公務員のボーナス

【2021年下水業務員(公務員)の冬のボーナス】1.9ヶ月分支給され、平均額は70万2390円の見込み

2021年の下水業務員(公務員)の冬のボーナスっていつもらえるんだっけ?

2021年の冬のボーナスは何ヶ月分もらえるの?

それと、何歳のときにどれくらいもらえるのか知りたい。

このような疑問にお答えします。

 

本文では、

  • 2021年 下水業務員(公務員)の冬のボーナス支給日は?
  • 2021年 下水業務員(公務員)の冬のボーナスは何ヶ月分?
  • 2021年 下水業務員(公務員)の年齢ごとの冬のボーナス支給額

について解説しています。

 

結論から言いますと、1.9ヶ月分が支給されます。

下水業務員(公務員)全体、都道府県、政令指定都市、市役所、町村役場、特別区で働く下水業務員(公務員)の年齢ごとによるボーナス支給額も紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いください。

本記事のソースは総務省、そして人事院の統計データを元に算出しています。

ちなみに、地方公務員・国家公務員・警察官・消防士・高校教師・小、中学校教師・幼稚園教諭、保育士・保健師・看護師・医師、歯科医師・薬剤師・社会福祉士・技能労務職のボーナスが知りたい方は以下の記事をご覧ください。

2021年 下水業務員(公務員)の冬のボーナスの支給日は?

2021年 下水業務員(公務員)の冬のボーナスが支給される日は次の通りです。

 

夏のボーナス 6月30日
冬のボーナス 12月10日

 

夏のボーナスが支給される日も記載しました。

自治体によっては夏と冬に加えて春(3月15日)にもボーナスが支給されるところもありますが、夏と冬に関してはすべての自治体が上記の支給日にボーナスが振り込まれます。

スポンサーリンク




2021年 下水業務員(公務員)の冬のボーナスは何ヶ月分?

結論から言いますと、2021年の冬のボーナスは以下の通りです。

 

夏のボーナス 2.2ヶ月
冬のボーナス 1.9ヶ月

 

夏のボーナス分も記載しました。

おそらく、2021年の下水業務員のボーナスは年間で4.1ヶ月分になります。

2020年は4.4ヶ月分でしたが、新型コロナウイルス感染拡大による経済の冷え込みにより2021年のボーナスは公務員も下がるのが既定路線。

そしてその下げ幅ですが、リーマンショックの時の下落幅と同じ「マイナス0.3ヶ月」になる見通しです。

赤ずきん
赤ずきん
リーマンショック時に公務員の給料やボーナスがどうなったかについては、以下の記事で詳しく解説しているよ!

なぜ去年はボーナスが大幅に下がらなかったの?

ご存知かもですが、公務員のボーナスは民間の動向を見ながら人事院勧告が毎年8月に実施されて決定します。

そして、民間の動向がリアルタイムに公務員の給料やボーナスには反映されないため、上がるにしろ下がるにしろ、影響が出るのは2021年度になってからというわけです。

赤ずきん
赤ずきん
ちなみに、2021年の下水業務員(公務員)の夏のボーナスについては以下の記事で解説しているよ!

【2021年冬のボーナス】下水業務員(公務員)の年齢別支給額

2021年の下水業務員(公務員)全体の冬のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

ちなみに、ここでの計算は以下の条件を元に算出しています。

 

  • 平均月額給料
  • 扶養手当の平均値
  • 地域手当の平均値

 

あくまで「平均の数字」を元に計算しているので、多少の誤差についてはご了承ください。

 

平均年齢 48.1歳
ボーナス平均額 70万2390円
平均月額基本給 32万8119円
扶養手当 10,524円
地域手当 31,036円
支給ヶ月 1.9ヶ月

 

19歳 25万8940円
20歳 26万1939円
21歳 26万4938円
22歳 27万8218円
23歳 29万1498円
24歳 30万4778円
25歳 31万8058円
26歳 33万3496円
27歳 34万8934円
28歳 36万4372円
29歳 37万9810円
30歳 39万6210円
31歳 41万2610円
32歳 42万9010円
33歳 44万5410円
34歳 46万5632円
35歳 48万5854円
36歳 50万6076円
37歳 52万6298円
38歳 54万7186円
39歳 56万8074円
40歳 58万8962円
41歳 60万9850円
42歳 62万5095円
43歳 64万340円
44歳 65万5585円
45歳 67万830円
46歳 68万1350円
47歳 69万1870円
48歳 70万2390円
49歳 71万2910円
50歳 72万1403円
51歳 72万9896円
52歳 73万8389円
53歳 74万6882円
54歳 75万3112円
55歳 75万9342円
56歳 76万5572円
57歳 77万1802円
58歳 77万8032円
59歳 78万4262円
60歳 79万492円
スポンサーリンク




