公務員の給料

【学校用務員の給料のすべて】月収・年収・ボーナス・生涯年収・退職金が丸わかり

学校用務員(公務員)の月収ってどれくらいなの?

学校用務員(公務員)の年収やボーナスについても知りたい。

サラリーマンの生涯年収は2億から3億くらいって聞くけど、学校用務員(公務員)はどうなの?

このような疑問にお答えします。

 

本文では、

  • 学校用務員の初任給
  • 学校用務員の月収
  • 学校用務員の年収
  • 学校用務員のボーナス
  • 学校用務員の退職金
  • 学校用務員の生涯年収
  • サラリーマンとの比較

について解説しています。

 

本記事を読めば「学校用務員(公務員)の給料」について全てが分かります。

学校用務員の年齢ごとの給料を分かりやすく紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

本記事のソースは総務省、そして人事院の統計データを元にしています。

学校用務員の初任給

学校用務員(全体) 17万8361円
学校用務員(都道府県) 18万2310円
学校用務員(政令指定都市) 17万6387円
学校用務員(市役所) 17万9520円
学校用務員(町村) 17万9040円
学校用務員(特別区) 18万4520円

 

上記の初任給の表をみて「少なすぎる・・・」とガッカリした方もいるかもですが、学校用務員の給料はこれに下記の各種手当を含めたものが月収となります。

 

  • 残業代
  • 地域手当(ゼロの自治体もあり)
  • 扶養手当
  • 住居手当(賃貸の家賃補助)
  • 交通費

 

上記を加味した「学校用務員の月収」を次の項目で紹介していきます。

スポンサーリンク




学校用務員の月収

学校用務員(公務員)の年齢ごとの月収は以下の通りです。

 

19歳 14万3919円
20歳 15万742円
21歳 15万7565円
22歳 16万4388円
23歳 17万1211円
24歳 17万8034円
25歳 18万4857円
26歳 19万4409円
27歳 20万3961円
28歳 21万3513円
29歳 22万3065円
30歳 23万3687円
31歳 24万4309円
32歳 25万4931円
33歳 26万5553円
34歳 27万6623円
35歳 28万7693円
36歳 29万8763円
37歳 30万9833円
38歳 31万9746円
39歳 32万9659円
40歳 33万9572円
41歳 34万9485円
42歳 35万7477円
43歳 36万5469円
44歳 37万3461円
45歳 38万1453円
46歳 38万7071円
47歳 39万2689円
48歳 39万8307円
49歳 40万3925円
50歳 40万8463円
51歳 41万3001円
52歳 41万7539円
53歳 42万2077円
54歳 42万4761円
55歳 42万7445円
56歳 43万129円
57歳 43万2813円
58歳 43万5497円
59歳 43万8181円
60歳 44万865円

学校用務員の年収

学校用務員の年齢ごとの年収は以下の通りです。

 

19歳 229万9091円
20歳 241万1890円
21歳 252万4689円
22歳 263万7488円
23歳 275万287円
24歳 286万3086円
25歳 297万5885円
26歳 312万5609円
27歳 327万5333円
28歳 342万5057円
29歳 357万4781円
30歳 373万9309円
31歳 390万3909円
32歳 406万8473円
33歳 423万3037円
34歳 440万4948円
35歳 457万6859円
36歳 474万8770円
37歳 492万681円
38歳 507万3849円
39歳 522万7017円
40歳 538万185円
41歳 553万3353円
42歳 565万6731円
43歳 578万109円
44歳 590万3487円
45歳 602万6865円
46歳 611万5200円
47歳 620万3535円
48歳 629万1870円
49歳 638万205円
50歳 645万1480円
51歳 652万2755円
52歳 659万4030円
53歳 666万5305円
54歳 670万7920円
55歳 675万535円
56歳 679万3150円
57歳 683万5765円
58歳 687万8380円
59歳 692万995円
60歳 696万3610円

 

公務員はご存知の通り年功序列なので、年齢を重ねるごとに給料が上がっていくのが上記を見れば一目瞭然ですね。

ちなみにこちらは学校用務員全体の平均値なので、政令指定都市や特別区といった地域手当の多い自治体では年収が多く、町村の自治体に勤める学校用務員は給料が低い傾向にあります。

学校用務員のボーナス

学校用務員のボーナスについてですが、以下のデータ(平均値)を元に算出しています。

 

平均年齢 53.0歳
ボーナス平均額 160万381円
平均月額基本給 31万7792円
扶養手当 8440円
地域手当 25500円
支給ヶ月 4.55ヶ月

 

19歳 57万2063円
20歳 60万2986円
21歳 63万3909円
22歳 66万4832円
23歳 69万5755円
24歳 72万6678円
25歳 75万7601円
26歳 79万2701円
27歳 82万7801円
28歳 86万2901円
29歳 89万8001円
30歳 93万5101円
31歳 97万2201円
32歳 100万9301円
33歳 104万6401円
34歳 108万5472円
35歳 112万4543円
36歳 116万3614円
37歳 120万2685円
38歳 123万6897円
39歳 127万1109円
40歳 130万5321円
41歳 133万9533円
42歳 136万7007円
43歳 139万4481円
44歳 142万1955円
45歳 144万9429円
46歳 147万348円
47歳 149万1267円
48歳 151万2186円
49歳 153万3105円
50歳 154万9924円
51歳 156万6743円
52歳 158万3562円
53歳 160万381円
54歳 161万788円
55歳 162万1195円
56歳 163万1602円
57歳 164万2009円
58歳 165万2416円
59歳 166万2823円
60歳 167万3230円

 

