都道府県庁シリーズ

【北海道庁の採用試験結果まとめ】2015年~2020年度の試験の倍率

お悩みさん
お悩みさん
・北海道庁の倍率ってどれくらいなんだろう?

・毎年どれくらい採用してるのか、具体的な人数を知りたい。

・北海道庁の試験に受かるコツとか、試験について可能な限り教えてほしい。

このような疑問にお答えします。

 

本文では、

北海道庁の採用試験の結果(倍率)

について紹介しています。

 

2015年(平成27年度)から2020年(令和2年度)までの採用試験結果についてまとめています。

競争率や採用人数の推移とかを確認したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

2020年(令和2年度)の採用試験結果

令和2年度の採用試験の結果は、以下の通りです。

 

A区分(大卒)

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政A(第1回) 748 401 191 3.9
一般行政A(第2回) 311 40 12 25.9
教育行政A(第1回) 114 91 62 1.8
教育行政A(第2回) 93 60 26 3.6
警察行政A(第1回) 98 74 53 1.8
警察行政A(第2回) 19 7 2 9.5
環境科学A 19 17 6 3.2
社会福祉(第1回) 29 28 21 1.4
社会福祉(第2回) 12 11 8 1.5
農業A 11 11 11 1.0
水産A(第1回) 14 14 9 1.6
水産A(第2回) 13 8 3 4.3
林業A(第1回) 13 13 13 1.0
林業A(第2回) 6 4 2 3.0
総合土木A(第1回)農業土木 9 7 7 1.3
総合土木A(第1回)建設土木 18 17 11 1.6
総合土木A(第2回)農業土木 6 4 4 1.5
総合土木A(第2回)建設土木 10 10 6 1.7
総合土木(口述型)農業土木 28 28 22 1.3
総合土木(口述型)建設土木 46 46 39 1.2
建築A(第1回) 9 9 7 1.3
建築A(第2回) 4 3 1 4.0
普及職員(農業)A(第1回) 34 23 22 1.5
普及職員(農業)A(第2回) 25 18 15 1.7
普及職員(水産)A(第1回) 8 8 4 2.0
普及職員(水産)A(第2回) 2 2 2 1.0

 

B区分(高卒・短大卒)

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政B 616 270 132 4.7
教育行政B 91 73 38 2.4
警察行政B 79 53 25 3.2
農業B 18 16 15 1.2
水産B 9 7 2 4.5
林業B 54 46 36 1.5
総合土木B(農業土木) 56 51 38 1.5
総合土木B(建設土木) 46 39 33 1.4
建築B 9 8 4 2.3

 

C区分

試験区分 受験者 1次合格 2次合格 最終合格 倍率
一般行政C(経験不問枠) 486 51 26 10 48.6
教育行政C(経験不問枠) 115 25 12 5 23.0
一般行政C 447 302 167 86 5.2
教育行政C 49 37 13 12 4.1
環境科学C 11 6 5 1 11.0
社会福祉C 64 27 27 21 3.0
農業C 5 4 4 3 1.7
水産C 2 1 1 1 2.0
林業C 12 10 8 7 1.7
総合土木C(農業土木) 0
総合土木C(建設土木) 24 18 13 8 3.0
建築C 7 5 4 3 2.3
普及職員(農業)C 17 11 10 10 1.7
普及職員(水産)C 0

 

公立小中学校事務

試験区分 受験者 1次合格 2次合格 最終合格 倍率
公立小中学校事務A 139 94 30 4.6
公立小中学校事務B 39 28 8 4.9
公立小中学校事務C(経験不問枠) 58 16 10 3 19.3
公立小中学校事務C 120 36 15 9 13.3

障がい者を対象

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政 224 184 30 6.4
教育行政 2
警察行政 2
公立小中学校事務 1
スポンサーリンク




2019年(令和元年度)の採用試験結果

令和元年度の採用試験の結果は、以下の通りです。

 

A区分(大卒)

