処世術

公務員の職場で嫉妬深い女性にねたまれる女性の特徴11個

公務員の職場といえども、女性が複数人集まると嫉妬やねたみによって人間関係が複雑になるもの。

あなたも経験があるかもしれませんが、嫉妬深い女性というのは周りが気にしないような些細なことにジェラシーを感じ、嫌がらせしてくることってあるあるなんです。

本人がそのつもりがなくても「自慢してマウントを取られた」と受け取られたり、職場の男性からチヤホヤされていることから当たりが強くなるということが普通に起こります。

 

そのような状況にならないためにも、同僚の女性から嫉妬されないように過ごすことが重要なんです。

「私は別に嫉妬されることなんてないけど」

なんて気が緩んでいると、いつか標的にされることでしょう。

本文では、

公務員の職場で女性から嫉妬される人の特徴

について解説しています。

本文を読めば、職場でどのように気をつければ女性から嫉妬されずに平和に過ごせるかが分かります。

嫉妬女のねたみ、やっかみに火を着けないように注意して、平穏無事に働けるようにしてくださいね。

女性から嫉妬される人の特徴11個


嫉妬深い女性から嫉妬される女性には、ある11個の共通点があります。

これらをしっかりと把握することで嫉妬深い女性からねたまれないように対策することができます。

1.男性からモテる

シンプルに男性からモテる人は、嫉妬女から標的にされます。

男性が女性を捕まえようと必死になるのとは逆に、女性は本来男性から選ばれる側なので、選ばれようと真剣です。

もちろん自分からアタックする「肉食系女子」と呼ばれる人も中にはいますが、基本的に男性からのアプローチを待っている女性がほとんどだと思います。

 

そのような背景もあり、ほかの女性が男性からモテていた場合、自分を選ばなかった男性に怒りを向けるのではなく、女性側に嫉妬心をぶつけてしまうのです。

モテる女性というのは本人に何の悪気がなくても、「男性から人気がある」という事実だけで嫉妬やねたみの対象にされやすいのです。

2.職場の男性からチヤホヤされている

職場の男性からチヤホヤされているというのも要注意です。

先ほども触れましたが、とにかく女性は「男性から選ばれたい」「チヤホヤされたい」といった願望があります。

なので、職場といえども女性は周囲の人間関係に敏感なんです。

 

自分よりも男性と仲良くしていたり、チヤホヤされているのを見ると嫉妬心がフツフツと沸いてきて、場合によっては嫌がらせしてくるなんてこともあります。

いくつになっても「色恋沙汰」というのは女性のトラブルの原因となるのです。

スポンサーリンク




3.周りから慕われている

女性は男性からの評価だけでなく、職場全体での自分の立ち位置にも敏感です。

そのため、先輩からも後輩からも慕われている人を見ると、面白くない気持ちになってしまいます。

そしてその負の感情が爆発して、慕われている人への嫉妬心へと変わってしまうのです。

4.彼氏や旦那のスペックが高い

彼氏がいるというだけでもモテない女性からは嫉妬の対象にされるのに、その彼氏や旦那が

イケメン

大企業に勤めていて高給取り

性格が優しい

といったハイスペックだとますます嫉妬されやすくなります。

 

女性というのは他人の幸せに敏感です。

女性の物差しでは、自分が仕事がデキるよりも彼氏・旦那のスペックが高いことの方がステータスなんです。

言うなれば本人がデキなくても彼氏や旦那に恵まれていると、それだけで「人生勝ち組」といったわけです。

なので、嫉妬されたくなければついうっかり彼氏や旦那の話は避けた方がいいですね。

本人にその気がなくても「自慢された!」と相手の気持ちを逆なですることになりますから。

5.上司からの評価が高い

上司からの評価が高い人も嫉妬される対象になりがちです。

給料や待遇は男女平等の公務員ですが、出世するのは何だかんだ男性が多いので、女性は自分がきちんと評価されているかどうか不安を抱えています。

そのため上司からの評価が高い人がいると、「あの人はえこひいきされてる!」と否定的な感情でとらえてしまいます。

 

女性というのはそもそも「お姫様気質」があるため、男性よりも自尊心が強い傾向があります。

なので、自分よりも評価されている人を見ると「焦り」や「もっと自分も頑張らないと」といった気持ちよりも、「自分よりもデキないのにひいきされて面白くない」というように感じます。

上司から評価されている人は、自分の知らないところで嫉妬されているという自覚を持っておきましょう。

6.本人のスペックが高い

スペックが高い人に対してもねたみ、やっかみから嫉妬します。

自分と同等くらいに思っていた人が実は高学歴だったということを知ると、負けた気持ちになってしまうのです。

また、仕事上は同等と思っていた人が実は実家がお金持ちのお嬢様だったという場合も、激しい嫉妬対象にされてしまいます。

 

