公務員のボーナス

【2023年(令和5年)国家公務員の夏のボーナス】2.2ヶ月分で平均額は94万5851円の見込み

お悩みさん
お悩みさん
・2023年の国家公務員の夏のボーナスっていつもらえるの?

・2023年の夏のボーナスは何ヶ月分もらえるの?

・何歳のときにどれくらいもらえるのか知りたい

このような疑問にお答えします!

 

本文では、

  • 2023年 国家公務員の夏のボーナス支給日は?
  • 2023年 国家公務員の夏のボーナスは何ヶ月分?
  • 2023年 国家公務員の年齢ごとの夏のボーナス支給額

について解説しています。

 

結論から言いますと、2.2ヶ月分が支給されます。

国家公務員全体、国家公務員(行政職)、税務職員、公安職員、医療職員の年齢ごとによるボーナス支給額も紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いください。

本記事のソースは総務省、そして人事院の統計データを元に算出しています。

ちなみに、地方公務員・警察官・消防士・教職員・看護師・保健師・保育士・医師、歯科医師・薬剤師・技能労務職のボーナスが知りたい方は以下の記事をご覧ください。

2023年 国家公務員の夏のボーナスの支給日は?

2023年 国家公務員の夏のボーナスが支給される日は次の通りです。

 

夏のボーナス 6月30日
冬のボーナス 12月8日

 

冬のボーナスが支給される日も記載しました。

自治体によっては夏と冬に加えて春(3月15日)にもボーナスが支給されるところもありますが、夏と冬に関してはすべての自治体が上記の支給日にボーナスが振り込まれます。

スポンサーリンク




2023年 国家公務員の夏のボーナスは何ヶ月分?

結論から言いますと、2023年の夏のボーナスは以下の通りです。

 

夏のボーナス 2.2ヶ月
冬のボーナス 2.3ヶ月

 

冬のボーナス分も記載しました。

2023年の国家公務員のボーナスは当初年間で4.4ヶ月分になります。

2022年は当初4.3ヶ月分でしたが、民間企業との格差是正のため2022年10月の人事勧告により0.1ヶ月引き上げられ最終的には4.4ヶ月となりました。

まだま新型コロナウイルスが猛威を振るう世の中ですが、段々と国民の生活が元通りになっているため、2023年も10月の人事院勧告で0.1カ月引き上げられることが予想されます。

引き上げられた分は冬のボーナスに加算されるため、そうなると2023年のボーナスは年間で4.5ヶ月ということになりますね。

3月に春のボーナスが支給される自治体では、引き上げ分は冬ではなく春のボーナスに加算されます。

赤ずきん
赤ずきん
ちなみに、2023年の国家公務員の冬のボーナスについては以下の記事で解説しているよ!

【2023年夏のボーナス】国家公務員の年齢別支給額

2023年の国家公務員全体の夏のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

ここでの計算は以下の条件を元に算出しています。

 

  • 平均月額給料
  • 扶養手当の平均値
  • 地域手当の平均値

 

あくまで「平均の数字」を元に計算しているので、多少の誤差についてはご了承ください。

 

平均年齢 43.1歳
ボーナス平均額 94万5851円
平均月額基本給 33万8969円
扶養手当 10,320円
地域手当 43,096円
支給ヶ月 2.2ヶ月

 

19歳 52万7853円
20歳 54万5508円
21歳 55万7427円
22歳 58万8443円
23歳 60万9093円
24歳 62万9743円
25歳 64万7710円
26歳 66万5677円
27歳 68万3643円
28歳 70万2239円
29歳 72万834円
30歳 73万9430円
31歳 75万8025円
32歳 77万5567円
33歳 79万3108円
34歳 81万650円
35歳 82万8191円
36歳 84万5733円
37歳 86万1575円
38歳 87万7416円
39歳 89万3258円
40歳 90万9100円
41歳 92万4942円
42歳 93万5396円
43歳 94万5851円
44歳 95万6306円
45歳 96万6761円
46歳 97万7216円
47歳 98万5794円
48歳 99万4371円
49歳 100万2949円
50歳 101万1527円
51歳 102万105円
52歳 102万373円
53歳 102万642円
54歳 102万910円
55歳 102万1178円
56歳 102万1447円
57歳 102万1715円
58歳 102万1984円
59歳 102万2252円
60歳 102万2520円
スポンサーリンク