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政A(第1回) 1367 721 296 4.6
一般行政A(第2回) 365 182 66 5.5
教育行政A(第1回) 150 98 51 2.9
教育行政A(第2回) 20 17 7 2.9
警察行政A(第1回) 175 106 57 3.1
警察行政A(第2回) 24 7 1 24.0
環境科学A 17 11 6 2.8
社会福祉(第1回) 21 15 11 1.9
社会福祉(第2回) 24 11 7 3.4
農業A 11 10 10 1.1
水産A(第1回) 22 21 11 2.0
水産A(第2回) 10 7 3 3.3
林業A(第1回) 14 10 8 1.8
林業A(第2回) 9 7 3 3.0
総合土木A(第1回)農業土木 8 5 4 2.0
総合土木A(第1回)建築土木 20 12 9 2.2
総合土木A(第2回)農業土木 5 4 3 1.7
総合土木A(第2回)建築土木 7 5 3 2.3
総合土木(新方式)農業土木 32 23 18 1.8
総合土木(新方式)建築土木 51 40 30 1.7
建築A(第1回) 17 11 7 2.4
建築A(第2回) 3 2 0
普及職員(農業)A(第1回) 32 23 22 1.5
普及職員(農業)A(第2回) 13 5 4 3.3
普及職員(水産)A(第1回) 5 2 2 2.5
普及職員(水産)A(第2回) 3 3 3 1.0
公立小中学校事務A 134 97 59 2.3

 

B区分(高卒・短大卒)

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政B 546 333 210 2.6
教育行政B 86 73 41 2.1
警察行政B 81 49 25 3.2
農業B 18 13 13 1.4
水産B 4 3 3 1.3
林業B 44 42 34 1.3
総合土木B(農業土木) 39 37 32 1.2
総合土木B(建築土木) 56 33 30 1.9
公立小中学校事務B 46 45 18 2.6

 

C区分(社会人経験者)

試験区分 受験者 1次合格 2次合格 最終合格 倍率
一般行政C 832 324 176 104 8.0
教育行政C 70 25 12 6 11.7
環境科学C 24 10 7 3 8.0
社会福祉C 101 80 42 31 3.3
農業C 10 5 2 1 10.0
水産C 7 5 3 2 3.5
林業C 9 4 1 1 9.0
総合土木C(農業土木) 2 2 0 0
総合土木C(建築土木) 44 39 29 20 2.2
建築C 5 3 2 1 5.0
普及職員(農業)C 18 13 7 7 2.6
普及職員(水産)C 4 4 1 1 4.0
公立小中学校事務C 224 85 43 24 9.3

障がい者を対象

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政 215 179 34 5.0
教育行政 3
警察行政 4
公立小中学校事務 2
スポンサーリンク




2018年(平成30年度)の採用試験結果

平成30年度の採用試験の結果は、以下の通りです。

 

A区分(大卒)

試験区分 受験者 1次合格 2次合格 最終合格 倍率
一般行政A(第1回) 1709 795 552 357 4.8
一般行政A(第2回) 345 105 48 18 19.2
教育行政A(第1回) 159 108 91 72 2.2
教育行政A(第2回) 84 55 41 25 3.4
警察行政A(第1回) 132 83 52 2.5
警察行政A(第2回) 39 7 2 19.5
環境科学A 34 14 7 4.9
社会福祉A 34 15 11 3.1
農業A 25 19 13 1.9
水産A(第1回) 15 15 11 1.4
水産A(第2回) 14 7 4 3.5
林業A 13 11 9 1.4
総合土木A(第1回)農業土木 6 6 6 1.0
総合土木A(第1回)建築土木 36 27 21 1.7
総合土木A(第2回)農業土木 2 2 2 1.0
総合土木A(第2回)建築土木 19 14 8 2.4
総合土木(新方式)農業土木 44 32 26 1.7
総合土木(新方式)建築土木 63 43 31 2.0
建築A(第1回) 13 10 8 1.6
建築A(第2回) 9 5 2 4.5
普及職員(農業)A(第1回) 35 30 18 1.7
普及職員(農業)A(第2回) 24 14 7 2.0
普及職員(水産)A(第1回) 12 11 6 1.8
普及職員(水産)A(第2回) 7 6 1 6.0
公立小中学校事務A 137 91 50 2.7

 

B区分(高卒・短大卒)

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政B 629 312 180 3.5
教育行政B 89 88 53 1.7
警察行政B 102 36 23 4.4
農業B 8 7 7 1.1
水産B 6 5 3 2.0
林業B 45 41 36 1.3
総合土木B(農業土木) 31 26 26 1.2
総合土木B(建築土木) 64 47 42 1.5
建築B 10 5 3 3.3
公立小中学校事務B 40 35 14 2.9