先ほども触れましたが、女性は基本的にお姫様気質であるため、

自分よりも優れた能力

自分よりも恵まれた環境

という事実を目の当たりにすると嫉妬してしまいます。

常に自分が一番じゃないと気に食わない人が多いのが事実。

7.美人、可愛い人

シンプルに容姿が良いと女性から嫉妬されます。

やはり可愛い、美人な人というのはそのスペックだけで男性からモテたりチヤホヤされますからね。

そしてモテるということは、それだけハイスペックな彼氏や旦那を捕まえる可能性も高くなります。

イケメン、高給取り、性格のいい男性からすると、当然可愛くて若い女性を選びますからね。

このように、女性にとって人生をイージーにする一番の武器は「容姿の良さ」なので、その武器を持たない人からするとついつい嫉妬してしまうのです。

8.才能がある

自分は努力してるのになかなか仕事も恋愛も上手くいかない。

そんな時に何でもかんでもそつなくこなす同僚を見ると悔しくなります。

その同僚も見えない努力をしているのかもしれませんが、表部分しか知らないと才能(センス)を見せつけられたような気分になってショックを受けてしまうのです。

その結果、自分の努力の少なさを棚に上げて相手に嫉妬をぶつけるようになってしまうのです。

9.自分よりも待遇がいい人

自分よりも待遇がいい人をみると、とにかく嫉妬してしまうのが女性です。

同じ役所で働いているにもかかわらず部署が違うだけで残業時間が違う。

こんなとき「なんであの人は毎日定時で帰ってるのに自分だけこんな苦労してるんだろう」という思いから「あの人は恵まれていてズルイ!」といった気持ちになります。

 

また、子育て休暇を取る人に対して「仕事しないのに給料もらえて楽だなぁ」と思ってしまうのです。

女性は男性よりも他人と自分を比較する人が多いので、自分よりも待遇がいい人を見ると嫉妬せずにはいられないのです。

10.同レベルと思っていた人が実は違った

先ほども出てきましたが、自分と同等と思っていた人が実はハイスペックだったというケースは、思いのほかショックが大きいんです。

自分が明らかに負けている場合は、そこまで激しい嫉妬心は芽生えません。

たとえば東大卒の人にはハナから敵うなんて思いませんし、モデル並の容姿の人がモテてたとしても、それは当たり前と思えますよね。

 

しかし相手が自分と同じくらいのスペック、なんなら自分の下に位置付けていた人が、ハイスペックな男性と付き合ってたり結婚したら素直に喜べる女性は少ないのではないでしょうか。

ぶっちゃけて「なんでこんな人が自分よりもいい思いをしてるの・・・?」と思ってしまいますよね。

このように自分と同ランクと思っていたのに実は違った・・・というケースはより大きいショックを受けます。

 

そのため同僚の女性から嫉妬してされて面倒くさい思いをしたくないなら、自分のスペックの高さはなるべく隠さないといけません。

それが女性から嫉妬されない最大の処世術となります。

11.子供の出来がいい

本人同士の勝った負けただけにおさまらず、嫉妬深い女性は子どもの出来もステータスの一部と考えています。

とくに少し意識の高い人の間では、子どもの受験結果が勝った・負けたの材料になってしまいます。

というのも、自分の学歴は今さらどうしようも出来ないので、嫉妬深い女性はついつい自分の子どもに期待を寄せるんです。

 

なので、自分の子どもよりも優秀な子どもを持つ同僚に対して「嫉妬心」や「劣等感」を抱くようになります。

周りからみるとくだらない事のように思えますが、本人たちからすると嫉妬するくらい重要なことなんです。

スポンサーリンク




女性から嫉妬されずに過ごす方法


できることなら同僚から嫉妬されることなく平穏無事に毎日働きたいですよね。

というのも、仕事のストレスで大半を占めるのは、実は業務のストレスではなく人間関係のストレスなんです。

女性から嫉妬されずに過ごす方法については、以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせて読んでみてくださいね。

まとめ


女性は男性に比べて嫉妬深い人が多いのですが、その嫉妬の原因は様々です。

嫉妬深い女性は、

男性からの扱い

上司からの評価

学歴や家柄

自分が上か下か

など、様々な理由から「勝った、負けた」と一喜一憂しているのです。

 

なので、職場で言いがかり的に嫉妬されて消耗させられたくなければ、なるべく自分のプライベートな話はしないようにしましょう。

また、嫉妬深い女性がどんなポイントで相手に嫉妬するのか知っておけば、余計な厄介ごとに巻き込まれる可能性もグッと低くなります。

ぜひ本文を参考にして、嫉妬深い女性から嫌がらせされることなく、平穏無事に働けるようにしてくださいね。