公務員のボーナス

【2020年地方公務員の冬のボーナス】職員の年齢ごとの支給額を公開します

2020年の地方公務員の冬のボーナスっていつもらえるんだっけ?

2020年の地方公務員の冬のボーナスは何ヶ月分もらえるの?

それと、地方公務員のボーナスって何才のときにどれくらいもらえるのか知りたい。

このような疑問にお答えします。

 

本文では、

  • 2020年、地方公務員の冬のボーナス支給日は?
  • 2020年、地方公務員の冬のボーナスは何ヶ月分?
  • 2020年、地方公務員の年齢ごとのボーナス支給額

について解説しています。

 

本記事を読めば「地方公務員の2020年冬のボーナス」について全てが分かります。

地方公務員全体、都道府県、政令指定都市、市役所、町村、特別区で働く公務員の年齢ごとによるボーナス支給額も紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

本記事のソースは総務省、そして人事院の統計データを元に算出しています。

 

ちなみに、国家公務員・警察官・消防士・教職員・看護師・保健師・保育士・医師、歯科医師・薬剤師・技能労務職の冬のボーナスが知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

2020年、地方公務員の冬のボーナス支給日は?

2020年、地方公務員の冬のボーナスが支給されるのは次の通りです。

 

夏のボーナス 6月30日
冬のボーナス 12月10日

 

夏のボーナスが支給される日も記載しました。

自治体によっては、夏と冬に加えて春(3月)にもボーナスが支給される所もありますが、ボーナスが年に2回の自治体も3回の自治体も、夏と冬のボーナス支給日は同じです。

スポンサーリンク




2020年、地方公務員の冬のボーナスは何ヶ月分?

結論から言いますと、2020年の冬のボーナスは以下の通りです。

 

夏のボーナス 2.25ヶ月
冬のボーナス 2.30ヶ月

 

夏のボーナス分も記載しました。

おそらく、2020年の地方公務員のボーナスは当初4.5ヶ月分の発表だと思います。

しかし2019年度同様、民間企業との格差から0.05ヶ月上乗せで、最終的に4.55ヶ月になるのではと予想されます。

ちなみに、2019年8月に人事院勧告が行われ、国のボーナスが本来の4.45ヶ月から4.5ヶ月へ0.05ヶ月増額されました。

 

なぜボーナスが増加されたの?

公務員のボーナスは、民間企業の平均とだいたい似たような額になるよう調整されています。

要するに、2019年度は民間企業の景気が良く、ボーナスも微増していることから、公務員のボーナスも0.05ヶ月分だけですが増額となりました。

ちなみに人事院勧告は毎年8月に実施されるため、勧告があるときにはすでに夏のボーナスは支給されています。

なので、増額分は冬のボーナス(12月に支給)に上乗せされることになります。

スポンサーリンク




【2020年冬のボーナス】地方公務員全体の年齢別支給額

2020年の地方公務員全体の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。

ここでの計算は、以下の条件を元に算出しています。

 

  • 平均月額
  • 扶養手当の平均値
  • 地域手当の平均値

 

あくまで「平均の数字」を元に割り出しているので、多少の誤差についてはご了承ください。

平均年齢 42.2歳
ボーナス平均額 79万6881円
平均月額基本給 31万8639円
扶養手当 9288円
地域手当 18543円
支給ヶ月 2.3ヶ月

 

19歳 41万1806円
20歳 44万3720円
21歳 47万5633円
22歳 48万9319円
23歳 50万3005円
24歳 51万6691円
25歳 53万378円
26歳 54万6200円
27歳 56万2022円
28歳 57万7844円
29歳 59万3665円
30歳 61万1376円
31歳 62万9087円
32歳 64万6798円
33歳 66万4509円
34歳 68万6140円
35歳 70万7771円
36歳 72万9402円
37歳 75万1031円
38歳 77万2939円
39歳 79万4847円
40歳 81万6755円
41歳 83万8661円
42歳 85万4414円
43歳 87万167円
44歳 88万5920円
45歳 90万1674円
46歳 91万2686円
47歳 92万3698円
48歳 93万4710円
49歳 94万5721円
50歳 95万4491円
51歳 96万3261円
52歳 97万2031円
53歳 98万801円
54歳 98万7606円
55歳 99万4411円
56歳 100万1216円
57歳 100万8019円
58歳 101万4824円
59歳 102万1629円
60歳 102万8434円
スポンサーリンク




