公務員になりたい

おすすめの公務員専門学校3選。試験に合格したいならここを選ぼう!

「公務員専門学校の利用を考えているんたけど、オススメな専門学校はどこだろう?」

「それと、公務員専門学校を選ぶときの注意点とかも知りたいな。最初のチャンスで本命に合格したいんだ。」

このような疑問をもった人はたくさんいると思うので、答えてみますね。

本文では、

  • おすすめの公務員専門学校3選
  • 公務員専門学校を選ぶ際のコツ
  • 公務員専門学校を利用する際の心構え

を解説しています。

 

この記事を書いている私は、公務員歴15年以上の中堅職員。

現在は某政令指定都市で働いており、趣味でブログを運営しています。

ちなみに職場だけでなく友人にも公務員が多く、みなさん活躍しています。

 

私と同じく友人も民間企業からの転職で公務員になり、残業に追われる仕事から解放されており、わりと「満足度の高い」仕事だと思います。

そこで今回は、これから公務員を目指す人向けに「おすすめの公務員専門学校」と「公務員専門学校選びのコツ」について書いています。

おすすめの公務員専門学校3選


結論は以下の通りです。

  1. LEC最大手の公務員専門学校なのでコースも豊富。ここを選べば間違いない。
  2. 資格の大栄ちなみに私が通っていた公務員専門学校です。授業の質が非常に高い。
  3. クレアールWEB通信に特化した公務員専門学校。大手に比べて圧倒的にリーズナブル。
最低限は学校の特色を理解しておくべき

公務員専門学校の学習形態は、大きく分けて下記の2パターンです。

  1. 学校に通って講義を受ける
  2. WEBで講義を視聴する

学校に通って講義を受ける

これは書いてそのまま、公務員専門学校に通って生講義を受けて学習する従来通りの学習方法。

要するに予備校や塾に行くのと同じ感覚で、公務員試験に向けた勉強を講師から教わるといった学習スタイルです。

LECやTACといった大手は、基本は学校に通って生講義を受講する学習形態ですが、時代の流れをからか現在は自宅にいながら講義を視聴できるWEB通信も行なっています。

 

WEBで講義を視聴する

こちらはWEB通信と呼ばれる、ざっくりというと「家でパソコンやスマホを使って講義を視聴する学習方法」のことです。

たとえば、社会人のあなたが公務員専門学校を利用して公務員への転職を目指すとします。

そうなったら、毎日決まった時間に専門学校に通って講義を受けるのって難しいですよね?

 

残業がある日は講義を受けれない。

そうなると授業について行けなくなって、いずれ学校に行かなくなる・・・!

これって公務員専門学校あるあるなんですよね。

 

これを解消できるのがWEB通信でして、自宅で好きな時間に好きな講義の動画を見ることができるんです。

そしてWEB通信のすごいところは、動画を1.2倍速で見るといった時間の短縮をすることができます。

そうやって動画を見つつ、自分のペースで勉強できるのがメリットですね。

個人的にはWEB通信がオススメ

これは好き嫌いがありますが、個人的にはWEB通信を行なっている公務員専門学校がオススメですね。

その理由は、無駄な時間を取られないから。

 

公務員専門学校ってだいたいその都市の中心地に存在していますよね?

ということは電車やバスを使っていく場合、往復で1時間以上かかってしまいます。

本を読んだり、専門学校の仲間と話をしながら帰るのも良いのですが、やはり無駄な移動時間はないにこした事はないです。

そして、冬の時期は電車やバスなど不特定多数の人と同じ空間にいるだけで、風邪をうつされる危険性もあります。

ちなみに、先ほど紹介した3つのほかにも公務員専門学校について詳しく知りたい人は以下の記事を合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク




公務員専門学校を選ぶ際のコツ


結論から言うと、あなたの条件に合った専門学校を選びましょう。

自由な時間に勉強したい人におすすめ

自由な時間に勉強したいのなら、WEB通信を行なっている公務員専門学校を選びましょう。

じゃあ忙しい社会人が「通学方式」の公務員専門学校を選ぶとどうなるかというと・・・ぶっちゃけ辞めていきますね。

 

先ほども触れましたが、社会人の場合だと残業がある日も多いので、毎日決まった時間に学校に行くのが難しい。

行けない日が続くと授業について行けなくなって、そのまま離脱していくんです。

なので、忙しい社会人は学校に通う従来型よりもWEB通信で学習した方が挫折しにくいですね。

受講料を安く抑えたい人におすすめ

資料請求をして詳しく調べると分かると思いますが、公務員専門学校の受講料は高いです。

とくにLECやTACといった大手の専門学校は40万円を超えるとか普通ですからね。

なので、受講料を安く抑えたいならWEB通信で学習することをオススメします。

 

とくにWEB通信のみしか行なっていないクレアールなら、授業の質は大手と遜色ないにもかかわらず受講料は圧倒的に安く設定されています。

逆に「受講料は気にしない」という人や「大手の安心感を大事にしたい」という人は、間違いなくLECかTACを選ぶべきだと思います。

公務員専門学校ってどんな感じなの?

