公務員専門学校

LECと資格の大原を徹底比較!どちらが公務員試験に強いのか比べてみた

公務員予備校(専門学校)と言えば、LECと資格の大原は大手の中の大手ですが、両方気になる人にとっては、「どっちを選べばいいの?」と気になりますよね。

「LECを考えていたけど、資格の大原も良さそう」という人も多いはず。

もちろん逆もしかり。

このような悩みにお答えします。

 

本文では、

  • LECと資格の大原、どっちがいいか
  • 価格・スペック・学習しやすさの違い
  • お得に公務員予備校を利用する方法

について解説しています。

 

両社の違いを知りたい方、どちらを選ぶべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

赤ずきん
赤ずきん
選んで後悔しないためにも、しっかり読んであなたに合ったスクールを選ぼう!

LECと資格の大原の比較結果

まずは結論から。

LECと資格の大原の違いで比較した場合、以下のような結果になりました。

「◯」が優れていることを意味します。

 

LEC 資格の大原
価格
合格実績 引き分け
コースバリエーション 引き分け
学習しやすさ
カリキュラムの質 引き分け
面接対策
論文対策
生講義 引き分け
WEB学習

 

詳細は後述しますが、比較してみるとLECの方が勝っている項目が多いので、結論はLECを利用しましょう!ということ!

結論が出たので、ここで記事を終えてもいいのですが・・・

狼くん
狼くん
それだとつまんないでしょ!

というわけで、両スクールの具体的に何が良くて、何が悪いかを遠慮なしに紹介していきます。

赤ずきん
赤ずきん
基本的にどちらを選んでも、合格へと導いてくれる素晴らしいスクールだよ!

本記事ではLECと資格の大原の比較をしていますが、それぞれの詳細のレビュー記事については、以下も合わせて読んでください。

大手の安心感を重視するならLEC

1次合格者の実績業界No.1なのは、資格の大原

【LECと資格の大原】価格の比較

まずは価格の比較から。

志望別のコースの受講料は、以下の通りです。

国家一般職、都道府県庁、市役所などを目指せるコース

   LEC    資格の大原
通学 35万5400円
WEB 34万1000円 15万9000円
通学 + WEB 34万6000円 51万4400円

 

ちなみにLECは通学を選ぶと、自宅で学習できるWEBがセットで付いてくるのに対し、資格の大原は完全別料金になります。

赤ずきん
赤ずきん
通学+WEBだと、価格差は16万8400円だよ!
狼くん
狼くん
同条件なのに、圧倒的にLECの方がお得だね!

教養試験のみで受験できる自治体を目指せるコース

教養のみで受験できる自治体、主に警察官や消防士を目指す方向けのコースの価格は以下の通り。

 

   LEC    資格の大原
通学 22万2000円
WEB 21万円 21万1800円
通学 + WEB 21万5000円 43万3800円
赤ずきん
赤ずきん
通学+WEBだと、価格差は21万8800円だよ!

 

国税専門官・財務専門官を目指せるコース

   LEC    資格の大原
通学 36万5600円
WEB 33万7000円 15万9000円
通学 + WEB 34万2000円 52万4600円
赤ずきん
赤ずきん
通学+WEBだと、価格差は18万2600円だよ!

 

裁判所事務官一般職を目指せるコース

   LEC    資格の大原
通学 35万5400円
WEB 31万4000円 15万9000円
通学 + WEB 31万9000円 51万4400円
赤ずきん
赤ずきん
通学+WEBだと、価格差は19万5400円だよ!

 

労働基準監督官を目指せるコース

   LEC    資格の大原
通学 35万5400円
WEB 31万4000円 15万9000円
通学 + WEB 31万9000円 51万4400円
赤ずきん
赤ずきん
通学+WEBだと、価格差は19万5400円だよ!

 

社会人経験者採用を目指せるコース

社会人(民間企業)経験者を採用する試験を目指す方向けの価格は以下の通りです。

 

   LEC    資格の大原
通学 20万5700円
WEB 21万円 19万5500円
通学 + WEB 21万5000円 40万1200円
赤ずきん
赤ずきん
通学+WEBだと、価格差は18万6200円だよ!

【LECと資格の大原】合格実績の比較

合格実績は引き分け!

まずはじめに、LECは合格者数を公表していません。

一方、資格の大原は2019年にグループ全体で19667名が1次試験に合格しています。

これだけ見ると、なんだか資格の大原の方が凄そうだけど・・・

狼くん
狼くん
「グループ全体」ってのがポイントだね!

