公務員専門学校

東京アカデミーとTACを徹底比較!どっちが公務員試験に強いのか実際に比べてみた

公務員になりたい人にとって最初に重要なのが「公務員予備校選び」ですが、どのスクールがいいのか悩みますよね。

公務員予備校大手である「東京アカデミー」と「TAC」なんかは、「どっちがいいのか全然分からない・・・」と悩んでいる人も多いはず。

そんなあなたのために、

 

本文では、

  • 東京アカデミーとTACの選び方
  • コースや価格
  • どんな人にどっちがおすすめか

を解説しています。

 

公務員予備校はどこを選んだとしても高額な受講料がかかります。

なので、後悔しないためにも本記事を最大限に参考にして、ぜひ最後までお付き合いください。

東京アカデミーを利用した生の声をもとにしているにで、わりと参考になると思います。

赤ずきん
赤ずきん
遠慮なく、本音の比較をしちゃいます!

本記事では東京アカデミーとTACの比較をしていますが、それぞれの詳細のレビュー記事については、以下も合わせて読んでください。

警察官・消防士になりたいなら、東京アカデミー

ネームバリューNo.1のTACの実力とは?

東京アカデミーとTACの比較結果

まずは結論から。

様々な項目の比較結果を表にするとこんな感じ!

「◯」が優れている方を指します。

 

東京アカデミー TAC
価格 引き分け
合格実績 引き分け
コースバリエーション
学習しやすさ 引き分け
カリキュラムの質 引き分け
面接対策
論文対策 引き分け
生講義
WEB学習

 

詳しくは後で解説していきますが、一見互角に見える東京アカデミーとTACのリアルな評判を聞いて分かったのは、それぞれに強みと弱みがあるということ!

大まかに見ると両社は互角なのですが、「実際は得意な分野があり、志望先に合わせて選べばOK」というのが率直な感想。

地方公務員になりたい人に特にオススメなのが東京アカデミーなので、この後で紹介する解説を読んで、自分にマッチする予備校を選ぶといいでしょう!

読まなきゃ損!公務員試験の攻略法が無料でもらえる!?

赤ずきん
赤ずきん
まずは知らないと損をするので、東京アカデミーの「公務員試験ガイド」について紹介させてください!1分で読めます!

東京アカデミーに資料請求すると今なら、

 

  1. 教養試験
  2. 論文試験
  3. 面接試験
  4. 「国家公務員の概要」と「地方公務員の概要」
  5. 公務員試験の最新傾向
  6. 「公務員」ってどんな仕事があるんだろう?
  7. 筆記試験の勉強方法
  8. 面接試験のポイント

 

読むだけで上記のことがすべて分かる、「公務員試験ガイド」が無料でもらえます。

無料とは思えないボリューム、そして有益な情報満載なので、上記3点について知りたい方はぜひ資料請求して手に入れてみてくださいね!

東京アカデミーの利用を考えている人もそうじゃない人も、まずは手に入れるだけでも十分お得なので、ぜひ資料請求してゲットしてみてください!

▶︎公務員試験の攻略法が知りたい方は、無料なので読んでみましょう!

▶︎東京アカデミーへの資料請求はこちらから

【東京アカデミーとTAC】価格の比較

まずは受講料の比較から。

 

東京アカデミー TAC
国家一般職・地方上級 35万3400円 38万円
警察官・消防士 14万3700円 21万円
国税/財務専門官 35万3400円 39万5000円
裁判所事務官 35万3400円 37万円
社会人経験者採用 6万6000円 24万5000円

 

校舎・志望先によって受講料が異なるので、単純比較できない

東京アカデミーは、校舎・志望先によって受講料が異なります。

たとえば横浜校に通うとしても、横浜市役所を志望する人と神奈川県庁を志望する人では受講料が変わってくるからです。

狼くん
狼くん
地域によって価格とか違うとか分かりにくいな・・・

 

