政令指定都市シリーズ

【川崎市・集団討論攻略ガイド】試験の流れ・過去の質問とテーマを紹介します

お悩みさん
お悩みさん
・川崎市の集団討論って普通の面接とどう違うの?

・どんな内容について議論するのか知りたい!

・集団討論の流れとか事前に把握しておきたい!

このような疑問にお答えします!

 

川崎市の採用試験では一部の試験区分で集団討論が行われます。

集団討論って大半の人が経験ないため不安に思うかもですが、集団討論の流れ、そして過去の議題や対策法を紹介していきますので安心してください!

赤ずきん
赤ずきん
別の記事では川崎市の論文(作文)対策も紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね!

川崎市:集団討論の傾向

川崎市の集団討論は一部の試験区分を除いて2次試験で実施されます。

集団討論の流れ

試験の流れは以下の通りです。

 

  1. 人数分け

    試験会場ではまず始めにグループ分けが行われます。(1グループは最大12人)
    通常、他の自治体では集団討論は6〜8人くらいで行われます。一方、川崎市は人数が多いため、「発言する少ないチャンスを活かせるかどうか」が評価の鍵になります。
  2. 試験の説明

    受験生同士で集団討論型の試験が行われます。
    まずテーマが書かれている紙と白紙の紙が両方配られ、試験の説明が担当者からされて試験開始時刻になると討論スタートです。
  3. 試験(討論)

    3人の面接官が見守る中、集団討論をします。
    まず始めに5分ほど一人で考える時間が与えられ、その後30分程度集団討論を行います。

 

川崎市の集団討論では、

 

  1. 発表者を決める
  2. 討論の際は他の受験生を番号で呼び合う
  3. 発言するときは自分の番号を言ってから行う

 

上記のルールがあります。

聞かれる内容としては、テーマに対する自分の意見はもちろんのこと、「他の受験生の意見に対してどう思うか?」なども聞かれます。

なので、緊張しているからといって他の受験生の発言をしっかりと聞いていないと質問に答えられないという事になりますので、常に他者の発言には耳を傾けておきましょう。

スポンサーリンク




川崎市:集団討論の過去問

狼くん
狼くん
集団討論はどのようなテーマで議論を行うの?
赤ずきん
赤ずきん
それについて川崎市は以下のように回答しているよ!

 

時事的な話題や行政課題などを中心とした幅広いテーマで討論を行なっていただきます。なお、討論を行う前に、5分間ほどテーマについて各自で検討する時間を設けます。その後、約30分間で討論を行い、社会性、伝達力、積極性、論理性などを評価します。

 

では次に、川崎市の「討論テーマ」は次の通りです。

過去に出題された集団討論のテーマ

川崎市はAIを使った子育て支援を始めた。AIを活用することでの行政側と市民側のメリット・デメリットについて討論せよ。

 

AIを使った子育て支援のメリットとして大きなものは、やはり「AIによる保育所利用調整業務の省略化」ですね。

行政側のメリットは「選考の時間短縮」「職員の業務負担の軽減」、市民側のメリットとしては「入所不可だった場合の迅速な対応」「円滑な復職」などが挙げられます。

 

またデメリットとして、行政側では「経費がかかること」、市民側では「必ずしも最適解になる保証がない」ということ。

集団討論で他の受験者からリードするには、メリット・デメリットを挙げるだけでなく、「どうすればデメリットを解消できるか」の施策まで考えること!

たとえば、「経費がかかる」とデメリットだけを挙げるだけなら誰でもできます。そうではなく、

 

経費がかかるが、複数の自治体でシステムを共有すれば自治体一つ一つの負担を軽減することができる

 

このような施策案も発表できると面接官からの印象は大きく良いものへと変化するでしょう。

さて、別のテーマを見てみましょう!

 

川崎市人口推移変化が「自然増」指標で全国1位になりました。今後、川崎市はどのような都市作りを行なっていけばよいか。

 

このテーマで議論する場合、考えるべきことは以下について。

 

  1. 人口が増えて考えられるメリット・デメリット
  2. 人口が増えて起こりうるデメリット解消に向けて行政はどんな施策が取れるか
  3. 住民満足度を上げるためにどうすればいいか

 

たとえば、人口が増えるとそれに比例して犯罪が増えます。

犯罪が増える=治安が悪く、住民が住みにくい街になる。

治安を良くするために行政が取るべき施策は、見回りを強化して犯罪から市民を守る。

行政だけ、市民だけの努力では限界があるため、お互い「協働」して、川崎市の治安維持を推進していく必要がある。

このようにテーマが与えられた後にスラスラと頭の中にアイデアが浮かぶようにならなければいけません。

赤ずきん
赤ずきん
アイデアが浮かぶようになるための方法は記事の最後で紹介しているよ!

川崎市・集団面接攻略ガイドまとめ

川崎市の採用試験で実施される「集団討論」について解説してきました。

集団討論で大事なのは、我が我とただひたすらアピールするために喋りまくるのでも、人の意見に耳を傾け続けることでもありません。

 

「集団討論のテーマが与えられた時に次々とアイデアが頭に浮かぶ状態になれるかどうか」にあります。

 

つまり、他の受験生と意見が被らないように、また、行政が行う施策について自分の意見をしっかりと言い、想定されるデメリットに対して常に解決案を発言できれば他の受験生から一歩も二歩も抜け出すことが出来ます。

狼くん
狼くん
それってメチャクチャ難しくない!?

 

このように聞くと「アイデアが次々と思い浮かぶようになるとか無理・・・」と思う方もいるかもですが、実は「論文の模範解答」を読むことでアイデアをあなたの引き出しにストックしておくことが出来ます!

どういうことかと言うと、論文で出題されるテーマの多くは行政が抱える課題について。

そして、その課題を解決するために行政が取るべき施策についてあなたの意見を論じなさい、という問題であることがほとんどです。

つまり、論文の模範解答には「行政が取るべき施策」、そして様々な課題のメリットやデメリットも書かれているため、読むだけで集団討論で使えるネタがギッシリと詰まっている訳です。

ちなみにオススメの模範解答は『特別区の論文の模範解答』でして、その理由は次の通りです。

 

  1. 特別区の論文は一番難しい
  2. 最大都市である特別区の論文テーマは他の自治体で使い回しされやすい

 

つまり、特別区で使われた問題が他の自治体の採用試験で使われる可能性が高いため、予習しておくことで試験本番ドンピシャだった!みたいなことがよく起こり得るということ。

また、特別区の論文は日本で一番難しい論文試験と言われているため、その難易度の高い論文の模範解答を頭に入れておくことで、どんなテーマにも対応する知識が自然と身につけることが出来ます。

集団討論に自信のない方はもちろん、自信がある方も有益な情報は1つでも多く頭に入れておくことに越したことはありません!

そして、有益な情報を知ることで試験を有利に進めることが出来るのですから、ぜひこの機会に『【特別区の論文攻略法】絶対に負けられない試験を制するパーフェクト解析術」』を活用してみませんか?

▶︎特別区の論文模範解答を使えば集団面接は勝ったも同然!

▶︎【特別区の論文攻略法】絶対に負けられない試験を制するパーフェクト解析術

 

社会人から公務員へ転職する方へ

公務員になりたい学生の方へ

川崎市を目指す方へオススメの公務員予備校