都道府県庁シリーズ

【栃木県庁・口述試験l攻略ガイド】知らないと損をする!過去の討論テーマと対策法

狼くん
狼くん
口述試験ってどんな試験なの?
赤ずきん
赤ずきん
複数の受験生がグループになって、与えられたお題について討論する試験だよ!
狼くん
狼くん
面接よりもさらに難易度が高そうで不安しかない・・・
赤ずきん
赤ずきん
大丈夫!初心者でも分かるように試験の流れから対策法まで丁寧に解説していくよ!

 

本文では、

  • 栃木県庁:口述試験の傾向
  • 栃木県庁:口述試験の過去問
  • 栃木県庁の採用試験に合格する対策法

について解説しています。

 

口述試験という言葉を聞いてピンと来ない人も多いと思いますが、ざっくり言うと「集団討論」や「グループワーク」と呼ばれる試験のことです。

栃木県庁の採用試験では、一部の試験区分で口述試験が行われます。

口述試験って誰もがあまり経験がないので、「どうすれば高評価に繋がるか?」という情報はかなり重要になります。

正直、司会を担当するとかバランス役に徹するのがいいとかって本質ではないのですが、一定数の人は「どう振る舞えばいいんだろうか?」とあまり意味のないことを気にしているんですよね。

また口述試験対策において、「過去のテーマの活かし方」を知らない人も多いように感じます。

正しい対策法を知らないと面接官から評価されない可能性が高いので、口述試験で結果を出したい方は、まずは本記事を読んで参考にしていただけたらと思います。

赤ずきん
赤ずきん
別の記事では栃木県庁の面接対策も紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね!

栃木県庁:口述試験の傾向

栃木県庁の口述試験は一部の試験区分において最終試験で実施されます。

集団討論の流れ

試験の流れは以下の通りです。

 

  1. 人数分け試験会場ではまず始めにグループ分けが行われます。(1グループは5人程度)
    通常、他の自治体では集団討論は6〜8人くらいで行われるのですが、栃木県庁はグループの人数が少なめですね。しかし、5人も受験生がいる中で「発言する少ないチャンスを活かせるかどうか」は実力がなければいけないため、事前の準備は必要不可欠になります。
  2. 試験の説明受験生一名あたり2分程度の企画提案をした後に、受験生同士で質疑応答を行う集団面接が行われます。
    試験の説明が担当者からされて、試験開始時刻になると試験スタートです。
  3. 試験(討論)2人の面接官が見守る中、集団討論をします。
    まず始めに5分ほど一人で考える時間が与えられ、その後40分程度集団討論を行います。

 

集団討論では、

 

  1. 司会者を決める
  2. 討論の際は他の受験生を番号で呼び合う
  3. 発言するときは自分の番号を言ってから行う

 

上記のルールがあります。

聞かれる内容としては、与えられたテーマに対する自分の意見はもちろんのこと、「他の受験生の意見に対してどう思うか?」なども聞かれます。

なので、緊張しているからといって他の受験生の発言をしっかりと聞いていないと質問に答えられないという事になりますので、常に他者の発言には耳を傾けておきましょう。

また、面接官からの質疑応答ではかなり厳しい質問が来ます。

圧迫面接とも取れるほど受験生を追い込むような質問を通じて、受験生のストレスがかかった状況での立ち振る舞いをチェックする狙いがあります。

そのため、突っ込んだ内容の質問が来たからといって焦ったり、「自分を落とそうとしているのでは・・・」とへこむ必要はありません。

頭をフル回転させて質問に誠心誠意答えるように努めましょう。

スポンサーリンク




栃木県庁:口述試験の過去問

狼くん
狼くん
口述試験って一体なにについて討論するの?
赤ずきん
赤ずきん
だいたい自治体の抱える課題や、栃木県に関することが題材となっているよ!

過去に出題された集団討論のテーマ

大卒程度

テーマ
2021年度 脱炭素社会の構築を推進する取組について
2020年度 地域住民による防災活動の充実強化を図る取組について
2019年度 いちごの生産及び消費拡大を推進する取組について
2018年度 栃木県のイメージアップを推進する取組について
2017年度 若い世代のUターンを推進する取組について
2016年度 成果主義の賃金体系について
2015年度 女性管理職登用に数値目標を設定することについて

 

大卒程度(行政特別枠)

テーマ
2021年度 本県のブランド力向上に向けた取組について
2020年度 移住・定住を促進する取組について
2019年度 栃木県の観光振興を推進する取組について

栃木県庁の公式ホームページより引用

 

テーマは社会問題もしくは栃木県に関することが取り上げられています。

なので普段からニュース等を見て社会問題に関心を持つことはもちろん、そのニュースに対しての自分の意見を考える習慣を身につけておきたいですね。

そんな栃木県庁の口述試験ですが、他の受験生よりも高評価を得るためには、問題解決策を述べるだけでなく、解決策を講じることによるメリット・デメリットも挙げ、「どうすればデメリットを解消できるか」の施策まで考えること!

