政令指定都市シリーズ

【熊本市・集団討論攻略ガイド】試験の流れ・過去の質問とテーマを紹介します

src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">
お悩みさん
お悩みさん
・熊本市の集団討論ってどういった流れで行われるの?

・過去の討論のテーマってどんな感じだったの?

・集団討論のコツとか対策法とかあれば教えてほしい!

このような疑問にお答えします!

 

熊本市の採用試験では一部の試験区分で集団討論が行われます。

熊本市のような政令指定都市では集団討論がよく実施されるのですが、受験生の多くは経験が無いため、

 

受験生
受験生
「どう振る舞うのが正解か分からない」
受験生
受験生
「大勢の中でちゃんと話せるかどうか・・・」

 

このような不安を抱えているのではないでしょうか?

自治体側が集団討論を行う目的ですが、それはただ1つ。

 

大勢の中でも意見が言えて、バランスも取れる人を採用するため

 

ご存知の方もいると思いますが、公務員試験は年々学力よりもコミュニケーション能力のある人材が合格するような採用基準になっています。

そのために個別面接を複数回行う自治体が増えてきており、それだけでは足りないと、より人物重視の採用を行いたい自治体は集団討論やグループワークといった複数の受験生で討論する形の試験を実施しています。

つまり、熊本市は受験生に学力よりも圧倒的にコミュニケーション能力やバランス能力を重視しているということが分かります。

集団討論とか経験が無いから不安しかないと思いますが、過去に受験した公務員試験をすべて合格した実績のある私が、熊本市の集団討論の流れ、そして過去の議題や対策法を分かりやすく紹介していきます。

熊本市を受験する方はぜひ記事の最後までお付き合いくださいね!

赤ずきん
赤ずきん
別の記事では熊本市の面接対策も紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね!

熊本市:集団討論の傾向

熊本市の集団討論は一部の試験区分において2次試験で実施されます。

集団討論の流れ

試験の流れは以下の通りです。

 

  1. 人数分け試験会場ではまず始めにグループ分けが行われます。(1グループは8人前後)
    通常、他の自治体では集団討論は6〜8人くらいで行われるのですが、熊本市もグループの人数はスタンダードな感じですね。しかし、8人も受験生がいるため「発言する少ないチャンスを活かせるかどうか」が評価の鍵になります。
  2. 試験の説明受験生同士で集団討論型の試験が行われます。試験の説明が担当者からされて、試験開始時刻になると討論スタートです。
  3. 試験(討論)3人の面接官が見守る中、集団討論をします。まず始めに5分ほど一人で考える時間が与えられ、その後40~50分程度集団討論を行います。

 

集団討論では、

 

  1. 司会者を決める
  2. 討論の際は他の受験生を番号で呼び合う
  3. 発言するときは自分の番号を言ってから行う

 

上記のルールがあります。

聞かれる内容としては、与えられたテーマに対する自分の意見はもちろんのこと、「他の受験生の意見に対してどう思うか?」なども聞かれます。

なので、緊張しているからといって他の受験生の発言をしっかりと聞いていないと質問に答えられないという事になりますので、常に他者の発言には耳を傾けておきましょう。

スポンサーリンク




熊本市:集団討論の過去問

狼くん
狼くん
集団討論って一体なにについて話し合うの?
赤ずきん
赤ずきん
だいたい自治体の抱える課題や、熊本市に関することが題材となっているよ!

 