【2023年夏のボーナス】国家公務員(行政職)の年齢別支給額

2023年の国家公務員(行政職)の夏のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

 

平均年齢 43.4歳
ボーナス平均額 94万6254円
平均月額基本給 32万9433円
扶養手当 10,059円
地域手当 43,540円
支給ヶ月 2.2ヶ月

 

19歳 52万8255円
20歳 54万5910円
21歳 55万7830円
22歳 58万8845円
23歳 60万9496円
24歳 63万146円
25歳 64万8113円
26歳 66万6079円
27歳 68万4046円
28歳 70万2642円
29歳 72万1237円
30歳 73万9833円
31歳 75万8428円
32歳 77万5969円
33歳 79万3511円
34歳 81万1052円
35歳 82万8594円
36歳 84万6135円
37歳 86万1977円
38歳 87万7819円
39歳 89万3661円
40歳 90万9502円
41歳 92万5344円
42歳 93万5799円
43歳 94万6254円
44歳 95万6709円
45歳 96万7164円
46歳 97万7618円
47歳 98万6196円
48歳 99万4774円
49歳 100万3352円
50歳 101万1930円
51歳 102万507円
52歳 102万776円
53歳 102万1044円
54歳 102万1313円
55歳 102万1581円
56歳 102万1849円
57歳 102万2118円
58歳 102万2386円
59歳 102万2655円
60歳 102万2923円

 

【2023年夏のボーナス】国家公務員(税務職)の年齢別支給額

2023年の国家公務員(税務職)の夏のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

 

平均年齢 42.9歳
ボーナス平均額 102万2166円
平均月額基本給 35万9720円
扶養手当 9,852円
地域手当 46,225円
支給ヶ月 2.2ヶ月

 

19歳 57万447円
20歳 57万478円
21歳 57万9088円
22歳 60万9699円
23歳 63万3442円
24歳 65万7184円
25歳 67万4755円
26歳 69万2327円
27歳 70万9898円
28歳 72万9980円
29歳 75万63円
30歳 77万145円
31歳 79万227円
32歳 81万3936円
33歳 83万7645円
34歳 86万1354円
35歳 88万5063円
36歳 90万8772円
37歳 92万8050円
38歳 94万7328円
39歳 96万6606円
40歳 98万5884円
41歳 100万5162円
42歳 101万3664円
43歳 102万2166円
44歳 103万667円
45歳 103万9169円
46歳 104万7671円
47歳 105万2919円
48歳 105万8167円
49歳 106万3414円
50歳 106万8662円
51歳 107万3910円
52歳 108万153円
53歳 108万6395円
54歳 109万2638円
55歳 109万8880円
56歳 110万5123円
57歳 111万1365円
58歳 111万7608円
59歳 112万3850円
60歳 113万93円

 

【2023年夏のボーナス】国家公務員(公安職)の年齢別支給額

2023年の国家公務員(公安職)の夏のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

 

平均年齢 40.7歳
ボーナス平均額 95万3883円
平均月額基本給 34万478円
扶養手当 10,977円
地域手当 36,377円
支給ヶ月 2.2ヶ月

 

