処世術

仕事を押し付けてくる人使いの荒い人の特徴とストレスを軽減する4つの方法

公務員、主に市役所で働いていると、様々な場面で仕事を押し付けられることってありますよね。

「先輩から指摘される前に仕事を探せ!」

「若いんだから人の倍は仕事しろ!」

「手が空いてるんなら率先して手伝え!」

このように、実は公務員の世界というのは縦社会感が強めで、若いうちは先輩職員から何かとこき使われますよね。

 

とくに人使いの荒い人は若手をこき使うだけじゃなく、自分の若い頃の優秀さをアピールしてくるので、会話していて本当に疲れるんですよね。

「あいつの顔見るだけでウンザリするわ・・・!」なんて思いながら日々働いている人も多いのではないでしょうか?

 

本文では、

人使いの荒い人の心理状態や特徴

仕事を押し付けられるのを回避する方法

について紹介しています。

人使いの荒い人の心理状態を知っておけばあなたはストレスを軽減でき、人使いの荒い人の言動を「はいはい、また言ってんのね」と軽くあしらうことが出来るようになりますよ。

人使いの荒い人とは?


人使いの荒い人というのは、自分がさほど忙しいわけでもないのに他人、とくに後輩に仕事を押し付けることを生きがいにしている人のことをいいます。

人間関係において「自分の方が偉い」「自分の方が上」といったように、とにかくあらゆる場面でマウントを取ってきます。

そのため、事あるごとに人を下に見てきたり、威圧的な態度を取ってくることで自分の力をみせつけたりします。

人使いの荒い人の心理状態


なぜ人使いの荒い人というのは、こんなにも人をこき使いたがるのでしょうか?

その心理状態を分析してみましょう。

自分の若い頃を美化している

人使いの荒い人は、自分が若い頃の働きを美化しています。

「俺が若い頃は買ってでも苦労した」

「おれが若い頃はお前らよりもっと仕事がデキてた」

 

あなたの職場にもこんなことを得意げに話す先輩っていませんか?

このように、人使いの荒い人というのは過去の自分とあなたを比べて、いかに自分が優秀であったかを自慢するかのように語ってきます。

人使いの荒い人は自分に自信がない

人使いの荒い人の中には、自分に自信がない人もいます。

「この仕事どうやってやるか自信ないな・・・」

「中堅にもなって今さら人に聞けないし困ったな・・・」

といったように自分に自信がないので、あの手この手で後輩に仕事を押し付けようとしてきます。

 

ただ単に面倒くさいから他人に仕事を押し付けるパターンもありますが、その多くは自分の自信のなさから人をこき使ってくるのです。

今まで頑張って仕事を覚えてこなかったツケがきて自業自得といえばそれまでですが、人使いの荒い人はそれを棚に上げて他人に仕事を押し付けることで何とかその場を逃れようとします。

自分の立場が上であることをアピールしたい

人使いの荒い人は、他人よりも自分が上だということをアピールしたい人間です。

公務員というのは一般のサラリーマンと比べて成果が現れにくいですよね。

営業マンのように「商品をたくさん売った」「仕事を取ってきた」といったような分かりやすい指標がないため、誰しもが「この人は凄い!」というのが分かりにくい仕事であるといえます。

 

このように誰が仕事がよくデキるのかが目に見えにくいため、自分が他者よりも優れているかについて、とても敏感になっているんです。

そのため、自分は人よりも様々な面で上だとアピールして、少しでも職場の中で優位に立とうとしているのです。

スポンサーリンク




人使いの荒い人の特徴5選


人使いの荒い人というのは他人をこき使うほかに、どのような特徴があるのでしょうか?