 

資格の大原は、高卒の方が進学する「大原簿記専門学校」や「大原スポーツ公務員専門学校」といった通常の専門学校を経営しています。

これらは授業料が80〜100万円もかかるガチの専門学校なので、こちらを利用した人の合格者までカウントしているので、ちょっとフェアじゃないですよね。

なので、両社の合格実績は引き分けとしました。

 

ちなみに、LECは国家一般職・特別区・都道府県・市役所の採用試験で、全国的に合格者を輩出しています。

なので、数こそ公表していませんが、実績は十分!

赤ずきん
赤ずきん
どちらも大手スクールの名に恥じぬ実績があるよ!

【LECと資格の大原】コースバリエーションの比較

コースバリエーションについても、互角!

ちなみに、両社の志望先別の主要コースは以下の通り。

 

   LEC    資格の大原
国家一般職・都道府県庁・市役所 スペシャルコース 公務員合格コース
上記 + 国税/財務専門官 スペシャル(国税/財務併願)コース 公務員合格コース
警察官・消防士 市役所教養コース 警察官・消防官合格コース
国税/財務専門官 国税専門官・財務専門官専願コース 国税・財務専門官併願合格コース
裁判所事務官 裁判所事務官一般職専願コース 公務員合格コース
労働基準監督官 労働基準監督官専願コース 公務員合格コース
社会人経験者 経験者採用専願コース 経験者採用合格コース

 

どちらも志望先に合わせたコースが細かく設定されていて、バリエーションは豊富です。

上記以外にも、◯◯市役所合格コースといったように、より細分化されたコースがある校舎もあるので、詳しく知りたい方はぜひ資料請求をしてパンフレットをもらいましょう!

LECも資格の大原も、きっとあなたにマッチしたコースを提案してくれますよ。

▶︎あなたに合ったコースを知りたい方は、レッツ資料請求!

LECへの資料請求はこちらから 

資格の大原への資料請求はこちら

【LECと資格の大原】学習しやすさの比較

学習しやすさ(利用しやすさ)は、LECの方が優れています!

ちなみ、日本全国にある校舎数はそれぞれ以下の通りです。

 

LEC 53校
資格の大原 47校

 

その差はわずかですが、LECの方が校舎数が多いため、通いやすさで若干リードしています。

全国に校舎数が多いと、自宅から通いやすかったり、自習のためだけにも利用しやすかったりとメリットだらけ!

なので、どちらを選んでもほぼ全国にあるので、利便性に不満を感じることはないはず。

ただし校舎数が多い分、LECに軍配が上がります。

赤ずきん
赤ずきん
さすが公務員スクールの超大手であるLEC!校舎の数が多い!

【LECと資格の大原】カリキュラムの比較

カリキュラムは、引き分け!

というのも、公務員スクールは各社の研究・分析をしているので、カリキュラムはぶっちゃけほとんど変わりはありません。

それに、公務員試験という「内容が数十年前からさほど変わらない試験」に対しての勉強なので、学習範囲も大差なし。

 

ただし、教材の豊富さはLECに軍配。

LECの体験談・評価・評判【結論は、面接対策が全スクール中No.1】でも書きましたが、LECはとにかく教材が多い。

なので、他に問題集や参考書を買い足す必要がないので、経済的な負担は皆無。

逆に、「LECは教材が多すぎて情報過多」という声もありますが・・・少ないより良いので、贅沢な悩みですね。

【LECと資格の大原】面接対策の比較

LECの方が面接対策は充実しています!

これは資格の大原に限らず、全ての公務員予備校はLECに面接対策の面で敵いません!断言します。

LECを利用して2019年度に公務員試験に合格した私のフォロワーさんに聞いた話によると、その卓越した分析力が神ってる!とのこと。

 

【リアル面接シミュレーション】自己分析 → 模擬面接 → 改善

 

LECの強みである「リアル面接シミュレーション」は上記の流れで、確実に面接の経験値を上げることが出来るので不安を感じることが一切ありません。

公務員試験はますます面接による人物重視になってきているので、面接対策が十分でないと合格するのが難しくなってきています。

せっかく公務員専門学校を利用しているのに不安を感じるのはナンセンスなので、最高の面接指導を受けたいなら、LECを全力でおすすめします!

赤ずきん
赤ずきん
LECと面接対策で比較するのは、資格の大原ではちょっと荷が重いね。

【LECと資格の大原】論文対策の比較

論文対策が優れているのは、LEC!

