政令指定都市シリーズ

【名古屋市・論文攻略ガイド】過去の出題文(テーマ)と最強の対策方法を紹介

お悩みさん
お悩みさん
・名古屋市の論文(作文)の重要性は?

・論文(作文)の対策ってどうすればいいの?

・過去の出題テーマがあれば教えてほしい!

このような疑問にお答えする記事になっています!

 

名古屋市の採用試験の中で苦手なのは何?と聞くと、多くの方が「論文(作文)が苦手・・・」と答えます。

その理由として最も多いのが、「論文(作文)の書き方が分からない」というものなんですよね。

結論から言うと、論文(作文)試験は難しくないんです!

正しい対策法、つまり書き方のコツさえ知っていれば誰でも絶対にスラスラ書けるようになります!

というわけで、

 

本文では、

  • 名古屋市:論文(作文)の傾向と対策
  • 名古屋市:論文(作文)の過去問
  • 名古屋市:論文(作文)の書き方

について解説しています。

 

名古屋市の論文(作文)対策について解説していきますので、苦手意識のある方はぜひ記事の最後までお付き合いくださいね!

赤ずきん
赤ずきん
別の記事では名古屋市の面接対策も紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね!

名古屋市:論文(作文)の傾向と対策

まずは令和3年度に名古屋市の採用試験で出題された論文(作文)テーマをみてみましょう。

 

市民の日常生活や企業の経済活動は、環境にさまざまな影響を与えることから、次世代にわたって本市が発展し続けていくためには、環境に配慮したまちづくりの推進が必要となります。
そこで、本市が具体的にどのような環境施策に取り組むべきか、あなたの考えを述べなさい。
名古屋市の公式ホームページより引用

 

論文(作文)試験とは、上記のような問題文(テーマ)に沿って自分の考えを書く試験で、

 

  1. 受験生がどのような考え方をしているか
  2. 論理的な考えを文章にするスキルがあるか

 

この2点をチェックするために行います。

ただ長々と文字数の多い文章を書けばいいのではなく、問題文で問われたこと、つまり「論点」がズレることなくしっかりと書かなければ評価されません。

名古屋市:論文(作文)の文字数と時間は?

名古屋市の論文(作文)試験が他の自治体とは大きく異なる点は、

 

文字数に指定がない、つまり何文字書いてもいいということ

 

通常、公務員試験の論文(作文)は800〜1,000文字を80分で!といったように指定があるのですが、名古屋市は文字数に制限がありません。

狼くん
狼くん
じゃあ少なくてもいいの?
赤ずきん
赤ずきん
ある程度の文字数がないと当然のことだけど減点されるよ!

 

制限がないと何文字書けばいいか分からない・・・と悩む人もいるかもですが、だいたい650〜800字書けばOKです。

逆に500文字を下回るようだと減点されるので、何はともあれ650文字を目指して書きましょう!

また、名古屋市の論文試験の時間は60分になります。

 

論文(作文)試験は足切りされる!

足切りとは、簡単に言うと「一発不合格」のこと。

 

  1. 極端に文字数が少ない(500文字以下)
  2. 字が汚くて読みにくい

 

上記は採用担当者からの評価が爆下がりで、最悪一発不合格になりかねないので注意してください。

名古屋市:論文(作文)の配点は?

論文(作文)の配点は次の通り。

 

大卒・高卒 社会人
教養試験 600点 120点
面接(2回) 1,800点 2,280点
論文 600点 600点

 

大卒・高卒では筆記試験と同じ配点なので、教養試験ばかり勉強していても論文(作文)で失敗するとダメージが大きいことが分かります。

また、経験者の区分では筆記試験よりも圧倒的に論文(作文)の配点が高いため、ぶっちゃけ論文(作文)と面接対策さえ上手くいけば合格できます。

スポンサーリンク




名古屋市:論文(作文)の過去問

冒頭でお話した「論文(作文)は書き方のコツさえ知っていれば誰でもスラスラ書ける」ですが、その方法とは、

 

論文(作文)の過去問を利用すること

 

になります。

教養試験や専門試験の勉強って、まずは過去問を見て試験のレベルと出題された問題の傾向を把握し、過去問を解きながら進めますよね?

この対策法は論文(作文)試験も実は同じくなんです!

 

過去のテーマ
第1類・資格職 ▶︎過去の論文(作文)テーマはこちらから
社会人経験者 ▶︎過去の論文(作文)テーマはこちらから
第2類・資格職 ▶︎過去の論文(作文)テーマはこちらから
就職氷河期世代 ▶︎過去の論文(作文)テーマはこちらから
障がい者を対象 ▶︎過去の論文(作文)テーマはこちらから

 

上の表に名古屋市で実際に出題された論文(作文)のテーマのリンクを掲載しました。

これはあまり知られていない情報ですが、論文(作文)試験で出題されるテーマというのは無数にある訳ではありません。

どういったことかと言うと、たとえば下記のテーマはそっくりそのままではないにしても、切り口を変えてよく出題される頻出テーマとなっています。

 

  1. 少子高齢化
  2. 環境問題
  3. 住みやすいまちづくりをするために

 

つまり、過去問に似た内容のテーマが出題される可能性が高く、他の自治体で出題された論文(作文)テーマは使い回しされやすいといった事実があります。

なので、論文(作文)の過去問を利用した対策方法こそが正しいやり方なんです!

