公務員専門学校

東京アカデミーと資格の大原を徹底比較!公務員試験に強いのはどっちか比べてみた

公務員予備校を検討する際、候補の1つにあがるのが東京アカデミーと資格の大原。

それぞれメジャーな資格のスクールだし、実績もありそう。

ぶっちゃけ、「う~ん・・・どっちを選べばいいか分からない」と感じている人も多いはず。

そんな悩めるあなたのために、

 

本文では、

  • 東京アカデミーと資格の大原の選び方
  • コースや価格
  • どんな人にどっちがおすすめか

を解説しています。

 

実際に東京アカデミーと資格の大原を利用した方の意見を参考にし、悪い点を含めて徹底的に比べてみました!

これから公務員を目指す方で、どちらを利用すべきか迷った方はぜひ参考にしてみてください。

赤ずきん
赤ずきん
公務員スクール選びに後悔しないためにも、最後まで読んでね

本記事では東京アカデミーと資格の大原の比較をしていますが、それぞれの詳細のレビュー記事については、以下も合わせて読んでください。

警察官・消防士になりたいなら、東京アカデミー

1次合格者の実績業界No.1、資格の大原の実力とは?

東京アカデミーと資格の大原を比較した結論

まずは結論からです。

東京アカデミーと資格の大原の優劣を簡単にまとめるとこんな感じ!

「◯」が優れていることを意味します。

 

東京アカデミー 資格の大原
価格 引き分け
合格実績
コースバリエーション 引き分け
学習しやすさ
カリキュラムの質
面接対策
論文対策
WEB学習

 

詳しくは後述しますが、自分が志望する自治体を明確にし、自分に合ったコースで学べる公務員予備校を選びましょう。

あるいはこれまで学生時代、勉強にあまり自信が持てなかったのであれば、受講生に寄り添って親身になって教えてくれる東京アカデミーを選ぶのがベスト!

読まなきゃ損!公務員試験の攻略法が無料でもらえる!?

赤ずきん
赤ずきん
まずは知らないと損をするので、東京アカデミーの「公務員試験ガイド」について紹介させてください!1分で読めます!

東京アカデミーに資料請求すると今なら、

 

  1. 教養試験
  2. 論文試験
  3. 面接試験
  4. 「国家公務員の概要」と「地方公務員の概要」
  5. 公務員試験の最新傾向
  6. 「公務員」ってどんな仕事があるんだろう?
  7. 筆記試験の勉強方法
  8. 面接試験のポイント

 

読むだけで上記のことがすべて分かる、「公務員試験ガイド」が無料でもらえます。

無料とは思えないボリューム、そして有益な情報満載なので、上記3点について知りたい方はぜひ資料請求して手に入れてみてくださいね!

東京アカデミーの利用を考えている人もそうじゃない人も、まずは手に入れるだけでも十分お得なので、ぜひ資料請求してゲットしてみてください!

▶︎公務員試験の攻略法が知りたい方は、無料なので読んでみましょう!

▶︎東京アカデミーへの資料請求はこちらから

【東京アカデミーと資格の大原】価格の比較

まずは受講料の比較から。

ここでは、志望別に設定された一般的なコース費用を比較します。

東京アカデミーは校舎・地域によって受講料が大きく異なります。下記で紹介しているのは一般的な東京アカデミーの価格ので、実際はこれよりも高いことも安いこともあります。

国家一般職、都道府県庁、市役所などを目指せるコース

東京アカデミー 資格の大原
通学 35万3400円 35万5400円
WEB 15万9000円
通学 + WEB 35万3400円 51万4400円

 

ちなみに東京アカデミーは通常料金で通学とWEBのハイブリッド学習が可能ですが、資格の大原は完全別料金になります。

赤ずきん
赤ずきん
通学+WEBだと、価格差は16万1000円だよ!
狼くん
狼くん
同条件なのに、圧倒的に東京アカデミーの方がお得だね!

 

教養試験のみで受験できる自治体を目指せるコース

教養のみで受験できる自治体、主に警察官や消防士を目指す方向けのコースの価格は以下の通り。

 

東京アカデミー 資格の大原
通学 14万3700円 22万2000円
WEB 21万1800円
通学 + WEB 14万3700円 43万3800円
赤ずきん
赤ずきん
通学+WEBだと、価格差は29万100円だよ!