特徴を知らずに関わっていると「なんかこの人、やけに人のことこき使ってくるんだよなぁ」と思うことが増え、最終的には「顔も見たくない!」と多大なストレスを抱えることになります。

 

このような状況にならないようにするためには、事前に人使いの荒い人の特徴を知っておき「こいつ、人使いの荒いタイプかもしれない・・・!」と感じた場合は、適切な距離をとっていくことが、あなたが振り回されないためには重要となってきます。

それでは人使いの荒い人の5つの特徴を順番に見ていきましょう。

1.自慢話が多い

「この時計◯◯ってブランドで◯◯万円もするんだよ!」

「一度外車乗ったら国産なんて乗れないよな!」

これらは実際に私が同じ部署でも働いたことのある、人使いの荒い人の発言です。

 

このように日常の雑談の中に、さりげなく自慢話をしてきたら「人使いの荒い人かも」と疑ってかかりましょう。

先ほども言ったように、人使いの荒い人は自分の方が立場が上だとアピールしたい傾向があります。

聞いてもいないのに自慢話をブッ込んできたら、その人は人使いの荒いタイプの可能性大です。

2.人のことを下に見てくる

人使いの荒い人は周りの人を下に見てきます。

「相変わらず物覚えが悪いなぁ」

「だからいつまで経っても独身なんだよ!」

というように、相手が指摘されたくないことまでズケズケと偉そうに上から目線で言ってきます。

 

言われる側からすると「なんでお前にそこまで言われたないといけないんだ・・・!」とムカつきますよね。

人使いの荒い人は、あなたよりも立場が上なんだということを分からせるために、下に見てくるのです。

 

プライドが高く、偉そうな人の対処法については、こちらの記事で詳しく解説していますのね、合わせて読んでみてくださいね。

3.思い込み、決めつけが激しい

人使いの荒い人は思い込み、決めつけが激しいのも特徴です。

よくあるのが「自分の若い頃は今の若手よりも苦労していた」とか、「もっと仕事を早く覚えていた」などとドヤ顔で語ってきます。

 

しかし、人使いの荒い人の若手の頃をよく知るベテランに話を聞くと「今じゃ若手に説教してるけど、あいつだって若い頃はいい加減な奴だった」なんてことはよくある話なんです。

これは人使いの荒い人の中に「自分は若い頃から優秀だった」という勝手な思い込みがあるからです。

 

人使いの荒い人ほど自分の過去を美化する傾向がありますね。

他にも若手の職員に対して「暇してるんなら言われなくてもこっちを手伝え!」と勝手に暇だと決めつけて自分の仕事を手伝わそうとするのもあるあるです。

 

このように人使いの荒い人は、周りに対して勝手に決めつけて仕事を押し付けてきます。

また、仕事を押し付けられるならまだ可愛いらしいもので、時には「あいつが俺の悪口言ってた」などと、勝手な思い込みで逆に陰口をいったりします。

 

こちらが言ってもいないのに、勝手な思い込みで悪口を言われたのではたまったもんじゃないですよね。

職場の人の悪口に悩んでいる人はこちらの記事を読んで、傷つかないよう処世術を学びましょう。

4.周りの人への観察力がすさまじい

人使いの荒い人の、周り人への観察力はすさまじいものがあります。

同じ部署のだれが暇そうにしてるかを確認するのなんてお手の物。

誰が恋人が出来たとか、誰が悪口を言っていたなんてことまでアンテナを張り巡らせて情報をキャッチしています。

 

そして後輩の至らない点を見つけては「先輩が忙しくしてるんだからもうちょっと気を効かせろよ!」

と、忙しいのが自分だけだと言わんばかりに自身の仕事を周りに押し付けようとしてきます。

また、自分に自信がないので相手が自分のことをどう思っているかを細かくチェックすることを怠りません。

5.身なりや言葉使いの常識がない

人使いの荒い人に限って、公務員としての常識が欠如しています。

これは私の市役所の職員についてですが、人使いの荒い人の共通点として「公務員らしくない言動や容姿をしている」ということが言えます。

 

  • 目上の人に敬語が使えない
  • 髪を染めている(注:男性職員)
  • パーマをかけている(注:男性職員)
  • 髪を伸ばしている(注:男性職員)

というように、公務員らしくない身なりだったり、敬語が使えないといった常識の欠如が人使いの荒い人の特徴の1つであります。

なので、あなたの職場にイイ歳して髪を染めていたり、パーマをかけていたりしている人がいたら、人使いの荒い人であると身構えておきましょう。

スポンサーリンク




人使いの荒い人からのストレスを軽減する4つの方法


人使いの荒い人と関わるというのは本当に疲れますよね。

ここでは、あなたが人使いの荒い人から振り回されないための対処法について解説していきます。

もう人使いの荒い人からのストレスから解放されましょう!

