公務員

公務員試験合格の夢が叶う!公務員専門学校(予備校)ランキング

公務員専門学校に行こうと決めたものの、どこの公務員専門学校を利用したらいいのか悩んでしまいますよね。

実際、公務員専門学校によってそれぞれ特徴が違うので、

・地方公務員合格に強い

・WEB通信に特化している

・受講料がリーズナブル

など、受講者が希望する条件によって選ぶべき公務員専門学校が違ってきます。

本文では公務員を目指す受験生の条件別に、オススメの公務員専門学校をランキングにしています。

あなたが公務員専門学校を決める際に役立ててくださいね。

あと私を含め、公務員専門学校を経て公務員に合格した人の特徴として、

【複数の公務員専門学校を比較した】

というものがあります。

1つの公務員専門学校だけ調べただけでは、あなたが希望とする職種(市役所に行きたいのか警察官になりたいのか)に合格者を多く輩出したのか、

また、あなたに合った強みを持った公務員専門学校なのかが分かりません。

なので複数の公務員専門学校に資料請求して調べることで、確実にあなたに合った公務員専門学校を選べる環境を作っておきましょう。

※ここで紹介している公務員専門学校は、資料請求がすべて無料となっています。

大手のノウハウ!安心・実績豊富の公務員専門学校


全国展開している大手の公務員専門学校なら、実績も豊富なので安心して通学することができます。

公務員試験と一括りに言ってもその職種は様々あるため、どうせ行くなら自分のなりたい職種の試験に対してしっかり対応してくれる公務員専門学校に行きたいですよね。

インターネットでも公務員試験のノウハウの情報が溢れるようになって、

「独学でも合格できる!」という殺し文句を見かけることも多いですが、現実はそんなにうまくいきません。

独学で勉強している人によくありがちなのが、

・独学で勉強してるとこのやり方でいいのか不安になる

・なかなかモチベーションが上がらない

といったことです。

公務員専門学校のお金をケチったばっかりに若い貴重な1年間を無駄にしたり、結局途中で挫折して公務員を諦めることになった人も多くいます。

自分がそのような状況にならないようにするためには、まずは少しでも早く、そして確実に公務員になるために公務員専門学校を利用すること。

そして、自分に合った公務員専門学校をしっかり見極めて選ばなければいけません。

もしあなたに

・なるべく料金を安く抑えたい

・仕事があるので通学するのが難しい

という条件が無く、

豊富な経験、百戦錬磨のカリキュラム、そして安心・人気のある公務員専門学校を選びたいなら、大手の公務員専門学校を利用しましょう。

1位 LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド(以下LEC)は公務員専門学校の中でも最大手と呼ぶにふさわしい専門学校です。

大手ならではの経験と実績に裏付けされたカリキュラムと教材を元に、どこよりも「確実な合格・内定」を目指せるすべてがあります。

LECでは公務員試験のプロである優秀な講師陣が受験生に分かりやすく理解できる講義を行ってくれます。

LECは各科目に専任講師がいて、その講師陣の質が高いという点でも有名なのですが、もし講師が合わないと感じた場合は自分に合った講師を選ぶことも可能です。(WEB・音声ダウンロードの場合)

また志望先にあった多彩なコースがあり、30年の実績に裏付けられた公務員試験対策のノウハウ、全国に拠点をおくLECだからこそできる情報収集力で得た試験情報を受講生に提供してくれます。

そのため自分のなりたい職種の過去の問題傾向などをしっかりと分析してくれるので、無駄なく、そして満足のいく学習が可能となります。

そしてLECでは期間によって様々な受講料割引サービスを行っています。30%も受講料を割引してくれるキャンペーンを筆頭に、他にも様々なお得なキャンペーンがあるのも嬉しいですよね。

