処世術

公務員女性の職場の中は嫉妬だらけ!?平穏無事に働く5つの方法を解説します

女性の多い職場で働いている場合、嫉妬による人間関係のトラブルに巻き込まれないようにしなければいけません。

女性は男性とは違い、

男性からチヤホヤされているか

上司からの評価が高いか

彼氏や旦那のスペックの高さ

など、様々なことで勝った負けたのマウントを取りたがり、その結果嫉妬をして攻撃的になる人がいます。

 

「たかだか嫉妬」と軽くとらえている人もいるかもしれませんが、女性の嫉妬というのは一度こじらせるとイジメや嫌がらせにつながっていくんです。

せっかく公務員になったのですから、できることなら毎日平穏無事に働きたいですよね。

そこで、あなたが公務員の職場で平和に働くために、

本文では、

どのような時に嫉妬されるのか

嫉妬されないためにはどうすればいいか

について紹介しています。

女性であるあなたならご存知の通り、女は嫉妬深いのでちょっとしたことでターゲットにされてしまいがちです。

嫉妬により仕事以外のストレスで悩まないようにするためにも、本文を読んで嫉妬深い女性対策の知識をしっかりと身につけておきましょう。

なぜ女性が多い公務員の職場は嫉妬が多いのか


嫉妬と聞くと男と女の色恋沙汰を連想する人も多いと思いますが、女性の多い公務員の職場でも嫉妬によるトラブルはよくあることなんです。

それにしても、女性はなぜ嫉妬深いのでしょうか?

まずは嫉妬心が芽生える心理状態についてみていきましょう。

女性は自分よりも優れている人に嫉妬する

女性は自分よりも優れている人を見ると、自分の状況と比較して劣等感や焦りを感じて嫉妬します。

自分よりもモテている人

自分よりも仕事がデキる人

自分よりも上司からの評価が高い人

このように、相手と比べて自分よりも優れている人や恵まれている人に嫉妬心が芽生えるのです。

 

しかし、自分よりも優れているからといって、誰かれ構わずに嫉妬するわけではありません。

自分よりも圧倒的に綺麗、または圧倒的に頭がいい人にはさほど嫉妬しません。

自分と同ランク、もしくは自分よりも下に見ている人が自分よりも良い思いをしていた時に強い嫉妬を抱きます。

 

よくあるのが、

自分よりも可愛くないと思っていた人が先に彼氏ができた

自分よりも仕事がデキないと思っていた人が周りから慕われている

このような時ほど、女性の嫉妬心というのは圧倒的に燃え上がるのです。

女性は自分の立場が脅かされそうな時に嫉妬する

女性は自分の立場が脅かされそうになった時にも嫉妬します。

よくあるのが、自分の部署に新しく仕事のデキる女性が異動でやってきた時です。

 

どういった状況かというと、今の部署で順調に仕事を覚え、同僚や上司からもそこそこ信頼を得ていたとします。

そんな時に新しく女性職員が異動してきました。

彼女は容姿も学歴も良く、仕事での評価も高い。

そして新しい部署でもテキパキと働いているのを見て「これまで自分が築き上げてきたものをこの人に奪われるんじゃないか・・・!」といった不安がよぎります。

 

「今年きたばかりなのに◯◯さんは仕事がデキるし、素敵だよね」と他の人がその人を褒めているのを聞くと、前からいる自分は立場がありません。

そのため、他人の評価が上がるほど自分の評価が下がってしまったととらえて、余計に嫉妬してしまうんです。

スポンサーリンク




嫉妬深い女性にねたまれる女性の特徴


女性は嫉妬すると攻撃的になったり、周りを味方につけていじめを始めたりします。

女性というのは頑張って努力して相手に勝とうという考え方よりも、相手の足を引っ張って自分が優位に立とうという考え方をする傾向が強いんです。

そのため、嫉妬される本人にその気がなくても、相手から勝手に「自慢された」と解釈され、いじめや嫌がらせのターゲットにされてしまう可能性があります。

 

あなたがそのような嫉妬女性のターゲットにならないためにも、どのような女性が嫉妬されやすいのかを知っておきましょう。

ちなみに、公務員の職場でどのような女性が嫉妬の対象になるかについては、以下の記事で解説していますので、合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク




女性から嫉妬されないための6つの方法


男性職員の多い職場ではそういったことはないのですが、女性が多い職場では嫉妬されて嫌がらせを受けることは珍しいことではありません。

あなたが嫉妬からくる攻撃の標的にされないためにも、女性に嫉妬されないための防御策を身につけておきましょう。

1.会話内容に気をつける

仕事程度の関係だと、どの人が嫉妬深い女性かというのは分かりません。

穏やかな人だと思っていた人が実は・・・なんてことってよくあるんです。

なので、どんなことで相手の嫉妬心を刺激するか分からないので、会話内容には気をつけるようにしましょう。

 

