公務員のボーナス

【2020年技能労務職・現業の冬のボーナス】公務員の年齢ごとの支給額を公開します

2020年の技能労務職・現業の冬のボーナスっていつもらえるんだっけ?

2020年の技能労務職・現業の冬のボーナスは何ヶ月分もらえるの?

それと、技能労務職・現業のボーナスって何才のときにどれくらいもらえるのか知りたい。

このような疑問にお答えします。

 

本文では、

  • 2020年、技能労務職・現業の冬のボーナス支給日は?
  • 2020年、技能労務職・現業の冬のボーナスは何ヶ月分?
  • 2020年、技能労務職・現業の年齢ごとのボーナス支給額

について解説しています。

 

本記事を読めば「技能労務職・現業の2020年冬のボーナス」について全てが分かります。

技能労務職・現業全体、都道府県、政令指定都市、市役所、町村、特別区で働く技能労務職員の年齢ごとによるボーナス支給額も紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

本記事のソースは総務省、そして人事院の統計データを元に独自に算出しています。

 

ちなみに、地方公務員・国家公務員・教職員・警察官・消防士・保育士・保健師・看護師・保健師・薬剤師の冬のボーナスが知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

2020年、技能労務職・現業の冬のボーナス支給日は?

2020年、技能労務職・現業の冬のボーナスが支給されるのは次の通りです。

 

夏のボーナス 6月30日
冬のボーナス 12月10日

 

夏のボーナスが支給される日も記載しました。

自治体によっては、夏と冬に加えて春(3月)にもボーナスが支給される所もありますが、ボーナスが年に2回の自治体も3回の自治体も、夏と冬のボーナス支給日は同じです。

スポンサーリンク




2020年、技能労務職・現業の冬のボーナスは何ヶ月分?

結論から言いますと、2020年の冬のボーナスは以下の通りです。

 

夏のボーナス 2.25ヶ月
冬のボーナス 2.30ヶ月

 

夏のボーナス分も記載しました。

おそらく、2020年の技能労務職・現業のボーナスは当初4.5ヶ月分の発表だと思います。

しかし2019年度同様、民間企業との格差から0.05ヶ月上乗せで、最終的に4.55ヶ月になるのではと予想されます。

ちなみに、2019年8月に人事院勧告が行われ、国のボーナスが本来の4.45ヶ月から4.5ヶ月へ0.05ヶ月増額されました。

 

なぜボーナスが増加されたの?

公務員のボーナスは、民間企業の平均とだいたい似たような額になるよう調整されています。

要するに、2019年度は民間企業の景気が良く、ボーナスも微増していることから、公務員のボーナスも0.05ヶ月分だけですが増額となりました。

ちなみに人事院勧告は毎年8月に実施されるため、勧告があるときにはすでに夏のボーナスは支給されています。

なので、増額分は冬のボーナス(12月に支給)に上乗せされることになります。

スポンサーリンク




【2020年冬のボーナス】技能労務職・現業全体の年齢別支給額

2020年の技能労務職・現業全体の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。

ここでの計算は、以下の条件を元に算出しています。

 

  • 平均月額
  • 扶養手当の平均値
  • 地域手当の平均値

 

あくまで「平均の数字」を元に割り出しているので、多少の誤差についてはご了承ください。

平均年齢 45.0歳
ボーナス平均額 81万656円
平均月額基本給 31万7277円
扶養手当 9739円
地域手当 25443円
支給ヶ月 2.3ヶ月

 

19歳 42万2777円
20歳 44万2712円
21歳 46万2647円
22歳 47万4495円
23歳 48万6343円
24歳 49万8191円
25歳 51万39円
26歳 52万969円
27歳 53万1899円
28歳 54万2829円
29歳 55万3757円
30歳 56万8536円
31歳 58万3315円
32歳 59万8094円
33歳 61万2872円
34歳 63万2527円
35歳 65万2182円
36歳 67万1837円
37歳 69万1493円
38歳 70万9865円
39歳 72万8237円
40歳 74万6609円
41歳 76万4980円
42歳 77万6499円
43歳 78万8018円
44歳 79万9537円
45歳 81万1056円
46歳 81万8850円
47歳 82万6644円
48歳 83万4438円
49歳 84万2232円
50歳 84万8309円
51歳 85万4546円
52歳 86万703円
53歳 86万6859円
54歳 87万1144円
55歳 87万5429円
56歳 87万9714円
57歳 88万4000円
58歳 89万1285円
59歳 89万8570円
60歳 90万5855円
スポンサーリンク