19歳 54万9804円
20歳 58万224円
21歳 59万9647円
22歳 61万5925円
23歳 62万7689円
24歳 63万9452円
25歳 65万8469円
26歳 67万7486円
27歳 69万6502円
28歳 71万4326円
29歳 73万2149円
30歳 74万9972円
31歳 76万7796円
32歳 78万6504円
33歳 80万5211円
34歳 82万3919円
35歳 84万2627円
36歳 86万1335円
37歳 87万9845円
38歳 89万8354円
39歳 91万6864円
40歳 93万5373円
41歳 95万3883円
42歳 96万2445円
43歳 97万1007円
44歳 97万9570円
45歳 98万8132円
46歳 99万6695円
47歳 100万5127円
48歳 101万3559円
49歳 102万1991円
50歳 103万423円
51歳 103万8855円
52歳 104万6456円
53歳 105万4057円
54歳 106万1658円
55歳 106万9259円
56歳 107万6860円
57歳 108万4461円
58歳 109万2062円
59歳 109万9663円
60歳 110万7264円

 

【2023年夏のボーナス】国家公務員(医療職)の年齢別支給額

2023年の国家公務員(医療職)の夏のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

 

平均年齢 47.1歳
ボーナス平均額 81万4608円
平均月額基本給 31万5908円
扶養手当 8,861円
地域手当 18,497円
支給ヶ月 2.2ヶ月

 

19歳 56万1229円
20歳 56万5547円
21歳 57万3989円
22歳 57万7496円
23歳 60万1370円
24歳 62万5244円
25歳 63万1483円
26歳 63万7721円
27歳 64万3960円
28歳 65万2555円
29歳 66万1150円
30歳 66万9744円
31歳 67万8339円
32歳 68万9671円
33歳 70万1004円
34歳 71万2336円
35歳 72万3668円
36歳 73万5000円
37歳 74万2934円
38歳 75万867円
39歳 75万8801円
40歳 76万6735円
41歳 77万4668円
42歳 78万2017円
43歳 78万9366円
44歳 79万6715円
45歳 80万4064円
46歳 81万1413円
47歳 81万4608円
48歳 81万7803円
49歳 82万999円
50歳 82万4194円
51歳 82万7389円
52歳 83万1661円
53歳 83万5932円
54歳 84万203円
55歳 84万4474円
56歳 84万8746円
57歳 85万3017円
58歳 85万7288円
59歳 86万1560円
60歳 86万5831円

 

まとめ

  1. 2023年国家公務員の夏ボーナスは6月30日(水)
  2. 2023年国家公務員の夏のボーナスは2.2ヶ月分
  3. 国家公務員の平均値:94万5851円(43.1歳)
  4. 国家公務員(行政職)の平均値:94万6254円(43.4歳)
  5. 国家公務員(税務職)の平均値:102万2166円(42.9歳)
  6. 国家公務員(公安職)の平均値:95万3883円(40.7歳)
  7. 国家公務員(医療職)の平均値:75万5185円(47.1歳)

 

2023年の国家公務員の夏のボーナスについてまとめました。

ここで1つ注意点ですが、ボーナスの支給額の計算を 「月額基本給 × 2.2ヶ月」とする人がいます。

これは間違いでして、正しい算出方法は以下の通りです。

 

(月額基本給 + 地域手当 + 扶養手当) × 2.2ヶ月

 

上の式を見れば一目瞭然ですが、地域手当の多い少ないでボーナスの支給額は変わってくるということです。

したがって地域手当が最高ランクである特別区が最もボーナスが多く、ほとんどの自治体で地域手当がゼロである町村役場ほどボーナスが少なくなります。

【やらない公務員は損をする】お金に困らない将来をつかみ取れ!

公務員の給料は安定しているとは言え、高給とは程遠い年収ですし、円安とか物価上昇とかで生活がじわじわとキツくなっていませんか?

ちなみに私は「株式投資」「iDeCo」「投資信託」など、様々な投資をやっており、リスクを分散させながらもガッツリと貯蓄を増やしています。

 

  • 貯金額は30歳で1,000万円を超えた
  • アラフォーとなった現在の金融資産は4,000万円以上
  • iDeCoや積み立て投資を同僚の誰よりも一早く開始

 

これは私が特別とか運が良かったとかではなく、ただ単に「行動するのが早かったから」だけです。

この記事をここまで読んでくれたあなただけに、

 

  1. 公務員が貯金を殖やす方法を教えます
  2. 株とか投資とかよく分からない方にも安心な方法を教えます

 

なんか胡散臭いなぁ・・・と感じるかもですが、怪しい勧誘とかは一切なく、ただ行動するだけでどんな人でも貯金を殖やせるようになります。

貯金が一気に3倍とまでは言わなくても、確実に増やしたい!という方は聞いてください。

 

さて、

ここまで聞いてくださって、ありがとうございました。

今までの話、全て難しいと感じませんでしたか?

iDeCoや積み立てNISAとか言われてもよく分からないし、「自分にはできないな」と思われませんでしたか?

