公務員の給料

【特別区で働く公務員の給料のすべて】月収・年収・ボーナス・生涯年収・退職金が丸わかり

特別区で働く公務員の月収ってどれくらいなの?

特別区で働く公務員の年収やボーナスについても知りたい。

サラリーマンの生涯年収は2億から3億くらいって聞くけど、特別区で働く公務員はどうなの?

このような疑問にお答えします。

 

本文では、

  • 公務員(特別区)の初任給
  • 公務員(特別区)の月収
  • 公務員(特別区)の年収
  • 公務員(特別区)のボーナス
  • 公務員(特別区)の退職金
  • 公務員(特別区)の生涯年収
  • 地方公務員との比較

について解説しています。

 

本記事を読めば「特別区で働く公務員の給料」について全てが分かります。

特別区で働く公務員の年齢ごとの給料を分かりやすく紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

本記事のソースは総務省、そして人事院の統計データを元にしています。

公務員(特別区)の初任給

大卒の職員 21万873円
短大卒の職員 18万979円
高卒の職員 15万1085円

 

上記の初任給の表をみて「少なすぎる・・・」とガッカリした方もいるかもですが、公務員(特別区)の給料はこれに下記の各種手当を含めたものが月収となります。

 

  • 残業代
  • 地域手当(特別区の場合は20%)
  • 扶養手当
  • 住居手当(賃貸の家賃補助)
  • 交通費

上記を加味した「公務員(特別区)の月収」を次の項目で紹介していきます。

スポンサーリンク




公務員(特別区)の月収

特別区で働く公務員の年齢ごとの月収は以下の通りです。

 

19歳 26万3713円
20歳 28万1650円
21歳 29万9586円
22歳 30万5845円
23歳 31万2104円
24歳 31万8363円
25歳 32万4620円
26歳 33万3324円
27歳 34万2028円
28歳 35万732円
29歳 35万9435円
30歳 36万9710円
31歳 37万9985円
32歳 39万260円
33歳 40万535円
34歳 41万1780円
35歳 42万3025円
36歳 43万4270円
37歳 44万5516円
38歳 45万4421円
39歳 46万3326円
40歳 47万2231円
41歳 48万1135円
42歳 48万6213円
43歳 49万1291円
44歳 49万6369円
45歳 50万1446円
46歳 50万4524円
47歳 50万7602円
48歳 51万680円
49歳 51万3756円
50歳 51万7029円
51歳 52万302円
52歳 52万3575円
53歳 52万6848円
54歳 53万781円
55歳 53万4714円
56歳 53万8647円
57歳 54万2578円
58歳 54万6511円
59歳 55万444円
60歳 55万4377円

公務員(特別区)の年収

公務員(特別区)の年齢ごとの年収は以下の通りです。

 

19歳 416万4469円
20歳 444万7722円
21歳 473万962円
22歳 482万9801円
23歳 492万8640円
24歳 502万7479円
25歳 512万6292円
26歳 526万3741円
27歳 540万1190円
28歳 553万8639円
29歳 567万6077円
30歳 583万8336円
31歳 600万595円
32歳 616万2854円
33歳 632万5114円
34歳 650万2692円
35歳 668万270円
36歳 685万7848円
37歳 703万5439円
38歳 717万6063円
39歳 731万6687円
40歳 745万7311円
41歳 759万7923円
42歳 767万8113円
43歳 775万8303円
44歳 783万8493円
45歳 791万8670円
46歳 796万7275円
47歳 801万5880円
48歳 806万4485円
49歳 811万3064円
50歳 816万4750円
51歳 821万6436円
52歳 826万8122円
53歳 831万9808円
54歳 837万1914円
55歳 844万4020円
56歳 850万6126円
57歳 856万8209円
58歳 863万315円
59歳 869万2421円
60歳 875万4527円

 

公務員はご存知の通り年功序列なので、年齢を重ねるごとに給料が上がっていくのが上記を見れば一目瞭然ですね。

ちなみに特別区で働く公務員の平均値なので上記の感じですが、課長クラスになれば年収1000万円を超えてきます。

公務員(特別区)のボーナス

特別区で働く公務員のボーナスについてですが、以下のデータ(平均値)を元に算出しています。

 

平均年齢 41.2歳
ボーナス平均額 171万3312円
平均月額基本給 30万7876円
扶養手当 4908円
地域手当 63768円
支給ヶ月 4.55ヶ月

 

