公務員予備校

東京消防庁の採用試験に合格確率200%アップ!オススメの公務員予備校はこれだ

お悩みさん
お悩みさん
・東京消防庁の採用試験を受ける予定なんだけど独学よりスクールに通うべき?

・公務員予備校の利用を考えてるけど、たくさんあり過ぎてどこを選べばいいのか分からない

・東京消防庁を目指す人にとってどこがオススメなのか教えてほしい 

このような疑問にお答えします。

 

本文では、

東京消防庁を目指す人におすすめの公務員予備校

について解説しています。

 

あなたの価値観や条件に合わせてピッタリの公務員予備校を紹介しますので、ぜひ記事の最後までお付き合いくださいね。

赤ずきん
赤ずきん
予備校の受講料を安くする方法も紹介しているんで参考にしてみてね!

【オススメの公務員予備校】

  1. クレアール:WEB学習専門の公務員予備校。リーズナブルに学習したい方向け
  2. LEC大手の安心感とノウハウを重視したい方向け。
  3. 資格の大栄:私が利用していた公務員予備校。講義の質が高い

クレアールの評判や体験談を知りたい方はこちら

LECの評判や体験談を知りたい方はこちら

資格の大栄の評判や体験談を知りたい方はこちら

東京都にある公務員予備校

まずは東京都にある公務員予備校をピックアップします。

 

  • LEC
  • TAC
  • 資格の大栄
  • アビバ
  • 東京アカデミー
  • 資格の大原
  • Wセミナー
  • 伊藤塾

 

当たり前の話ですが、日本の首都だけあってたくさんの公務員予備校がありますね。

ますます高まる公務員人気

バブル崩壊・就職氷河期・リーマンショック・コロナショックと、定期的にやってくる「経済危機」のたびに公務員人気は高まります。

実際に倍率が数十倍の自治体もあるくらいでして、そのような競争率の試験に合格しようと思うと独学ではなかなか難しいのが現実。

私が公務員予備校に通っていた時もまわりに消防士志望の人は非常に多く、その人たちの大半は無事に合格を勝ち取っていました。

狼くん
狼くん
ところで数ある中から、どのスクールを選べばいいの?

 

先ほど紹介したように公務員予備校はひしめき合っている訳ですが、各社強みや売りがありますので、そこを解説しつつ東京消防庁を目指すあなたにオススメのスクールを紹介していきますね。

スポンサーリンク




東京消防庁を目指す人におすすめの公務員予備校

結論から言いますと、次の通りです。

 

  1. クレアール:WEB学習専門の公務員予備校。リーズナブルに学習したい方向け
  2. LEC大手の安心感とノウハウを重視したい方向け。
  3. 資格の大栄:私が利用していた公務員予備校。講義の質が高い

 

東京都にはたくさんの公務員予備校がありますが、基本的に上記3社の中からピン!と来た所を選べば問題ありません。

他にもビジネス系の専門学校もありますが、これらは授業料が高いのでオススメしません。

では順番に特色や強みを解説していきます。

【クレアール】自宅で学習でき、受講料がリーズナブル

クレアールの強みはスマホやパソコンがあれば、いつでも好きな時間に好きな科目を勉強することが出来ることにあります。

通学の無駄な時間を省くことが出来ますし、電車やバスに乗って風邪をうつされるリスクも減らすことが出来るのもメリットですね。

ちなみに、クレアールの講座は以下の通りです。

 

  1. 大卒程度・行政系コース
  2. 大卒程度・技術系コース
  3. 大卒程度・心理福祉系コース
  4. 2年合格コース
  5. 1年合格コース
  6. 大卒程度・専門科目パックコース
  7. 社会人経験者対象コース
  8. 速修地方初級・国家高卒併願コース
  9. 速修警察官・消防官Ⅲ類併願コース

など

 

WEB学習のみだと不安に思う方もいるかもですが、クレアールなら公務員試験合格を左右する以下の3つの試験対策も万全に行うことが出来ます。

 

