公務員専門学校

LECとクレアールを徹底比較!公務員試験に合格できるのはどっちか比べてみた

公務員予備校(スクール)で人気があるLECとクレアールですが、LECとクレアールのどちらを選ぶか悩んでいる人は多いと思います。

それらの悩みのタネは、

「費用だけ見るとクレアールが魅力的だけど・・・」

「WEB学習のみで面接対策って可能なの?」

「やっぱ公務員予備校大手のLECの方が無難かな?」

このように、「どちらを選べばいいの?」と、ほんと悩ましいですよね。

そんなお悩みのあなたのために、

 

本文では、

  • LECとクレアール、どっちがいいか
  • 価格・スペック・学習しやすさの違い
  • お得に公務員予備校を利用する方法

について解説しています。

 

LECとクレアールの違い、公務員試験に合格できるかホントのところを知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

赤ずきん
赤ずきん
後悔しない選択をするためにも、ぜひ記事の最後まで読んでね!

LECとクレアールの比較結果

まずは結論から。

LECとクレアールを比較した場合、以下のような結果になりました。

「◯」が優れていることを意味します。

 

LEC クレアール
価格
合格実績
コースバリエーション
学習しやすさ
カリキュラムの質 引き分け
面接対策
論文対策 引き分け
WEB学習

 

資格スクール大手のLECと、WEB学習専門のクレアールなので、本来同じ土俵で比べられることが少ない両社ですが・・・

意外にも実力は互角!

というよりも、それぞれ得意な項目が明確なので、結論はあなたの条件に合った方を利用しましょう!ということ。

これで終わりだと詳しい比較が一切ないので、記事内では具体的にどちらの何が魅力的なのかを遠慮なしに紹介していきます。

赤ずきん
赤ずきん
得意な項目が違い過ぎるので、まずは自分の優先するものを明確にしよう!

本記事ではLECとクレアールの比較をしていますが、それぞれの詳細のレビュー記事については、以下も合わせて読んでください。

大手の安心感を重視するならLEC

WEB学習のクオリティNo.1は、クレアール

【LECとクレアール】価格の比較

受講料は、クレアールの方が圧倒的に安い!

志望先別のコース料金を比較すると、以下の通り。

 

LEC クレアール
国家一般職・都道府県庁・市役所 34万6000円 20万5000円
教養試験のみの自治体 21万5000円 11万4000円
警察官・消防士 21万5000円 13万2000円
国税/財務専門官 34万2000円 19万1000円
裁判所事務官 31万9000円 16万3000円

 

一目瞭然でクレアールのリーズナブルさが目立ちますね!

とはいえLECはWEB学習に加え、通学での生講義も受けられるため、単純に比較ができないのが事実ですね。

また、いずれも公式サイトの情報を参考にしていますが、価格は利用時期・キャンペーンによって変動するので、最新の価格は公式サイトで必ず確認してください。

赤ずきん
赤ずきん
受講料の安さでクレアールに敵う大手公務員スクールは皆無だよ!

【LECとクレアール】合格実績の比較

合格実績は、LECの勝ち!

どちらも合格者数を公表していないのですが、受講者の数を考えるとLECの方が多いのは間違いなし!

なお、両社ともに下記の自治体での合格実績は十分!

 

  • 国家一般職
  • 都道府県庁・市役所
  • 警察官・消防士
  • 国税専門官・財務専門官
  • 裁判所事務官
赤ずきん
赤ずきん
どちらも公務員になりたい方の強い味方になってくれること間違いなし!

【LECとクレアール】コースバリエーションの比較

コースバリエーションは、クレアールの勝ち!

というのも、下記を見れば一目瞭然ですが、クレアールのコースバリエーションは素晴らしいの一言!

 

短期合格コース

  1. 市役所教養ハイスピード合格コース
  2. 行政系公務員100日マスターコース
  3. 公安系公務員ハイスピード合格コース

 

1年合格コース

  1. 行政系公務員併願総合コース
  2. 地方上級(全国型)コース
  3. 地方上級(関東型)コース
  4. 地方上級(中部北陸型)コース
  5. 特別区Ⅰ類コース
  6. 東京都Ⅰ類B(行政・一般方式)コース
  7. 東京都Ⅰ類B(行政・新方式)コース
  8. 国家一般職(大卒程度)コース
  9. 国税専門官・財務専門官コース
  10. 裁判所一般職(事務官)コース
  11. 地方上級・市役所教養コース
  12. 地方上級(民間併願型)コース
  13. 市役所教養(民間併願型)コース
  14. 心理系公務員パーフェクトコース
  15. 心理系公務員スタンダードコース
  16. 家裁調査官・矯正心理コース
  17. 法務省専門職(法務教官・保護観察官)コース
  18. 福祉系公務員コース
  19. 技術系公務員コース
  20. 公安系公務員コース

