処世術

公務員の職場で攻撃されやすい人の特徴8選と、上司から可愛がられるようになる秘訣

同じことをしたにもかかわらず「攻撃されやすい人」と「攻撃されない人」っていますよね?

「なんで同じミスでもいつも自分ばかりが怒られるんだろう・・・!」

攻撃されやすい人にとって、このようなえこひいきはたまったもんじゃありません。

理不尽に怒られたり攻撃するされるなんて絶対に嫌ですし、できることなら何とかしたいですよね。

 

本文では、

  • 攻撃されやすい人の特徴
  • 攻撃されなくなるための方法

について紹介しています。

 

もしあなたが毎日上司からの攻撃に悩んでいるなら、本文を参考にして日々の中に取り入れてみてください。

そうすることで攻撃されやすい人から攻撃されない人になれますよ!

▶︎今の職場にウンザリしてるならまずは登録

▶︎リクナビNEXTの公式サイトはこちらから

攻撃されやすい人の8つの特徴

1.気が弱そうな人

いつもオドオドして気が弱そうな人は、職場で攻撃されやすくなります。

攻撃的な人は基本的に自分に自信がないので、他の人を自分の下に位置付けして安心感を得ようとします。

言うなれば、あなたのことが嫌いだから攻撃するというよりは、自分の心の弱さを満たすために攻撃するのです。

 

なので、攻撃を受けたときにオドオドしていると、ますます相手の攻撃はエスカレートしていくでしょう。

「こいつなら自分の方が強く出れる」と察知すると、たちまち攻撃対象にされるので、そのような状況を避けるためにも攻撃されていると感じた時こそ冷静に対処しましょう。

冷静に、そして平然としていることで、相手は「攻撃しがいがない」と思うようになります。

 

ここで注意したいのが、攻撃には攻撃で返すといったやり方です。

相手の攻撃に攻撃で返していると相手に火をつけてしまい、さらに関係がこじれることになってしまいます。

そのため、まずは平然を装って相手を刺激しないようにしましょう。

2.後輩や新人

後輩や新人などの立場の弱い人は、短気な人の攻撃対象になりやすい傾向があります。

とくに新人は右も左も分からない状態なので、

「まだ覚えてないのか」

「ミスばっかするな」

と攻撃し放題です。

あまりに攻撃的な人に悩んでいるなら、まずは上司に相談して何とかしてもらうことが重要です。

 

また、新人の頃は仕事ができなくて当たり前なので、怒られたからといってむやみやたらと自分を責めないようにしましょう。

攻撃を受けて自信をなくしてオドオドしていると、ますます相手の思うつぼになってしまいます。

ハッキリ言って、新人の頃から仕事を上手にこなすなんて無理な話です。

 

本来そんな新人を育てるのが先輩の役目なのに、攻撃する材料にするなんて控えにいって頭がおかしいですよね。

ですから、攻撃的な人から意地悪されたとしても、自信をなくしたり落ち込んだりしないようにしましょう。

ちなみに、短気(攻撃的)な人から身を守る方法については、下記の記事で解説していますので合わせて読んでみてください。

3.周りから浮いている人

職場で誰ともつるまず1人でいる人は攻撃対象になりやすいです。

先ほども言いましたが、攻撃的な人は実は弱い人間なんです。

なので、相手が大勢だったり、人から慕われている人には攻撃することができません。

そのような人を敵に回すと自分の方がやられる可能性がありますからね。

 

しかし相手が周りから浮いている人の場合、何かあっても周りは自分の味方についてくれると思っています。

このように自分よりも立場が弱いと分かると、すかさず攻撃対象にするのです。

4.生意気な人

生意気な物言いの人は敵を作りやすいので、攻撃的な人にターゲットにされやすいです。

私の職場にもいますが、若手なのにやたら偉そうだったり、プライドが高そうな態度を取る人は「生意気」と思われて、周囲からの当たりがキツくなっています。

そして厄介なことに、この場合攻撃する人は「教育してやってる」という自身の正義感から攻撃を行っているので、全く悪気がありません。

なので、あなたが生意気という自覚がない限り、延々としつこく攻撃されることになりかねません。

 