1.人使いの荒い人の心理状態を理解する

まずは人使いの荒い人の心理状態を理解しておきましょう。

人使いの荒い人と日々関わっていると非常に大きなストレスとなりますが、その心理状態を理解すると「しょうもない奴だな」と冷静に相手をみることができます。

人使いの荒い人に巻き込まれないためには、まずは人使いの荒い人の心理状態を知り、あなた自身が相手を冷静に見るというのが重要になってきます。

2.人使いの荒い人にイライラしない

人使いの荒い人にいちいちイライラしてはいけません。

人使いの荒い人というのは、自分よりも立場が下と思っている相手にしか仕事を押し付けてきません。

 

弱い立場の人にしか強く出れないので、ある意味小心者なんですよね。

あなたのことを下に見ているからこき使ってくるのですから、そんなあなたがイライラしたり反抗したりすると火に油を注ぐことになります。

 

「後輩のくせに生意気に!」といったように、今後ますます目の敵にされる恐れがあります。

なので、人使いの荒い人から仕事を振られてもイライラしてはいけません。

3.相手の発言を真に受けない

たとえ人使いの荒い人に「お前は気が利かない」なんて言われても気にしてはいけません。

先ほども言いましたが、人使いの荒い人は決めつけ、思い込みが激しいため、自分の価値観がすべてだと思っています。

 

「俺の若い頃と比べてお前は物覚えが悪い」

「職場の周りが見えていない」

といったように、あなたの仕事ぶりを全否定するようなことを言われると「自分はなんてダメなんだ・・・」と落ち込みそうになりますが、人使いの荒い人の言葉を真に受けてはいけません。

 

人使いの荒い人にダメ出しされたときには「思い込みが強いから勝手に決めつけた発言ばかりしているんだ」と自分に言い聞かせるようにしましょう。

そうすることで人使いの荒い人に振り回されないようになります。

4.極力関わらないようにする

自分の仕事だけでも手一杯なのに、人使いの荒い人から仕事を押し付けられたのでは身も心も疲れ果ててしまいます。

なので、人使いの荒い人とはなるべく関わらない、近寄らないようにしましょう。

 

所詮は仕事だけの関係だと割り切って、コミュニケーションにおいても業務上必要最小限の会話だけで構いません。

ここで気をつけてほしいのが、人使いの荒い人に気に入られようと寄せていくことです。

人使いの荒い人というのは自分よりも下の立場の人間をこき使うため、すり寄って下手に出るとますますあなたのことを子分のように勘違いしてしまいます。

まとめ

【人使いの荒い人の特徴5選】

  1. 自慢話が多い
  2. 人のことを下に見てくる
  3. 思い込み、決めつけが激しい
  4. 周りの人のへの観察力がえげつない
  5. 身なりや言葉使いの常識がない

 

【人使いの荒い人からのストレスを軽減する4つの方法】

  1. 人使いの荒い人の心理状態を理解する
  2. 人使いの荒い人にイライラしない
  3. 相手の発言を真に受けない
  4. 極力関わらないようにする

人使いの荒い人は自分に自信がなかったり、自らの思い込みや決めつけが激しいために周りに仕事を押し付けようとします。

そのような人使いの荒い人と一緒に仕事をしていると非常に腹が立ってきますよね。

 

そうならないためにも、人使いの荒い人をいち早く察知して迷惑をかけられないように適切な距離をとることが重要です。