公務員のボーナス

【2021年国税専門官・財務専門官の冬のボーナス】1.9ヶ月分支給され、平均額は78万4314円の見込み

2021年の国税専門官・財務専門官の冬のボーナスっていつもらえるんだっけ?

2021年の冬のボーナスは何ヶ月分もらえるの?

それと、何歳のときにどれくらいもらえるのか知りたい。

このような疑問にお答えします。

 

本文では、

  • 2021年 国税専門官・財務専門官の冬のボーナス支給日は?
  • 2021年 国税専門官・財務専門官の冬のボーナスは何ヶ月分?
  • 2021年 国税専門官・財務専門官の年齢ごとの冬のボーナス支給額

について解説しています。

 

結論から言いますと、1.9ヶ月分が支給されます。

国税専門官・財務専門官の年齢ごとによるボーナス支給額も紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いください。

本記事のソースは総務省、そして人事院の統計データを元に算出しています。

ちなみに、地方公務員・国家公務員・警察官・小、中学校教師・看護師・保健師・幼稚園教諭、保育士・医師、歯科医師・薬剤師・社会福祉士・技能労務職のボーナスが知りたい方は以下の記事をご覧ください。

2021年 国税専門官・財務専門官の冬のボーナスの支給日は?

2021年 国税専門官・財務専門官の冬のボーナスが支給される日は次の通りです。

 

夏のボーナス 6月30日
冬のボーナス 12月10日

 

夏のボーナスが支給される日も記載しました。

自治体によっては夏と冬に加えて春(3月15日)にもボーナスが支給されるところもありますが、夏と冬に関してはすべての自治体が上記の支給日にボーナスが振り込まれます。

スポンサーリンク




2021年 国税専門官・財務専門官の冬のボーナスは何ヶ月分?

結論から言いますと、2021年の冬のボーナスは以下の通りです。

 

夏のボーナス 2.2ヶ月
冬のボーナス 1.9ヶ月

 

夏のボーナス分も記載しました。

おそらく、2021年の国税専門官・財務専門官のボーナスは年間で4.1ヶ月分になります。

2020年は4.4ヶ月分でしたが、新型コロナウイルス感染拡大による経済の冷え込みにより2021年のボーナスは公務員も下がるのが既定路線。

そしてその下げ幅ですが、リーマンショックの時の下落幅と同じ「マイナス0.3ヶ月」になる見通しです。

赤ずきん
赤ずきん
リーマンショック時に公務員の給料やボーナスがどうなったかについては、以下の記事で詳しく解説しているよ!

なぜ去年はボーナスが大幅に下がらなかったの?

ご存知かもですが、公務員のボーナスは民間の動向を見ながら人事院勧告が毎年8月に実施されて決定します。

そして、民間の動向がリアルタイムに公務員の給料やボーナスには反映されないため、上がるにしろ下がるにしろ、影響が出るのは2021年度になってからというわけです。

赤ずきん
赤ずきん
ちなみに、2021年の国税専門官・財務専門官の冬のボーナスについては以下の記事で解説しているよ!

【2021年冬のボーナス】国税専門官・財務専門官の年齢別支給額

2021年の国税専門官・財務専門官の冬のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

ちなみに、ここでの計算は以下の条件を元に算出しています。

 

  • 平均月額給料
  • 扶養手当の平均値
  • 地域手当の平均値

 

あくまで「平均の数字」を元に計算しているので、多少の誤差についてはご了承ください。

 

平均年齢 42.9歳
ボーナス平均額 78万4314円
平均月額基本給 35万9720円
扶養手当 9,852円
地域手当 43,225円
支給ヶ月 1.9ヶ月

 

23歳 43万1159円
24歳 44万6594円
25歳 46万2032円
26歳 47万7470円
27歳 49万2908円
28歳 50万8346円
29歳 52万3784円
30歳 54万184円
31歳 55万6584円
32歳 57万2984円
33歳 58万9384円
34歳 60万9606円
35歳 62万9828円
36歳 65万50円
37歳 67万272円
38歳 69万1160円
39歳 71万2048円
40歳 73万2936円
41歳 75万3824円
42歳 76万9069円
43歳 78万4314円
44歳 79万9559円
45歳 81万4804円
46歳 82万5324円
47歳 83万5844円
48歳 84万6364円
49歳 85万6884円
50歳 86万5377円
51歳 87万3870円
52歳 88万2363円
53歳 89万856円
54歳 89万7086円
55歳 90万3316円
56歳 90万9546円
57歳 91万5776円
58歳 92万2006円
59歳 92万8236円
60歳 93万4466円
スポンサーリンク




まとめ

  1. 2021年国税専門官・財務専門官の冬のボーナスは12月10日(金)
  2. 2021年国税専門官・財務専門官の冬のボーナスは1.9ヶ月分
  3. 国税専門官・財務専門官の平均値:78万4314円(42.9歳)

 

2021年の国税専門官・財務専門官の冬のボーナスについてまとめました。

ここで1つ注意点ですが、ボーナスの支給額の計算を 「月額基本給 × 1.9ヶ月」とする人がいます。

これは間違いでして、正しい算出方法は以下の通りです。

 

(月額基本給 + 地域手当 + 扶養手当) × 1.9ヶ月

 

上の式を見れば一目瞭然ですが、地域手当の多い少ないでボーナスの支給額は変わってくるということです。

というわけで今回は以上となります。

 

知らなきゃ損する!コンタクトを一番安く買える方法はこれだ

この方法を実践するだけで車が60万円も安く買える!

エッチな映画をこっそり見たい方へ