【2020年冬のボーナス】都道府県の年齢別支給額

2020年の都道府県(公務員)の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。

 

平均年齢 43.1歳
ボーナス平均額 81万4009円
平均月額基本給 32万7050円
扶養手当 8893円
地域手当 17974円
支給ヶ月 2.3ヶ月

 

19歳 41万2353円
20歳 44万4839円
21歳 47万7324円
22歳 49万1396円
23歳 50万5468円
24歳 51万9540円
25歳 53万3612円
26歳 55万411円
27歳 56万7210円
28歳 58万4009円
29歳 60万808円
30歳 61万9668円
31歳 63万8528円
32歳 65万7388円
33歳 67万6246円
34歳 69万8205円
35歳 72万164円
36歳 74万2123円
37歳 76万4081円
38歳 78万6658円
39歳 80万9235円
40歳 83万1812円
41歳 85万4388円
42歳 86万8083円
43歳 88万1778円
44歳 89万5473円
45歳 90万9167円
46歳 91万8854円
47歳 92万8541円
48歳 93万8228円
49歳 94万7913円
50歳 95万5924円
51歳 96万3935円
52歳 97万1946円
53歳 97万9956円
54歳 98万6831円
55歳 99万3706円
56歳 100万581円
57歳 100万7455円
58歳 101万4330円
59歳 102万1205円
60歳 102万8080円
スポンサーリンク




【2020年冬のボーナス】政令指定都市の年齢別支給額

2020年の政令指定都市(公務員)の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。

 

平均年齢 41.8歳
ボーナス平均額 83万8079円
平均月額基本給 31万9966円
扶養手当 8761円
地域手当 35655円
支給ヶ月 2.3ヶ月

 

19歳 44万4024円
20歳 47万7660円
21歳 51万1295円
22歳 52万5052円
23歳 53万8809円
24歳 55万2566円
25歳 56万6324円
26歳 58万4679円
27歳 60万3034円
28歳 62万1389円
29歳 63万9743円
30歳 65万9321円
31歳 67万8899円
32歳 69万円8477
33歳 71万8055円
34歳 73万9771円
35歳 76万1487円
36歳 78万3203円
37歳 80万4920円
38歳 82万5816円
39歳 84万6712円
40歳 86万7608円
41歳 88万8504円
42歳 90万3051円
43歳 91万7598円
44歳 93万2145円
45歳 94万6692円
46歳 95万8642円
47歳 97万592円
48歳 98万2542円
49歳 99万4490円
50歳 100万5291円
51歳 101万6092円
52歳 102万6893円
53歳 103万7693円
54歳 104万6778円
55歳 105万5863円
56歳 106万4948円
57歳 107万4031円
58歳 108万3116円
59歳 109万2201円
60歳 110万1286円
スポンサーリンク




【2020年冬のボーナス】市役所の年齢別支給額

2020年の市役所(公務員)の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。

 

平均年齢 41.9歳
ボーナス平均額 78万2665円
平均月額基本給 31万6919円
扶養手当 9867円
地域手当 13503円
支給ヶ月 2.3ヶ月

 

19歳 40万2357円
20歳 43万4577円
21歳 46万6797円
22歳 48万214円
23歳 49万3631円
24歳 50万7048円
25歳 52万465円
26歳 53万5404円
27歳 55万343円
28歳 56万5282円
29歳 58万219円
30歳 59万6790円
31歳 61万3361円
32歳 62万9932円
33歳 64万6502円
34歳 66万9057円
35歳 69万1612円
36歳 71万4167円
37歳 73万3723円
38歳 75万5949円
39歳 77万8175円
40歳 80万401円
41歳 82万2625円
42歳 83万9385円
43歳 85万6145円
44歳 87万2905円
45歳 88万9663円
46歳 90万1302円
47歳 91万2941円
48歳 92万4580円
49歳 93万6220円
50歳 94万5455円
51歳 95万4690円
52歳 96万3925円
53歳 97万3158円
54歳 97万9963円
55歳 98万6768円
56歳 99万3573円
57歳 100万378円
58歳 100万7183円
59歳 101万3988円
60歳 102万793円
スポンサーリンク