2020年技能労務職の夏のボーナスまとめ

2020年技能労務職の冬のボーナスまとめ

学校用務員の退職金

退職金 1911万2464円

 

学校用務員の退職金です。

退職金もボーナスと同様、職種が違えど同じ月数が支給されます。

ちなみに現在の公務員の退職金は、上限で「47.709ヶ月分」となっています。

上限というのは、退職金は勤続年数によって支給月数が変わってきます。

35年以上勤めると、上限である47.709ヶ月分がもらえることになりますので、25歳までに公務員になっておけば上限の退職金をもらえます。

 

公務員の退職金についてもっと詳しく知りたい方へ

自己都合で辞めた場合の退職金について

学校用務員の生涯年収

生涯年収 2億2922万7977円

 

内訳:2億1011万5513円+退職金1911万2464円

サラリーマンの生涯年収は2億円から3億円と言われているので、学校用務員の生涯年収は中間よりやや少ないくらいですね。

自治体の行政職に比べると給料は低いですが、それでも生涯年収はこれだけの額なので仕事の楽な学校用務員のコスパはかなり高めだといえます。

スポンサーリンク




サラリーマンとの比較

学校用務員と、サラリーマン(平均値)の給料について比較してみました。

 

学校用務員 サラリーマン(平均値)
平均年収 666万5305円 441万円
ボーナス 160万381円 77万4000円
生涯年収 2億2922万7977円 1億8640万円

 

サラリーマンの内訳:平均年収441万円×40年=1億7640万円+退職金1000万円

一見、学校用務員の給料は低く感じるかもですが、上記の通りサラリーマンの平均値と比べるとその差は一目瞭然です。

たしかに大企業と比較すると少ないかもですが、仕事の楽さや残業時間などを考慮すると、学校用務員は破格のコスパであることが分かると思います。

学校用務員とはいえ公務員試験に合格しなければならないというハードルを考えると一般のサラリーマンよりも給料が多いのは当たり前ですが、それでも学校用務員は美味しい仕事だと思います。

競争率は高いけど、30歳オーバーなら技能労務職になるべき

仕事が楽なのに公務員の全体平均とさほど変わらない給料やボーナスをもらえるなら、学校用務員を選ぶのは賢い選択だと思います。

とくに30歳を超えて、「行政職を受けるのはちょっと厳しいな・・・」という方こそ、学校用務員に転職すべきですね。

もちろん公務員試験に合格するのは大変ですが、行政職とは違い学校用務員の試験は教養試験だけなので、難易度はそれほど高くありません。

とはいえ筆記試験の準備を万全にしておかなければならないので、効率よく学習するなら公務員専門学校(WEB学習でも可)を利用すべきです。

 

学校用務員を目指す方が利用すべき公務員専門学校

結論から言いますと、「スタディング公務員講座」で勉強すればOKです。

スタディング公務員講座とは、スマホでいつでも好きな時に講座を受講できるWEB学習でして、最近では主流の学習方法です。

スタディングをおすすめする理由はなんと言っても受講料の安さで、49800円で受講することができます。

 

公務員専門学校と聞くとLECやTACといったスクールを思い浮かべるかもですが、そういった大手の公務員専門学校の受講料は30万円以上かかります。

たしかに特別区や地方上級試験を突破するには大手公務員専門学校をおすすめしますが、教養試験のみである学校用務員であれば49800円で受講できるスタディングで十分だと思います。

無料体験もありますので、まずはスタディングの講義を体験してみることから始めてみましょう。

 

▶︎スタディングなら49800円から公務員講座を受講できます

▶︎スタディング公務員講座の公式サイトはこちらから

さいごに

学校用務員になりたいあなたへ

これまで紹介した学校用務員の給料事情を見て、「こんなに給料がいいなら学校用務員になりたい!」という方へ、当ブログのおすすめ記事を紹介します。

 

社会人から学校用務員へ転職したいあなたへ

社会人から学校用務員へ転職するには「知っておくべき情報」があります。

たとえば採用試験の日程だったり、忙しい社会人が勉強時間を確保する方法など。

それら全てが以下で紹介する、公務員専門学校のクレアールが無料で発行する「社会人のための公務員転職ハンドブック」に掲載されています。

公務員だけど試験の難易度が低く、仕事も楽そうな学校用務員になりたいと考えている方は、ぜひ手に入れて読んでみてくださいね。

 

▶︎学校用務員(公務員)になりたい社会人の方は読んでおきましょう

▶︎社会人のための公務員転職ハンドブックはこちらから

収入を増やしたい学校用務員のあなたへ

今の給料に不満がある、もしくは月に1万円でもいいから自分のおこずかいを増やしたいというあなたにオススメなのが「副業」です。

副業と聞くと「なんだか難しそう」とか「そんな時間ない」と、やる前から諦める人が多いですが・・・

実は時間のゆとりがある技能労務職こそ、副業と相性がいいという事実があります。

詳しくは以下の記事で解説していますので、興味のある方はぜひ合わせて読んでみてください。

 

それでは今回は以上になります。

今回の記事は、総務省の地方公務員、国家公務員の統計データを元に算出しています。

また、給料やボーナスの数字は平均値なので、町村自治体で働く人にとっては「こんなにうちの給料多くないよ!」なんてこともあるかと思います。

学校用務員の給料は全て地域手当によって多い少ないが左右されるため、基本的には特別区が給料が多く、町村役場ほど給料が少なくなっています。

日本で働く学校用務員全体の平均値であると思ってもらえたら幸いです。

それでは記事の最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

公務員が確実に自動で資産を増やす方法

公務員がブログで副収入を得るための基本を学ぶ

出世したい公務員の方へ