【2021年冬のボーナス】下水業務員(都道府県)の年齢別支給額

都道府県で働く下水業務員の2021年の冬のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

 

平均年齢 50.7歳
ボーナス平均額 68万7773円
平均月額基本給 32万6635円
扶養手当 10,308円
地域手当 25,043円
支給ヶ月 1.9ヶ月

 

19歳 25万8247円
20歳 26万1284円
21歳 26万4321円
22歳 26万7973円
23歳 27万1625円
24歳 27万5277円
25歳 27万8929円
26歳 29万5298円
27歳 31万1667円
28歳 32万8036円
29歳 34万4405円
30歳 36万1746円
31歳 37万9087円
32歳 39万6428円
33歳 41万3769円
34歳 43万4269円
35歳 45万4769円
36歳 47万5269円
37歳 49万5769円
38歳 51万7285円
39歳 53万8801円
40歳 56万317円
41歳 58万1833円
42歳 59万5244円
43歳 60万8655円
44歳 62万2066円
45歳 63万5477円
46歳 64万4721円
47歳 65万3965円
48歳 66万3209円
49歳 67万2453円
50歳 68万113円
51歳 68万7773円
52歳 69万5433円
53歳 70万3093円
54歳 70万9397円
55歳 71万5701円
56歳 72万2005円
57歳 72万8309円
58歳 73万4613円
59歳 74万917円
60歳 74万7221円

 

【2021年冬のボーナス】下水業務員(政令指定都市)の年齢別支給額

政令指定都市で働く学下水業務員の2021年の冬のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

 

平均年齢 48.8歳
ボーナス平均額 74万9056円
平均月額基本給 34万3357円
扶養手当 12,654円
地域手当 38,229円
支給ヶ月 1.9ヶ月

 

19歳 28万1800円
20歳 28万4998円
21歳 28万8196円
22歳 30万1607円
23歳 31万5018円
24歳 32万8429円
25歳 34万1840円
26歳 35万9296円
27歳 37万6752円
28歳 39万4208円
29歳 41万1664円
30歳 43万294円
31歳 44万8924円
32歳 46万7554円
33歳 48万6184円
34歳 50万6585円
35歳 52万6986円
36歳 54万7387円
37歳 56万7788円
38歳 58万7402円
39歳 60万7016円
40歳 62万6630円
41歳 64万6244円
42歳 66万446円
43歳 67万4648円
44歳 68万8850円
45歳 70万3052円
46歳 71万4553円
47歳 72万6054円
48歳 73万7555円
49歳 74万9056円
50歳 75万8755円
51歳 76万8454円
52歳 77万8153円
53歳 78万7852円
54歳 79万6134円
55歳 80万4416円
56歳 81万2698円
57歳 82万980円
58歳 82万9262円
59歳 83万7544円
60歳 84万5826円

 

【2021年冬のボーナス】下水業務員(市役所)の年齢別支給額

市役所で働く下水業務員の2021年の冬のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

 

平均年齢 47.7歳
ボーナス平均額 69万5765円
平均月額基本給 33万5732円
扶養手当 11,914円
地域手当 18,546円
支給ヶ月 1.9ヶ月

 

19歳 25万4485円
20歳 25万7531円
21歳 26万577円
22歳 27万3490円
23歳 28万6403円
24歳 29万9316円
25歳 31万2229円
26歳 32万6859円
27歳 34万1489円
28歳 35万6119円
29歳 37万749円
30歳 38万6031円
31歳 40万1313円
32歳 41万6595円
33歳 43万1877円
34歳 45万2087円
35歳 47万2297円
36歳 49万2507円
37歳 51万2717円
38歳 53万3938円
39歳 55万5159円
40歳 57万6380円
41歳 59万7601円
42歳 61万3817円
43歳 63万33円
44歳 64万6249円
45歳 66万2465円
46歳 67万3565円
47歳 68万4665円
48歳 69万5765円
49歳 70万6865円
50歳 71万5984円
51歳 72万5103円
52歳 73万4222円
53歳 74万3341円
54歳 74万9592円
55歳 75万5843円
56歳 76万2094円
57歳 76万8345円
58歳 77万4596円
59歳 78万847円
60歳 78万7098円

