公務員のボーナス

【2021年国税専門官・財務専門官の夏のボーナス】2.2ヶ月分支給され、平均額は90万8153円の見込み

2021年の国税専門官・財務専門官の夏のボーナスっていつもらえるんだっけ?

2021年の夏のボーナスは何ヶ月分もらえるの?

それと、何歳のときにどれくらいもらえるのか知りたい。

このような疑問にお答えします。

 

本文では、

  • 2021年 国税専門官・財務専門官の夏のボーナス支給日は?
  • 2021年 国税専門官・財務専門官の夏のボーナスは何ヶ月分?
  • 2021年 国税専門官・財務専門官の年齢ごとの夏のボーナス支給額

について解説しています。

 

結論から言いますと、2.2ヶ月分が支給されます。

国税専門官・財務専門官の年齢ごとによるボーナス支給額も紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いください。

本記事のソースは総務省、そして人事院の統計データを元に算出しています。

ちなみに、地方公務員・国家公務員・警察官・小、中学校教師・看護師・保健師・幼稚園教諭、保育士・医師、歯科医師・薬剤師・社会福祉士・技能労務職のボーナスが知りたい方は以下の記事をご覧ください。

2021年 国税専門官・財務専門官の夏のボーナスの支給日は?

2021年 国税専門官・財務専門官の夏のボーナスが支給される日は次の通りです。

 

夏のボーナス 6月30日
冬のボーナス 12月10日

 

冬のボーナスが支給される日も記載しました。

自治体によっては夏と冬に加えて春(3月15日)にもボーナスが支給されるところもありますが、夏と冬に関してはすべての自治体が上記の支給日にボーナスが振り込まれます。

スポンサーリンク




2021年 国税専門官・財務専門官の夏のボーナスは何ヶ月分?

結論から言いますと、2021年の夏のボーナスは以下の通りです。

 

夏のボーナス 2.2ヶ月
冬のボーナス 2.1ヶ月

 

冬のボーナス分も記載しました。

おそらく、2021年の国税専門官・財務専門官のボーナスは年間で4.3ヶ月分になります。

2020年は4.4ヶ月分でしたが、新型コロナウイルス感染拡大による経済の冷え込みにより2021年のボーナスは公務員も下がるのが既定路線。

そしてその下げ幅ですが、リーマンショックの時の下落幅と同じ「マイナス0.3ヶ月」になる見通しです。

2021年10月に正式に発表があり、民間企業とのボーナス格差により公務員の2021年度のボーナスは4.3カ月となりました。

赤ずきん
赤ずきん
リーマンショック時に公務員の給料やボーナスがどうなったかについては、以下の記事で詳しく解説しているよ!

 

なぜ去年はボーナスが大幅に下がらなかったの?

ご存知かもですが、公務員のボーナスは民間の動向を見ながら人事院勧告が毎年8月に実施されて決定します。

そして、民間の動向がリアルタイムに公務員の給料やボーナスには反映されないため、上がるにしろ下がるにしろ、影響が出るのは2021年度になってからというわけです。

赤ずきん
赤ずきん
ちなみに、2021年の国税専門官・財務専門官の冬のボーナスについては以下の記事で解説しているよ!

【2021年夏のボーナス】国税専門官・財務専門官の年齢別支給額

2021年の国税専門官・財務専門官の夏のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

ちなみに、ここでの計算は以下の条件を元に算出しています。

 

  • 平均月額給料
  • 扶養手当の平均値
  • 地域手当の平均値

 

あくまで「平均の数字」を元に計算しているので、多少の誤差についてはご了承ください。

 

平均年齢 42.9歳
ボーナス平均額 90万8153円
平均月額基本給 35万9720円
扶養手当 9,852円
地域手当 43,225円
支給ヶ月 2.2ヶ月

 

23歳 54万5689円
24歳 56万2058円
25歳 57万8427円
26歳 59万4796円
27歳 61万1165円
28歳 62万7534円
29歳 64万3903円
30歳 66万1244円
31歳 67万8585円
32歳 69万5926円
33歳 71万3267円
34歳 73万3767円
35歳 75万4267円
36歳 77万4767円
37歳 79万5267円
38歳 81万6783円
39歳 83万8299円
40歳 85万9815円
41歳 88万1331円
42歳 89万4742円
43歳 90万8153円
44歳 92万1564円
45歳 93万4975円
46歳 94万4219円
47歳 95万3463円
48歳 96万2707円
49歳 97万1951円
50歳 97万9611円
51歳 98万7271円
52歳 99万4931円
53歳 100万2591円
54歳 100万8895円
55歳 101万5199円
56歳 102万1503円
57歳 102万7807円
58歳 103万4111円
59歳 104万415円
60歳 104万6719円
スポンサーリンク