【2020年冬のボーナス】技能労務職・現業(都道府県)の年齢別支給額

2020年の技能労務職・現業(都道府県)の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。

 

平均年齢 46.5歳
ボーナス平均額 81万2489円
平均月額基本給 32万4106円
扶養手当 9706円
地域手当 19444円
支給ヶ月 2.3ヶ月

 

19歳 41万6473円
20歳 43万6631円
21歳 45万6789円
22歳 46万8056円
23歳 47万9323円
24歳 49万590円
25歳 50万1855円
26歳 51万1876円
27歳 52万1897円
28歳 53万1918円
29歳 54万1938円
30歳 55万8837円
31歳 57万5736円
32歳 59万2635円
33歳 60万9532円
34歳 63万1226円
35歳 65万2920円
36歳 67万4614円
37歳 69万6307円
38歳 71万2727円
39歳 72万9147円
40歳 74万5567円
41歳 76万1988円
42歳 77万1612円
43歳 78万1236円
44歳 79万860円
45歳 80万485円
46歳 80万9149円
47歳 81万7813円
48歳 82万6477円
49歳 83万5139円
50歳 84万3237円
51歳 85万1335円
52歳 85万9433円
53歳 86万7530円
54歳 87万3311円
55歳 87万9092円
56歳 88万4873円
57歳 89万654円
58歳 89万6435円
59歳 90万2216円
60歳 90万7997円
スポンサーリンク




【2020年冬のボーナス】技能労務職・現業(政令指定都市)の年齢別支給額

2020年の技能労務職・現業(政令指定都市)の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。

 

平均年齢 45.5歳
ボーナス平均額 85万6819円
平均月額基本給 32万394円
扶養手当 11243円
地域手当 40893円
支給ヶ月 2.3ヶ月

 

19歳 45万7988円
20歳 47万7368円
21歳 49万6747円
22歳 50万9530円
23歳 52万2313円
24歳 53万5096円
25歳 54万7878円
26歳 55万9777円
27歳 57万1676円
28歳 58万3575円
29歳 59万5472円
30歳 61万2301円
31歳 62万9130円
32歳 64万5959円
33歳 66万2786円
34歳 68万1060円
35歳 69万9334円
36歳 71万7608円
37歳 73万5880円
38歳 75万2513円
39歳 76万9146円
40歳 78万5779円
41歳 80万2410円
42歳 81万4439円
43歳 82万6468円
44歳 83万8497円
45歳 85万526円
46歳 85万9368円
47歳 86万8210円
48歳 87万7052円
49歳 88万5893円
50歳 89万4116円
51歳 90万2339円
52歳 91万562円
53歳 91万8786円
54歳 92万6247円
55歳 93万3708円
56歳 94万1169円
57歳 94万8628円
58歳 95万6089円
59歳 96万3550円
60歳 97万1011円
スポンサーリンク




【2020年冬のボーナス】技能労務職・現業(市役所)の年齢別支給額

2020年の技能労務職・現業(市役所)の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。

 

平均年齢 44.5歳
ボーナス平均額 80万1511円
平均月額基本給 32万3262円
扶養手当 9326円
地域手当 15895円
支給ヶ月 2.3ヶ月

 

19歳 40万2088円
20歳 42万3246円
21歳 44万6720円
22歳 45万9042円
23歳 47万1364円
24歳 48万3686円
25歳 49万6009円
26歳 50万7175円
27歳 51万8341円
28歳 52万9507円
29歳 54万673円
30歳 55万5924円
31歳 57万1175円
32歳 58万6426円
33歳 60万1675円
34歳 62万1758円
35歳 64万1841円
36歳 66万1924円
37歳 68万2005円
38歳 70万1058円
39歳 72万111円
40歳 73万9164円
41歳 75万8218円
42歳 77万397円
43歳 78万2576円
44歳 79万4755円
45歳 80万6932円
46歳 81万4737円
47歳 82万2542円
48歳 83万347円
49歳 83万8150円
50歳 84万3319円
51歳 84万8488円
52歳 85万3657円
53歳 85万8825円
54歳 86万2281円
55歳 86万5737円
56歳 86万9193円
57歳 87万2648円
58歳 87万6104円
59歳 87万9560円
60歳 88万3016円
スポンサーリンク




