公務員のボーナス PR

【2024年(令和6年)国税専門官・財務専門官の冬のボーナス】2.35ヶ月分で平均額は100万6881円の見込み

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
お悩みさん
お悩みさん
・2024年の国税専門官・財務専門官の冬のボーナスっていつもらえるの?

・2024年の冬のボーナスは何ヶ月分もらえるの?

・何歳のときにどれくらいもらえるのか知りたい!

このような疑問にお答えします!

 

本文では、

  • 2024年 国税専門官・財務専門官の冬のボーナス支給日は?
  • 2024年 国税専門官・財務専門官の冬のボーナスは何ヶ月分?
  • 2024年 国税専門官・財務専門官の年齢ごとの冬のボーナス支給額

について解説しています。

 

結論から言いますと、2.35ヶ月分が支給されます。

国税専門官・財務専門官の年齢ごとによるボーナス支給額も紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いください。

本記事のソースは総務省、そして人事院の統計データを元に算出しています。

ちなみに、地方公務員・国家公務員・警察官・消防士・教職員・看護師・医師、歯科医師・薬剤師・保健師・保育士・技能労務職のボーナスが知りたい方は以下の記事をご覧ください。

2024年 国税専門官・財務専門官の冬のボーナスの支給日は?

2024年 国税専門官・財務専門官の冬のボーナスが支給される日は次の通りです。

 

夏のボーナス 6月28日
冬のボーナス 12月10日

 

夏のボーナスが支給される日も記載しました。

自治体によっては夏と冬に加えて春(3月15日)にもボーナスが支給されるところもありますが、夏と冬に関してはすべての自治体が上記の支給日にボーナスが振り込まれます。

スポンサーリンク




2024年 国税専門官・財務専門官の冬のボーナスは何ヶ月分?

2024年の冬のボーナスは以下の通りです。

 

夏のボーナス 2.25ヶ月
冬のボーナス 2.35ヶ月

 

夏のボーナス分も記載しました。

2024年の国税専門官・財務専門官のボーナスは当初年間で4.5ヶ月分になります。

2023年は当初4.4ヶ月分でしたが、民間企業との格差是正のため2023年10月の人事院勧告により0.1ヶ月引き上げられ最終的には4.5ヶ月となりました。

新型コロナウイルスが5類になって今まで通りの生活が戻ってきており、民間企業の業績も回復してきています。

なので、2024年も10月の人事院勧告で再び0.1カ月引き上げられることが予想されます。

引き上げられた分は冬のボーナスに加算されるため、そうなると2024年のボーナスは年間で4.6ヶ月ということになりますね。

3月に春のボーナスが支給される自治体では、引き上げ分は冬ではなく春のボーナスに加算されます。

赤ずきん
赤ずきん
ちなみに、2024年の国税専門官・財務専門官の夏のボーナスについては以下の記事で解説しているよ!

【2024年冬のボーナス】国税専門官・財務専門官の年齢別支給額

2024年の国税専門官・財務専門官の冬のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

ここでの計算は以下の条件を元に算出しています。

 

  • 平均月額給料
  • 扶養手当の平均値
  • 地域手当の平均値

 

あくまで「平均の数字」を元に計算しているので、多少の誤差についてはご了承ください。

 

平均年齢 42.0歳
ボーナス平均額 100万6881円
平均月額基本給 35万2263円
扶養手当 8,265円
地域手当 45,921円
支給ヶ月 2.35ヶ月

 

23歳 61万2368円
24歳 62万193円
25歳 63万9597円
26歳 66万7543円
27歳 68万4198円
28歳 70万852円
29歳 71万6445円
30歳 73万2037円
31歳 74万7629円
32歳 77万4311円
33歳 80万994円
34歳 82万7676円
35歳 85万4359円
36歳 87万6550円
37歳 89万8741円
38歳 92万932円
39歳 94万3123円
40歳 96万5314円
41歳 98万6098円
42歳 100万6881円
43歳 102万7664円
44歳 104万8448円
45歳 106万9231円
46歳 107万9605円
47歳 108万9978円
48歳 110万351円
49歳 111万725円
50歳 112万1098円
51歳 112万4939円
52歳 112万8780円
53歳 113万2621円
54歳 113万6461円
55歳 114万302円
56歳 114万8783円
57歳 115万7265円
58歳 116万5746円
59歳 117万4227円
60歳 118万2708円
スポンサーリンク