たとえば、「◯◯をするには経費がかかる」とデメリットだけを挙げるだけなら誰でもできます。そうではなく、

 

経費がかかるが、複数の自治体で共有すれば自治体一つ一つの負担を軽減することができる

 

このような解決案も発表できると面接官からの印象が良くなりますね。

では次に、実際に集団討論のお題が与えられてどのように考えていくかを解説します。

 

脱炭素社会の構築を推進する取組について

栃木県庁の公式ホームページより引用

 

上記は令和3年度に栃木県庁の口述試験で実際に出題者されたテーマになります。

このテーマで議論する場合、考えるべきことは次の通り。

 

  1. 脱炭素社会の構築を推進する取組
  2. その取組によって得られるメリット、そしてデメリットも提示
  3. デメリット解決策

 

このように与えられた議題を順序立てて考えていきます。

まず①に、脱酸素社会を進めるための施策を提案

次に②で、推進するための取り組みにより

 

  • 何が
  • どのように
  • どう変わるか

 

上記を順序立てて意見を出します。

そして、脱酸素社会を進めるための施策を推進することにより考えられるデメリットまで意見を出します。

多くの受験生はただやみくもに意見を挙げ、たくさん挙げれたからどうか評価してくださいね!という流れに持っていきますが、それだと面接官からあまり高い評価は得られません。

集団討論で発表する施策については、「行政」「住民」「協働」の3本立てで出来ることを挙げることが評価される集団討論に繋がります。

赤ずきん
赤ずきん
アイデアや解決策がスラスラ浮かぶようになるための方法は記事の最後で紹介しているよ!

栃木県庁・口述試験l攻略ガイドまとめ

栃木県庁の採用試験で実施される「口述試験l」について解説してきました。

正直、口述試験にコミュニケーション能力は関係ありません。

話上手な人だろうが、話下手な人だろうが一切関係なく、誰でも高評価を得るチャンスは平等にあります。

しかし、

 

「集団討論=よく話し、目立った者が評価される」

 

という勘違いをしている人が大変多いんですよね。

また、自分はコミュニケーション能力が低いから集団討論で評価されるのは難しい・・・と思っている方も多いと思います。

そのように考えてしまっていたら、「集団討論で評価される本質」からどんどんズレていってしまうため、

面接官から評価されず、頑張っているのに合格から遠ざかってしまうという事態におちいってしまいます。

記事内ですでにお話しましたが、集団討論で大切なのは、

 

「集団討論のテーマが与えられた時に次々とアイデアが頭に浮かぶ状態になれるかどうか」です。

 

つまり行政が抱える課題の事例、そしてその課題に大した行政が行うことで解決できる案と、住民が行うことで解決できる案をいくつか提案すること。

そしてそのためには「論文(作文)の模範解答を読むこと」が最も効果的な勉強法でして、グループワークで使える知識・アイデアをあなたの中にストックすることが出来ます。

私のメディアの読者様の多くが、この方法で努力し、結果を出しています。

グループワークで高評価を獲得している人は、コミュニケーション能力に優れているとかではなく、正しい対策を正しく継続した結果だと私は思います。

だから、この記事を読んでくれているあなたは、

グループワークでどうなるか不安・・・

という考えを捨てて、

模範解答を読み込んでグループワークで高評価を得る

という考えを持って欲しいです。

論文の模範解答を使えば、「行政が取るべき施策」、そして様々な課題のメリットやデメリットも書かれているため、読むだけでグループワークで使えるネタがギッシリと詰まっています!

ちなみにオススメの模範解答は『特別区の論文の模範解答』でして、その理由は次の通りです。

 

  1. 特別区の論文は一番難しい
  2. 最大都市である特別区の論文テーマは他の自治体で使い回しされやすい

 

つまり、特別区で使われた問題が他の自治体の採用試験で使われる可能性が高いため、予習しておくことで試験本番ドンピシャだった!みたいなことがよく起こり得るということ。

また、特別区の論文は日本で一番難しい論文試験と言われているため、その難易度の高い論文の模範解答を頭に入れておくことで、どんなテーマにも対応する知識が自然と身につけることが出来ます。

集団討論に自信のない方はもちろん、自信がある方も有益な情報は1つでも多く頭に入れておくことに越したことはありません!

そして、有益な情報を知ることで試験を有利に進めることが出来るのですから、ぜひこの機会に『【特別区の論文攻略法】絶対に負けられない試験を制するパーフェクト解析術」』を活用してみませんか?

そうすれば公務員試験に合格することができ、あなたの人生を安定して明るいものへと変えることが出来ますよ!

▶︎特別区の論文模範解答を使えば集団討論は勝ったも同然!

▶︎【特別区の論文攻略法】絶対に負けられない試験を制するパーフェクト解析術

 

社会人から公務員へ転職する方へ

公務員になりたい学生の方へ

栃木県庁の面接試験で失敗したくない方へ