公務員のボーナス

【2021年技能労務職(現業)の冬のボーナス】2.1ヶ月分支給され、平均額は66万7280円の見込み

2021年の技能労務職(現業)の冬のボーナスっていつもらえるんだっけ?

2021年の冬のボーナスは何ヶ月分もらえるの?

それと、何歳のときにどれくらいもらえるのか知りたい。

このような疑問にお答えします。

 

本文では、

  • 2021年 技能労務職(現業)の冬のボーナス支給日は?
  • 2021年 技能労務職(現業)の冬のボーナスは何ヶ月分?
  • 2021年 技能労務職(現業)の年齢ごとの冬のボーナス支給額

について解説しています。

 

結論から言いますと、2.1ヶ月分が支給されます。

技能労務職(現業)全体、都道府県、政令指定都市、市役所、町村役場、特別区で働く技能労務職(現業)の年齢ごとによるボーナス支給額も紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いください。

本記事のソースは総務省、そして人事院の統計データを元に算出しています。

ちなみに、地方公務員・国家公務員・警察官・消防士・高校教師・小、中学校教師・幼稚園教諭、保育士・保健師・看護師・医師、歯科医師・薬剤師・社会福祉士のボーナスが知りたい方は以下の記事をご覧ください。

2021年 技能労務職(現業)の冬のボーナスの支給日は?

2021年 技能労務職(現業)の冬のボーナスが支給される日は次の通りです。

 

夏のボーナス 6月30日
冬のボーナス 12月10日

 

夏のボーナスが支給される日も記載しました。

自治体によっては夏と冬に加えて春(3月15日)にもボーナスが支給されるところもありますが、夏と冬に関してはすべての自治体が上記の支給日にボーナスが振り込まれます。

スポンサーリンク




2021年 技能労務職(現業)の冬のボーナスは何ヶ月分?

結論から言いますと、2021年の冬のボーナスは以下の通りです。

 

夏のボーナス 2.2ヶ月
冬のボーナス 2.1ヶ月

 

夏のボーナス分も記載しました。

おそらく、2021年の技能労務職(現業)のボーナスは年間で4.3ヶ月分になります。

2020年は4.4ヶ月分でしたが、新型コロナウイルス感染拡大による経済の冷え込みにより2021年のボーナスは公務員も下がるのが既定路線。

そしてその下げ幅ですが、リーマンショックの時の下落幅と同じ「マイナス0.3ヶ月」になる見通しです。

2021年10月に正式に発表があり、民間企業とのボーナス格差により公務員の2021年度のボーナスは4.3カ月となりました。

赤ずきん
赤ずきん
リーマンショック時に公務員の給料やボーナスがどうなったかについては、以下の記事で詳しく解説しているよ!

なぜ去年はボーナスが大幅に下がらなかったの?

ご存知かもですが、公務員のボーナスは民間の動向を見ながら人事院勧告が毎年8月に実施されて決定します。

そして、民間の動向がリアルタイムに公務員の給料やボーナスには反映されないため、上がるにしろ下がるにしろ、影響が出るのは2021年度になってからというわけです。

赤ずきん
赤ずきん
ちなみに、2021年の技能労務職(現業)の夏のボーナスについては以下の記事で解説しているよ!

【2021年冬のボーナス】技能労務職(現業)の年齢別支給額

2021年の技能労務職(現業)全体の冬のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

ちなみに、ここでの計算は以下の条件を元に算出しています。

 

  • 平均月額給料
  • 扶養手当の平均値
  • 地域手当の平均値

 

あくまで「平均の数字」を元に計算しているので、多少の誤差についてはご了承ください。

 

平均年齢 48.1歳
ボーナス平均額 66万7280円
平均月額基本給 31万6274円
扶養手当 9,319円
地域手当 25,607円
支給ヶ月 2.1ヶ月

 