確かに東京アカデミーの価格は分かりにくいかもですが、各校舎にある程度の運営を任せているため、それだけ地域に密着しているということなんです。

とくに東京アカデミーは全てのスクールの中でも「地元の試験に強い」というウリがあるので、LECやTACといった大手スクールよりも断然地元での合格率が良いですね。

むしろ、通う校舎、選ぶコースによって受講料がバラバラなのは、受講生にとってプラスであることばかりです。

ここで紹介した受講料は一般的な東京アカデミーの価格を参考にしていますが、金額は校舎・コース・キャンペーンの有無によって変動するので、あなた向けのコース料金は公式サイトから資料請求して必ず確認してくださいね。

 

▶︎詳しいコースと費用は、パンフレットで確認してみましょう!

【東京アカデミーとTAC】合格実績の比較

合格実績は、両社ともに業界トップクラスなので、引き分け!

東京アカデミーは警察官や消防士の試験を筆頭に、「市役所や道府県庁の試験に強い」ともっぱら評判です。

一方、TACは受講生の数を武器に、様々な試験で合格者を輩出しています。

赤ずきん
赤ずきん
どちらも業界大手の名に恥じない、合格実績だよ!

【東京アカデミーとTAC】コースの比較

コースバリエーションは優劣をつけるのが難しいですが、個人的には地元の自治体を狙うコースが豊富な東京アカデミーに軍配を上げます!

ちなみに、TACのコース設定は以下の通りです。

 

志望先 コース名
国家一般職・都道府県庁・市役所 総合本科生
上記 + 国税・財務 トリプル本科生
警察官・消防士 教養型市役所本科生
国税専門官・財務専門官 国税/財務専門官本科生A・B
裁判所事務官 裁判所一般職本科生
労働基準監督官 労働基準監督官A本科生
社会人経験者 民間経験者採用本科生

 

大手スクールだけあって、どこを志望しても対応できるコース設定となっています。

一方、東京アカデミーのコースは公式サイトにはザックリとしたコースしか紹介されていません。

狼くん
狼くん
どういうこと!?

 

これまでに紹介した通り、東京アカデミーは地域密着型の公務員予備校なので、そのコース設定も地域に寄り添ったものとなっています。

つまり、◯◯市役所コースや、◯◯警察コースといったように、コースはかなり細分化されています。

志望先に合わせてよりピンポイントに学習できるのはTACよりも東京アカデミーの方ですね。

赤ずきん
赤ずきん
東京アカデミーなら、志望先に合わせて無駄なく効率良く学習できるよ!

▶︎あなたに合ったコースはパンフレットを見て確認してみましょう!

▶︎東京アカデミーへの資料請求はこちらから

【東京アカデミーとTAC】学習しやすさの比較

住んでいる都道府県にスクールがあり、しかも自宅から通いやすい場所にあると学習しやすいですよね。

この、「全国にどれだけ校舎があるか」については、ほぼ互角!

東京アカデミーもTACも全校主要都市に校舎がありますし、大きな差はありません。

もちろん、校舎の無い都道府県もありますが、業界トップクラスの校舎数を誇っています。

ちなみに、東京アカデミーとTACの校舎数は以下の通り。

 

東京アカデミー 32校
TAC 36校

 

その差は4校なのですが、体感的にはTACは関東圏に多く、東京アカデミーは平均的に分布している感じです。

赤ずきん
赤ずきん
どちらも各校舎、駅から近くて通学しやすい場所に立地しているよ!

【東京アカデミーとTAC】カリキュラムの比較

教材をはじめとしたカリキュラムの質については、ほぼ互角!

TACは長年のノウハウや実績に基づいた指導をウリにしていますが、それは東京アカデミーも同じなので誤差の範囲です。

また、公務員予備校はどこもライバル会社を研究・分析しているので、ぶっちゃけカリキュラムはどこも大差ありません。

ただし、講師による説明の分かりやすさや学習環境などは差が出やすいポイントですね。

赤ずきん
赤ずきん
TACだから教材がいいとか、東京アカデミーだから良いというのはほとんど無いよ!