まとめ

  1. 2021年国税専門官・財務専門官の夏ボーナスは6月30日(水)
  2. 2021年国税専門官・財務専門官の夏のボーナスは2.2ヶ月分
  3. 国税専門官・財務専門官の平均値:90万8153円(42.9歳)

 

2021年の国税専門官・財務専門官の夏のボーナスについてまとめました。

ここで1つ注意点ですが、ボーナスの支給額の計算を 「月額基本給 × 2.2ヶ月」とする人がいます。

これは間違いでして、正しい算出方法は以下の通りです。

 

(月額基本給 + 地域手当 + 扶養手当) × 2.2ヶ月

 

上の式を見れば一目瞭然ですが、地域手当の多い少ないでボーナスの支給額は変わってくるということです。

したがって地域手当が最高ランクである特別区が最もボーナスが多く、ほとんどの自治体で地域手当がゼロである町村役場ほどボーナスが少なくなります。

個人資産を爆発的に増やした私があなたに伝えたいたった1つのこと

もしかすると、このページを読んでいるあなたは今の給料に満足していなかったり、少ないお小遣いで毎月やりくりしている状態かもしれません。

もしくはお金を増やそうとして、過去に株などの「投資」に挑戦してはみたけれど、上手くいかなくて失敗・挫折を繰り返したかもしれません。

お金を増やすにはゼロから知識を身につけて、スキルを勉強・定着させて、さらにはメンタルやマインドを身につけたりしないといけないのでずいぶん遠い道のりだし、自分には到底無理だ・・・なんて思っていませんか?

 

そう思われる気持ちも分かります。

 

他でもない私自身が仮想通貨でお金を増やしまくる前は、公務員が給料以外のお金を増やすのは凄まじいまでの努力や才能、そして強力な運が必要で、

とんでもなく難しくて、ごく一部の才能と努力し続ける精神力を持った人だけが成功できるのだろうなぁ・・・なんて勘違いしていました。

 

ですが、安心してください。

 

アーティストやアスリートが頂点を極めるような世界とお金を増やす難易度は違います。

何千・何万のうちの1人みたいなレベルにならなくても、仮想通貨でお金を増やす程度なら誰でも出来るんです。

お金を増やすのにイチがバチかのギャンブルをする必要はありません。

大金をかけて投資すれば勝てるというものでもありません。

そんな一部の人しか再現可能な話ではなく、誰もがちょっと怖くて一歩を踏み出せない「仮想通貨」を持てば、その辺にいる上司よりも圧倒的にお金を増やすことが出来ます。

上記は現在の私個人の資産の一部です。

これは家庭のお金ではなく私個人の"お小遣い"が仮想通貨により増えたものです。

上がった・下がったと一喜一憂することなく、買ってから2年くらい放置できれば、おのずと儲かっている状態になり、仮想通貨による利益を手に入れることが出来ます!

 

そのために必要なことは、

大きなお金を投じるようなことでもなく、

どんな人にもたどり着けないような圧倒的なスキルを身につけることでもなく、

これまで誰も思いつかなかったような斬新な投資テクニックやアイデアを使うことでもないのです。

 

「仮想通貨=怪しい」と無知からくる恐れを感じるのではなく、すでに何人も成功している人がいる正しい方法で、ただ重い腰を上げるだけでいいのです。

『コインチェック』では、有名なビットコインはもちろん、私が利益を出しまくっているイーサリアムという種類の通貨も売買できます。

たとえばあなたが知識ゼロ・行動した経験もゼロという「完全にまっさらな状態」であっても、一歩ずつ、小さな金額からでも投資をしていくことが出来ます。

ボーナスの1割でもいいので、まずは『コインチェック』で仮想通貨を始めてみませんか?

▶︎初心者でも簡単に始められるのはCoincheck(コインチェック)

▶︎コインチェックの公式サイトはこちら

 

知らなきゃ損する!コンタクトを一番安く買える方法はこれだ

NIKEのスニーカーの当選確率を上げたい方向け

テクニックさえ知ればマッチングは上手くいく!