【2020年冬のボーナス】技能労務職・現業(町村)の年齢別支給額

2020年の技能労務職・現業(町村)の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。

 

平均年齢 45.5歳
ボーナス平均額 67万8806円
平均月額基本給 28万6023円
扶養手当 7055円
地域手当 2055円
支給ヶ月 2.3ヶ月

 

19歳 36万4113円
20歳 37万3597円
21歳 38万3081円
22歳 39万4238円
23歳 40万5395円
24歳 41万6552円
25歳 42万7710円
26歳 43万8096円
27歳 44万8482円
28歳 45万8868円
29歳 46万9255円
30歳 48万335円
31歳 49万1415円
32歳 50万2495円
33歳 51万3576円
34歳 52万9497円
35歳 54万5418円
36歳 56万1339円
37歳 57万7259円
38歳 59万1993円
39歳 60万6727円
40歳 62万1461円
41歳 63万6196円
42歳 64万5900円
43歳 65万5604円
44歳 66万5308円
45歳 67万5013円
46歳 68万5827円
47歳 69万6641円
48歳 70万7455円
49歳 71万8267円
50歳 72万1553円
51歳 72万4839円
52歳 72万8125円
53歳 73万1409円
54歳 73万1358円
55歳 73万1307円
56歳 73万1256円
57歳 73万1205円
58歳 73万1154円
59歳 73万1103円
60歳 73万1052円
スポンサーリンク




【2020年冬のボーナス】技能労務職・現業(特別区)の年齢別支給額

2020年の技能労務職・現業(特別区)の冬のボーナスを年齢別に算出していきます。

 

平均年齢 45.5歳
ボーナス平均額 85万5290円
平均月額基本給 30万1331円
扶養手当 8626円
地域手当 61908円
支給ヶ月 2.3ヶ月

 

19歳 49万9578円
20歳 50万7735円
21歳 51万5892円
22歳 52万4049円
23歳 53万2206円
24歳 54万363円
25歳 54万8518円
26歳 55万4972円
27歳 56万1426円
28歳 56万7880円
29歳 57万4333円
30歳 58万6746円
31歳 59万9159円
32歳 61万1572円
33歳 62万3983円
34歳 64万9356円
35歳 67万4729円
36歳 70万102円
37歳 72万5475円
38歳 74万8622円
39歳 77万1769円
40歳 79万4916円
41歳 81万8064円
42歳 82万6513円
43歳 83万4962円
44歳 84万3411円
45歳 85万1860円
46歳 85万6199円
47歳 86万538円
48歳 86万4877円
49歳 86万9216円
50歳 87万3527円
51歳 87万7838円
52歳 88万2149円
53歳 88万7614円
54歳 89万1925円
55歳 89万6236円
56歳 90万547円
57歳 90万4859円
58歳 90万9170円
59歳 91万3481円
60歳 91万7792円
スポンサーリンク




まとめ

  1. 2020年冬のボーナス日は12月10日(木)
  2. 2020年冬のボーナス支給月数は2.3ヶ月分
  3. 技能労務職・現業全体の2020年冬のボーナス支給予想額は、81万656円(平均年齢45.0歳)
  4. 技能労務職・現業(都道府県)の2020年冬のボーナス支給予想額は、81万2489円(平均年齢46.5歳)
  5. 技能労務職・現業(政令指定都市)の2020年冬のボーナス支給予想額は、85万6819円(平均年齢45.5歳)
  6. 技能労務職・現業(市役所)の2020年冬のボーナス支給予想額は、80万1511円(平均年齢44.5歳)
  7. 技能労務職・現業(町村)の2020年冬のボーナス支給予想額は、67万8806円(平均年齢45.5歳)
  8. 技能労務職・現業(特別区)の2020年冬のボーナス支給予想額は、85万5290円(平均年齢45.5歳)

2020年、技能労務職・現業の冬のボーナスについてまとめてみました。

 

よくある勘違いですが、ボーナスの支給額の計算を「月額基本給 × ◯ヶ月分」とする人がいます。

これは計算間違いでして、正しくは以下の通りです。

 

(月額基本給 + 地域手当 + 扶養手当) × ◯ヶ月分

 

ということは、地域手当の多い少ないでボーナスの支給額は変わってくると言えます。

したがって地域手当が最高ランクである特別区が最もボーナスが多く、ほとんどの自治体で地域手当がゼロである町村役場ほどボーナスが少ないといった感じです。

 

というわけで今回は以上となります。

記事の最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。