 

2年合格コース

  1. 行政系公務員2年合格コース
  2. 心理系公務員2年合格コース
  3. 福祉系公務員2年合格コース
  4. 技術系公務員2年合格コース

 

一方、LECのコースは次の通りです。

  1. スーパースペシャルコース
  2. スペシャルコース
  3. スペシャル(国税・財務併願)コース
  4. 市役所教養コース
  5. 国税専門官・財務専門官専願コース
  6. 裁判所事務官(一般職)専願コース
  7. 労働基準監督官専願コース
  8. 法学既習者コース
  9. 専門科目コース
  10. 経験者採用専願コース

など・・・

 

もちろん、LECも十分たくさんのコースが設定されているのですが、今回ばかりは相手が悪すぎます。

赤ずきん
赤ずきん
クレアールはWEB専門のスクールならではのコースバリエーションの豊富さが光るね!

▶︎あなたに合ったコースの強みや特徴を知りたい方は、レッツ資料請求

LECへの資料請求はこちらから

クレアールへの資料請求はこちら

【LECとクレアール】学習しやすさの比較

学習しやすさは、LECの方が優秀!

ちなみに、両社の学習形態は次の通りです。

 

LEC クレアール
通学 なし
WEB学習

 

繰り返しになりますが、LECは通学とWEBの「ハイブリッド学習」が可能。

例えば、平日は通学して講義を受け、分からない箇所を質問し、土日は自宅でWEB学習といったことが出来ます。

一方、クレアールは受講料が安い代わりに通学して講義を受けることが出来ません。

なので、学習方法の多彩さで言うとLECの方が優れてますね。

 

次に両社の校舎の数ですが、

 

LEC 53校
クレアール 1校(水道橋校のみ)

 

詳しくは後述しますが、クレアールで対面での模擬面接を行なってくれるのは水道橋校のみになります。

一方、LECはほぼ日本全国に校舎を構えているので、対面でのサポートはバッチリ!

赤ずきん
赤ずきん
「通学しやすい=学習しやすい」ので、スクール大手のLECに軍配だね!

【LECとクレアール】カリキュラムの比較

カリキュラムの質は、引き分け!

基本的に通学して学びたいのか、自宅で好きな時間にWEB学習で学びたいのか、好みが分かれますが、カリキュラムの質は互角。

こんなことを言うと元も子もないのですが、公務員予備校は各社ライバル校の研究を行なっており、その差は微々たるものなんです。

知名度があるから、「LECの方が質が高いに違いない!」と思う方もいるかもですが、実はどのスクールもカリキュラム自体はそれほど変わりません。

なので、基本的には料金やコースで決めたり、あとは個人的にピン!ときた方を選べばOKです。

赤ずきん
赤ずきん
カリキュラムはほぼ同じで、重視するのは講師の教え方や学習環境だね!

【LECとクレアール】面接対策の比較

面接対策については、LECの圧勝!

というのも、すべての公務員予備校の中で面接対策が最強なのがLECです。

特に「リアル面接シミュレーション」は、一人一人に寄り添った指導、そして分析力の高さが高い合格へと導いています。

 

一方クレアールですが、唯一の弱点が面接対策でして、WEB学習専門ゆえに対面による模擬面接が行えないのが痛いところだったりします。

水道橋校では面接対策の講師による模擬面接を行なってくれますが、関東近郊の方でなければ立地的に利用しづらいので、マイナスポイントですね。

 

狼くん
狼くん
公務員試験は人物重視になってるから、クレアールだと厳しいのでは・・・?

 

と思う方も多いかもですが、結論から言うと心配ありません。

クレアールはWEB専門なので、そもそも対面で面接対策ができないことは想定内!

だからこそWEBでも十分にノウハウを学べて、面接力が身につくようなカリキュラムが組まれております。

 

  • 早期から面接対策
  • 全16テーマの面接講義
  • 回数無制限の添削

 

そもそも、「クレアールだと面接試験に合格できない」としたら、とっくにクレアールは倒産していると思います(笑)

毎年たくさんの公務員試験合格者を輩出しているのですから、対面で面接指導をしてもらえないことをあまりナーバスに考える必要はないのかなと。

赤ずきん
赤ずきん
LECのリアル面接シミュレーションは、控えめにいって神ってるよ!
狼くん
狼くん
クレアールの面接対策も、十分合格できるだけのクオリティがありそうだね!

