公務員

社会人から公務員を目指す人は絶対に読むべき!民間からの転職ガイドブック

新卒で入社した会社を辞めて公務員を目指す場合、その後試験に向けてどう取り組むのがベストなのか詳しく分からないですよね?

「今の仕事は上司も怖いし、激務で毎日残業なんて当たり前・・・」

そんな労働条件の悪い会社で働いている場合、公務員になるのって憧れであり目標だったりすると思います。

 

このまま今の仕事を定年までなんてとてもじゃないけど続けられない・・・!

なので何とか頑張って公務員になりたいけど、「自分なんかでも公務員になれるのかな・・・」なんてことを考えると、なかなか前に進めませんよね。

本文では、

社会人のあなたが働きながら公務員になるために知っておかなければならない情報を網羅した

「社会人のための公務員転職ハンドブック」

を無料で手に入れるための方法を紹介しています。

ちなみにこのハンドブックは無料ではありますが数量限定となっています。

「欲しかったけど請求するのが遅れてもう無くなってた・・・」なんてことにならないためにも、民間を辞めて公務員を目指す人は早めに手に入れることをおすすめします。

 

・社会人が目指せる公務員試験

・おすすめの転職ルート

など、社会人にお得な情報がぎっしり詰まったハンドブックなので、社会人の方はぜひ手に入れて読んでみましょう。

▶︎社会人として働きながらでも公務員になりたい方へ

▶︎公務員転職ハンドブックはこちらから(無料)

社会人から公務員を目指す人は必ず読むべき!


当ブログでおすすめの公務員専門学校として何度も紹介しているクレアールですが、今回紹介する「社会人のための公務員転職ハンドブック」は、このクレアールが発行しているんです。

そして、このハンドブックはクレアールの公式ホームページから請求すると無料でもらえます!

 

WEB通信という学習スタイルに特化し、LECやTACといった大手公務員専門学校に比べて受講料を大幅に抑えていることが強みのクレアールですが、

無料でもらえる「社会人のための公務員転職ハンドブック」も非常にタメになったという人が続出しています。

実際に私も資料請求して読んでみましたが、その情報量と内容の濃さに驚きました!

 

正直「無料だからネットで簡単に出てくる情報ばかりなんでしょ?」と思っていたのですが、私の想像のはるか上を行きました!

公務員専門学校を利用してる人はノウハウなどの情報に困ることはないかもしれませんが、独学の人はそうはいきませんよね。

 

ネット上にたくさん情報がある時代とはいえ、逆に情報が多すぎて、

  • どれが信頼性のある情報なのか
  • 自分にとって有益な情報はどれなのか

ということをいちいち吟味しなくてはいけません。

それって意外と労力が必要だったり、難しかったりするんですよね。

 

そんな情報戦に不利な立場である社会人や、これから独学で公務員を目指そうとしてる方にとって、このハンドブックは非常に頼もしいバイブルとなってくれます。

・民間企業に勤めたけどやっぱり公務員になりたい

・公務員になりたいけど、試験とかどのような仕組みなのか何も知らない

・アラサーの自分が受けれる試験はあるのか分からない

・自分と同じ境遇から公務員になった人の話を聞きたい

このような人は絶対にクレアールが無料でくれる「社会人のための公務員転職ハンドブック」をぜひ読んでみましょう!

▶︎働きながらでも公務員になりたい方は絶対に読むべき!

▶︎公務員転職ハンドブックはこちらから(無料)

なぜ非常にタメになったという人が続出しているのか?


なぜ社会人のための公務員転職ハンドブックを読んでタメになったという人が続出しているのでしょうか?

これにはハッキリとした理由があるんです。

 

掲載内容をおおまかに紹介しますと、

  1. 公務員の仕組み、区分、試験スケジュール(特別区を例に解説)
  2. 公務員への転職ルートについての解説
  3. 教養試験のみで受けれる学習負担の少ない試験について紹介
  4. 教養試験の例題集
  5. 実際に自治体で出題された論文試験
  6. 面接、集団討論ガイド
  7. 社会人経験者採用試験を行なっている自治体の紹介
  8. 公務員への転職Q&A
  9. 合格体験記(社会人転職者編)

 

このように社会人のための公務員転職ハンドブックは無料にもかかわらず、61ページにも及ぶ充実した情報が詰まっています。

なので、独学の社会人の方だけでなく、LECやTACなど他の公務員専門学校をすでに利用されている方にとっても知らない情報がたくさん掲載されているのでぜひ手にとって読んでみましょう。

社会人のための公務員転職ハンドブックを読めばこれが分かる!