LECの資料請求はこちらから

2位 TAC

TACもLEC東京リーガルマインドと並び、言わずと知れた公務員専門学校の大手です。

大手だけあって全国的に受講生が多く、2017年度の大卒レベルの公務員試験において地方公務員は3078名、国家公務員では2900名の最終合格者を輩出しています。

そのためTACなら男女ともに、自分の理想の自治体や職種の試験に合格できる可能性が高いというのが結果として出ています。

TACでは各校舎ごとに専任の担任講師がいます。

なので、あなたが公務員試験や勉強について相談したい!と思ったらすぐに相談することができる環境が整っています。

また、公務員試験や進路に関する受験指導で受講生1人1人の悩みを解決する「担任カウンセリング」を行なっています。

公務員試験の勉強というのはとにかく孤独です。

その孤独や不安に押しつぶされて挫折してしまう人も多い中、このように受講生1人1人しっかりとサポートしてくれるのはとても良いシステムだと思います。

このことからも、TACは数ある公務員専門学校の中でも「受講生に対するサポートの手厚さ」が強みであるといえますね。

TACの教材は過去の出題傾向を徹底的に分析したうえで、出題される範囲に絞り込み、それらを確実に理解し記憶できるように工夫されて作られています。

「過去問を解ける力を身につけさせる」という事からも分かるように、他の公務員専門学校よりも合理的な勉強方法を取っています。

TACの資料請求はこちらから

3位 東京アカデミー

東京アカデミーは公務員専門学校の中でも特に地方公務員合格に強い専門学校です。

LEC、TACとともに3強と言えるくらい東京アカデミーも公務員専門学校の大手なんですが、その学習方針は「地域密着」「現場主義」というどこか無骨な印象のあるスクールです。

東京アカデミーも他の公務員専門学校と同じように学校に通って講義を受けるという従来の通学式に加え、自宅で講義を視聴できる通信学習も行なっています。

しかし他の公務員専門学校と違うところは、東京アカデミーは「生講義」に強いこだわりを持っています。

「講師が教壇に立ち、受講生は椅子に座って講義を聞く」
この慣れ親しんだ姿勢こそが短時間で集中して学習効果が上がるスタイルと考えています。

また、地方公務員試験によく見られる数問のご当地問題にも力を入れて対策してくれるので、そういう事からも地方公務員合格に強い公務員専門学校だと言えます。

東京アカデミーの資料請求はこちらから

 

自宅にいながら勉強できる!WEB通信に強い公務員専門学校


学校や仕事をしながら毎日決まった時間に公務員専門学校へ通って講義を受けるのが難しい人は「WEB通信」のある公務員専門学校を利用しましょう。

WEB通信とは公務員専門学校の講義をオンラインでパソコン・スマホ・タブレットの端末でいつでも好きな時間に好きな講義を視聴できる学習形態です。

WEB通信のメリットは好きな時間に自分のペースで学習できるだけでなく学校運営コストがかからないため、その分受講料を抑えられるので受講生のお財布に優しいのも魅力の1つです。

・いちいち専門学校に通わずに学習したい

・なるべく授業料を安く抑えたい

という人は、WEB通信のある公務員専門学校を利用するのが最も賢い選択になります。

1位 クレアール

クレアールはLECやTACに比べて知名度こそ高く無いものの、

「WEB通信のみ」というオンライン学習に特化したスクールなので、WEB通信を行う公務員専門学校の中でその実力は群を抜いています。

「クレアールは通信専用スクールだから、困った時に質問したり頼れないのが心配」

という人でも安心して学習できるように、クレアールでは受講生1人ひとりの個別サポートに力を入れています。

クレアールでは個別に担任講師が設定されるため、

「誰に相談すればいいか」が明確になり、

継続的にアドバイスを受ける際に担当者がコロコロ変わってその都度イチから説明しないといけないという事が起こりません。

ですから、クレアールのサポートを受けられた方はきっと通信講座に対するイメージが大きく変わるに違いありません。

クレアールの資料請求はこちらから

2位 資格の大原

資格の大原はLEC、TAC、東京アカデミーと肩を並べるくらいの大手の資格の専門学校であり、公務員講座の充実ぶりも業界トップクラスと言っても過言ではありません。

なんと2017年度では公務員行政事務職において3060名の合格者を送り出しています。

資格の大原もその他の大手公務員専門学校と同様、学校に通って学習する従来のスタイルと家で自由な時間に学習するWEB通信の両方のシステムを備えています。

中でも資格の大原の通信講座は3つのタイプを選べるので、好みや生活スタイルに合わせて自分に合った学習方法で無理なく合格を目指せます。

・WEB通信+通学

・教材学習

・WEB通信、DVD通信

といったように3つの中から自分に合った学習方法を選べます。

また資格の大原も、受講生が質問しやすく不安を感じないように通学生と同じボリュームのフォロー・サポートを受けられます。

また、「WEB通信だと面接対策がやっぱり不安・・・」という受講生のために、資格の大原では面接対策もオンラインで個別指導してくれます。

プロの講師がスカイプでマンツーマンで徹底指導してくれるので、公務員試験の最大の難関である面接試験の対策も伝授してくれるので、資格の大原で学べば自信を持って面接に挑戦することができます。