 

国税専門官・財務専門官を目指せるコース

東京アカデミー 資格の大原
通学 35万3400円 36万5600円
WEB 15万9000円
通学 + WEB 35万3400円 52万4600円
赤ずきん
赤ずきん
通学+WEBだと、価格差は17万1200円だよ!

 

裁判所事務官一般職を目指せるコース

東京アカデミー 資格の大原
通学 35万3400円 36万5400円
WEB 15万9000円
通学 + WEB 35万3400円 52万4400円
赤ずきん
赤ずきん
通学+WEBだと、価格差は17万1000円だよ!

 

労働基準監督官を目指せるコース

東京アカデミー 資格の大原
通学 35万3400円 36万5400円
WEB 15万9000円
通学 + WEB 35万3400円 52万4400円
赤ずきん
赤ずきん
通学+WEBだと、価格差は17万1000円だよ!

 

社会人経験者採用を目指せるコース

社会人(民間企業)経験者を採用する試験を目指す方向けの価格は以下の通りです。

 

東京アカデミー 資格の大原
通学 6万6000円 20万5700円
WEB 19万5500円
通学 + WEB 6万6000円 40万1200円
赤ずきん
赤ずきん
通学+WEBだと、価格差は33万5200円だよ!

 

▶︎お住まいの近くの校舎の受講料は資料請求して確認しましょう!

 東京アカデミーへの資料請求はこちらから

 資格の大原への資料請求はこちらから

【東京アカデミーと資格の大原】合格実績の比較

狼くん
狼くん
合格実績はどっちがいいの?
赤ずきん
赤ずきん
両社とも業界トップクラスの合格実績だよ!ただし、東京アカデミーの方が最終合格者数を公表しているから信頼が置けるね!

 

合格実績については、大半の公務員予備校が「数字を公表していない」もしくは「1次合格者の数だけ公表」だったりします。

しかし、東京アカデミーは男気溢れる、

 

最終合格者を堂々と公表しています

 

正々堂々としていて気持ちいいし、何より信頼できますよね!

ちなみに、東京アカデミーと資格の大原の合格実績は次の通りです。

 

東京アカデミー(最終合格者) 2794名
資格の大原(1次合格者) 19667名

 

上記の通り、資格の大原は最終合格者ではなく公表しているのは「1次合格者」になります。

両社ともに素晴らしい合格実績ですが、私は東京アカデミーの方が最終合格者を公表している分、上だと感じています。

【東京アカデミーと資格の大原】コースの比較

狼くん
狼くん
コースバリエーションがいっぱいあるのはどっち?
赤ずきん
赤ずきん
両方ともコース設定は豊富だから、引き分けとします!

 

どこを志望しても対応できる豊富なコースバリエーションを誇る資格の大原は魅力的ですが、東京アカデミーも地域に根ざしたコース設定で圧倒的に心強い!

ちなみに、資格の大原の公務員コースと受講料は以下の通りです。

 

国家一般職・地方上級・市役所を目指す方向け

公務員2年合格コース 41万4500円
公務員合格コース 35万5400円
公務員合格コース【WEB】 15万9000円
教養型市役所合格コース 20万2600円
国家一般・地方上級合格コース【WEB・オンライン指導】 25万円

 

国税・財務専門官を目指す方向け

国税・財務専門官併願合格コース 36万5600円

 

警察官・消防官を目指す方向け

警察官・消防官1.5年合格コース 27万3900円
警察官・消防官1.5年合格コース【WEB】 26万3700円
警察官・消防官併願合格コース 22万5000円
警察官・消防官併願合格コース【WEB】 21万4900円
警察官合格コース 22万2000円
警察官合格コース【WEB】 21万1800円
消防官合格コース 22万4000円
消防官合格コース【WEB】 21万3800円
赤ずきん
赤ずきん
豊富すぎて、欠点が見当たらないコース設定だね!

 

次に東京アカデミーのコース設定を紹介したいのですが・・・

東京アカデミーはかなり細かいコースバリエーションとなっているため、公式サイトにはザックリとしたコースしか紹介されていません。

要するに、「載せきれない」といった感じです。

たとえば、あなたが地元の自治体を志望する場合、東京アカデミーでは

 

  • ◯◯市役所コース
  • ◯◯県庁コース
  • ◯◯警察コース

 

上記のような、いわゆる「ローカルなコース」が設定されています。

なので、あなたの志望先に合わせたピンポイントなコースで無駄なく効率よく学習することが出来ます。

▶︎東京アカデミーの詳しいコースと料金はパンフレットで確認しましょう!