  • 論文(作文)対策
  • 面接対策
  • 適性検査対策

 

もちろん資格の大原のように「生講義」の良さも魅力ですが、クレアールのようにWEB学習だと苦手なところを集中的に見れるのも強みだったりします。

また、大手公務員予備校のように街中にビルを構えなくていいので、圧倒的なコストダウンから受講料のリーズナブルさにも繋がっています。

そしてもちろんサポートもバッチリです。

まずはWEB学習、そしてクレアールの強みを知ることから始めるためにも、資料請求してみることをオススメします。

赤ずきん
赤ずきん
今なら公務員に転職したい社会人のためのハンドブックが無料でもらえるよ!

▶︎リーズナブル、そしてWEB学習界No.1はクレアール

▶︎クレアールの資料請求はこちらから

【LEC】大手ならではの安心感

LECは全国にスクールを構える資格スクールの大手で、公務員試験では毎年多くの合格者を輩出しています。

まずはじめに、東京都にあるLECをみていきましょう。

 

  1. 水道橋本校
  2. 池袋本校
  3. 新宿エルタワー本校
  4. 早稲田本校
  5. 渋谷駅前本校
  6. 立川本校
  7. 中野本校
  8. 町田本校
  9. 新橋本校
  10. 東京駅八重洲口校【提携校】
  11. 日本橋校【提携校】
  12. 新宿三丁目駅前校【提携校】

 

東京都には12カ所にLECがあり、そのうち9つの本校では生講義が受けられます。

一方、提携校ではWeb配信された動画を視て勉強する学習システムになります。

ちなみにLECで取り扱っている公務員講座は以下の通りです。

 

  • 行政系コース
  • 技術系コース
  • 心理福祉系コース
  • 総合職コース
  • 警察・消防コース
  • 経験者コース
  • スペシャルコース
  • スタンダードコース
  • パーフェクトコース

 

LECなら東京消防庁を志望するあなたの力強い味方に必ずなってくれます!

LECを利用する際の注意点

結論から言いますと、ネット割引があるので申し込みはスクールではなくネットから行いましょう!

LECはネットから申し込みをすると「早得」をはじめとした様々な割引が受けられます。

なので、損をしたくないならネットから申し込むようにしましょう!

▶︎大手の安心感・ノウハウの充実ぶりを重視するならLEC

▶︎LECのオススメのコースはこちらから

赤ずきん
赤ずきん
ちなみに、TACよりもLECを勧める理由については以下の記事で解説していますので合わせて読んでみてください。

【資格の大栄】生講義の質の高さが強み

資格の大栄もLEC同様、全国にスクールを構える資格スクールの大手で、実は私が利用していた公務員予備校でもあります。

授業の質の高さに定評があり、資格の大栄のおかげで私は受験した全ての自治体の採用試験に合格することが出来ました。

ちなみに、資格の大栄の一般的な公務員講座は以下の通りです。

大卒者対象のコース

  1. 地方上級・国家一般(大卒程度)コース:東京都庁や特別区を目指す方はこちらでOK
  2. 大卒教養コース:警察官や消防士を目指す方向け
  3. 専門科目コース:専門科目を集中して勉強したい方向け
  4. 全日制(教養)コース:警察官や消防士を目指す方で、短期間で学習したい方向け
  5. 全日制(総合)コース:東京都庁や特別区を目指す方で、短期間で学習したい方向け

 

高卒者対象のコース

  1. 地方初級・国家一般(高卒程度)コース:大半の試験はこちらのコースでOK
  2. 初級ロングランコース:じっくり徹底して学習したい方向け
  3. 全日制コース:基礎から応用まで約半年かけて昼間に集中学習

 

どのコースを選んでも長年の実績に裏付けられた、「質の高い授業」で合格を目指せます。

また、大栄の講師陣はメンタルを鼓舞してくれるので、「勉強を途中で挫折してしまうかも・・・」と不安に思う方こそ資格の大栄がオススメですね。

資格の大栄の受講料を安くする方法

資格の大栄は公式サイトから資料請求すると受講料が割引になるクーポンがもらえます。損をしないためにも、必ず資料請求してゲットしておきましょう!

