公務員

公務員で出世したい人必見!市役所で偉くなる人の特徴と処世術を学べ!

「あまり大きな声じゃ言えないけど出世したいんだよね・・・」

「成果主義じゃない公務員って、どうやったら出世できるんだろう・・・?」

できれば出世したいけど、どう頑張れば出世に繋がるのか分からずにモヤモヤしていませんか?

 

毎日ルーティンのように変わりばえのしない仕事をこなしていると、

このまま出世できずに終わるんじゃないか

もしかしてあいつの方が自分よりも先に出世するのかも

と想像するだけで焦ったり不安になったりしますよね。

 

でももし、【公務員が出世するためのガイドライン】があったら最高じゃないですか?

そんなあなたのために、

 

本文では、

  • 出世する公務員の特徴
  • 公務員が出世するのに必要なスキル

について紹介していきます。

 

どんな人が出世しているかを知ることができれば、あなたのこれからの参考にすることができますよね。

なので、出世したいけど方法が分からないという人は、本文を読んで公務員が出世するために必要なスキルを学び、日々の仕事に活かしてみてください。

総務課(部)は出世の花形コース


市役所をはじめとした自治体には様々な部署がありますが、どこの課(部)に配属されている人がいわゆる「出世コース」なのかあなたはご存知ですか?

結論から言いますと、総務課(部)に配属されて働いている職員が出世コースに乗っています。

 

総務課とは自治体によっては財務課と呼ばれる部署のことで、その仕事内容は以下のようなことをしています。

  • 財務、予算について
  • 人事について
  • 企画について
  • 調整について

公務員といえば窓口で働く職員のように、市民と接する仕事が主であると思われているのではないでしょうか?

しかし、総務課に勤める職員の仕事というのは、市民向けではなく職員向けの業務がほとんどなんです。

やはり組織を動かすときに重要なものは「人」と「お金」であるため、財務と人事をつかさどる総務課が優秀な人材が集まるというのは当然のことなのかもしれません。

総務課に配属された公務員が出世コースに乗っているという話については、以下の記事でより詳しく紹介していますので合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク




激務の部署で揉まれろ!


出世したければ公務員と言えどもバリバリ働く必要があります。

というのも、総務課をはじめとした出世コースの部署というのは大抵どこも激務です。

日付が変わるまで残業してるなんてよくある事なんです。

 

以前、公務員は真面目な人ほど損をする!自分だけが損をしない5つの働き方の記事でも紹介しましたが、公務員というのはよく働く人ほど仕事を担当させられてより忙しく、デキない人ほど仕事を与えられないのでますます暇になるんです。

これって一見理不尽なように思えますが、その見返りは「出世」という結果に繋がるんです。

 

仕事がデキる優秀な人は、人事異動のたびに総務課のような激務な場所に行かされるため、当然出世が早くなります。

一方、やる気のない職員はいつまで経っても暇な部署をたらい回しにされるので、なかなか出世することができません。

もしあなたが出世したいという野望があるなら、日々バリバリ働いて激務な部署を渡り歩かなければなりません。

スポンサーリンク




出向してキャリアを積め!


出世する人はだいたい出向を経験しています。

出向とは、

他の自治体(他の市役所など)

国(省庁)

民間企業

などに1年、もしくは2年派遣されて働くことをいいます。

 

役所からすると、他の自治体から「こんなポンコツよこしやがって!何考えてるんだ!」と、恥をかかないためにも優秀な人材を出向に出します。

なので、出世したい人は出向に行かせてもらえるように、日頃からバリバリ働いて「優秀な人材」であることをアピールしなければいけません。

 

ちなみに、私の友人が経済産業省に1年間出向していました。

出向先での仕事内容を聞くと、主に官僚の雑用をこなしていたようです。

よく言えば秘書のような仕事だったみたいですね。

日頃変わりばえのしない地方公務員にとって、霞ヶ関で仕事をするという貴重な経験は、自身を成長させる上でも意味のあるものになります。

出世する人を見抜く眼力を身につけろ!


これは民間企業においても言えることですが、出世をしたいなら偉い人に気に入られなくてはいけません。

というのも、多くの自治体において出世する人を選ぶのは、完全に上司の裁量で決まってしまうからです。

 

10年近く公務員の仕事をしていると、少しアンテナを張っておけば出世する人というのが分かってきます。

  • 総務課や裁判所など異動先が決まって出世コース
  • 普段からバリバリと仕事をしている
  • 同僚から慕われている

たとえば上記のような人が出世する人の特徴ですね。

 

その「これから出世する人」をいち早く見抜いて、仲良くしておくことが出世への最短ルートなんです。

次のポストが空いた時に、プッシュしてくれるのはその上司ですからね。

それに、今後部長クラスになるであろう人に可愛がられておけば、人事異動で出世コースへと引っ張ってもらえる可能性も高まります。

偉い人にこびを売りゴマをすれ!