 

【2021年冬のボーナス】下水業務員(町村)の年齢別支給額

町村で働く下水業務員の2021年の冬のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

 

平均年齢 45.5歳
ボーナス平均額 53万4056円
平均月額基本給 27万3404円
扶養手当 6,390円
地域手当 1,288円
支給ヶ月 1.9ヶ月

 

19歳 27万4843円
20歳 27万6250円
21歳 27万7657円
22歳 27万9064円
23歳 28万471円
24歳 28万1878円
25歳 28万3285円
26歳 28万4692円
27歳 28万6099円
28歳 28万7506円
29歳 28万8913円
30歳 29万2735円
31歳 29万6557円
32歳 30万379円
33歳 30万4201円
34歳 31万7713円
35歳 33万1225円
36歳 34万4737円
37歳 35万8249円
38歳 37万7515円
39歳 39万6781円
40歳 41万6047円
41歳 43万5313円
42歳 45万7339円
43歳 47万9365円
44歳 50万1391円
45歳 52万3417円
46歳 53万4056円
47歳 54万4695円
48歳 55万5334円
49歳 56万5973円
50歳 57万3778円
51歳 58万1583円
52歳 58万9388円
53歳 59万7193円
54歳 60万1313円
55歳 60万5433円
56歳 60万9553円
57歳 61万3673円
58歳 61万7793円
59歳 62万1913円
60歳 62万6033円

 

【2021年冬のボーナス】下水業務員(特別区)の年齢別支給額

特別区で働く下水業務員の2021年の冬のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

 

平均年齢 46.6歳
ボーナス平均額 69万9985円
平均月額基本給 30万941円
扶養手当 6,059円
地域手当 61,413円
支給ヶ月 1.9ヶ月

 

19歳 27万5823円
20歳 27万8822円
21歳 28万1821円
22歳 29万3621円
23歳 30万5421円
24歳 31万7221円
25歳 32万9021円
26歳 34万6070円
27歳 36万3119円
28歳 38万168円
29歳 39万7217円
30歳 41万7773円
31歳 43万8329円
32歳 45万8885円
33歳 47万9441円
34歳 50万1231円
35歳 52万3021円
36歳 54万4811円
37歳 56万6601円
38歳 58万5506円
39歳 60万4411円
40歳 62万3316円
41歳 64万2221円
42歳 65万3151円
43歳 66万4081円
44歳 67万5011円
45歳 68万5941円
46歳 69万2963円
47歳 69万9985円
48歳 70万7007円
49歳 71万4029円
50歳 72万862円
51歳 72万7695円
52歳 73万4528円
53歳 74万1361円
54歳 74万8148円
55歳 75万4935円
56歳 76万1722円
57歳 76万8509円
58歳 77万5296円
59歳 78万2083円
60歳 78万8870円

 

まとめ

  1. 2021年下水業務員(公務員)の冬のボーナスは12月10日(金)
  2. 2021年下水業務員(公務員)の冬のボーナスは1.9ヶ月分
  3. 下水業務員(公務員)の平均値:70万2390円(48.1歳)
  4. 下水業務員(都道府県)の平均値:68万7773円(50.7歳)
  5. 下水業務員(政令指定都市)の平均値:74万9056円(48.8歳)
  6. 下水業務員(市役所)の平均値:69万5765円(47.7歳)
  7. 下水業務員(町村)の平均値:53万4056円(45.5歳)
  8. 下水業務員(特別区)の平均値:69万9985円(46.6歳)

 

2021年の下水業務員の冬のボーナスについてまとめました。

ここで1つ注意点ですが、ボーナスの支給額の計算を 「月額基本給 × 1.9ヶ月」とする人がいます。

これは間違いでして、正しい算出方法は以下の通りです。

 

(月額基本給 + 地域手当 + 扶養手当) × 1.9ヶ月

 

上の式を見れば一目瞭然ですが、地域手当の多い少ないでボーナスの支給額は変わってくるということです。

したがって地域手当が最高ランクである特別区が最もボーナスが多く、ほとんどの自治体で地域手当がゼロである町村役場ほどボーナスが少なくなります。

というわけで今回は以上となります。

 

知らなきゃ損する!コンタクトを一番安く買える方法はこれだ

この方法を実践するだけで車が60万円も安く買える!

エッチな映画をこっそり見たい方へ