【東京アカデミーとTAC】面接対策の比較

面接対策については、東京アカデミーの方が上!

ここでは、どんな点で東京アカデミーの方が上であるかを、「面接対策の強み」を見ながら優劣つけてみたいと思います。

 

東京アカデミー TAC
面接のマナーを基礎から教えてほしい
過去の面接の分析力を重視したい 引き分け
実践さながらの模擬面接がしたい 引き分け
勉強の初期段階から面接対策をしたい
志望先に合わせた対策をしてほしい

 

過去の試験データやノウハウはお互い高クオリティですが、イチから手取り足取りという点では東京アカデミーの方が優れています。

なので、「面接試験に苦手意識がある」という方は、東京アカデミーの面接対策の方がよりマッチするかもですね。

また、TACを利用したフォロワーさんからの情報によると、

 

TACの面接対策は取り組むのが遅い

 

とのこと。

ご存知の通り、公務員試験はどんどん面接試験や集団討論といった「人物試験」の重要性が増しています。

自治体によっては、9割の受験者が2次試験に進めることもあるくらいですからね。

赤ずきん
赤ずきん
あと数年したら、筆記試験では落とされない時代になるかもしれません!

 

なので、合格したいなら面接対策を最優先で行うべきなのですが、TACの面接対策はゆっくり目とのこと。

もちろん、「ゆっくり過ぎて間に合わない」なんてことは無いですが、それでも面接試験に苦手意識がある方からすると不安ですし、焦ったりもすると思います。

なので、面接対策をしっかり行なって欲しい方は、東京アカデミーを選ぶのがベストな選択ですね。

赤ずきん
赤ずきん
面接が得意じゃない人は、東京アカデミーがおすすめ!

【東京アカデミーとTAC】論文対策の比較

論文対策については、両社互角!

ただし、東京アカデミーの方が「論文テーマ的中率が高い」ので、そこに魅力を感じる人は東京アカデミーを選びましょう。

論文試験のテーマというのは時事問題を絡めたものが多いため、事前に予想を立てておいてそれが当たると・・・本番でめちゃくちゃ有利です。

その予想の的中率が東京アカデミーは高いと評判なんです。

なので、作文を書くのが苦手な方ほど、東京アカデミーの論文対策は向いているかもです。

赤ずきん
赤ずきん
論文試験はテーマの予想が的中したら勝ったも同然だよ!

【東京アカデミーとTAC】生講義の比較

生講義については、東京アカデミーの方が上!

東京アカデミーは「完全生講義」という強みをウリにしてるくらい、生講義に自信を持っている公務員予備校です。

一方、TACも有名講師による講義は分かりやすいと評判ですが・・・提携校の場合、生講義は無く、通学してのオンデマンド学習になります。

東京アカデミーはどんな地方の校舎でも生講義で授業が行われているため、適度な緊張感の中で学習することができて良いですね。

そもそもオンデマンド学習するくらいなら、ぶっちゃけ自宅でWEB学習した方が、風邪やウイルスの感染リスクも無いし良いですね。

赤ずきん
赤ずきん
生講義で選ぶなら、東京アカデミーを選択しない理由がないね!

【東京アカデミーとTAC】WEB学習の比較

WEB学習については、TACの勝ち!

まず始めに、東京アカデミーは2020年の新型コロナウイルス感染拡大まで、WEB学習は行なっていませんでした。

「完全生講義」をウリにしてるので当たり前といえば当たり前なのですが、これまで自宅での学習には対応していませんでした。

しかし、新型コロナの自粛の影響で、WEB学習を始めざるを得ない状況になり、ついに開始することに。

とは言え、これまでずっとWEB学習も行なってきたTACと比べると、やはり差があるのかなといった印象です。

なので、WEB学習については、TACの方が上ですね。

東京アカデミーとTACどっちがおすすめ?