過去に出題された集団討論のテーマ

2022年度

過去のテーマ
公務員は職務の公共性や公益性から、より高い職業倫理が求められるが、昨今のニュースなどで公務員の不祥事にまつわる報道が数多く取り上げられている。公務員にとって必要とされるコンプライアンスとは何か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
令和4年10 月1日から、「熊本市自転車の安全利用及び駐車対策等に関する条例」改正により、自転車利用者へのヘルメット着用が努力義務化される。市民にヘルメット着用を促すために、どのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
今年の6月10 日から、添乗員同行のパッケージに限定した訪日外国人観光客の受入れが再開され、今後、段階的な受入れの拡大が見込まれている。本市において、インバウンド需要をコロナ禍前の水準に戻すだけではなく、持続可能性を高めるような観光にするにはどのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
熊本地震の発生から6年が経過し、震災の記憶の風化が課題となっている。風化を防ぐために、どのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
近年、年齢や成長の度合いに見合わない重い責任や負担を負って、本来、大人が担うような家族の介護や世話をすることで、自らの育ちや教育に影響を及ぼしている18 歳未満の子ども、通称「ヤングケアラー」が大きな課題となっている。熊本市がヤングケアラーを支援するためには、どのような取組をする必要があるか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
コロナ禍による新しい生活様式は、社会の行動変容をもたらした。本市においても、テレワークの推進を図っているが、その中で、コミュニケーションのあり方についても変わりつつあると考えられる。熊本市職員として、組織の中で円滑にコミュニケーションを図り、業務を進めていくには、どのような取組をする必要があるか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
近年、若者の選挙離れが叫ばれて久しい。熊本市として、有権者に選挙に関心を持ってもらい、投票に行くような動機を醸成するには、どのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
熊本市は、令和元年7 月1日に「SDGs 未来都市」に選定されており、本市における経済面、社会面、環境面の様々な地域課題の解決はもとより、国際社会の一員としてのグローバルな視点を持ちながら、あらゆる施策において SDGs の理念を踏まえながら取り組んでいく必要がある。市民がSDGs の理念を理解し、自ら地域課題を解決するためには、行政としてどのような取組・支援が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
市の重要な役割として、市民へ正確な行政情報を出来るだけ早く伝えることが考えられる。ホームページや SNS による方法のほか、市政だよりなどの紙媒体で行っているものもある。このような中、インターネット等を使える人と使えない人との間に格差が生じないようにするため、今後どのような対策を講じるべきか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
今や生活に欠かせない存在となった携帯電話やスマートフォンであるが、非常時に通信障害などで使用できなくなることを考えた対策が必要だと思われる。公衆電話が少なくなってきた現在、どのような情報伝達・収集方法を考えておく必要があるか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
近年、企業 CM や自治体 PR 動画などが「炎上」する事態が相次いでいる。熊本市が冊子や SNSなど、様々な媒体を用いて情報発信をする際に気を付けなければならないことや、炎上してしまった後の対処法について、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
近年、コロナ禍において、民間企業ではリモートワークが定着している企業もある。リモートワークは新たな働き方の一つだが、行政の業務を踏まえたうえで、熊本市役所においてどのようにリモートワークを推進するべきか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。

 

2021年度

過去のテーマ
近年、全国的に地震や豪雨災害などの大規模災害が 頻発している。本市は、熊本地震で甚大な被害を受け、市民と行政とが一丸となって復興への歩みを進めてきた。今後、熊本地震の経験と教訓を踏まえ、地域の防災力をさらに高めていくためには、どのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
本市では、まだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」が年間約38,000トンも発生していると推計されている。食品ロスの削減に向けて、どのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
本市の道路事情は、主要渋滞箇所数等の指標が全国の政令指定都市でワーストワンであるなど交通渋滞が常態化しており、市民生活をはじめ経済活動にも深刻な影響を及ぼしている。交通の利便性を高め、熊本市をより暮らしやすいまちにするために、どのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、人々の生活様式は大きく変容した。今後、新型コロナウイルス感染症が収束した後を見据えたまちづくりにおいて、本市としてどのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
新型コロナウイルス感染症の感染が拡大する中、感染者が確認された事業所や病院などの職員、その家族等に対し、誤解や偏見に基づく差別的な言動が報告されている。人権に対する理解を深め、差別のない社会にしていくために、行政としてどのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う働き方の変化とともに、地方移住への関心が高まっており、今後、大都市から地方への人口分散が加速すると思われる。熊本市としても、本市への移住、定住を進めるため、このまちに住んでみたい、ずっと住み続けたいと思ってもらえるような魅力を広く発信することが重要と考えるが、具体的にどのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
本市では、新型コロナウイルス感染症への対応として、市民の命と健康、そして生活を守るために医療提供体制の強化をはじめ、ワクチン接種や中小企業等への支援など多種多様な取組を行っており、多くの市職員が様々な部署で業務を担当している。感染拡大による影響が長期化する中、市職員としての使命を果たしていくために、どのようにしてモチベーションの維持向上を図っていくとよいか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、早急な行政のデジタル化が求められている。本市においても、「熊本市行政サービスDXアクションプラン」を策定し、行政のデジタル化の実現に向けて取り組んでいるところである。市役所のデジタル化を進めるサービスにはどのようなものが考えられるか、また、どのような視点を持って進めることが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。

 

