公務員の給料

【市役所で働く公務員の給料のすべて】月収・年収・ボーナス・生涯年収・退職金が丸わかり

市役所で働く公務員の月収ってどれくらいなの?

市役所で働く公務員の年収やボーナスについても知りたい。

サラリーマンの生涯年収は2億から3億くらいって聞くけど、市役所で働く公務員はどうなの?

このような疑問にお答えします。

 

本文では、

  • 公務員(市役所)の初任給
  • 公務員(市役所)の月収
  • 公務員(市役所)の年収
  • 公務員(市役所)のボーナス
  • 公務員(市役所)の退職金
  • 公務員(市役所)の生涯年収
  • 公務員(政令指定都市)との比較

について解説しています。

 

本記事を読めば「市役所で働く公務員の給料」について全てが分かります。

市役所で働く公務員の年齢ごとの給料を分かりやすく紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

本記事のソースは総務省、そして人事院の統計データを元にしています。

ちなみに、政令指定都市で働く公務員の給料データについては個別に算出していますので、そちらを確認したい方は以下の記事をどうぞ

公務員(市役所)の初任給

大卒の職員 21万7658円
短大卒の職員 18万6064円
高卒の職員 15万4471円

 

上記の初任給の表をみて「少なすぎる・・・」とガッカリした方もいるかもですが、公務員(市役所)の給料はこれに下記の各種手当を含めたものが月収となります。

 

  • 残業代
  • 地域手当(ゼロの自治体もあり)
  • 扶養手当
  • 住居手当(賃貸の家賃補助)
  • 交通費

上記を加味した「公務員(市役所)の月収」を次の項目で紹介していきます。

スポンサーリンク




公務員(市役所)の月収

市役所で働く公務員の年齢ごとの月収は以下の通りです。

 

19歳 21万3409円
20歳 23万2365円
21歳 25万1321円
22歳 25万8005円
23歳 26万4689円
24歳 27万1373円
25歳 27万8058円
26歳 28万5947円
27歳 29万3836円
28歳 30万1725円
29歳 30万9614円
30歳 31万8035円
31歳 32万6456円
32歳 33万4877円
33歳 34万3297円
34歳 35万3689円
35歳 36万4081円
36歳 37万4473円
37歳 38万4866円
38歳 39万5413円
39歳 40万5960円
40歳 41万6507円
41歳 42万7055円
42歳 43万5237円
43歳 44万3419円
44歳 45万1601円
45歳 45万9781円
46歳 46万5259円
47歳 47万737円
48歳 47万6215円
49歳 48万1694円
50歳 48万5874円
51歳 49万54円
52歳 49万4234円
53歳 49万8414円
54歳 50万1326円
55歳 50万4238円
56歳 50万7150円
57歳 51万62円
58歳 51万2974円
59歳 51万5886円
60歳 51万8798円

公務員(市役所)の年収

公務員(市役所)の年齢ごとの年収は以下の通りです。

 

19歳 337万85円
20歳 366万9431円
21歳 396万8777円
22歳 407万4330円
23歳 417万9883円
24歳 428万5436円
25歳 439万999円
26歳 451万5580円
27歳 464万161円
28歳 476万4742円
29歳 488万9323円
30歳 502万2304円
31歳 515万5285円
32歳 528万8266円
33歳 542万8793円
34歳 558万5341円
35歳 574万9449円
36歳 591万3557円
37歳 607万7677円
38歳 624万4232円
39歳 641万787円
40歳 657万7342円
41歳 674万3909円
42歳 687万3114円
43歳 700万2319円
44歳 713万1524円
45歳 726万709円
46歳 734万7217円
47歳 743万3725円
48歳 752万233円
49歳 760万6753円
50歳 767万2762円
51歳 773万8771円
52歳 780万4780円
53歳 787万788円
54歳 791万6774円
55歳 796万2760円
56歳 800万8746円
57歳 805万4731円
58歳 811万717円
59歳 814万6703円
60歳 819万2689円

 

公務員はご存知の通り年功序列なので、年齢を重ねるごとに給料が上がっていくのが上記を見れば一目瞭然ですね。

ちなみに市役所で働く公務員の全体の平均値なので上記の感じですが、地域手当の多い自治体では課長クラスになると年収1000万円を超えてきます。

公務員(市役所)のボーナス

市役所で働く公務員のボーナスについてですが、以下のデータ(平均値)を元に算出しています。

 

平均年齢 41.3歳
ボーナス平均額 154万8315円
平均月額基本給 31万6919円
扶養手当 9867円
地域手当 13503円
支給ヶ月 4.55ヶ月

 