ここでは、どちらの予備校がどんな人におすすめかを簡潔に説明します。

まずは、東京アカデミーを選ぶと幸せになれる人はこんな感じ!

  1. 生講義で学習したい人
  2. 警察官や消防士になりたい人
  3. 市役所や道府県庁など、地元の自治体を受験する人
  4. WEB学習は別に重視しない人
  5. 自分に合ったコースで学習したい人
  6. 手取り足取り面接対策してほしい人

 

次に、TACを選ぶと幸せになれる人はこんな感じ!

  1. TACというネームバリューにひかれる人
  2. 大手のノウハウに魅力を感じる人
  3. 生講義じゃなくてもいい人
  4. カリスマ講師の講義を受けてみたい人
赤ずきん
赤ずきん
両社を比べた場合、東京アカデミーを選んだ方がメリットが多い気がするね!

東京アカデミーとTACの比較まとめ

以上、東京アカデミーとTACの比較でした。

最後に優劣をまとめるとこんな感じ!

「◯」が優れている方を指します。

 

東京アカデミー TAC
価格 引き分け
合格実績 引き分け
コースバリエーション
学習しやすさ 引き分け
カリキュラムの質 引き分け
面接対策
論文対策 引き分け
生講義
WEB学習

 

上記の比較表を見れば分かる通り、東京アカデミーの方が優れている項目が多いですね!

特に、以下が志望先の人は東京アカデミーを選んで間違いないかなと思います。

 

  • 市役所
  • 都道府県庁
  • 警察官
  • 消防士

 

では、最後になりますが、東京アカデミーが無料で発行している「公務員試験ガイド」の紹介をして終わりにしたいと思います。

赤ずきん
赤ずきん
手に入れないと確実に損をするので、公務員試験ガイドについて紹介させてください!1分で読めます!

東京アカデミーが気になる方もそうじゃない方も、資料請求してもらえる「公務員試験ガイド」をついでに貰っちゃいましょう!

 

東京アカデミーの公務員試験ガイドとは?

公務員試験ガイドとは、東京アカデミーが発行する「教養試験・論文試験・面接試験、3つの攻略法が掲載されたガイドブック」です。

校舎に行かなくても、公式サイトから資料請求すれば一緒にもらえ、もちろん無料なのが嬉しいところ。

 

公務員試験ガイドがなぜオススメかと言うと、本来有料級である「教養試験・論文試験・面接試験」の情報が無料で手に入るからです。

実際に私も資料請求して手に入れてみましたが・・・

「無料なのにめっちゃボリュームあるじゃん!」というのが率直な感想!

 

繰り返しになりますが、この「公務員試験ガイド」は無料で誰でも手に入れることが出来ます!

もはや、東京アカデミーを検討していようがいまいが、もらわないと損!

手に入れる方法は簡単で、公式サイトから資料請求するだけなので、これは嬉しい!

もちろん、資料請求したからと言って勧誘の電話やダイレクトメールが届くなんてことは一切ないので安心!

無料の代わり、無くなったら配布終了なので、ぜひ今のうちに手に入れて読んでおきましょう!

公式サイトから資料請求(所要時間2~3分)するだけでもらえるので超オススメ!

たったこれ1冊で以下のことが丸わかり!

  • 教養・面接・論文試験の攻略法
  • 国家公務員と地方公務員の概要
  • 筆記試験の勉強方法と面接のポイント

▶︎これ1冊で公務員試験の概要が学べる!

▶︎東京アカデミーの公務員試験ガイドはこちらから

赤ずきん
赤ずきん
東京アカデミーの利用を検討している人もそうじゃない人も、絶対にゲットしておきましょう!

 

警察官・消防士になりたいなら、東京アカデミー

ネームバリューNo.1のTACの実力とは?