出世をしたいならプライドも何もかも捨てて、とにかくこびを売りゴマをする必要があります。

先ほども言いましたが、空いたポストに誰をつけるかを決めるのは偉い人です。

そして、人間誰しも単純なので、自分のもとにペコペコ愛想を振りまいてくる後輩というのは可愛いものです。

なので、偉い人のふところに入り込むためにも、こびを売ってゴマをする必要があります。

 

私が10年以上市役所で働いていて思うのは、公務員で出世できるのは間違いなく

  • ゴマスリが上手
  • 酒の席を断らない
  • 敵を作らない

上記3点の処世術を身につけている人です。

 

極端な話をすると、上司にゴマをすって3次会・4次会まで飲みに毎回付き合えば、仕事がデキなかったとしてもある程度まで出世できるんです。

役所は叩き上げで偉くなる人は少数なので、出世したい人は先ほど挙げた3点のスキルを身につけるようにしましょう。

赤ずきんくん
赤ずきんくん
出世するために必要なスキルを身に着けるのもストレスがたまるよね・・・!

 

なお、公務員がマーケティングを学ぶと出世にも人間関係の構築にも使えて一石二鳥なのですが、それについては以下の記事で解説しています。

組合・議員と友好関係を築いておく


これはあまり知られていないかもしれませんが、労働組合や市会議員と友好な関係を築くのも出世する上でアドバンテージになります。

狼くん
狼くん
市会議員は公務員の上司じゃないのになんで仲良くする必要があるんだ?
赤ずきんくん
赤ずきんくん
それにはいくつか理由があるんだ!

 

地方公務員と市会議員の関係は、官僚と国会議員の関係に似ています。

公務員(官僚)が予算案を作り、それが議会(国会)で承認されれば実行していけるといったように、公務員と市会議員はある意味持ちつ持たれつの関係となっています。

議会に通らなければ公務員の仕事は先に進まないので、市会議員と友好的な関係を築くことは意外と重要だったりします。

 

それに、何だかんだ市会議員は力を持っています。

権力ある者に巻かれておいた方が、仕事がやりやすくなるのは言うまでもありません。

特に公務員の仕事は調整の連続です。

なるべく多くの人に顔が効き、横のつながりが広ければ広いほど仕事はやりやすいので、そういった人は周りから「デキる人」という評価に繋がるのです。

 

それと、労働組合とも仲良くしておいた方が出世に有利に働きます。

というのも、

役所の偉い人

市会議員

労働組合幹部

というのは、横の繋がりがあるケースが多々あります。

事あるごとに飲みの席を共にしている自治体もあるため、市会議員だけでなく労働組合とも友好な関係を築いておく必要があります。

仕事で大きな失敗をしない


誰でもミスはするものなので、そこまでナーバスになる必要もありませんが、仕事で大きなミスをすると出世に影響することがあります。

なので、若いうちから深刻なミスをしないように心がける必要があります。

 

大きなミスをすると金銭的、そして時間的に多大なロスが生じてしまいますが、そのことが直接出世に影響するわけではありません。

ミスをしたからその責任を取る意味で出世できなくなるという訳ではなく、風評被害という2次的な被害のために出世が難しくなるんです。

 

市役所というのはとにかく噂が広まるのが速いんです。

半日もすれば周辺の部署全員に知れ渡るほどのスピードで拡散されます。

当然、「誰が何のミスをやらかしたか」といった噂好きにとっては大好物のネタは怒涛の速さで広まります。

 

そうなると事実に尾びれ背びれがついて、たちまちあなたは「仕事で失敗したデキない人」という認識をされるようになります。

こうなると余程の努力をしなければ挽回できないので、なるべく大きなミスをしないように気をつける必要があります。

スポンサーリンク




敵を作らない


敵を作らないようにすることも、出世するために必要なスキルです。

仕事ができれば多少人に嫌われていても上り詰めれるんじゃないか?と思う人もいるかもしれません。

しかし公務員の場合、そのようなスタンスでは絶対に出世することはできないと断言できます。

 

それはなぜか?