資格の大原の資料請求はこちらから

3位 Z会

Z会と聞くと高校や大学入試の通信学習のイメージが強い人も多いのではないでしょうか。

実際に私も「Z会って公務員の学習講座もやってたんだ?」と、つい最近まで恥ずかしながら知りませんでした。

Z会は元々通信講座に特化した会社なので、通信講座の充実ぶりやノウハウの実力は折り紙つきです。

そのZ会が多くの公務員試験の合格者を輩出しているTACと共同開発した公務員講座を提供しています。

「テキストがTACと同じものならZ会じゃなくてもTACを選べば良くない?」
と思う方もいるでしょう。

Z会を選ぶ1番のメリットは受講料の安さです。

次のランキングにある「受講料がリーズナブルな公務員専門学校」ではランク入りさせていませんが、Z会は非常に受講料がリーズナブルになっています。

公務員専門学校に通うと一般的に30万円から50万円近い費用がかかります。

しかしZ会×TACの公務員講座なら通常価格162000円(税込・テキスト代込・入会金不要)なので、一般的な通学講座の半額で公務員試験の講座を受けることができるのです。

質問などのサポートももちろん充実しており、わからない問題があったり相談したい場合、Z会とTACの両社のダブルサポートを受けることができます。

ここではまだZ会×TACの魅力を語りきれないので、詳しくは無料で行える資料請求をして他社の公務員専門学校と比較してみましょう。

Z会の資料請求はこちらから

 

受講生に優しい!受講料がリーズナブルな公務員専門学校


公務員専門学校に通いたいけど高額な費用がかかるのは避けたいのなら、受講料がリーズナブルな公務員専門学校を選びましょう。

公務員を目指す上で、独学と通学はよく比較されることが多いですよね。

お金はかかるけど公務員専門学校を利用するか、安く済むけどいばらの道の独学を選ぶか。

そのような2択で悩んでいる受験生が実は多いのですが、公務員専門学校を利用して最初のチャレンジで公務員になれればそれだけ早く給料を貰えるので結果としてその方が得なんです。

とは言え初期投資があまりに高いと尻込みしてしまうので、ここでは受講料がリーズナブルな公務員専門学校を紹介します。

1位 ヒューマンアカデミーたのまな

言わずと知れたヒューマンアカデミーが運営する「たのまな」なら、あっと驚く低価格で公務員講座を受講することができます。

たとえば、

・市役所教養型試験対策スタンダードコース
126122円

・警察官消防官試験対策スタンダード
108842円

といったように料金が他社よりもずいぶん安くなっているため、とにかく受講料を抑えたい!という人にオススメの通信講座です。

たのまなはよくある安かろう悪かろうではなく、オンライン面談や人物対策(面接、作文、自己分析、エントリーシートなどの対策)といった事にもしっかり対応してくれます。

通信講座の受講生にとって1番不安になる

・学習方法に間違いはないか?

・学習の進み具合に問題はないか?

などの疑問に対してパーソナルメンターと呼ばれる講師が定期的に確認し、親身なアドバイスをしてくれます。

たのまなの資料請求はこちらから

 

2位 資格スクール大栄

大栄も全国各地に学校を構えている資格スクールの大手で、何を隠そうわたくし赤ずきんも通っていた公務員専門学校です。

大栄は他の公務員専門学校とは一味違って、公務員試験に合格するための勉強を教えるだけでなく、「勉強の継続性」を徹底させることに力を入れており、受講生は積極的に勉強するモチベーションを得ることができます。

そして勉強の習慣作りで得た知識とモチベーションで、受講生は次々と公務員試験を突破することができるんです。

勉強というのは公務員試験だろうと大学入試だろうとモチベーションが全てです。

だれしも一度は、「もう公務員は諦めて民間企業で勤めようかなぁ」なんて心が折れそうになったことがあると思います。

大栄は、そんなあなたの弱い心にムチを入れて公務員試験に向けて猪突猛進させてくれますよ。

金額的なことで言うと大栄は他のスクールとそんなに大きく変わらない受講料となっています。

ではなぜリーズナブルな公務員専門学校として紹介しているかと言うと、公務員専門学校はその年に合格出来なければ次の年はまた新たに受講料を払わなければならない学校がほとんどです。

