処世術

優秀な人ほど他人の失敗に寛容で、出世する人ほど優しくて親切という話

優秀な人ほど他人の失敗に寛容で、出世する人ほど優しいと思う。

偏見かもですが、私が15年以上公務員を続けてきた感じだと、これがあるあるです。

特に思うことは「仕事がデキる人ほど、部下の話をよく聞く」という共通点があります。

私の部署では年上と接する機会が多いですが、デキる人ほど下の人間に対して親切だし、優しい。

シンプルにカッコいいですね。

 

本文では、

優秀な人ほど他人の失敗に寛容で、優しい

について書いています。

 

私の経験談を交えながら書いていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

優秀な人ほど他人の失敗に寛容で、出世する人ほど優しい


かなり的を得ていると思います。

優秀な人は、決めつけがない

優秀な人とか、出世する人は、決めつけをしないですね。

 

たとえば「後輩とは、こうあるべきだ」といった決めつけをしません。
個人を尊重して、後輩から学べるべきところは学び、周囲に気遣いができる。

 

私がこれまで見てきたデキる人たちは、こういった共通点があります。

もちろん例外のケースもありますが、出世する人の大半は穏やかで他人を尊重しているように思います。

デキる人は自分の自慢話をしない

これもデキる人の特徴ですが、自慢話や武勇伝を語らないですよね。

 

聞かれたら答えるけど、自ら進んで自分の話をしません。

私みたいなデキない者は、ついつい自分の自慢話をしたくなってしまうのですが・・・雑魚感満載ですね。

デキる人と一緒に仕事をすると、自分のダメさ加減を痛感します。

ちなみに、なぜ自分の話をしないのかは聞いたことがありませんが、おそらく「時間の無駄」だからかもしれません。

 

人は他人のことにさほど興味がないので、自分の話をされても退屈なだけ。
ぶっちゃけ時間の無駄ですね。

 

これはプライベートでも言えることなので、私もデキる人を見習いつつ、真似してみようと思います。

周囲に優しくすると、巡り巡ってくる

当たり前の話ですが、他人に優しくした方がメリットがありますよね。

 

たとえば「この人、感じが悪いんだよな・・・」という人と一緒に仕事なんてしたくないですよね?

感じが悪い人が困っていても協力したいとか思わないし、極力距離を置いて働きたい。

逆に、周りに親切にしておくと、いつか自分が困ったときに協力してもらえるだけでなく、いつも周りに人が集まってきます。

 

良いことも悪いことも「因果応報」

 

なので、出世したいとか、人から尊敬されたいとか思うなら、まずは周りの人を大切にすべきですね。

悪意がある人は、放っておいたらいい

というわけで、結論は「人には親切にしましょう」なのですが、悪意のある人にまで親切にしてやる必要はありません。

かと言って仕返ししてたら、その悪人と同レベルなので・・・

基本的に悪意のある人は放っておきましょう。

 

悪意のある人に優しくしても、たぶんいつか悪意を向けられることになって萎えます。

なので、悪意のある人には近づかない、関わらないのがいいかなと思います。

 

ちなみに、悪意のある人も含め、公務員の職場にいる嫌なタイプの人についてまとめてみましたので、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク




出世する優秀な人から見習うべき3つのこと


下記の3つはぜひ取り入れたいと思います。

  1. 決めつけない
  2. 自慢話をしない
  3. 目標を持つ

①:決めつけない

個人的には決めつけないで、新しいことにも比較的チャレンジできていると思っています。

そして職場では、上司だろうと部下だろうと、公平なスタンスで聞くのがいいですね。

 

世の中には「上にはペコペコ」そして「下には先輩風吹かせまくり」な人がいますが・・・
ぶっちゃけダサいです。

 

そしてそういった小物感満載な人は、すぐ見破られてバカにされますからね。

私はスマートな大人を目指しているので、常に人によって態度を変えないスタンスで生きていこうと思います。

②:自慢話をしない

先ほども書きましたが、自分の自慢話や武勇伝を語らないのも大事ですね。

自慢話や武勇伝って、自己満足以外のナニモノでもないですからね。

 

基本的にコミュニケーションは「話す3割、聞く7割」くらいが丁度よくて、その方が相手も喜ぶし、自分も吸収できる。

そして話をして疲れない、とメリットが多いです。

 

自慢話をして承認欲求を満たしたくなる気持ちも分かりますが、そのような話はしないに越したことはないです。

なるべく聞き手に回り、優秀な人から吸収できることはどんどん取り入れていきましょう。

③:目標を持つ

いくつになっても目標を持つことは大事です。

 

  • 出世したいのか
  • 仲間を増やしたいのか
  • お金を稼ぎたいのか

たとえば上記の感じです。

 

思考停止して毎日働くのではなく、目標や戦略を持つこと。

ビジョンが明確だと、結果を出しやすくなると思います。

 

ちなみに、私はこのブログを通じて公務員を目指す人を応援しています。

自己満足かもしれませんが、人の役に立つことをして、コツコツと人生の徳を積んでいきたいと思っています。

 

ちなみに、上司に必要なことは高田純次から学べまして、それについては以下の記事で解説していますので合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク




さいごに


というわけで、今回は以上にしたいと思います。

 

働き方、そして職場での過ごし方は人それぞれですが、思考停止して毎日家と職場の往復だともったいないと思います。

常に目標を持ち、新しいことにチャレンジする精神を持ちつつ、デキる人からは学ぶのがベストだと思います。

言うまでもなく、私はまだまだな人間なので、少しずつ成長していけるように日々努力しています。

 

出世する優秀な人から見習うべき3つのこと

最後にもうまとめておきます。

  1. 決めつけない
  2. 自慢話をしない
  3. 目標を持つ

ぜひ、優秀な人になりたい方は取り入れてみてください。

私も上記を意識しつつ、スマートな大人になれるよう頑張っていきます。

 

公務員の仕事の流儀について

出世したい公務員の方へ

独身のままだと、出世に影響します