 東京アカデミーへの資料請求はこちらから

【東京アカデミーと資格の大原】学習しやすさの比較

狼くん
狼くん
学習しやすさはどっちが上なの?
赤ずきん
赤ずきん
どちらもほぼ全国に校舎があるので、通いやすいよ!

 

「通学しやすい=学習しやすい」と考えると、大半の都道府県に校舎がある東京アカデミーと資格の大原に大きな差はありません!

ただし、資格の大原は高卒の方が進学する「専門学校」も経営しているので、その意味では資格の大原の方が幅が広いかもしれません。

ただし、「大原簿記公務員専門学校」や「大原スポーツ公務員専門学校」といった進学系の学校は授業料が年間80万円以上もするので、ぶっちゃけオススメしません。

ちなみに、実際に両社の校舎数を比較すると以下の通り。

 

東京アカデミー 32校
資格の大原 47校

 

どちらも業界トップクラスの校舎数ですが、資格の大原の方が全国にある校舎数は多いですね。

【東京アカデミーと資格の大原】カリキュラムの比較

狼くん
狼くん
カリキュラムの質はどちらが優れているの?
赤ずきん
赤ずきん
カリキュラムに関してはほぼ誤差だけど、学習環境や講師の分かりやすさといった点では東京アカデミーの方が断然上!

 

東京アカデミーと資格の大原だけでなく、公務員スクールはどこもライバル会社の研究・分析をしているので、カリキュラムの差はほぼありません。

少し乱暴に言うと、教える箇所や教材自体はどこもほぼ似たようなものですが、異なる要素は以下の通り。

 

東京アカデミー 資格の大原
学習環境
授業の分かりやすさ
教材の充実 引き分け

 

詳しくは後述しますが、東京アカデミーの売りは何と言っても「完全生講義」なので、講師の熱の入った分かりやすい授業は素晴らしいの一言!

一方、資格の大原は自習室がうるさかったり、クラスメイトと馴れ合いになってしまうというデメリット面がたまに指摘されています。

なので、カリキュラム自体に差はありませんが、付加価値の部分で東京アカデミーの方が優れています!

【東京アカデミーと資格の大原】面接対策の比較

狼くん
狼くん
面接対策はどっちがいいの?
赤ずきん
赤ずきん
ぶっちゃけ最終合格者を公表していない資格の大原の面接対策には不安があります。なので、東京アカデミーの方がいいよ!

 

東京アカデミーと言えば生講義に強みがありますが、面接対策も質の高さもバッチリ!

合格実績が十分なだけあって、講師による熱い面接指導は控えめにいって最高です!

とくに面接のマナーや基本的なことから手取り足取り丁寧に教えてくれるため、

 

  • 面接試験に自信がない人
  • 面接の経験値が低い

 

上記の方にこそ、東京アカデミーをおすすめしたいですね。

一方、資格の大原はと言うと、面接指導のレベルが低いというカキコミをたまに見かけます・・・。

もちろん、ネットの書き込みなので真偽のほどは分かりませんが、一応そういった情報も頭の隅に入れておいて損はないかなと思います。

【東京アカデミーと資格の大原】論文対策の比較

狼くん
狼くん
論文対策はどっちが優れてるの?
赤ずきん
赤ずきん
親切な添削、そしてテーマの的中率の高さから、東京アカデミーが上だね!

 

両社とも、納得いくまで何度でも添削してくれます。

また、論文の基本的な書き方もしっかりレクチャーしてくれるので、論文対策の本質の部分での差はほとんどありません。

しかし、東京アカデミーの論文対策の本当の強みは「時事テーマの的中率の高さ」にあります。

 

論文試験のテーマというのはだいたい「時事問題」を絡めたケースが多いんです。たとえば、

 

煽り運転が社会問題になっていますが、煽り運転を無くすためのアイデアと、行政ができることについて。

 

上記のようなテーマで論文試験を課せられることになります。

つまり、事前にテーマをある程度予想しておいて論文の構成を頭の中で練っておけば、テーマの予想が的中したら・・・勝ったも同然!

もちろん東京アカデミーの予想が必ず当たる訳ではありませんが、公務員予備校の中で東京アカデミーのテーマ予想はよく当たると評判となっています。

【東京アカデミーと資格の大原】WEB学習の比較

狼くん
狼くん
WEB学習はどっちがいいの?
赤ずきん
赤ずきん
これは間違いなく資格の大原だよ!