ちなみに、論文(作文)を書くために行う訓練は以下の3ステップになります。

 

  1. 過去のテーマを使って論文(作文)を書いてみる
  2. 複数のテーマで論文を書いて、書くことに慣れる
  3. 使えそうな知識を1つずつ積み上げて、言葉の引き出しを増やす

 

これが全てですね。

でもこのやり方にはいくつか欠点があるのですが、大きなものとして、

 

  1. 論文(作文)を書くのは膨大な時間がかかる
  2. 自分の書いた論文(作文)が正しいとは限らない

 

上記2点ですね。

論文(作文)対策は1つのテーマを書いてみて「はい、終了!」というほど楽なものではありません。

最低でも10個は書かないと論文(作文)に慣れないし、多くのテーマに触れないと試験本番で使えるフレーズの引き出しが増えません。

これって教養試験や面接対策まで行わないといけない受験生にとって時間的にキツいですよね?

なので、論文(作文)対策しないといけないことは分かっているけど、ついつい軽視したり、最悪の場合、ぶっつけ本番に近い形で試験に臨む受験生が多いのはこういった理由からなんですよね。

でも、論文(作文)で点を稼ぐことが出来れば「かなり試験を有利に進めることが出来る」ので、この記事を読むあなたにはぜひ論文(作文)マスターになってほしいと思います。

 

論文(作文)は自分では正解が分からない

過去のテーマを用いた論文(作文)を書いてみましょう!と言いましたが、自分の書いた論文(作文)が合格基準を満たしているかどうかはぶっちゃけ自分では分かりません。

なぜなら、論文(作文)の模範解答を自治体は公表していないから。

論文(作文)を実際に書いたあとに以下をチェックしたいのですが、

 

  1. テーマの把握はできているか
  2. 文体は一致しているか
  3. 文章の構成はおかしくないか

 

このような論文(作文)の評価に繋がる項目は過去問や参考書を読むだけでは分かりません。

スポンサーリンク




名古屋市:論文(作文)の書き方

論文(作文)対策方法としては以下の3ステップになります。

  1. 論文(作文)の書き方を知る
  2. 論文(作文)を書く練習をする
  3. 添削を受ける

①:論文(作文)の書き方を知る

まず始めに行うのは、論文(作文)の「型」を知ることです。

「型」とはテンプレートや雛形と呼ばれるもので、よく聞くものでは「起承転結」とかですね。

この「型」は論文(作文)を書く上で超重要でして、型に沿って書かれていないとチグハグな文章になったり話が飛んだり、最悪何が言いたいのかよく分からない文章が出来上がってしまいます。

逆に「型」を知っていれば、文体の一致や文章の構成が自然と身につき、どんなテーマでもスラスラ書けるようになります。

なので、先ほどの「独学では自分の論文(作文)が正しいかどうか分からない」といった心配事を解消することが出来ます!

②:論文(作文)を書く練習をする

次に、論文(作文)を実際に自分で書いてみて、論文(作文)を書くという行為に慣れましょう!

当たり前の話ですが、時間を設定し、過去の論文(作文)テーマを用いて本番さながらにやらなければ意味がありません。

「型」を知ったからといって、実際に論文(作文)を書いてみないと上手く書けないもの!

インプットとアウトプットは別物なので、「型」を頭に入れるインプット作業のあとは、実際に本番さながらに書いているアウトプットをいかに多く量をこなすかが重要になります。

③:添削を受ける

自分で書いた論文(作文)が正しいか分からないからこそ、書いた論文(作文)を添削してもらう必要があります。

第三者に添削してもらうことで、誤字脱字や文章の構成がおかしくないか、きちんと文書の言いたいことは伝わるか等を客観的に知ることが出来ます。

でも、公務員予備校を利用している人は添削をお願いできる環境にありますが、そうじゃない人にとって添削してもらうのって簡単ではないですよね?

私がこの記事を読むあなたの論文(作文)を添削できればいいのですが、私の体は一つしかないので時間的にも地理的にも不可能です。

また、「型を覚えろ!」とこれまで言ってきましたが、その型はどうやって覚えればいいの?という疑問がある人も多いはず。

そんなあなたにオススメなのが、私が執筆した最強の論文(作文)ノウハウである『公務員試験の論文の正しい書き方【これさえ読めば論文は怖くない】』です。

名古屋市・論文攻略ガイドまとめ

本記事では名古屋市の採用試験で実施される論文(作文)試験について解説しました。

論文(作文)は多くの方が書き慣れていないから苦手意識を持っていますが、実は「型」さえ知っていればそれほど難しい試験ではありません。

その「型」は過去問の模範解答を読み込むことで、

 

  1. テーマに沿った文章の書き方
  2. どのような文体で書けばいいか
  3. 文章の構成の仕方

 

こういった「論文(作文)の評価にかかわるポイント」が自然と身につくようになっています。

論文(作文)で点が稼げない人というのは、過去問を読んで対策した気になっているだけで自身の論文を書く力が養われていないことがほとんどです。

また、自分では書けていると自画自賛してるけど、実際はテーマから論点がズレていたり、そもそも文章の構成や文体がルールから外れていたりしているもの。

なので、

「どんなテーマでもスラスラ書けるようになりたい!」

「名古屋市の採用試験に絶対に合格したい!」

という方は、ぜひ私が執筆した『公務員試験の論文の正しい書き方【これさえ読めば論文は怖くない】』を活用してみてください。

きっとあなたの論文(作文)レベルを引き上げてくれ、合格に近づけてくれるはずです!

赤ずきん
赤ずきん
多くの受験生を合格に導いた最強の論文(作文)テンプレートであなたの論文力は200%アップ!

 

社会人から公務員へ転職する方へ

公務員になりたい学生の方へ

名古屋市の面接試験はこれを読むだけで完璧に対策できる!