しかし大栄は受からなかったら翌年も講義受けに来ていいよ!という融通がありました。

私は初年度で合格できたので翌年講義を受けに行くことはありませんでしたが、受からなかった人はタダで翌年講義を受けていました。

なので結果として長期戦になった場合リーズナブルになるというわけなんです。

こういう臨機応変な所ってホームページには書いてなかったりするので詳細については確認する必要がありますが、仮に翌年受講料を払わなければならなかったとしても大栄は私が自信を持ってオススメする公務員専門学校です。

資格スクール大栄公式サイト

3位 LEC東京リーガルマインド

大手のノウハウ!安心・実績豊富の公務員専門学校のランキングで1位だったLECは、料金面を考えてもぜひ利用してほしい公務員専門学校です。

LECは受講生・合格者の多さから、公務員試験の情報の集まる量がハンパじゃないんです。

まさに公務員試験を知り尽くした専門学校と言っても過言ではありません。

先ほども言ったように、公務員になるべく早くなって、1年でも早く給料を貰った方が得なのは言うまでもありません。

仮にあなたが独学で2年かかって公務員になれたとします。
一方別の人は公務員専門学校に通って初年度で合格したとします。

あなたは公務員専門学校の受講料数十万円が浮いたかもしれませんが、公務員専門学校に通った人はあなたが公務員試験に向けて勉強している間にすでに公務員として働き始めています。

公務員1年目の年収が仮に400万円だった場合、独学を選んだ人の機会損失はザッと350万円以上です。

この事からも分かるように、公務員専門学校の受講料ばかり気にするのではなく、「最短で公務員になるためにはどうすればいいか」ということについても少し意識してみましょう。

LECはたしかに大手だけあって受講料が他社よりも少し高いのは事実です。

しかし大手ならではのキャンペーンを行っているため、これを上手い具合利用してやれば他のリーズナブルに専門学校と遜色ない低価格で受講することも実は可能なんです。

ちなみに今やっているキャンペーンは、

・「公務員を目指す理由」の作文投稿で最大30%割引

・スマホで資料請求で1万円割引クーポンプレゼント

・退職者、離職者応援受講料20%割引

などです。

まずはスマホからで資料請求すると1万円割引クーポンがもらえるので、ここから始めてみましょう。

このキャンペーンは期間限定となっているので、公務員専門学校に興味のある人は急いで資料請求だけでもしておきましょう。

LECの資料請求はこちらから

 

さいごに


公務員専門学校を選ぶ際は自分の条件に合ったり、何かしら惹かれるものがある公務員専門学校を利用することが大切です。

安心の大手公務員専門学校、WEB通信(通信講座)に特化した公務員専門学校、受講料がリーズナブルな公務員専門学校。

公務員専門学校によって得意とする強みがそれぞれ違うので、あなたの合格を最もアシストしてくれる公務員専門学校を選んでくださいね。

また、最初から1つのスクールに決めてかかるのではなく必ず複数の公務員専門学校を比較検討してみてください。

複数の公務員専門学校の資料を見ながら比較すると、1つだけでは見えなかった強み弱みが見えてくるようになります。

なので気になった公務員専門学校は片っ端から資料請求してみましょう。

資料請求は無料ですからね。

「しないと損」と考えるくらいでいいと思います。

 

公務員専門学校を選ぶ上で大切なのは、あなたのやる気を最大限に引き出してくれることです。

公務員試験(国家専門職は除く)は司法試験や税理士の試験などに比べると難易度は低いので、やる気さえあれば誰でも合格することができます。

ただそのやる気を1年間継続させるのが非常に難しいので、無駄なく効率よく、そして心をしっかりと整えてくれる公務員専門学校をぜひ利用してみましょう。

ちなみに、近年公務員試験に合格する人の大半は公務員専門学校を利用しており、その人たちは公務員専門学校を選ぶ際に複数の学校をしっかりと比較検討してから決めています。

あなたも行き当たりばったりで決めるのではなく、まずは気になる公務員専門学校全てに資料請求して、自分に合った学校がどこかを調べてみることから始めてみましょう。