2020年度

過去のテーマ
近年、熊本市内、県内でも地震や豪雨災害などにより、大規模な災害が発生している。市民の生命を守り、市民が安心して生活できるようにするために、どのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
本市は、国内外の誰もが訪れてみたくなる、住んでみたくなる、住み続けたいと思える「世界に認められる『上質な生活都市』」を「目指す国際都市の姿」と掲げている。本市が国内外から選ばれる都市になるためには、どのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
昨今、社会情勢や労働環境の変化に伴い、テレワークという働き方が注目され、「新しい生活様式」として、今後より一層の導入が見込まれる。こうした取組について、導入のメリット・デメリットを整理し、行政としてどのように活用していくか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
市民と行政が信頼関係を築くため、本市では、市政だより、市ホームページや市公式LINE等の媒体を活用し、行政情報を発信している。今後さらに、市民に市政への関心を持ってもらうためにどのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
本市では、小中学校において児童生徒一人ひとりにタブレット端末が使えるよう整備を進めているが、タブレット端末を授業等で使う上でのメリット・デメリットを踏まえ、今後、どのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
平成30年度の全国における女性の育児休業取得率82.2%に比べ、男性の育児休業取得率は6.16%で、ここ数年上昇傾向にあるものの依然として低水準となっている。今後、取得率を高め男性の育児参加を推進するためには、どのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。

 

2019年度

過去のテーマ
少子高齢化が進む社会では、ますます地域コミュニティが重要となってくるが、幅広い世代に地域活動への興味や関心を持ってもらうためには、どのような取組が有効か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
若者や子育て世代、第2の人生を歩む世代などを本市に呼び込み、多くの人に住み続けてもらうためにはどのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
人口減少・超高齢社会に対応するため、公共交通機関を持続可能で利便性の高いものにするには、どのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
交流人口を増加させ経済の活性化を図るためには、熊本城の復旧をはじめとした文化財や観光文化施設、産業等の復旧・復興を国内外へアピールするなどのシティセールスが重要である。そのためにはどのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
外国人観光客においても、現金以外に電子マネーやコード読み取りによる支払いが普及してきており、今後キャッシュレス化の推進が望まれる。キャッシュレス化を進めるためにはどのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
全ての人の人権が尊重される社会の実現のために、行政にはどのような役割が期待されるか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
生活習慣病は、健康長寿の最大の阻害要因と言われている。市民一人ひとりが健康で質の高い生活を送るためには行政としてどのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
AIやRPAなどのICTを活用して、組織として業務の効率化を図っていくためには、どのような取組や考え方が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。

 

2018年度

過去のテーマ
安全で心豊かに暮らせる地域づくりの推進について、あらゆる世代がこれからも住み慣れたまちで安心して暮らし続け、そこで暮らす人たちが、お互いに支え合い、助け合いながら、様々な課題を解決し、弱まりつつある地域コミュニティを維持・再生していくためには、どのような取り組みが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
生涯を通して健やかで、いきいきと暮らせる保健福祉の充実について、全てのライフステージにおいて、健康づくりの意識を高めていくためには、どのような取り組みが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
豊かな人間性と未来へ飛躍できる力を育む教育の振興について、家庭や地域の教育力を高め、子どもたちの健やかな成長を支えていくためには、どのような取り組みが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
誇るべき良好な自然環境の保全と地球環境問題について、日々の生活において、環境に配慮した実践活動につなげていくためには、どのような取り組みが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
熊本経済の発展と熊本の魅力の創造・発信について、国内外から熊本が訪問先に選ばれるよう、強みである歴史・文化や食の魅力をいかしながら、観光ニーズの多様化・個性化に対応していくために、どのような取り組みが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
豊かな自然環境をいかした活力ある農水産業の振興について、農と食の魅力を創造し、6次産業化・農商工連携の推進などによる農水産物の高付加価値化とブランド化を進めるためにはどのような取り組みが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
安全で利便性が高い都市基盤の充実について、都市に必要な機能がますます多様化する中、個性的で魅力的なまちづくりを行うためにはどのような取り組みが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
市民ニーズの把握について、市政運営においては、市民ニーズの的確な把握が重要であるが、市民ニーズを的確に把握するためにはどのような手段が有効か、市政への関心が低い市民のことも考慮したうえで、グループで話し合い、意見をまとめなさい。

 

