お金・財テク

【ビットフライヤーのメリット・デメリット】コインチェックとの違いも徹底検証【おすすめはどっち?】

お悩みさん
お悩みさん
・コインチェック(Coincheck)とビットフライヤー(bitFlyer)って比較するとどうなの?

・bitFlyerってどんな人におすすめ?

・メリットとかデメリットを知りたい 

このような疑問を解決する記事となっています。

 

この記事を書く私は2017年から仮想通貨をトレードをしていて、現在は含み益が1000万円を超えています。

最初は「売買するのにどこの取引所がいいんだろう?」と悩んでましたが、結果として現在はCoincheck(コインチェック)に落ち着きました。

 

本記事では、

  • bitFlyerのメリットとデメリット
  • bitFlyerではなくコインチェックを私が使う理由

について解説しています。

 

まずはそもそも「bitFlyerって何?」というところから解説していきますね!

bitFlyer(ビットフライヤー)ってどんな取引所?

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインを始めとした「仮想通貨の売買」ができる取引所です。

コインチェックやZaifなどと並んで国内大手の取引所で、ビットコインの取引高が国内No.1となっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴とは

bitFlyer(ビットフライヤー)はセキュリティ意識が高く、ハッキングを狙われがちな大手取引所の中でこれまで一度も被害を受けていないんです。

セキュリティに自信を持っているので、もしハッキング被害にあったとしても最大で500万円の保証があります。

スポンサーリンク




bitFlyer(ビットフライヤー)のメリット4つ

では、先ほどの特徴も踏まえつつビットフライヤーのメリットを紹介していきますね!

  1. セキュリティがしっかりしている
  2. サーバーの安定性が高い
  3. 積み立て投資も可能
  4. サイトやアプリがシンプルで使いやすい

①:セキュリティがしっかりしている

すでにお話しましたが、セキュリティがしっかりしていて不安なく取引できるのが最大のメリットですね。

また、国内のメガバンクやベンチャー企業から大きな出資を受けているため、資本力(企業体力)が高いことも他の取引所に勝るところです。

資本が少ないと何かあったときに会社が倒産してしまうリスクがあるんですよね。

つまり、bitFlyer(ビットフライヤー)はユーザーが安心して取引することができる取引所なんです。

②:サーバーの安定性が高い

bitFlyer(ビットフライヤー)はセキュリティだけでなく、サーバーの安定性も高いんです。

「サーバーが安定している」=「急な注文の増加にも対応できる」ということ。

たとえば私は仮想通貨デビューした際、手数料が無料という点に惹かれてZaifにしたのですが・・・。

赤ずきん
赤ずきん
Zaifのサーバーの安定さは最低ランク。。。

 

ご存知の方もいるかもですが、ビットコインは1日で50万円以上上がったり下がったりするのは当たり前。

急な暴落の際はユーザーの多くが逃げようと売り注文を出すのですが、その際サーバーがダウンして「売りたくても売れない」という状況になります。

これって実際に体験するとかなりの恐怖で、Zaifに対して怒りを覚えたものです(苦笑)

株とかもそうなんですけど、自分の希望するタイミングで売買できないと思いもよらない損をすることってあるんですよね。

bitFlyer(ビットフライヤー)はサーバーが安定しているため、それだけ自分の狙い通りの取引ができるメリットがあります!

③:積み立て投資も可能

bitFlyer(ビットフライヤー)は「かんたん積立」という積み立てプランがあり、簡単な手続きで積み立て投資をすることが出来ます。

 

  1. 積み立てする銘柄(コイン)を選ぶ
  2. 積み立てする金額を決める
  3. 積み立てする頻度を決める

 

上記3ステップで誰でも簡単に積み立て仮想通貨デビューすることが出来るんですよね。

選べる通貨は現在12種類、積み立ての頻度は1日1回から毎月2回の4種類から選ぶことが出来ます。

ちなみに、Zaifも以前は積み立てができたのですが現在は積み立て機能を停止しています。

なので、積み立てしたいならbitFlyer(ビットフライヤー)を選ぶのがいいですね。

④:サイトやアプリがシンプルで使いやすい

bitFlyer(ビットフライヤー)のサイトやアプリはシンプルで使いやすいのが特徴です!

アプリだけでも売買可能ですし、チャートもかなり見やすい!

また、アプリで仮想通貨に関するニュースが見れるのも嬉しいですね。

スポンサーリンク




bitFlyer(ビットフライヤー)のデメリット2つ

この記事では本音だけをお話しようと思うので、当然デメリットについても語りますね。

  1. 手数料(スプレッド)が高い
  2. 取引所で扱うコインの種類が少ない

①:手数料(スプレッド)が高い

bitFlyer(ビットフライヤー)の最大のデメリットがこれ!