 

もし、難しいと感じられたなら、

自分ひとりの力で何とかしようとしているからです。

つまり、分からないなら専門家に相談すればOKでして、お金の場合、貯蓄のプロに相談すれば、あなたにピッタリのプランを提案してくれます。

 

 

また私の話に戻りますが、実際に私もiDeCoを開始してみたところ・・・

 

52万1690円積み立てたものが、

70万6051円になっています。(プラス18万4361円)13.54%

専門的な知識なんか無くても、ただ積み立てしてたら、

まさかのプラス18万円超え!

しかも年間5万円以上の節税もできるので、運用益+節税でダブルにお得!

 

私以外にも、この『iDeCo』を利用している方の話を聞いてみると・・・

 

水谷真人さん(45歳)

iDeCoを開始してからの運用益はこちら

プラス19万円

まさかiDeCoでこんなに運用益が出るなんて思わなかったです。早速同僚にもiDeCoをオススメし、みんなで節税+運用の恩恵を受けています。

木村貴文さん(32歳)

iDeCoを開始してからの運用益はこちら

プラス25万円

公務員は経費で落とすとかできないので、少しでも出て行くお金を減らしたいと入庁してすぐにiDeCoを始めたところ、まさかの運用益が出て驚いています。

 

加入者の口コミの多くは、

「節税効果が年間数万円ある」

「運用益で数十万円の含み益がある」

というもの!

▶︎将来のために、お金のプロと作戦会議をしませんか?

▶︎iDeCoについて詳しく知りたい方は、保険ガーデンで相談!

 

このiDeCoは、2017年から公務員でも利用できるようになったなったもので、ザックリ言うと、

「年金を払えなくなるかもだから自分の身は自分で守ってね!」

という意味合いを込めて、国が始めた個人で積み立てる年金制度なんです。

公務員なら誰でも毎月12,000円を上限に、年間14,4000円を積み立てることが出来ます。

さらに、金額を設定して積み立てるだけで、年間で数万円の節税ができます!

ここまでiDeCoは節税ができて、運用益も期待できるのでダブルでお得と言いましたが、唯一イケてない所があるのですが、それは・・・。

 

iDeCoを始める方法が非常に分かりにくい

 

ということ。

自分で調べればなんとか理解できるとも言えるのですが、投資にうとい方からするとチョット難易度が高いかもです。

そこで活用してほしいのが、『保険ガーデン』です。

『保険ガーデン』はお金の増やし方等、お金に関することに無料で相談に乗ってくれる会社で、あなたが疑問に感じている、

 

  1. 老後の生活費は今のままで足りるかしら?
  2. お金を貯めたい!でも、なかなか貯まらない
  3. 貯蓄はしたいけど、これ以上節約や我慢はしたくない
  4. iDeCo、NISAは聞いたことあるし興味はあるけどよくわからない
  5. 自分に合った貯蓄方法や資産運用方法を知りたい

 

このような疑問に対して、分かりやすく解説してくれています。

今ならお金に関するジャンルでベストセラーの書籍もプレゼントしてくれるので、さらにお得ですね!

過去の私と同じように、「ただ早く行動しただけ」で、お金は確実に増やすことが出来ます!

お金を増やしたいあなたは、ぜひスマホから無料相談予約してみて下さいね!

▶︎相談して行動した人から給料やボーナスを増やしています!

▶︎iDeCoについて詳しく知りたい方は、保険ガーデンで相談!