19歳 26万3268円
20歳 26万3548円
21歳 26万9828円
22歳 27万3108円
23歳 27万6388円
24歳 27万9668円
25歳 28万2948円
26歳 29万8386円
27歳 31万3824円
28歳 32万9262円
29歳 34万4700円
30歳 36万1100円
31歳 37万7500円
32歳 39万3900円
33歳 41万300円
34歳 43万522円
35歳 45万744円
36歳 47万966円
37歳 49万1188円
38歳 51万2076円
39歳 53万2964円
40歳 55万3852円
41歳 57万4740円
42歳 58万9985円
43歳 60万5230円
44歳 62万475円
45歳 63万5720円
46歳 64万6240円
47歳 65万6760円
48歳 66万7280円
49歳 67万7800円
50歳 68万6293円
51歳 69万4786円
52歳 70万3279円
53歳 71万1772円
54歳 71万8002円
55歳 72万4232円
56歳 73万462円
57歳 73万6692円
58歳 74万2922円
59歳 74万9152円
60歳 75万5382円
スポンサーリンク




【2021年冬のボーナス】技能労務職(都道府県)の年齢別支給額

都道府県で働く技能労務職の2021年の冬のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

 

平均年齢 50.7歳
ボーナス平均額 66万7814円
平均月額基本給 32万2644円
扶養手当 9,234円
地域手当 19,603円
支給ヶ月 2.1ヶ月

 

19歳 23万7058円
20歳 24万710円
21歳 24万4362円
22歳 24万8014円
23歳 25万1666円
24歳 25万5318円
25歳 25万8970円
26歳 27万5339円
27歳 29万1708円
28歳 30万8077円
29歳 32万4446円
30歳 34万1787円
31歳 35万9128円
32歳 37万6469円
33歳 39万3810円
34歳 41万4310円
35歳 43万4810円
36歳 45万5310円
37歳 47万5810円
38歳 49万7326円
39歳 51万8842円
40歳 54万358円
41歳 56万1874円
42歳 57万5285円
43歳 58万8696円
44歳 60万2107円
45歳 61万5518円
46歳 62万4762円
47歳 63万4006円
48歳 64万3250円
49歳 65万2494円
50歳 66万154円
51歳 66万7814円
52歳 67万5474円
53歳 68万3134円
54歳 68万9438円
55歳 69万5742円
56歳 70万2046円
57歳 70万8350円
58歳 71万4654円
59歳 72万958円
60歳 72万7262円

 

赤ずきん
赤ずきん
ちなみに、技能労務職のさまざまな給料事情については以下の記事で詳しく解説しているので合わせて読んでみてくださいね!

【2021年冬のボーナス】技能労務職(政令指定都市)の年齢別支給額

政令指定都市で働く技能労務職の2021年の冬のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

 

平均年齢 48.8歳
ボーナス平均額 70万5464円
平均月額基本給 31万9806円
扶養手当 10,656円
地域手当 40,835円
支給ヶ月 2.1ヶ月

 

19歳 30万7782円
20歳 31万1193円
21歳 31万4604円
22歳 31万8015円
23歳 32万1426円
24歳 32万4837円
25歳 32万8248円
26歳 33万5704円
27歳 34万3160円
28歳 35万616円
29歳 36万8072円
30歳 38万6702円
31歳 40万5332円
32歳 42万3962円
33歳 44万2592円
34歳 46万2993円
35歳 48万3394円
36歳 50万3795円
37歳 52万4196円
38歳 54万3810円
39歳 56万3424円
40歳 58万3038円
41歳 60万2652円
42歳 61万6854円
43歳 63万1056円
44歳 64万5258円
45歳 65万9460円
46歳 67万961円
47歳 68万2462円
48歳 69万3963円
49歳 70万5464円
50歳 71万5163円
51歳 72万4862円
52歳 73万4561円
53歳 74万4260円
54歳 75万2542円
55歳 76万824円
56歳 76万9106円
57歳 77万7388円
58歳 78万5670円
59歳 79万3952円
60歳 80万2234円