売買にかかるコスト(手数料)が他の取引所と比べて高いんです。

たとえば、コインチェックやZaifは手数料が無料なのに対し、ビットフライヤーは「取引価格 × 0.01%〜0.15%」の手数料がかかってしまいます。

 

【0.001BTC(ビットコイン)を買う場合の手数料】
1BTC(ビットコイン)が600万円の場合、
6,000,000円 × 0.15% = 9,000円

 

売買するだけで9000円って高くないですか?

利益がガッツリ出る状況ならいいですが、短期的な売買だとこの手数料の高さはちょっと厳しいですよね。

bitFlyer(ビットフライヤー)は他社に比べてセキュリティがしっかりしている代わりに手数料も高い、と考えると納得できる部分もありますが・・・。

それにしても高いので、私はビットフライヤーは利用せずコインチェックを利用する投資スタイルに落ち着きました。

▶︎仮想通貨を始めるなら手数料が無料のコインチェックではじめよう!

▶︎コインチェックの公式サイトはこちら

②:取引所で扱うコインの種類が少ない

bitFlyer(ビットフライヤー)で取り扱う銘柄は12種類ですが、スプレッドの少ない『取引所』で売買できるのはビットコインのみなんです。

 

【取引所と販売所の違い】

取引所

自分の希望する買い値・売り値を指定して売買できる。

スプレッド(手数料にあたるもの)が少ない=コストが少ない。

販売所 自分で値段の指定ができず、bitFlyer(ビットフライヤー)が指定する額で売買する。

スプレッドが大きいため、トレードにかかるコストが大きい。

 

少し分かりにくいかもですがザックリ言うと、

 

bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコイン以外の仮想通貨の売買をすると手数料がむちゃくちゃかかるよ!

 

ということ。

ぶっちゃけ仮想通貨を売買するのに「販売所」を利用するメリットって何1つ無いんですよね。

なので、ビットコインしか取引所で売買できないbitFlyer(ビットフライヤー)を使うメリットってあまり無いかなと。

とはいえ、セキュリティ面を考えたらbitFlyer(ビットフライヤー)は安心して取引できるので、その安心感に高い手数料を払えるかどうかは個人の価値観ですね。

赤ずきん
赤ずきん
個人的には手数料が高いのはイマイチですね。。。

bitFlyer(ビットフライヤー)はこんな人におすすめ

  1. 手数料が高くても安心して取引をしたい人
  2. 積み立て投資で毎月コツコツと仮想通貨を買いたい人
  3. 国内No.1という響きや大手の安心感を重視する人

これまでお話した通り、手数料が高いけどセキュリティ面がしっかりしている取引所なので、少々コストがかかっても安心感を買いたい!という人におすすめですね。

また、いきなり大きな取引は出来ないけど「かんたん積立」で毎月少しずつコツコツと資産を増やしたい人にもおすすめです。

▶︎安心感を重視するなら国内No.1のビットフライヤーで!

▶︎bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトはこちらから

コインチェック(Coincheck)はこんな人におすすめ

現在、私がメインに利用しているのがコインチェックなのですが、以下のような人にオススメしたいですね。

  1. ビットコイン以外の銘柄も売買したい
  2. 手数料は無料がいい
  3. シンプルに分かりやすいのがいい

 

コインチェックは手数料が無料なので売買にかかるコストが低いのが特徴。

過去にハッキング被害に遭っていますが、それ以降からは証券会社大手のマネックスの傘下になったので安心して取引できます。

赤ずきん
赤ずきん
マネックスの傘下になってからはハッキングなどのトラブルは起きてないよ!

▶︎仮想通貨を始めるなら手数料が無料のコインチェックではじめよう!

▶︎コインチェックの公式サイトはこちら

【ビットフライヤーとコインチェック】どちらか迷ったら

結論から言いますと、コインチェックを選びましょう!

というのも、なんだかんだ売買にかかるコストが高いと面白くないですし、取引所でたくさんの名柄を売買できるのもGOOD!

私はZaif、ビットフライヤー、コインチェックと使ってみましたが、なんだかんだコインチェックで売買するスタイルに落ち着いています。

まとめ:まずは口座を開設してみよう

本記事では、bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴やメリット・デメリットについて開設しました。

最後におさらいしておきましょう!

  1. セキュリティがしっかりしている
  2. サーバーの安定性が高い
  3. 積み立て投資も可能
  4. サイトやアプリがシンプルで使いやすい
  1. 手数料(スプレッド)が高い
  2. 取引所で扱うコインの種類が少ない

私もそうだったんですが、仮想通貨を売買するときになるべく無駄な手数料とか払いたくですよね?

そのためコインチェック(Coincheck)のように、手数料が無料で、大手の傘下になってセキュリティ面も安心の取引所を利用するのがおすすめします!

ぜひ将来のために資産をガッツリ増やしたいという思いのある方は、コインチェック(Coincheck)で仮想通貨を始めてみませんか?

▶︎仮想通貨を始めるなら手数料が無料のコインチェックではじめよう!

▶︎コインチェックの公式サイトはこちら