とくに、自慢話と取られかねない発言は避けるようにしましょう。

わざわざ自分から自慢話をぶっ込むのは論外ですし、他者から褒められたとしても、とにかく謙虚な姿勢でいることが大切です。

2.職場の女性に対抗しない

嫉妬してくる女性に対して「対抗してやろう」などと思ってはいけません。

あなたが嫉妬の対象とされてしまった場合、偉そうに上から目線で接してきたり、陰でコソコソ悪口を言われるかもしれません。

しかし、このような時こそ対抗してはいけません。

 

対抗してしまうと相手の嫉妬心に油を注ぐことになり、ますます攻撃が激化します。

嫉妬深い女性の攻撃は陰湿であるケースが多いので、職場で余計なストレスをためないためにも、相手の嫉妬心を刺激しないようにしましょう。

 

たとえムカついたとしても、対抗してしまっては嫉妬深い女と同じレベルになってしまいます。

これから説明する方法を意識した方が、あなたが職場でストレスなく働けるようになりますよ。

ちなみに、すでに攻撃的な人に悩んでいる人は、以下の記事を合わせて読んでみてください。

3.職場でバランサーになる

もしあなたが職場で周囲からそこそこ信頼されているポジションなら、バランサー、言うなれば人間関係の橋渡し的な役割をしてあげましょう。

あなたが職場の男性から話しかけられた時は、積極的に嫉妬深い女性も会話に入れてあげるなどして、良い意味で巻き込んでやりましょう。

そうすることで、男性と話すきっかけにもなって嫉妬深い女性にとってはメリットに感じられるはずです。

 

というのも、嫉妬深い女というのは大抵モテないタイプがほとんどですからね。

男性職員との橋渡し役を上手くこなすことができたら、嫉妬深い女性から目をつけられることなく、振り回されなく済むようになります。

4.仕事の成果を譲ってあげる

あなたが仕事で上司から褒められた際、

「◯◯さんがアドバイスしてくれておかげです」

といったように、さりげなく嫉妬女の名前を出して仕事の成果を分け与えてやりましょう。

そうなると、嫉妬深い女性は悪い気持ちになりませんし、あなたのことを「良い人」と認識するようになります。

 

嫉妬心から攻撃してくる人に仕事の成果を分けてやるなんてまっぴらごめん!と思うかもしれませんが、意外と周りはあなたの大人の対応を見てないようでしっかり見てくれています。

目先の仕事の成果を譲ってやった代わりに、あなたの周りからの評価は高くなる。

悪いことだけじゃなく、良いことも「因果応報」

あなたが良い行いをしたら、巡り巡って必ずあなたの所にも良いことが訪れますから、仕事の成果1つくらい譲ってやりましょう。

5.同僚から好かれる存在になる

同僚や上司から愛される存在になりましょう。

あなたの周りにも、誰からも好かれる人っていますよね。

みんなから好かれていると嫉妬女から攻撃されそうなものですが、たくさん味方がいると攻撃しにくいものなんです。

 

嫉妬深い人はネガティブ気質なので、職場で味方があまりいません。

なので、大勢を敵に回すのってなかなか出来ないんですよね。

 

このように、たくさんの同僚と仲良くして好かれる存在になっておけば、仮にあなたが嫉妬される対象となったとしても、相手は攻撃できないんです。

ちなみに、公務員で上司から好かれる方法については、以下の記事で紹介しています。

6.ときには情けない話もしてみる

時には三枚目を演じるのも効果的です。

常に自虐ネタばかりだとネガティブな印象を持たれてしまいますが、たまに自分の情けない部分を見せれる人は周りから好感を持たれます。

 

「コンパでLINE交換したのに全然連絡ないんだけど!」

「この前仕事でミスして課長からすごく怒られたんですよ」

といったように、自分の失敗談や情けない話を面白おかしく話すことで、同僚から「あっけらかんとして取っ付きやすい人」と思ってもらえます。

この「取っ付きやすい人」という風に思ってもらえることで、相手の警戒心や嫉妬心を向けられないようにすることができます。

スポンサーリンク




まとめ

【女性から嫉妬されないための6つの方法】

  1. 会話内容に気をつける
  2. 職場の女性に対抗しない
  3. 職場でバランサーになる
  4. 仕事の成果を譲ってあげる
  5. 同僚から好かれる存在になる
  6. ときには情けない話もしてみる

女性は自分よりも優れている人や、自分の立場を脅かしそうな人に対して嫉妬心を抱きます。

そして嫉妬深い女性は嫉妬するだけにとどまらず、嫌がらせやいじめをしがちです。

 

その嫌がらせやいじめを回避するには、上記の6つの方法を取り入れてみてください。

こういった対策をすることで嫉妬されないようになり、職場で平和に過ごせるようになりますよ。