 

【2021年冬のボーナス】技能労務職(市役所)の年齢別支給額

市役所で働く技能労務職の2021年の冬のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

 

平均年齢 47.7歳
ボーナス平均額 66万206円
平均月額基本給 32万2360円
扶養手当 9,043円
地域手当 16,074円
支給ヶ月 2.1ヶ月

 

19歳 25万9192円
20歳 26万2105円
21歳 26万5018円
22歳 26万7931円
23歳 27万844円
24歳 27万3757円
25歳 27万6670円
26歳 29万1300円
27歳 30万5930円
28歳 32万560円
29歳 33万5190円
30歳 35万472円
31歳 36万5754円
32歳 38万1036円
33歳 39万6318円
34歳 41万6528円
35歳 43万6738円
36歳 45万6948円
37歳 47万7158円
38歳 49万8379円
39歳 51万9600円
40歳 54万821円
41歳 56万2042円
42歳 57万8258円
43歳 59万4474円
44歳 61万690円
45歳 62万6906円
46歳 63万8006円
47歳 64万9106円
48歳 66万206円
49歳 67万1306円
50歳 68万425円
51歳 68万9544円
52歳 69万8663円
53歳 70万7782円
54歳 71万4033円
55歳 72万284円
56歳 72万6535円
57歳 73万2786円
58歳 73万9037円
59歳 74万5288円
60歳 75万1539円

 

【2021年冬のボーナス】技能労務職(町村)の年齢別支給額

町村で働く技能労務職の2021年の冬のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

 

平均年齢 45.5歳
ボーナス平均額 55万8836円
平均月額基本給 28万5181円
扶養手当 6,906円
地域手当 2,037円
支給ヶ月 2.1ヶ月

 

19歳 23万6043円
20歳 23万9604円
21歳 24万3165円
22歳 24万6726円
23歳 25万287円
24歳 25万3848円
25歳 25万7409円
26歳 26万1480円
27歳 26万5551円
28歳 26万9622円
29歳 27万3693円
30歳 28万7515円
31歳 30万1337円
32歳 31万5159円
33歳 32万8981円
34歳 34万2493円
35歳 35万6005円
36歳 36万9517円
37歳 38万3029円
38歳 40万2295円
39歳 42万1561円
40歳 44万827円
41歳 46万93円
42歳 48万2119円
43歳 50万4145円
44歳 52万6171円
45歳 54万8197円
46歳 55万8836円
47歳 56万9475円
48歳 58万114円
49歳 59万753円
50歳 59万8558円
51歳 60万6363円
52歳 61万4168円
53歳 62万1973円
54歳 62万6093円
55歳 63万213円
56歳 63万4333円
57歳 63万8453円
58歳 64万2573円
59歳 64万6693円
60歳 65万813円

 

【2021年冬のボーナス】技能労務職(特別区)の年齢別支給額

特別区で働く技能労務職の2021年の冬のボーナスを年齢ごとに算出していきます。

 

平均年齢 46.6歳
ボーナス平均額 70万1117円
平均月額基本給 29万9782円
扶養手当 7,785円
地域手当 61,442円
支給ヶ月 2.1ヶ月

 

19歳 26万2967円
20歳 27万2960円
21歳 28万2953円
22歳 29万4753円
23歳 30万6553円
24歳 31万8353円
25歳 33万153円
26歳 34万7202円
27歳 36万4251円
28歳 38万1300円
29歳 39万8349円
30歳 41万8905円
31歳 43万9461円
32歳 46万17円
33歳 48万573円
34歳 50万2363円
35歳 52万4153円
36歳 54万5943円
37歳 56万7733円
38歳 58万6638円
39歳 60万5543円
40歳 62万4448円
41歳 64万3353円
42歳 65万4283円
43歳 66万5213円
44歳 67万6143円
45歳 68万7073円
46歳 69万4095円
47歳 70万1117円
48歳 70万8139円
49歳 71万5161円
50歳 72万1994円
51歳 72万8827円
52歳 73万5660円
53歳 74万2493円
54歳 74万9280円
55歳 75万6067円
56歳 76万2854円
57歳 76万9641円
58歳 77万6428円
59歳 78万3215円
60歳 79万2円

