公務員

【出世に繋がる】公務員がマーケティングを学ぶ重要性と、学習方法について解説します

公務員がマーケティングを学ぶ重要性を知りたい。

公務員でもマーケティングを学ぶと強い、という話を聞いたことがあるけど、観光課以外の職員とかでも必要ある?

もし必要あるなら、何から始めたらいいんだろう?

という疑問に答えていきます。

 

本文では、

  • 公務員がマーケティングを学ぶ重要性とは
  • マーケティングを学ぶのにオススメの本
  • 公務員がマーケティングを学ぶ方法

について解説しています。

 

この記事を書いている私は、公務員歴15年以上の中堅職員。

過去には作曲家として活動しており、現在は趣味でブログを書きつつ、マーケティングも学んでいるところです。

 

こういった経験から、公務員の中でもわりとマーケティングに詳しいと言えると思いますが、本記事では「公務員がマーケティングを学ぶ重要性と学習方法」を書いていきます。

「公務員にマーケティング知識なんて要らない」といった声も聞こえて来そうですが、ぶっちゃけ「出世する」もしくは「年収を上げる」手段としてマーケティングは役に立ちます。

その理由を記事で解説しますね。

公務員がマーケティングを学ぶ重要性とは


それは、「出世する」もしくは「年収を上げるため」です。

年功序列だけじゃ、年収は上がりにくい

ご存知の通り、公務員は基本的に年功序列ですが、年功序列の悪いところは「若い間の給料が少ないこと」だと思います。

じゃあ公務員がダメかというと・・・そんなことはありません。

 

トヨタですら終身雇用制度を維持するのは難しいとのことなので、「終身雇用と年功序列」が守られている公務員というポジションにいることはぶっちゃけ勝ち組です。

良くも悪くも「年功序列」にどっぷり浸かっている大半の公務員は「新しいことを勉強する」という行動を取りませんが、それだとその他大勢と同じままです。

「出世したい」とか「年収を増やしたい」という野心があるなら、マーケティングを学ぶのはアリかなと思っています。

 

ちなみに、社会人になって勉強を続ける人は少ないのですが、その中でも特に公務員は不勉強です。

実は勉強を続けると「年収の増加」に繋がるのですが、それについては以下の記事で解説しています。

そのままでもいいけど、マーケティングがある方が強い

繰り返しですが、公務員がマーケティングを学ぶことで、収入が伸びます。

ちなみに具体例は下記の2つです。

 

マーケティングを職場で活かす

  • 相手が望んでいることが分かる
  • →人事評価が高まる
  • →出世して年収アップ

 

マーケティングをブログに活かす

  • ブログで情報を発信する
  • →ブログのアクセスが増える
  • →副収入をあげれる

上記の感じでして、「公務員×マーケティング」のポジションを取ると、かなり強いモードに入れます。

マーケティングすることで信頼を得ることができる

一般的なマーケティングは「誰が、何を、何のために望んでいるのか」ということを理解することです。

公務員はそれを対人関係に応用する感じですね。

あなたと接する人が望んでいることが分かり、それを提供してあげれば、あなたの信頼度が増し、人事評価を上げることに繋がるという感じです。

 

あなたはどちらに悩みを打ち明けますか?

  • Aさん:ただの同僚(公務員)
  • Bさん:マーケティング能力のある同僚(公務員)

大半の人はあなたのことを分かってくれているBさんを選ぶはずです。

人の噂はすぐに回りますので、誰かのためになる提案や、気の利いた会話をしていると「勝手に人が集まってくる」という状況になるはずです。

スポンサーリンク




マーケティングを学ぶのにオススメの本


まずはマーケティングを学ぶためのオススメの本を紹介します。

マーケティングを学ぶためのオススメの本はたくさんあるのですが、あれやこれや紹介してもどれを買ったらいいのか分からないと思うので・・・

私が心からオススメできる本を厳選して2冊だけ紹介していきます。

①:100円のコーラを1000円で売る方法

 

ちょっと目を引くタイトルですが、「マーケティングとは?」を全般に学べます。

簡単な例としては富士山とかの山小屋で売ってるカップラーメンですね。

カップラーメンはスーパーで買ったら100円くらいですが、山小屋だったら300円以上の値段をつけても売れます。

いやいや、当たり前でしょ、なんて言われそうですが、マーケティングが分かっていない人はこれすら理解できていませんので、本書を読んで勉強したらいいと思います。

②:USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

 

一時どん底状態にあったUSJの売り上げをV字回復させた天才マーケターの本です。

集客のためのアイデアや、幅広い世代を取り込むためのアイデアなど、様々なマーケティングが分かりやすく解説されています。

これからマーケティングを学びたい方が読んでおいて損はない1冊だと思います。

スポンサーリンク




公務員がマーケティングを学ぶ方法


マーケティングを学ぶには実践から始めるのが最適でして、中でもブログがオススメ。

  1. まずはブログを始める
  2. あなたの得意な分野を分かりやすく発信する

では、具体的にみていきましょう。

①:まずはブログを始める

ブログをやりましょう!と聞くと、「日記書いてたらマーケティングが身につくの?」という方もたまにいますが・・・

ここで言うブログとは、「収益化できるブログ」です。

当たり前の話ですが、「今日◯◯に行った。楽しかった。」みたいな、身内しか分からないような記事はNGです。

 

ブログの基本は「読者の悩みを解決してあげる」こと。

有益な情報を発信し続けることで、ブログのファンが増えて信頼度が高まり、アクセスと比例してブログ収入も増える、といった流れです。

ちなみに、公務員がブログを始める方法については以下の記事で解説しています。

 

公務員がブログで副収入を得るための基本を学ぶ

公務員がWordPressでブログを始める方法

公務員がアフィリエイトで簡単に10万円稼ぐ方法

②:あなたの得意な分野を分かりやすく発信する

「ブログで何を書けばいいのか・・・」と、スタートからつまずく人が多いですが、簡単に言うと「あなたの得意なこと」でOKです。

  • ゴルフが得意な人→ゴルフが上手くなる方法を書く
  • 総務課で働く公務員→総務課のあれこれについて書く
  • アイドルが好きな人→推しのアイドルについて書く

 

先ほども言いましたが、あなたが書きたいことを書くのではなく、基本的に読者が知りたいことを書くのがセオリーです。

そういった点ではスポーツとかは書きやすいですね。

たとえばテニスを例に出すと、

  • テニスのストロークの打ち方
  • スライスサーブを打つコツ
  • テニスの王子様に学ぶ、スーパーショット

上記の感じで、とにかく自分の得意な分野を分かりやすく発信すればOKですね。

 

というわけで今回は以上になります。

公務員の多くは、すでに安定を手に入れているので勉強しない人がほとんど。

その中で「マーケティング」という武器を手に入れたら、きっと職場でも、収入的にも他者を一歩も二歩もリードできると思います。

始めるハードルは高いですが、まずはブログを立ち上げて、あなたの得意なジャンルを発信し続けて自分の価値を高めていきましょう。

 

出世したいなら、マーケティングを学ぶべき

出世する公務員の特徴と処世術とは

公務員は独身でいると出世できない