公務員試験の仕組みが分かる

公務員は数多くの職種があり、受験資格(年齢)も試験・自治体によって様々です。

また、大卒・高卒といった区分についてや試験スケジュールについても詳しく紹介されています。

そして、社会人経験者採用試験を実施している市役所と日程、年齢上限についてまとめられています。

社会人におすすめの転職ルートが分かる

社会人が公務員へ転職する場合、

  • 年齢が20代前半~20代後半、社会人経験は1~4年程度の方
  • 年齢が20代後半以上、社会人経験は5年以上の方

によって、受験プラン(転職ルート)の選択肢が異なります。

 

ここでは「地方上級・国家一般職を目指すルート」と「社会人経験者採用試験合格を目指すルート」について紹介しています。

忙しい社会人が学習負担の少ない試験に絞って公務員を目指すことについても解説されています。

試験の例題、面接・論文対策ガイドがある

数的処理から社会科学、人文科学といった試験問題の例題や、実際に自治体で出題された論文試験が掲載されています。

また、面接や集団討論対策についても紹介しています。

この章で最も参考になるのは、実際に自治体で出題された論文テーマの掲載されているところです。

 

というのも、社会人経験者採用試験においては経験論文(過去の職務経験を公務員の仕事にどのように活かすかを述べる)が出題される自治体が多いようです。

社会人のための公務員転職ハンドブックには、実際に自治体で出題された過去問が合計39問も掲載されています。

この情報を知るだけでもハンドブックを読んでみる価値がありますよ!

社会人採用試験の概要と初任給の紹介

全国主要都市の受験資格や試験から合格発表までのスケジュール。

また、「職務経験◯年で採用時◯歳では初任給がいくらになるか」についてのデータも掲載しています。

公務員の具体的な給料については、なかなか知る機会がないのでこれも貴重なデータですよね。

社会人から公務員になった人の体験記を掲載

社会人から公務員になった方の

  • 学習する上で苦労したことや克服法
  • 面接対策で心がけたこと
  • これから公務員を目指す方へのメッセージ

といった体験記が合計15ページにもわたって掲載されています。

 

社会人の方が仕事で忙しい中、どのように学習を工夫して合格までたどり着いたのかというのは同じ境遇の方にとって非常に参考になるでしょう。

▶︎本気で公務員に転職したい社会人の方は今すぐ資料請求しましょう

▶︎公務員転職ハンドブックはこちらから(無料)

本当に無料?しつこい勧誘とかないの?と心配なあなたへ


社会人のための公務員転職ハンドブックのいいことばかり書いてきましたが、請求するのに不安なことだってありますよね?

・無料って書いてあるけど本当にタダなの?

・電話でしつこい勧誘があったりするんじゃないの?

という心配ってありますよね。

 

結論から言いますと、クレアールに資料請求したからといってしつこい勧誘はありません。

先ほども触れましたが、私も「社会人のための公務員転職ハンドブック」がどんな内容なのか気になったので資料請求したのですが、その後電話がかかってきたりなどは一切ありません。

赤ずきんくん
赤ずきんくん
しつこい勧誘がないから安心して請求できるね!

 

しつこい勧誘もせず、無料でこのようなハンドブックをくれる大盤振る舞いなクレアールですが、公務員専門学校の受講料も他社に比べて非常に安くなっています。

そして先ほども触れましたが、クレアールはWEB通信に特化した公務員専門学校のため、街中に学校を構えるコストがないといった理由から、他社に比べ受講料は大変リーズナブルになっています。

 

なので、公務員専門学校を利用するのにどこにするか迷っている・・・という方はぜひクレアールを選択肢の一つとして考えてみてください。

※公務員専門学校については以下の記事で詳しく解説しています。

さいごに


「社会人から公務員になりたいんだけど何から始めていいか分からない」

「どんな試験があって、私でも受けられる試験があるの?」

そのようなあなたは、まずは社会人から公務員へ転職するために必要な知識をつけることから始めましょう。

 

「公務員試験は無駄なく効率的に勉強するのが鉄則」と言われるように、ただやみくもに勉強したのでは合格へ遠回りになってしまいます。

遠回りしてでも最終的に合格できればまだいいですが、最悪の場合、何回チャレンジしても公務員になれなかった・・・なんてことも十分起こりえます。

 

このクレアールのハンドブックを手に入れれば、あなたが公務員に転職するために有益な知識を身につけることができます。

数量限定となっていますので、「欲しかったけど請求するのが遅くてもう在庫がなくなってた・・・」なんてことにならないためにも、ぜひ早めに請求して、読んでみてくださいね!

▶︎本気で公務員への転職を考えているなら今すぐ資料請求しましょう

▶︎公務員転職ハンドブックはこちらから(無料)