通学形式の公務員専門学校について少し解説しておきます。

基本的に学習方法は次の2パターンですね。

  1. 講師の生講義を受ける
  2. ビデオ学習する

講師の生講義を受ける

いわゆる、普通の授業です。

私も公務員専門学校に通ってたときは、月曜から金曜まで毎日決まった時間に学校に通い、講師の授業を受けて勉強していました。

これは、生講義の方が良かったからという訳ではなく、その当時はWEB通信というものがまだなかったんです。

それと、仕事を辞めてニートだったので時間に余裕があったというのもありますね。

ちなみに学校に通う最大のメリットは、分からない所があったら講師を捕まえて質問できるところですね。

 

ビデオ学習する

公務員専門学校の多くは自習室があるので、そこで講義を録画したビデオを借りて自習するといったこともできます。

こんな感じで生講義とビデオ学習を併用すると、より勉強がはかどるといった感じですね。

なおWEB通信を選択していれば、わざわざ自習室に行かなくても自宅で学習できるので、これほど効率の良いことはないです。

公務員専門学校の本当のメリットとデメリットについて知りたい方は、以下の記事を合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク




公務員専門学校を利用する際の心構えとは


結論から言ってしまうと、1年以内の合格を目指すべき、と思います。

公務員試験なんて1年で合格できる

ぶっちゃけ1年もかからないですね。

もちろんどの職種を目指すかによって難易度は変わってきますが、市役所や都道府県庁といった試験なら本気でやれば半年でも十分かなと思います。

というのも、公務員試験の勉強は長くやってたらダラけてきますので、合格までに2年とかかかってしまうと・・・それじゃあ遅すぎなので。

サクッと学び、サクッと合格するみたいな、テンポの良さとかスピードって勉強するのに大切なことだったりします。

公務員専門学校に行けば合格できるわけではない

当たり前の話ですが、結果を出すには本人の努力が必須です。

勘違いしてる人が多いのですが、「公務員専門学校に行って授業を受けてれば試験に合格する知識がつく」と思ってる人って意外に多いです。

塾に行っただけでは一流大学に合格できないのと同じ感覚ですね。

結果を出すには、それ相応の努力が求められます。

なので、自発的に勉強ができない人はどの公務員専門学校を選んでも一緒・・・ですね。

公務員試験合格のコツは「ひたすらトライ」

結果を出すにはトライして「失敗経験を積む」ことが大切です。

具体的には、どんどん問題集を解いて分からない問題を明確にするとか、模擬試験を受けてみるとか、本命以外の試験を受けてみる・・・みたいな感じ。

その中で失敗し、多少の挫折感を味わうことで「もっとやらなければ!」といったやる気が出てきます。

大切なことは「迷ってないで、トライしつつ勉強しよう」という気持ちを忘れないことです。

 

ちなみに、社会人から公務員への転職を考えている方は、クレアールが無料で発行している「社会人のための公務員転職ハンドブック」を絶対に手に入れて読んでみることをおすすめします。

「社会人のための公務員転職ハンドブック」をゲットする方法は以下の記事で紹介しています。

まとめ

  1. LEC最大手の公務員専門学校でコースも豊富。ここを選べば間違いない
  2. 資格の大栄ちなみに私が通っていた公務員専門学校です。授業はとても分かりやすかったです
  3. クレアールWEB通信に特化した公務員専門学校。大手に比べて圧倒的にリーズナブル

・個人的にはWEB通信がおすすめ

・自分の条件に合った専門学校を選びましょう

・1年以内の合格を目指しましょう

こんな感じですね。

お世辞抜きで公務員の業界は保証されている世界なので、なりたい人はぜひ。

わりと給料も良いと思いますし、まとまった退職金もアテにできますので、金銭的な不安は民間企業で勤めるよりも少ないのかなと思います。

 

というわけで、今回は以上です。

ぜひあなたに合った公務員専門学校を利用して、公務員試験に合格しましょう!

 

公務員専門学校を半額で行きたい方へ

公務員専門学校各社を徹底比較

無料で面接対策を受ける方法