【2020年冬のボーナス】町村の年齢別支給額

2020年の町村(公務員)の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。

 

平均年齢 41.3歳
ボーナス平均額 72万5606円
平均月額基本給 30万2667円
扶養手当 10419円
地域手当 2395円
支給ヶ月 2.3ヶ月

 

19歳 37万3414円
20歳 39万8963円
21歳 42万4511円
22歳 43万8890円
23歳 45万3269円
24歳 46万7648円
25歳 48万1905円
26歳 49万5862円
27歳 50万9819円
28歳 52万3776円
29歳 53万7733円
30歳 55万2887円
31歳 56万8041円
32歳 58万3195円
33歳 59万8347円
34歳 61万9596円
35歳 64万845円
36歳 66万2094円
37歳 68万3344円
38歳 70万5948円
39歳 72万8552円
40歳 75万1156円
41歳 77万3761円
42歳 79万982円
43歳 80万8203円
44歳 82万5424円
45歳 84万2646円
46歳 85万3860円
47歳 86万5074円
48歳 87万6288円
49歳 88万7503円
50歳 89万5013円
51歳 90万2523円
52歳 91万33円
53歳 91万7541円
54歳 92万2484円
55歳 92万7427円
56歳 93万2370円
57歳 93万7314円
58歳 94万2257円
59歳 94万7200円
60歳 95万2143円
スポンサーリンク




【2020年冬のボーナス】特別区の年齢別支給額

2020年の町村(公務員)の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。

 

平均年齢 41.2歳
ボーナス平均額 86万6070円
平均月額基本給 30万7876円
扶養手当 4908円
地域手当 63768円
支給ヶ月 2.3ヶ月

 

19歳 50万5089円
20歳 54万507円
21歳 57万5925円
22歳 58万8069円
23歳 60万213円
24歳 61万2357円
25歳 62万4501円
26歳 64万1920円
27歳 65万9339円
28歳 67万6758円
29歳 69万4175円
30歳 71万6011円
31歳 73万7847円
32歳 75万9683円
33歳 78万1519円
34歳 80万3646円
35歳 82万5773円
36歳 84万7900円
37歳 87万28円
38歳 88万9440円
39歳 90万8852円
40歳 92万8264円
41歳 94万7676円
42歳 95万9728円
43歳 97万1780円
44歳 98万3832円
45歳 99万5882円
46歳 100万2648円
47歳 100万9414円
48歳 101万6180円
49歳 102万2946円
50歳 103万1042円
51歳 103万9138円
52歳 104万7234円
53歳 105万5330円
54歳 106万3230円
55歳 107万1130円
56歳 107万9030円
57歳 108万6929円
58歳 109万4829円
59歳 110万2729円
60歳 111万629円
スポンサーリンク




まとめ

  1. 2020年冬のボーナス日は、12月10日(木)
  2. 2020年冬のボーナス支給分は、2.3ヶ月分
  3. 地方公務員全体の2020年冬のボーナス支給予想額は、79万6881円(平均年齢42.2歳)
  4. 都道府県の2020年冬のボーナス支給予想額は、81万4009円(平均年齢43.1歳)
  5. 政令指定都市の2020年冬のボーナス支給予想額は、83万8079円(平均年齢41.8歳)
  6. 市役所の2020年冬のボーナス支給予想額は、78万2665円(平均年齢41.9歳)
  7. 町村の2020年冬のボーナス支給予想額は、72万5606円(平均年齢41.3歳)
  8. 特別区の2020年冬のボーナス支給予想額は、86万6070円(平均年齢41.2歳)

2020年、地方公務員の冬のボーナスについてまとめてみました。

 

よくある勘違いですが、ボーナスの支給額の計算を「月額基本給 × ◯ヶ月分」とする人がいます。

これは計算間違いでして、正しくは以下の通りです。

 

(月額基本給 + 地域手当 + 扶養手当) × ◯ヶ月分

 

ということは、地域手当の多い少ないでボーナスの支給額は変わってくると言えます。

したがって地域手当が最高ランクである特別区が最もボーナスが多く、ほとんどの自治体で地域手当がゼロである町村役場ほどボーナスが少ないといった感じです。

 

というわけで今回は以上となります。

記事の最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。