公務員

市役所職員(行政職)の給料まとめ【初任給・給料・年収・ボーナス・生涯年収】

市役所職員(行政職)の給料についての様々なことについて紹介していきます。

本文では、

  • 市役所職員(行政職)の初任給や給料
  • 市役所職員(行政職)の年収、ボーナス、生涯賃金

について書いています。

これから公務員を目指す方、「市役所で働く行政職の人の給料ってどんな感じだろう?」という疑問を解決するために、本記事をぜひ読んでみてくださいね。

市役所職員(行政職)の初任給と給料

市役所職員(行政職)の初任給

年齢 初任給(給料月額)
19歳 140,700円
20歳 146,100円
21歳 150,900円
22歳 156,600円
23歳 162,300円
24歳 170,500円
25歳 178,400円
26歳 185,500円
27歳 191,700円
28歳 197,900円
29歳 204,400円
30歳 210,600円
31歳 216,100円
32歳 220,900円
33歳 225,300円
34歳 229,500円
35歳 233,500円
36歳 237,500円

市役所職員(行政職)の給料

上記の初任給の表をみて「少なすぎる・・・」とガッカリした方もいるかもですが、公務員の給料はこれが月額基本給なので、実際には上記プラス様々な手当てが付きます。

  • 地域手当(ゼロの自治体もある)
  • 残業代
  • 住居手当(賃貸に住んでいる場合)
  • 扶養手当(配偶者や子供が扶養に入る場合)
  • その他の手当

 

上記を全て足したものが月の給料となります。

ちなみに、公務員の給料の多い少ないは地域手当に左右されるのですが、それについては以下の記事を読んでみてください。

全地方都市の地域手当についても紹介していますので、あなたが受験する予定の自治体が地域手当がどれくらいか調べることができます。

スポンサーリンク




市役所職員(行政職)の年収、ボーナス、退職金、生涯年収


ここで紹介する「年収、ボーナス、退職金、生涯年収」は、全て地域手当10%を加算して算出しています。

市役所職員(行政職)の年収

年齢 市役所(行政職)の年収
23歳 293万6,819円
24歳 308万5,198円
25歳 322万8,148円
26歳 335万6,623円
27歳 346万8,812円
28歳 375万1,094円
29歳 387万5,949円
30歳 398万9,948円
31歳 411万4,803円
32歳 423万6,040円
33歳 433万9,181円
34歳 467万5,748円
35歳 479万5,175円
36歳 489万6,507円
37歳 502万8,601円
38歳 516万6,123円
39歳 530万0,026円
40歳 561万4,879円
41歳 576万5,067円
42歳 591万7,065円
43歳 607万0,873円
44歳 621万3,823円
45歳 633万6,869円
46歳 644万5,439円
47歳 682万0,006円
48歳 695万9,337円
49歳 707万1,526円
50歳 716万5,620円
51歳 723万2,572円
52歳 742万7,998円
53歳 756万3,710円
54歳 767万4,090円
55歳 777万5,422円
56歳 785万1,421円
57歳 790万7,515円
58歳 797万4,467円
59歳 821万8,749円
60歳 834万3,605円

市役所職員(行政職)の年齢別の年収です。

 

ここでは残業代や扶養手当などを含んでいないため、実際の額はもっと多い数字ですね。

残業をどれくらいするかにもよりますが、実際は上記の数字よりも100~150万円くらい多い額が年収となります。

市役所職員(行政職)のボーナス

年齢 市役所(行政職)のボーナス
23歳 79万4,459円
24歳 83万4,598円
25歳 87万3,268円
26歳 90万8,023円
27歳 93万8,372円
28歳 101万4,734円
29歳 104万8,509円
30歳 107万9,348円
31歳 111万3,123円
32歳 114万5,920円
33歳 117万3,821円
34歳 126万4,868円
35歳 129万7,175円
36歳 132万4,587円
37歳 136万0,321円
38歳 139万7,523円
39歳 143万3,746円
40歳 151万8,919円
41歳 155万9,547円
42歳 160万0,665円
43歳 164万2,273円
44歳 168万0,943円
45歳 171万4,229円
46歳 174万3,599円
47歳 184万4,926円
48歳 188万2,617円
49歳 191万2,966円
50歳 193万8,420円
51歳 195万6,532円
52歳 200万9,398円
53歳 204万6,110円
54歳 207万5,970円
55歳 210万3,382円
56歳 212万3,941円
57歳 213万9,115円
58歳 215万7,227円
59歳 222万3,309円
60歳 225万7,085円

市役所職員(行政職)のボーナスです。

 

市役所で働く公務員は職種が何であれ、ボーナスは一律の月数が支給されます。

ちなみに2018年度の地方公務員のボーナス支給分は「4.45ヶ月分」でした。

市役所職員の退職金

退職金:2288万4,000円

 

市役所職員の退職金です。

退職金もボーナスと同様、職種が違えど同じ月数が支給されます。

ちなみに2018年度現在の公務員の退職金は、上限で「47.709ヶ月分」となっています。

 

上限というのは、退職金は勤続年数によって支給月数が変わってきます。

35年以上勤めると、上限である47.709ヶ月分がもらえることになります。

市役所職員の生涯年収

生涯年収:2億4141万4,000円

 

市役所職員の生涯年収です。

ちなみに生涯年収の算出方法は以下の通りです。

生涯年収=生涯賃金+退職金

 

ちなみに、当たり前の話ですが公務員のボーナス・退職金・生涯年収などのお金に関わることは全て「出世」に左右されるのですが、公務員(行政職)の出世については以下の記事で解説しています。

スポンサーリンク




技能労務職との比較


職種は違えど、同じ公務員である技能労務職の職員の給料データと比較してみます。

行政職 技能労務職
平均年収 686万円 616万円
退職金 2288万4,000円 1980万4,500円
生涯年収 2億4141万4,000円 2億2815万900円

 

当たり前の話ですが、行政職の方が全てにおいて数字は大きいですね。

数字だけ見ると「給料の低い技能労務職よりも行政職の方が良さそう」となりがちですが・・・

技能労務職は行政職よりも圧倒的に仕事が楽なので、どちらがいいかは一概に言えないです。

そこは個人の価値観によるのかなと思います。

 

ちなみに、世間的にあまり知名度のない「技能労務職」ですが、実はなかなかコスパの高い仕事なので魅力が詰まった職なんです。

技能労務職がおすすめについての話は以下の記事で解説していますので、合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

さいごに


市役所職員(行政職)の給料を始めとした、お金に関するデータについては以上となります。

公務員の中で最も一般的で、職員数が多い行政職ですが、給料やボーナスは中小企業と比べると圧倒的に多いですね。

 

公務員と聞くと「楽そう」と思われていますが、行政職の職員で「総務課」や「教育委員会」といった部署に配属される人は毎日残業しなければいけないほど激務です。

ということは、月の残業代も相当な金額になるので、50歳くらいで課長補佐の役職の頃には年収が1,000万円を超えることも珍しくはありません。

実際、総務課で日々バリバリと働いている私の友人の話を聞くと、「給料は多いけど遊ぶ暇がないからお金が貯まる一方・・・」とのことです。

とくに総務課に配属されると忙しい時機は日付けが変わる時間まで残業することも多いので、6,000万円の家を建てるくらいの財力がある人もいます。

なので、激務に耐えることができたら、わりと大企業に負けないくらいの給料を貰ってる人もいますね。

 

というわけで、今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。