19歳 99万9913円
20歳 106万7922円
21歳 113万5930円
22歳 115万9661円
23歳 118万3392円
24歳 120万7123円
25歳 123万852円
26歳 126万3853円
27歳 129万6854円
28歳 132万9855円
29歳 136万2857円
30歳 140万1816円
31歳 144万775円
32歳 147万9734円
33歳 151万8694円
34歳 156万1332円
35歳 160万3970円
36歳 164万6608円
37歳 168万9247円
38歳 172万3011円
39歳 175万6775円
40歳 179万539円
41歳 182万4303円
42歳 184万3557円
43歳 186万2811円
44歳 188万2065円
45歳 190万1318円
46歳 191万2987円
47歳 192万4656円
48歳 193万6325円
49歳 194万7992円
50歳 196万402円
51歳 197万2812円
52歳 198万5222円
53歳 199万7632円
54歳 200万2542円
55歳 202万7452円
56歳 204万2362円
57歳 205万7273円
58歳 207万2183円
59歳 208万7093円
60歳 210万2003円

 

2020年公務員の夏のボーナスまとめ

2020年公務員の冬のボーナスまとめ

公務員(特別区)の退職金

退職金 2115万9018円

 

特別区で働く公務員の退職金です。

退職金もボーナスと同様、職種が違えど同じ月数が支給されます。

ちなみに現在の公務員の退職金は、上限で「47.709ヶ月分」となっています。

上限というのは、退職金は勤続年数によって支給月数が変わってきます。

35年以上勤めると、上限である47.709ヶ月分がもらえることになりますので、25歳までに公務員になっておけば上限の退職金をもらえます。

 

公務員の退職金についてもっと詳しく知りたい方へ

自己都合で辞めた場合の退職金について

公務員(特別区)の生涯年収

生涯年収 3億1353万6093円

 

内訳:2億9237万7075円+退職金2115万9018円

サラリーマンの生涯年収は2億円から3億円と言われているので、3億円を超える特別区で働く公務員の生涯年収は労働者の中でも高い方だといえますね。

スポンサーリンク




地方公務員との比較

地方公務員の全体平均と特別区で働く公務員で給料について比較してみました。

 

地方公務員 政令指定都市職員
平均年齢 42.2歳 41.2歳
平均年収 704万5092円 759万7923円
ボーナス 174万4212円 182万4303円
生涯年収 2億8995万2289円 3億1353万6093円

 

上記を見れば、特別区で働く公務員の方が給料が高いのは一目瞭然ですね。

地方公務員全体の平均と比べた場合、やはり特別区で働く公務員の方が地域手当が多い分、給料・ボーナス・生涯賃金すべてで上回る結果となりました。

さいごに

特別区の職員になりたいあなたへ

これまで紹介した公務員(特別区)の給料事情を見て、「こんなに給料がいいなら特別区で働きたい!」という方へ、当ブログのおすすめ記事を紹介します。

 

社会人から公務員へ転職したいあなたへ

社会人から公務員へ転職するには「知っておくべき情報」があります。

たとえば採用試験の日程だったり、忙しい社会人が勉強時間を確保する方法など。

それら全てが以下で紹介する、公務員専門学校のクレアールが無料で発行する「社会人のための公務員転職ハンドブック」に掲載されています。

公務員試験に合格するハードルは高いかもだけど、特別区の職員になりたいと考えている方はぜひ手に入れて読んでみてくださいね。

 

▶︎公務員になりたい社会人の方は読んでおきましょう

▶︎社会人のための公務員転職ハンドブックはこちらから

収入を増やしたい公務員のあなたへ

今の給料に不満がある、もしくは月に1万円でもいいから自分のおこずかいを増やしたいというあなたにオススメなのが「副業」です。

副業と聞くと「なんだか難しそう」とか「そんな時間ない」と、やる前から諦める人が多いですが・・・

民間企業に比べて時間のゆとりがある公務員こそ、副業と相性がいいという事実があります。

詳しくは以下の記事で解説していますので、興味のある方はぜひ合わせて読んでみてください。

 

それでは今回は以上になります。

今回の記事は、総務省の地方公務員、国家公務員の統計データを元に算出しています。

また、給料やボーナスの数字は平均値なので、特別区で働く人にとっては「こんなにうちの給料多くないよ!」なんてこともあるかと思います。

ご存じの通り公務員の給料は、残業が多い少ないによって給料が大きく左右されます。

なので本記事のデータは特別区で働く公務員全体の平均値であると思ってもらえたら幸いです。

それでは記事の最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

公務員が確実に自動で資産を増やす方法

公務員がブログで副収入を得るための基本を学ぶ

出世したい公務員の方へ