2017年度

過去のテーマ
2019年に熊本県・市共同により、ラグビーワールドカップの開催都市として、また女子ハンドボール世界選手権が開催されます。これらの大会を成功させるためには、熊本市としてどのような取り組みが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
熊本市では、今年度から地域のさまざまな課題解決へ向けた取組を支援するため、地域支援の拠点として「まちづくりセンター」を設置し、地域担当職員を配置しています。まちづくりを住民と協働して取り組んでいくには、どのようなかかわりや役割が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
平成28年4月に起きた熊本地震により、住居が全壊等の被害を受け仮設住宅やみなし仮設に入居している被災者に対し、行政は各種支援を行っていますが、住民・地域はどのような支援ができるか、また行政は今後どのような支援に取り組まなければならないか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
熊本市では、地域のコミュニティ活動が行われているものの、自治会の加入率の減少など若い世代の関心が薄く、活動の担い手が不足するなどの問題も顕在化してきています。今後、地域コミュニティを維持し、活性化していくために、行政はどのような役割を果たしていくべきか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
熊本市では市政だよりやホームページ、テレビ、ラジオ等のマスメディア、各種SNSなどにより行政情報を発信しているが、今後さらに情報発信力を高めていくためには、どのような広報に取り組めば良いか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
高額な返礼品で話題となっていた「ふるさと納税」について、熊本市では、熊本城復旧に対する支援のための復興城主をはじめ、各種寄付金メニューを設けています。昨年度は地震の影響もあり、多額の寄付が寄せられましたが、今後も継続して寄付していただくにはどのような取り組みが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。

 

2016年度

過去のテーマ
価値観の多様化する現代社会において少子化が進んでおり、国を挙げて対策に取り組んでいるが、熊本市は行政としてどういうことに取り組むことが必要ですか。グループで話し合い、意見をまとめなさい。
熊本地震を踏まえて、熊本市を災害に強い「まち」にするためにはどういうことに取り組むことが必要ですか。グループで話し合い、意見をまとめなさい。
熊本地震により、全国から多くのボランティアが駆けつけてくれていたが、時間の経過とともに少なくなってきており、継続的な支援の難しさが浮き彫りになっている。ボランティアは自発的なものであるが、どのような呼びかけをすれば、今後も多くの方に支援していただけるか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
熊本市長も利用しているツイッターをはじめ多くの人が利用するSNSについて、メリット、デメリットはなにか。グループで話し合い、意見をまとめなさい。
熊本地震やその余震により、熊本への観光客も減少していますが、熊本への観光客を呼び戻すことについて、どういう取り組みが必要だと思いますか。グループで話し合い、意見をまとめなさい。
市民税などの公的負担に関する徴収率は、各自治体でばらつきがありますが、徴収率を上昇させるために有効な方法としてどういったものがあると思いますか。グループで話し合い、意見をまとめなさい。

 

2015年度

過去のテーマ
今年、選挙権の年齢引き下げを行う法律の改正が行われました。この年齢の引き下げにより、選挙に若い世代が参加するようになるためにはどのような取組みが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
子どもが一人でいるところをねらい、連れ去るなどの犯罪が起きています。このような犯罪を防止することに対して、熊本市としてはどのような取組みが必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
2020年東京五輪・パラリンピックの選手の合宿地として熊本市が選ばれるために、自治体としてすべきことは何ですか。グループで話し合い、意見をまとめなさい。
熊本市営バス事業が廃止され、今後の路線バスの運営は民間に委ねられたが、公共交通網の整備に向けて、熊本市としてどのような施策、あるいはリーダーシップを発揮していくべきか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
熊本市では、市民のみならず同僚職員からも信頼される職員が求められているが、熊本市職員として信頼される働き方とは何か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。
熊本市では、マラソン大会やお城まつりなどが行われているが、熊本市の魅力をPRするためには、他にどのようなイベントを開催すべきか、グループで話し合い、意見をまとめなさい。

熊本市の公式ホームページより引用

 

自治体が抱える課題についてだったり、社会問題に関することだったりと、熊本市の集団討論のテーマには一貫性があります。

岡山市の集団討論なんかはテーマに一貫性が無いため、自分のグループに与えられたテーマが難しいか簡単かによって討論の難易度が変わるので、ある意味「運ゲー」と言えます。

一方、熊本市はどのテーマも難易度がそれほど変わらないため、運ではなく「本当に実力のある人が勝つ試験」なので、受験生にとってフェアな試験となっています。

そんな熊本市の集団討論ですが、他の受験者よりも高評価を得るためには、問題解決策を述べるだけでなく、解決策を講じることによるメリット・デメリットも挙げ、「どうすればデメリットを解消できるか」の施策まで考えること!