ただし、LECの論文対策が特別優秀というわけではなく、資格の大原の論文対策が口コミによるとあまり評価が良くない・・・

ネットの書き込みなので真偽は不明ですが、わざわざ評判の悪いスクールに期待するのも・・・ですよね。

赤ずきん
赤ずきん
なんだかんだ悪い口コミは気になるよね・・・。

【LECと資格の大原】生講義の比較

生講義の質は、引き分け!

両社ともに特色があるので、まずはそこから見ていきましょう。

 

LEC カリスマ講師による優秀な授業
資格の大原 平準化された一定のクオリティを保った授業

 

LECの講師は公務員試験の参考書を出版しているくらい、有名、そしてカリスマ性のある講師が多数在籍しています。

そういった人気講師の授業は分かりやすく、そして熱がある、などのメリットがあります。

一方、LECの講義は以下のようなデメリットもあります。

  • 人気講師の講義は人が多いので、すぐに教室が一杯になる
  • 人気講師のいない地方では、講義のクオリティが低いことがある

上記の感じです。

 

資格の大原は対称的に、カリスマ講師がいない代わりに、講義の平準化が他社よりも強いため、

 

良くも悪くも、誰が講義しても同じクオリティ。

 

というのが特徴です。

なので、LECと資格の大原で生講義の質を比べたら場合、一長一短なので甲乙つけ難いですね。

赤ずきん
赤ずきん
両社の生講義の特色については好みが分かれるね!

【LECと資格の大原】WEB学習の比較

WEB学習はLECの圧勝!

価格の比較の項目でも説明した通り、LECは通学を選んだ場合でも、追加料金なしでWEB学習をすることが出来ます。

狼くん
狼くん
さすがLECの一言!

 

WEB学習がついて、約30~35万円という価格設定はかなり魅力的だと思います!

おさらいとして、価格を比較しておきます。

国家一般職、都道府県庁、市役所などを目指せるコース

   LEC    資格の大原
通学 35万5400円
WEB 34万1000円 15万9000円
通学 + WEB 34万6000円 51万4400円

 

上記を見た感想は・・・

「価格差、16万8400円は大きすぎる」

「LECを選ばない理由がない」

ここまで受講料に差があると、よほどのアドバンテージがない限りは資格の大原を選ぶ理由がないですね・・・

アドバンテージどころか、むしろLECの方が様々な面で優れています。

記事内で紹介した通り、面接対策・論文対策・価格面など、LECが資格の大原を圧倒しています。

ただ、資格の大原のWEB学習のクオリティ自体は本物であることは、声を大にして伝えたい。

そうでなければ、1次試験合格であの実績は作れないですからね。

LECと資格の大原はどちらが良い?

「で、結局どっちを選べばいいの?」とまだ決めきれない方のために、両社の比較をおさらいしておきます。

 

LEC 資格の大原
価格
合格実績 引き分け
コースバリエーション 引き分け
学習しやすさ
カリキュラムの質 引き分け
面接対策
論文対策
生講義 引き分け
WEB学習

 

上記を見ればLECの圧勝なのが分かるので、結論は以下の通り。

 

LECと資格の大原で悩んだら、LECを選ぼう!

 

とは言え、公務員スクール選びで後悔しないためにも、自分の足で調べた情報で比較することが重要。

各社の資料(パンフレット)にしか載っていない「強み」みたいなものもありますからね!

▶︎公式サイトでは分からない「強み」を知りたい方は、レッツ資料請求!

LECへの資料請求はこちらから 

資格の大原への資料請求はこちら

比較結果のまとめ

以上、LECと資格の大原の比較でした。

結論は、「LECを選ぼう!」ですが、LECを利用する人の大半が損をしているので最後に注意点を!

 

知らなきゃ大損!LECの受講料を安くする方法

LECにはWEB限定で、時期によって様々なキャンペーンを行なっています。

 

 

キャンペーンにより、条件によっては30%も安くなるケースもあります。

受講料が30万円以上とすると、早得キャンペーンでも10%の割引ということに!

ただ1つ注意点があるのですが、それは「WEB限定」ということ。

私も公務員予備校を利用する際、実際に校舎に出向いて契約したのですが、あとから後悔しました。

 

なぜなら、校舎で契約すると何も割引を受けられないから。

 

どうせ利用するのなら、申し込みはWEBから行いましょう!

キャンペーンが適用できますので、絶対そっちの方がお得ですからね。

▶︎損をしたくないなら、LECへの申し込みはWEBから!

▶︎LECへの申し込みはこちらから

 

大手の安心感を重視するならLEC

1次合格者の実績業界No.1なのは、資格の大原