【LECとクレアール】論文対策の比較

論文対策は、引き分け!

LEC、クレアールともに、論文試験やエントリシート(面接カード)といった「ライティング力」がモノを言う試験には万全の準備ができるよう指導してくれます。

添削は回数無制限で行なってくれるので、自身が納得いくまで何度でも経験豊富な講師がプロの目であなたの論文を添削してくれます。

赤ずきん
赤ずきん
両社ともに質の高い添削をしてくれるので、不安は一切ないね!

【LECとクレアール】WEB学習の比較

WEB講義は、クレアールの方が断然上ですね!

クレアールはWEB講義専門のスクールなので、内容・映像ともにハイクオリティ!

講義動画についてはクレアールの一番のストロングポイントなので、他社を圧倒しています。

もちろんLECのWEB講義も十分に高品質なのですが、やはりクレアールには「WEBで戦ってきた」という、大きな経験とアドバンテージがありますね。

 

ちなみに、

 

通学はしないので、WEB学習だけでいい!

 

という方はクレアールが圧倒的におすすめ!というか、クレアール一択ですね!

赤ずきん
赤ずきん
理由はシンプルに「リーズナブルだから」ですが、クレアールについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ!

LECとクレアールは、どっちがおすすめ?

LECとクレアールどちらを選べば良いか悩ましいですよね。

双方の得意分野が明確なので、どんな人にどちらがオススメかをまとめます。

まず今回の比較結果をおさらいすると、以下の通りです。

※「◯」が優れていることを指します。

 

LEC クレアール
価格
合格実績
コースバリエーション
学習しやすさ
カリキュラムの質 引き分け
面接対策
論文対策 引き分け
WEB学習

 

上記を踏まえて、LECがおすすめな人はこんな感じ!

  1. 大手の安心感を重視する人
  2. 通学もWEB学習も、両方したい人
  3. 面接指導を対面で行なってほしい人
  4. リアル面接シミュレーションに魅力を感じる人
  5. 合格実績を重視する人

 

次に、クレアールがおすすめな人はこんな感じ!

  1. 受講料をなるべく安く抑えたい人
  2. WEB学習だけでいい人
  3. 面接に過度な苦手意識がない人
  4. 豊富なコースバリエーションから選びたい人
  5. 通学による「ウイルス感染リスク」を回避したい人
赤ずきん
赤ずきん
知名度や安心感はLECだけど、クレアールの魅力はそのリーズナブルさ!なんだかんだ価格は重要だよね!

 

▶︎公式サイトでは分からない「強み」を知りたい方は、レッツ資料請求!

LECへの資料請求はこちらから

クレアールへの資料請求はこちら

LECとクレアールの比較まとめ

以上、LECとクレアールの比較と違いの解説でした。

それぞれに強みがあるので、自分が何を重視するかを明確にして選ぶようにしましょう!

各社、ライバル校の研究が進んでいるので、LECでもクレアールでもどちらを選んでも満足できるはず。

本記事が後悔しない公務員予備校選びの手助けになれば幸いです。

 

社会人は当然のこと、学生の方も読んでおくべきハンドブック

最後になりましたが、公務員になりたい人はクレアールの発行する「社会人のための公務員転職ハンドブック」を読んでおきましょう!

公務員試験の概要がこれ一冊で丸わかりなので、社会人の方はもちろん、学生の方にもオススメ!

無料なので超お得ですよ!

公務員になりたいなら、公務員試験の概要が分かる「社会人のための公務員転職ハンドブック」を読んでおきましょう!

クレアールの公式サイトから資料請求(所要時間2〜3分)するだけなので超簡単!

もちろん資料請求したからといって、しつこい勧誘や電話などは一切ないので安心です。

・公務員試験の概要が分かる

・公務員試験の日程が分かる

・忙しい人が勉強時間を確保する方法が分かる

▶︎公務員試験の概要がこれ一冊だけで丸わかり!

▶︎公務員転職ハンドブック(無料)はこちらから

赤ずきん
赤ずきん
公務員になりたい人にとってタメになる情報満載なので、ぜひ手に入れておきましょう!

 

大手の安心感を重視するならLEC

WEB学習のクオリティNo.1のクレアールの実力とは?