▶︎受験した試験すべて合格した私が利用したのは「資格の大栄」

▶︎資格の大栄の資料請求はこちから

まとめ

  1. クレアール:WEB学習専門の公務員予備校。リーズナブルに学習したい方向け
  2. LEC大手の安心感とノウハウを重視したい方向け。
  3. 資格の大栄:私が利用していた公務員予備校。講義の質が高い

 

東京都にはたくさんの公務員予備校がありますが、基本的に上記3社を選べば間違いありません。

選び方の基準ですが、

自宅で好きな時間に何度も見返しながら学習したい、そしてなるべく受講料を抑えたい方はクレアールを。

大手の安心感を重視したいならLEC

生講義で勉強し、途中で挫折するのが不安な方は資格の大栄選べばOKです

 

東京消防庁は日本の消防士の採用試験で最も受験者の多いことで有名です。

その競争に勝ち抜くには、公務員予備校を利用して勉強すべきなのは間違いありません。

事実、私も公務員予備校を利用したおかげで受験した全ての自治体の採用試験に合格することが出来ました。

繰り返しになりますが、「就職氷河期」「リーマンショック」「コロナウイルスショック」といった、定期的に訪れる経済危機では公務員の人気がグッと高まります。

「人気が高まる=競争率の激化」ですので、周りに1歩も2歩もリードしたいなら効率的な勉強をするしかありません。

効率的な勉強をするなら絶対に公務員予備校を利用すべきでして、中でも本記事で紹介した3つの公務員スクールを選べば間違いありません。

 

東京消防庁を目指すあなたが、公務員試験に合格する手助けに本記事が少しでもなれたら幸いです。

それでは今回は以上となります。

と言いたいところですが、最後に1点だけ!

 

社会人のための公務員転職ハンドブック」についてご紹介させてください。

知らないと損をするので、必ず読んでみてくださいね!

手に入れる方法は簡単、クレアールに資料請求するだけなので、面倒や負担は一切ナシです!

 

社会人のための公務員転職ハンドブックとは?

社会人のための公務員転職ハンドブックとは、クレアールが発行している公務員試験の概要が学べる冊子です。校舎に行かなくても、公式サイトから資料請求するだけでもらえるので、簡単に有益な情報を手に入れることが出来ます!

また、社会人だけでなく学生の方が読んでも有益な情報がてんこ盛りなので、公務員を目指すすべての人に読んでほしいハンドブックと言えます。

 

なぜオススメするかと言うと、これ1冊だけで「公務員試験の内容」「採用試験の日程」「忙しい人が勉強時間を確保する方法」といった、非常に有益な情報が載っているからです。

実際に私もどんな物かと手に入れてみたところ、その情報量の多さ、そして無料なのにこんなにページ数があるの!?とビックリしました!

繰り返しになりますが、社会人のための公務員転職ハンドブックは誰でも無料でもらえるので、ぶっちゃけもらわないだけ損!

もちろん、資料請求したからといってしつこい勧誘とかダイレクトメールとか一切無いので、安心してください(笑)

 

ただ1つだけ注意点があるのですが、それは数量限定ということ。

つまり、「無料だけど無くなったらそこで終了!」という訳なので、なるべく早めに手に入れてください。

クレアールを検討している人もそうじゃない人も、ぜひ以下の公式サイトから資料請求してみてください!

社会人も学生も、公務員試験の概要を知りたいなら公務員転職ハンドブックがオススメ!

資料請求はわずか2〜3分もあれば出来るのでぜひ!

  • 公務員試験の内容(科目など)
  • 公務員試験の日程
  • 忙しい人が勉強時間を確保する方法

 社会人のための公務員転職ハンドブックはこちらから