19歳 80万9177円
20歳 88万1051円
21歳 95万2925円
22歳 97万8270円
23歳 100万3615円
24歳 102万8960円
25歳 105万4303円
26歳 108万4216円
27歳 111万4129円
28歳 114万4042円
29歳 117万3955円
30歳 120万5884円
31歳 123万円7813
32歳 126万9742円
33歳 130万1669円
34歳 134万1073円
35歳 138万477円
36歳 141万9881円
37歳 145万9285円
38歳 149万9276円
39歳 153万9267円
40歳 157万9258円
41歳 161万9249円
42歳 165万270円
43歳 168万1291円
44歳 171万2312円
45歳 174万3337円
46歳 176万4109円
47歳 178万4881円
48歳 180万5653円
49歳 182万6425円
50歳 184万2274円
51歳 185万8123円
52歳 187万3972円
53歳 188万9820円
54歳 190万862円
55歳 191万1904円
56歳 192万2946円
57歳 193万3987円
58歳 195万5029円
59歳 195万6071円
60歳 196万7113円

 

2020年公務員の夏のボーナスまとめ

2020年公務員の冬のボーナスまとめ

公務員(市役所)の退職金

退職金 1980万1067円

 

市役所で働く公務員の退職金です。

退職金もボーナスと同様、職種が違えど同じ月数が支給されます。

ちなみに現在の公務員の退職金は、上限で「47.709ヶ月分」となっています。

上限というのは、退職金は勤続年数によって支給月数が変わってきます。

35年以上勤めると、上限である47.709ヶ月分がもらえることになりますので、25歳までに公務員になっておけば上限の退職金をもらえます。

 

公務員の退職金についてもっと詳しく知りたい方へ

自己都合で辞めた場合の退職金について

公務員(市役所)の生涯年収

生涯年収 2億8240万2571円

 

内訳:2億6260万1504円+退職金1980万1067円

サラリーマンの生涯年収は2億円から3億円と言われているので、3億円に近い市役所で働く公務員の生涯年収は労働者の中でも高い方だといえますね。

スポンサーリンク




公務員(政令指定都市)との比較

市役所で働く公務員と政令指定都市で働く公務員で給料について比較してみました。

 

公務員(市役所) 政令指定都市職員
平均年齢 41.3 42.1
平均年収 674万3909円 751万5743円
ボーナス 161万9249円 180万4571円
生涯年収 2億8240万2571円 2億9489万6879円

 

上記を見れば、政令指定都市で働く公務員の方が給料が高いのが分かると思います。

市役所で働く公務員の平均と比べた場合、やはり政令指定都市の方が地域手当が多い分、給料・ボーナス・生涯賃金すべてで上回る結果となりました。

さいごに

公務員(市役所)の職員になりたいあなたへ

これまで紹介した公務員(市役所)の給料事情を見て、「こんなに給料がいいなら市役所で働く公務員になりたい!」という方へ、当ブログのおすすめ記事を紹介します。

 

社会人から公務員へ転職したいあなたへ

社会人から公務員へ転職するには「知っておくべき情報」があります。

たとえば採用試験の日程だったり、忙しい社会人が勉強時間を確保する方法など。

それら全てが以下で紹介する、公務員専門学校のクレアールが無料で発行する「社会人のための公務員転職ハンドブック」に掲載されています。

公務員試験に合格するハードルは高いかもだけど、市役所の職員になりたいと考えている方はぜひ手に入れて読んでみてくださいね。

 

▶︎公務員になりたい社会人の方は読んでおきましょう

▶︎社会人のための公務員転職ハンドブックはこちらから

収入を増やしたい公務員のあなたへ

今の給料に不満がある、もしくは月に1万円でもいいから自分のおこずかいを増やしたいというあなたにオススメなのが「副業」です。

副業と聞くと「なんだか難しそう」とか「そんな時間ない」と、やる前から諦める人が多いですが・・・

民間企業に比べて時間のゆとりがある公務員こそ、副業と相性がいいという事実があります。

詳しくは以下の記事で解説していますので、興味のある方はぜひ合わせて読んでみてください。

 

それでは今回は以上になります。

今回の記事は、総務省の地方公務員、国家公務員の統計データを元に算出しています。

また、給料やボーナスの数字は平均値なので、人によっては「こんなにうちの給料多くないよ!」なんてこともあるかと思います。

市役所で働く公務員の給料は、地域手当によって多い少ないが左右されます。

なので本記事のデータは市役所で働く公務員全体の平均値であると思ってもらえたら幸いです。

それでは記事の最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

公務員が確実に自動で資産を増やす方法

公務員がブログで副収入を得るための基本を学ぶ

出世したい公務員の方へ