そのような事態にならないためにも、自身の態度には十分に気をつけましょう。

とくに女性はそういうことに敏感だったりします。

何気ない一言で怒りを買ってしまった・・・なんてよくあることですからね。

 

女性の多い公務員職場での処世術については以下の記事で紹介していますので、合わせて読んでみてくださいね。

5.自分の意見を言わない人

自分の意見を言わない、いわゆる「自己主張しない人」も攻撃的な人にターゲットにされやすくなります。

何でもハッキリ言う「歯に衣着せぬ人」も反感を買って攻撃されがちですが、自己主張しないおとなしい人も「こいつは逆らわない」と下に見られて攻撃対象にされてしまいます。

なので、あまりしゃべらないというスタンスだったり、はっきりしない態度は避けるようにしましょう。

職場では「YES」「NO」をなるべくハッキリ言うようにすることが大切です。

ただし、ここで注意してほしいのが伝え方です。

ぶっきらぼうに「間に合ってます」などと言おうものなら、「生意気だ!」と相手の感情を逆なでしてしまいます。

6.物覚えが悪い

物覚えが悪く、仕事がデキない人はとくに攻撃されやすいです。

ミスが多かったり、仕事が遅いと周りに迷惑をかけてしまうため、どうしても周りをイライラさせてしまいます。

そのため「教育」という名の攻撃を受けてしまうのです。

先ほども言いましたが、「教育や指導」という名目で攻撃していると、相手にはいじめているという認識がないんです。

 

本人は良かれと思ってしていることなので、その攻撃がなかなか止まることがありません。

なので、このような状況を防ぐためにもなるべく早く仕事を覚え、ミスを減らすことが重要になってきます。

もちろん若手の職員がいきなりレベルアップするのは難しいでしょうが、日々少しずつでいいので成長し、相手に攻撃のスキを与えないようにしましょう。

7.空気が読めない

空気が読めない人も周りをイラつかせるので、攻撃対象になりやすいです。

ちなみに私の職場にいる空気が読めない人の特徴は以下の通りです。

  • みんなが忙しくしてるのに、1人だけ定時で帰る
  • 電話が鳴っているのに出ない
  • 歓送迎会や忘年会に出席しない

個人の自由ということもありますが、このようなことをしていると周囲から浮いてしまいますよね。

そうなると攻撃的な人にロックオンされて、「教育」という名の嫌がらせが始まります。

 

日本人はとくに「空気を読む」ことを重要視しますが、中でも公務員の職場はチームワークが必須なので、空気が読めないだけでものすごく「異端児」という扱いを受けます。

もちろん空気を読むことに必死になりすぎて、言いたいことも言えないようになってはいけません。

ただ、「空気が読めない奴」というレッテルを貼られない程度に、同僚をしっかりと観察して気遣いができるようになりましょう。

 

ほんの少し気を効かせるだけで、あなたの職場での評価は劇的に変わります。

公務員の職場は気難しいようで意外と単純なので、浮いてしまわないようにして「空気が読めない奴」というレッテルを貼られないように注意しましょう。

8.周りから嫉妬されている

あなたに自覚がなくても、周りから嫉妬されている場合攻撃されてしまいます。

何度も言いますが攻撃的な人は自分に自信がなかったりメンタルが弱いので、「自分の立場を脅かされそう・・・!」と感じると、あなたを攻撃対象にしてしまうことがあるのです。

厄介なことに、この嫉妬というのは仕事に関することが原因じゃないことも多々あります。

 

女性の場合は単純に「周りからチヤホヤされてるのが気にくわない」といった理由だけで攻撃がちになります。

また、男性の場合だと「良い車に乗っている」というだけで、生意気だと思われ攻撃されるなんてこともあります。

このように、相手が何のポイントに嫉妬するかは本人にはよく分かりません。

 

そのため、勝手に嫉妬されて難癖つけられたくなければ、何でもかんでも自分のプライベートのことは話さないに限ります。

ちなみに、以下の記事では女性の嫉妬から逃れ、平和に過ごすための方法について書いています。

興味のある方は読んでみてくださいね。

スポンサーリンク




攻撃されない自分へ!あなたが先輩に好かれる方法


職場では同じことをしても怒られる人と、何も言われない人がいます。

あなたがちょっとしたことでガミガミ言われるのに対し、全く怒られない人がいると思うと面白くないですよね。

では、何も言われず先輩から親切に接してもらえる人と怒られる人には何の違いがあるのでしょうか?