まとめ

  1. 2024年国税専門官・財務専門官の冬のボーナスは12月10日(火)
  2. 2024年国税専門官・財務専門官の冬のボーナスは2.35ヶ月分
  3. 国税専門官・財務専門官の平均値:100万6881円(42.0歳)

 

2024年の国税専門官・財務専門官の冬のボーナスについてまとめました。

ここで1つ注意点ですが、ボーナスの支給額の計算を 「月額基本給 × 2.35ヶ月」とする人がいます。

これは間違いでして、正しい算出方法は以下の通りです。

 

(月額基本給 + 地域手当 + 扶養手当) × 2.35ヶ月

 

上の式を見れば一目瞭然ですが、地域手当の多い少ないでボーナスの支給額は変わってくるということです。

したがって地域手当が最高ランクである特別区が最もボーナスが多く、ほとんどの自治体で地域手当がゼロである町村役場ほどボーナスが少なくなります。

【やらない公務員は損をする】節税効果と貯蓄のためにiDeCoに加入する人が激増!

株式投資とか、専門的な知識とか一切なしで、

60歳まで積み立てする「節税しながら出来る貯金」なのですが、実際に私も加入してみた結果・・・

 

66万4793円積み立てたものが、

97万4404円になっています!

(プラス30万9611円:運用利回り 14.00%)

専門的な知識なんか無くても、ただ積み立てしてたら、

まさかのプラス30万円超え!

しかも年間5万円以上の節税もできるので、運用益+節税でダブルにお得!

 

私以外にも、この『iDeCo』を利用している方の話を聞いてみると・・・

 

水谷真人さん(45歳)

iDeCoを開始してからの運用益はこちら

プラス28万円

まさかiDeCoでこんなに運用益が出るなんて思わなかったです。早速同僚にもiDeCoをオススメし、みんなで節税+運用の恩恵を受けています。

木村貴文さん(32歳)

iDeCoを開始してからの運用益はこちら

プラス35万円

公務員は経費で落とすとかできないので、少しでも出て行くお金を減らしたいと入庁してすぐにiDeCoを始めたところ、まさかの運用益が出て驚いています。

 

加入者の口コミの多くは、

「節税効果が年間数万円ある」

「運用益で数十万円の含み益がある」

というもの!

▶︎あなたのお金を増やすためにも、この機会に始めませんか?

▶︎iDeCoを始めるなら初心者でも安心!auカブコム証券で!

▶︎auカブコム証券の公式サイトはこちらから

 

このiDeCoは、2017年から公務員でも利用できるようになったなったもので、ザックリ言うと、

「年金を払えなくなるかもだから自分の身は自分で守ってね!」

という意味合いを込めて、国が始めた個人で積み立てる年金制度なんです。

公務員なら誰でも毎月12,000円を上限に、年間14,4000円を積み立てることが出来ます。

さらに、金額を設定して積み立てるだけで、年間で数万円の節税ができます!

ここまでiDeCoは節税ができて、運用益も期待できるのでダブルでお得と言いましたが、詳しい話はぜひ「auカブコム」に資料請求して自らの目で確かめて欲しいと思います。

資料にはあなたが疑問に感じている、

 

  1. どうして節税効果があるの?
  2. 運用益ってどういうこと?
  3. 元本は減らないの?
  4. 何歳まで積み立てするの?
  5. お金はいつ引き出せるの?

 

このような疑問に対して、分かりやすく解説してくれています。

資料請求はたったの60秒で完了!

あとはauカブコム証券から送られてくる資料を確認して、無理のない金額から始めればOK!

もちろん資料請求は無料で行えるので、やらない手は無いです!

お金を増やしたいあなたは、ぜひスマホから資料請求してみて下さい!

▶︎あなたのお金を増やすためにも、この機会に始めませんか?

▶︎iDeCoを始めるなら初心者でも安心!auカブコム証券で!

▶︎auカブコム証券の公式サイトはこちらから

 

同じカテゴリーの記事はこちら