 

まとめ

  1. 2021年技能労務職の冬のボーナスは12月10日(金)
  2. 2021年技能労務職の冬のボーナスは2.1ヶ月分
  3. 技能労務職の平均値:66万7280円(48.1歳)
  4. 技能労務職(都道府県)の平均値:66万7814円(50.7歳)
  5. 技能労務職(政令指定都市)の平均値:70万5464円(48.8歳)
  6. 技能労務職(市役所)の平均値:66万206円(47.7歳)
  7. 技能労務職(町村)の平均値:55万8836円(45.5歳)
  8. 技能労務職(特別区)の平均値:70万1117円(46.6歳)

 

2021年の技能労務職(現業)の冬のボーナスについてまとめました。

ここで1つ注意点ですが、ボーナスの支給額の計算を 「月額基本給 × 2.1ヶ月」とする人がいます。

これは間違いでして、正しい算出方法は以下の通りです。

 

(月額基本給 + 地域手当 + 扶養手当) × 2.1ヶ月

 

上の式を見れば一目瞭然ですが、地域手当の多い少ないでボーナスの支給額は変わってくるということです。

したがって地域手当が最高ランクである特別区が最もボーナスが多く、ほとんどの自治体で地域手当がゼロである町村役場ほどボーナスが少なくなります。

というわけで今回は以上となります、と言いたいところですが、

 

最後に「社会人のための公務員転職ハンドブック」についてご紹介させてください。

知らないと損をするので、必ず読んでみてくださいね!

手に入れる方法は簡単、クレアールに資料請求するだけなので、面倒や負担は一切ナシです!

 

社会人のための公務員転職ハンドブックとは?

社会人のための公務員転職ハンドブックとは、クレアールが発行している公務員試験の概要が学べる冊子です。校舎に行かなくても公式サイトから資料請求するだけでもらえるので、簡単に有益な情報を手に入れることが出来ます!

社会人はもちろんのこと、公務員を目指す学生にとっても役に立つ情報満載なので読めば合格に1歩も2歩も近づけるはず!

 

なぜオススメするかと言うと、これ1冊だけで「公務員試験の内容」「採用試験の日程」「忙しい人が勉強時間を確保する方法」といった、非常に有益な情報が載っているからです。

実際に私もどんな物かと手に入れてみたところ、その情報量の多さ、そして無料なのにこんなにページ数があるの!?とビックリしました!

繰り返しになりますが、社会人のための公務員転職ハンドブックは誰でも無料でもらえるので、ぶっちゃけもらわないだけ損!

もちろん、資料請求したからといってしつこい勧誘とかダイレクトメールとか一切無いので、安心してください(笑)

 

ただ1つだけ注意点があるのですが、それは数量限定ということ。

つまり、「無料だけど無くなったらそこで終了!」という訳なので、なるべく早めに手に入れてください。

クレアールを検討している人もそうじゃない人も、ぜひ以下の公式サイトから資料請求してみてください!

社会人も学生も、公務員試験の概要を知りたいなら公務員転職ハンドブックがオススメ!

資料請求はわずか2〜3分もあれば出来るのでぜひ!

  • 公務員試験の内容(科目など)
  • 公務員試験の日程
  • 忙しい人が勉強時間を確保する方法

 社会人のための公務員転職ハンドブックはこちらから

赤ずきん
赤ずきん
社会人の方だけでなく学生の方も読んでおいて損はないと思うので、ぜひこの機会に手に入れてみましょう!

 

知らなきゃ損する!コンタクトを一番安く買える方法はこれだ

テクニックさえ知ればマッチングは上手くいく!

これさえ読めば周りからの評価が上がり誰でも出世できる!