 

すでに何度も説明した通り、東京アカデミーの良さは「完全生講義」ですが、その反面、WEB学習は行なっていませんでした。

なので、これまでは生講義なら東京アカデミー、WEB学習ならその他の公務員スクールといった住み分けがある程度できていました。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、東京アカデミーもついにWEB学習ができるように!

 

とはいえ、やはり以前からWEB学習を行なっている資格の大原には経験もノウハウもあります。

ぶっちゃけ、昨日今日はじめた東京アカデミーのWEB学習がどれくらいのレベルかは未知数・・・

という訳で、WEB学習については資格の大原の方が優れているとします!

東京アカデミーと資格の大原どっちがおすすめ?

ここでは東京アカデミーと資格の大原の選び方を解説します。

東京アカデミーと資格の大原がおすすめな人はそれぞれ以下の通り。

まずは東京アカデミーから。

  1. 生講義で学習したい人
  2. 警察官や消防士になりたい人
  3. 市役所や道府県庁など、地元の自治体を受験する人
  4. WEB学習は別に重視しない人
  5. 自分に合ったコースで学習したい人
  6. 手取り足取り勉強を教えてほしい人

 

次に資格の大原。

  1. 講師による分かりやすさのレベル差がない方がいい人
  2. 和気あいあいな環境がいい人
  3. 自宅から通いやすい場所にある人
赤ずきん
赤ずきん
両社を比べた場合、東京アカデミーを選んだ方がメリットが多い気がするね!

東京アカデミーと資格の大原の比較まとめ

以上、東京アカデミーと資格の大原の徹底比較でした。

最後におさらいですが、東京アカデミーと資格の大原の優劣を簡単にまとめるとこんな感じ!

「◯」は優れていることを意味します。

 

東京アカデミー 資格の大原
価格 引き分け
合格実績
コースバリエーション 引き分け
学習しやすさ
カリキュラムの質
面接対策
論文対策
WEB学習

 

表にすると東京アカデミーの方が優れているように見えますが、実際はほぼ誤差の範囲の項目もあります。

したがって、「自宅から近いから」という理由なら資格の大原を選ぶのもあり!

とは言え、基本スペックはやはり東京アカデミーの方が上なので、迷ったら東京アカデミーを選んでおけば間違いナシです。

 

では、最後になりますが、東京アカデミーが無料で発行している「公務員試験ガイド」の紹介をして終わりにしたいと思います。

赤ずきん
赤ずきん
手に入れないと確実に損をするので、公務員試験ガイドについて紹介させてください!1分で読めます!

東京アカデミーが気になる方もそうじゃない方も、資料請求してもらえる「公務員試験ガイド」をついでに貰っちゃいましょう!

 

東京アカデミーの公務員試験ガイドとは?

公務員試験ガイドとは、東京アカデミーが発行する「教養試験・論文試験・面接試験、3つの攻略法が掲載されたガイドブック」です。

校舎に行かなくても、公式サイトから資料請求すれば一緒にもらえ、もちろん無料なのが嬉しいところ。

 

公務員試験ガイドがなぜオススメかと言うと、本来有料級である「教養試験・論文試験・面接試験」の情報が無料で手に入るからです。

実際に私も資料請求して手に入れてみましたが・・・

「無料なのにめっちゃボリュームあるじゃん!」というのが率直な感想!

 

繰り返しになりますが、この「公務員試験ガイド」は無料で誰でも手に入れることが出来ます!

もはや、東京アカデミーを検討していようがいまいが、もらわないと損!

手に入れる方法は簡単で、公式サイトから資料請求するだけなので、これは嬉しい!

もちろん、資料請求したからと言って勧誘の電話やダイレクトメールが届くなんてことは一切ないので安心!

無料の代わり、無くなったら配布終了なので、ぜひ今のうちに手に入れて読んでおきましょう!

公式サイトから資料請求(所要時間2~3分)するだけでもらえるので超オススメ!

たったこれ1冊で以下のことが丸わかり!

  • 教養・面接・論文試験の攻略法
  • 国家公務員と地方公務員の概要
  • 筆記試験の勉強方法と面接のポイント

▶︎これ1冊で公務員試験の概要が学べる!

▶︎東京アカデミーの公務員試験ガイドはこちらから

赤ずきん
赤ずきん
東京アカデミーの利用を検討している人もそうじゃない人も、絶対にゲットしておきましょう!

 

警察官・消防士になりたいなら、東京アカデミー

1次合格者の実績業界No.1、資格の大原の実力とは?