公務員の仕事の大半が「調整力」を求められるからです。

 

そもそも、公務員の仕事は成果を上げるようなものではありせん。

物を売るなどして利益を上げる仕事ではないですからね。

役所で働いていて重要になってくるのは、

調整する能力

根回しする気遣い

この2点です。

 

これらは人から嫌われていては発揮できないため、あまり我を出さず、穏やかに敵を作らないように仕事をしなければいけません。

私の周りでも上のポストについている人、そしてこれからその役職につくであろう人というのは、みなさん総じて穏やかで敵がいないタイプの人たちですね。

もしあなたが出世したいという思いがあるなら、どんなに腹が立つことがあっても穏やかに、そして敵を作らずに日々過ごしましょう。

赤ずきんくん
赤ずきんくん
これって簡単なようで1番難易度の高いスキルだと思うよ!

現在の自分の価値を認識しておく


出世する人というのはやはり色々とスペックが高い傾向にあります。

バリバリとよく働く

性格が穏やかで誰にでも優しい

上からも下からも慕われている

高学歴である

 

世間一般的に「公務員は民間企業ではつとまらない」なんて言葉をよく耳にしますが、

おそらく公務員の世界で出世できる人というのは、民間企業で働いたとしても上のポストまで上り詰めれる人だと思います。

 

あなたが出世したいなら、自分が今現在民間企業で働いたとしたら、どれくらいの評価が得られるかまず知っておく必要があります。

「自分が民間企業で働くとしたら年収どれくらいなんだろう」

「どこの企業が自分を必要としてくれるのだろう」

といったことってちょっと気になりますよね?

赤ずきんくん
赤ずきんくん
出世願望のない僕でもちょっと興味あるよ!

 

実は、今のあなたのスペックから民間企業で働いたらどれくらいの年収をもらえるか調べることができるサイトがあるんです。

それは、MIIDAS(ミイダス)という転職サイト内にある「市場価値診断」で調べることができます。

 

あなたの年齢や職歴などを入力すると、その情報をもとに以下の3点を知ることができます。

  1. あなたの市場価値
  2. 今のあなたにオファーしてくれる会社が何社あるか
  3. オファーしてくれる会社の情報

 

市場価値を調べると、今のあなたにオファーしてくれる会社が何社あるかが表示されます。

そして、MIIDASに無料登録すれば、その会社名を知ることができます。

役所で出世したいなら、今のあなたが民間企業で働いている人と比べて年収が多いのか、それとも少ないのかを知ることは1つの指標になると思います。

 

あなたが「自分の価値」を知りたいなら、ぜひ市場価値診断をしてみてください。

▶︎今のあなたが出世するにふさわしい人間かどうか市場価値診断をしてみましょう

▶︎詳しくはMIIDAS(ミイダス)の公式サイトへ

まとめ

  1. 激務の部署で揉まれろ!
  2. 出向してキャリアを積め!
  3. 出世する人を見抜く眼力を身につけろ!
  4. 偉い人にこびを売りゴマをすれ!
  5. 組合・議員と友好関係を築いておく
  6. 仕事で大きな失敗をしない
  7. 敵を作らない
  8. 現在の自分の価値を認識しておく

公務員で出世する人の特徴とスキルについてまとめてみました。

出世したいけどどういうプロセスを踏めばいいか分からない人は、これらを参考にしてみてください。

 

民間企業と違って、公務員はただ単に仕事ができれば出世できるといった単純な話じゃないので難しいんですよね。

仕事がデキるのももちろん重要ですが、それ以上に「人から好かれる」といった「人たらし」のスキルが必要になってきます。

 

また、今現在あなたのスペックがどれほどかを客観的に知るためにも、自分の市場価値は知っておいた方がいいでしょう。

いわばあなたのビジネス力を測定するようなものですので、無料で出来ますのでこれを機に市場価値診断をしてみましょう!

 

自分の市場価値が高い、そしてあっと驚く企業からオファーされたとしたら自信につながりますよね?

自分に自信が持てたら、日々の仕事をさらにレベルアップして頑張れるはずです。

そして、それが近い将来あなたの出世に直結することになるはずです。

▶︎今のあなたが出世するにふさわしい人間であるかどうか知りたいなら市場価値診断をしてみましょう

▶︎詳しくはMIIDAS(ミイダス)の公式サイトへ

 

出世したいなら、マーケティングを学ぶべき

出世する公務員の特徴と処世術とは

公務員は独身でいると出世できない