たとえば、「◯◯をするには経費がかかる」とデメリットだけを挙げるだけなら誰でもできます。そうではなく、

 

経費がかかるが、複数の自治体で共有すれば自治体一つ一つの負担を軽減することができる

 

このような解決案も発表できると面接官からの印象が良くなりますね。

では次に、実際に集団討論のお題が与えられてどのように考えていくかを解説します。

 

近年、熊本市内、県内でも地震や豪雨災害などにより、大規模な災害が発生している。市民の生命を守り、市民が安心して生活できるようにするために、どのような取組が必要か、グループで話し合い、意見をまとめなさい。

熊本市の公式ホームページより引用

 

上記は熊本市の集団討論で実際に出題された討論テーマになります。

このテーマで議論する場合、考えるべきことは次の通り。

 

  1. 熊本市では地震や豪雨災害などにより災害が発生している
  2. 市民の生命を守り、安心して生活できるようにするためにどのような取り組みが必要か
  3. 取り組みによって考えられるデメリット、そのデメリットを解消するには

 

このように与えられた議題を順序立てて考えていきます。

①は、まず具体的にどのような災害があったか例を挙げる

次に②ですが、ここが討論の本題になります。

受験生全員で解決策を模索していく訳ですが、だいたいこのような自治体の課題、社会問題に対する回答として入れたいワードとしては、

 

  1. 行政が行う「公助」で何ができるか
  2. 住民が自分の身は自分で守る「自助」で何ができるか
  3. 行政と住民が協力して取り組む「協働」で何ができるか

 

議題が与えられた瞬間、このように3本立てでアイデアを挙げることが集団討論のセオリーですね。

最後に③で締めくくれば流れは完璧です。

多くの受験生はただやみくもに解決策を挙げ、たくさん挙げれたからどうか評価してくださいね!という流れに持っていきますが、それだと面接官からあまり高い評価は得られません。

討論の出来るだけ早い段階で、「公助」「自助」「協働」の流れで意見を挙げれるように仕切ることが評価される集団討論に繋がります。

赤ずきん
赤ずきん
アイデアや解決策がスラスラ浮かぶようになるための方法は記事の最後で紹介しているよ!

熊本市・集団面接攻略ガイドまとめ

熊本市の採用試験で実施される「集団討論」について解説してきました。

集団討論で大事なのは、我が我とただひたすらアピールするために喋りまくるのでも、人の意見に耳を傾け続けることでもありません。

 

「集団討論のテーマが与えられた時に次々とアイデアが頭に浮かぶ状態になれるかどうか」

 

にあります。

つまり、行政が抱える課題の事例、そしてその課題に対して行政が行って解決できる案と、住民が行うことで解決できる案をいくつか提案すること。

また、解決策を実施するのに想定されるデメリットとデメリットを解決するための案も発言できれば他の受験生よりも評価が高くなること間違いなし!

狼くん
狼くん
それってメチャクチャ難しくない!?

 

このように聞くと「アイデアが次々と思い浮かぶようになるとか無理・・・」と思う方もいるかもですが、実は「論文の模範解答」を読むことでアイデアをあなたの引き出しにガッツリとストックしておくことが出来ます。

どういうことかと言うと、論文で出題されるテーマの多くは行政が抱える課題について。

そして、その課題を解決するために行政が取るべき施策についてあなたの意見を論じなさい、という問題であることがほとんどです。

つまり、論文の模範解答には「行政が取るべき施策」、そして様々な課題のメリットやデメリットも書かれているため、読むだけで集団討論で使えるネタがギッシリと詰まっている訳です。

ちなみにオススメの模範解答は『特別区の論文の模範解答』でして、その理由は次の通りです。

 

  1. 特別区の論文は一番難しい
  2. 最大都市である特別区の論文テーマは他の自治体で使い回しされやすい

 

つまり、特別区で使われた問題が他の自治体の採用試験で使われる可能性が高いため、予習しておくことで試験本番ドンピシャだった!みたいなことがよく起こり得るということ。

また、特別区の論文は日本で一番難しい論文試験と言われているため、その難易度の高い論文の模範解答を頭に入れておくことで、どんなテーマにも対応する知識が自然と身につけることが出来ます。

集団討論に自信のない方はもちろん、自信がある方も有益な情報は1つでも多く頭に入れておくことに越したことはありません!

そして、有益な情報を知ることで試験を有利に進めることが出来るのですから、ぜひこの機会に『【特別区の論文攻略法】絶対に負けられない試験を制するパーフェクト解析術」』を活用してみませんか?

そうすれば公務員試験に合格することができ、あなたの人生を安定して明るいものへと変えることが出来ますよ!

▶︎特別区の論文模範解答を使えば集団面接は勝ったも同然!

▶︎【特別区の論文攻略法】絶対に負けられない試験を制するパーフェクト解析術

 

社会人から公務員へ転職する方へ

公務員になりたい学生の方へ

熊本市の面接試験で失敗したくない方へ

 

同じカテゴリーの記事はこちら