実は、先輩や上司から好かれる人にはある共通点があるんです。

 

その共通点を真似するだけで、あなたも「攻撃される人」から「先輩に好かれる人」に変わることができるんです。

そのことについて知りたい人は、以下の記事で紹介しているので読んでみてくださいね。

スポンサーリンク




我慢の限界ならこれ!人間関係をリセットする方法


あなたが努力しているにもかかわらず、攻撃的な人のストレスから抜け出せない場合は思い切って転職するのも1つの方法です。

個人の努力ではどうにもならない人間関係の問題というのは残念ながらあります。

嫌がらせをする人の中には、いくら周りから注意されても態度を改めないどうしようもない人がいるのも事実。

 

なので、「もう我慢の限界!」と思ったら、今の職場から抜け出すことで人間関係を全部リセットしてしまいましょう。

逃げることは決して恥ずかしいことではないですからね。

とにかく職場で攻撃対象にされて苦しんでいるのなら、心が壊れてしまう前にさっさとそこから抜け出しましょう。

 

そして今度はあなたのことを大切にしてくれる職場に転職した方が、あなたの幸せにつながります。

「でも、公務員から転職なんて簡単にいかないのでは・・・?」と不安な人でも大丈夫。

転職サイトを利用すれば、今の時代簡単に次の仕事を見つけることができるんです。

 

とくに転職サイトのリクナビNEXTなら、今すぐ転職したいわけじゃなくても「とりあえず登録して求人情報を眺めてみる」だけでもいいんです。

ほかの転職サイトのように転職をせかされる心配もありません。

それに登録も利用も無料なので、あなたに負担は一切かからないんです。

そして、リクナビNEXTを運営するのはあの有名なリクルートなので、その点も安心して利用することができます。

 

毎朝仕事に行くのが憂うつ・・・という人こそ、リクナビNEXTに登録してどんな求人情報があるか見てみましょう。

そうするだけで不思議と気持ちが楽になりますから。

一度しかない人生、仕事の悩みに振り回されずにもっと楽しく働きましょう!

そのためにも、まずはリクナビNEXTに登録だけでもしておいてくださいね。

▶︎今の職場にウンザリしてるならまずは登録

▶︎リクナビNEXTの公式サイトはこちらから

公務員から公務員への転職もアリ


公務員という身分を捨てがたいというのなら、公務員から公務員への転職を考えてみましょう。

世の中には自治体なんて山ほどありますし、あなたに合った職場は探せばきっと見つかりますよ。

一度公務員試験に合格したあなたなので、試験や面接のノウハウはバッチリだと思います。

しかも、一度社会人として働いた経験から、今度は「社会人経験者枠」というルートから公務員を目指すことも可能なんです。

 

社会人から公務員を目指す人が知っておくべき情報は、クレアールが無料でくれる「社会人のための公務員転職ハンドブック」に全て載っています。

無料でもらえますが数量限定なので、早めに資料請求してもらっておきましょう。

▶︎本気で公務員への転職を考えているなら今すぐ手に入れましょう

▶︎公務員転職ハンドブックはこちらから(無料)

まとめ


攻撃されやすい人は、ある意味攻撃されやすい特徴を持っているといえます。

なので、攻撃されないようにするには、その特徴をなくすことが大切です。

攻撃されやすい特徴というのは生まれ持ったものではなく、それは改善することが出来ますので諦めないでください。

もし今の職場で、どうにもこうにも辛くてたまらない場合は思い切って転職してしまいましょう。

そして、社会人(公務員)から公務員へ転職するルートや学習のコツを知識として頭に入れておくためにも、「社会人のための公務員転職ハンドブック」を手に入れて読んでおくことをおすすめします。

▶︎本気で公務員への転職を考えているなら今すぐ手に入れましょう

▶︎公務員転職ハンドブックはこちらから(無料)