます。

詳しくは以下の通りです。

 

平日の残業代の単価

  • 0:00~5:00:時給×1.5倍
  • 5:00~8:30:時給×1.25倍
  • 17:15~22:00:時給×1.25倍
  • 22:00~24:00:時給×1.5倍

 

土日・祝日の残業代の単価

  • 0:00~5:00:時給×1.6倍
  • 5:00~22:00:時給×1.35倍
  • 22:00~24:00:時給×1.6倍

このように公務員の仕事を時給で考えた場合、残業をすると通常勤務の時よりも高い時給になります。

 

ちなみに、公務員の生涯年収(生涯賃金+退職金)については以下の記事をご覧ください。

政令指定都市、全20都市のデータを大公開しています。

スポンサーリンク




公務員の給料を時給で換算する方法


上記の式で残業代を計算しようとすると、あなたの時給が分からないことには計算できません。

ここでは公務員の給料を時給で換算する方法を紹介します。

 

:まずあなたの基本給と、地域手当がある人はそれを足して、12(ヶ月)をかけます。

(基本給+地域手当)×12=A

次に1日の勤務時間が7時間45分(7.75時間)、週に5日、1年間は52週なのでそれぞれをかけます。

7.75×5×52=2015

:最初に計算して出したAを2015で割ります。

A÷2015=あなたの時給

 

通常17時15分から引き続き残業する場合がほとんどですから、

あなたの時給×1.25=あなたの残業代(時給)

となります。

大卒新入職員の時給と残業代

多くの自治体で大卒新人は給料表1級25号から始めるケースが多いと思うので、そちらで計算してみます。

基本給16.3万円
地域手当(10%)16300円とすると、

大卒新入職員の時給は約1068円

残業代は1.25倍するので、

大卒新入職員の時間外勤務手当(時給)は1335円となります。

仮に月に30時間残業をすると、30×1335円=40050円が残業代ということになりますね。

赤ずきん
赤ずきん
地方公務員のリアルな給料やボーナスなどの給料事情は、以下の記事でまとめてあるよ!
スポンサーリンク




サービス残業ってあるの?


残業代がいくらか?と同じくらい関心があるのが「サービス残業ってあるの?」ですよね。

結論からいいますと、予算の少ない自治体ではサービス残業は普通にあります。

 

また、私の勤める市役所で激務な部署にいる友人に聞いたところ、月に50時間という縛りがあって、そこまでは残業をつけれるようです。

彼は月に100時間超えることもあるので、それだと半分はサービス残業ということになりますね。

私は過去1番残業した月は75時間くらいだったと思いますが、その時は全て残業代が支給されましたので、サービス残業になるかどうかは上司による・・・といった感じですね。

ただし一言いえることは、「公務員はサービス残業がないと思わない方がいい」ということですね。

サービス残業に悩んでいるあなたへ

サービス残業ばかりで思ってた公務員ライフとは程遠い・・・。

このままこの仕事を続けていけるのかな。

このように悩んでいる方も多いはず。

安定しているから公務員を職業として選択したものの、本当に自分に向いているのかって、実は自分自身でもよく分からないもの。

というわけで、そんなあなたに試してほしいのが「適職診断」です。

 

『適職診断』とはリクナビNEXTが無料で提供する診断サービスで、これがなんと恐ろしい程よく当たると評判なんです!

合計22問の質問に答えるだけで、あなたの性格どんな仕事が向いているかを教えてくれるんです。

赤ずきん
赤ずきん
自分を見つめなおしたりするにはうってつけの診断という訳です!

ちなみに、診断結果は上記のような感じでして、あなたの性格や適職を可愛らしいイラストとともに言語化してくれます。

 

適職診断は手軽にできるのですが、

「サイトのどこに行けば出来るのか分かりにくい」というのが唯一のデメリットとされがちなので、以下の手順を確認してみてくださいね。

適職診断の方法

  1. リクナビNEXTに登録する【無料】
  2. ログインしたらページ下部へスクロール
  3. 適職診断をする

①:リクナビNEXTに登録する【無料】

上記『リクナビNEXT』のトップページからまずはメールアドレスを入力して登録してください。

登録はもちろん無料ですし、わずか1分程度で完了します。

また、しつこい勧誘とかも一切ありませんし、「案内メールを受け取らない」を選択すればメールが届くこともありません。

②:ログインしたらページ下部へスクロール

リクナビNEXTに登録したらログイン後、トップページの下の方へスクロールしてください。

すると「転職サポートコンテンツ」の所に『適職診断』のバナーがありますのでそちらをクリック!

③:適職診断をする

適職診断のページが表示されたら、あとは順次進めていけばOKです。

22個の質問に答えるだけで、

 

  1. 仕事選びの価値観
  2. あなたの隠れた性格

 

上記を分析してくれるので、遊び感覚でいいのでぜひやってみましょう!

▶︎公務員が本当に向いているか適職診断をしてみましょう!

▶︎リクナビNEXTの『適職診断』はこちらから

 

社会人から公務員へ転職する方へ

合格する人がみんなやってる自己分析

自分が公務員に向いているどうか知りたい方へ