 

C区分(社会人経験者)

試験区分 受験者 1次合格 2次合格 最終合格 倍率
一般行政C 541 273 112 72 7.5
教育行政C 41 27 16 7 5.9
環境科学C 16 7 2 2 8.0
社会福祉C 39 30 24 18 2.2
農業C 3 2 1 0
水産C 3 3 1 1 3.0
林業C 7 4 1 1 7.0
総合土木C(農業土木) 1 1 0
総合土木C(建築土木) 40 36 29 25 1.6
建築C 7 5 4 1 7.0
普及職員(農業)C 14 13 8 7 2.0
普及職員(水産)C 2 2 2 2 1.0
公立小中学校事務C 117 63 53 21 5.6

 

障がい者を対象

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政 20 16 5 2.2
教育行政 0
警察行政 3
公立小中学校事務 1

 

2017年(平成29年度)の採用試験結果

平成29年度の採用試験の結果は、以下の通りです。

 

A区分(大卒)

試験区分 受験者 1次合格 2次合格 最終合格 倍率
一般行政A(第1回) 1376 829 528 391 3.5
一般行政A(第2回) 412 130 45 24 17.2
教育行政A(第1回) 233 141 104 61 3.8
教育行政A(第2回) 67 40 15 13 5.2
警察行政A(第1回) 141 87 45 3.1
警察行政A(第2回) 42 14 3 14.0
環境科学A 29 14 8 3.6
社会福祉A 31 20 18 1.7
農業A 21 12 9 2.3
水産A 11 7 5 2.2
林業A 15 11 10 1.5
総合土木A(第1回) 32 24 20 1.6
総合土木A(第2回) 20 14 10 2.0
総合土木A(新方式) 33 28 16 2.1
建築A(第1回) 15 14 8 1.9
建築A(第2回) 5 1 0
普及職員(農業)A(第1回) 39 20 15 2.6
普及職員(農業)A(第2回) 24 16 12 2.0
普及職員(水産)A 1 0
公立小中学校事務A 134 63 24 5.6

 

B区分(高卒・短大卒)

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政B 639 367 178 3.6
教育行政B 72 38 26 2.8
警察行政B 79 35 20 4.0
農業B 13 6 6 2.2
水産B 2 2 2 1.0
林業B 41 35 34 1.2
総合土木B 88 69 62 1.4
建築B 6 6 5 1.2
公立小中学校事務B 56 23 8 7.0

 

C区分(社会人経験者)

試験区分 受験者 1次合格 2次合格 最終合格 倍率
一般行政C 445 273 119 84 5.3
教育行政C 36 20 10 5 7.2
環境科学C 11 4 3 2 5.5
社会福祉C 49 42 28 18 2.7
農業C 3 3 3 0
水産C 2 2 2 2 1.0
林業C 9 5 2 2 4.5
総合土木C 44 29 22 21 2.1
建築C 9 4 3 2 4.5
普及職員(農業)C 11 7 6 5 2.2
普及職員(水産)C 0
公立小中学校事務C 141 54 48 19 7.4

 

障がい者を対象

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政 30 22 7 3.0
教育行政 0
警察行政 0
公立小中学校事務 3

 

2016年(平成28年度)の採用試験結果

平成28年度の採用試験の結果は、以下の通りです。

 

A区分(大卒)

試験区分 受験者 1次合格 2次合格 最終合格 倍率
一般行政A(第1回) 1668 802 569 367 4.5
一般行政A(第2回) 538 200 120 41 13.1
教育行政A(第1回) 252 154 124 89 2.8
教育行政A(第2回) 126 80 45 24 5.3
警察行政A(第1回) 196 101 45 4.4
警察行政A(第2回) 50 11 3 16.7
環境科学A 18 14 7 2.6
社会福祉A 23 18 14 1.6
農業A 25 22 11 2.3
水産A 17 13 8 2.1
林業A 9 9 7 1.3
総合土木A(第1回) 52 36 30 1.7
総合土木A(第2回) 19 18 16 1.2
建築A(第1回) 18 8 8 2.3
建築A(第2回) 9 7 5 1.8
普及職員(農業)A(第1回) 39 25 22 1.8
普及職員(農業)A(第2回) 19 17 14 1.4
普及職員(水産)A 12 7 3 4.0
公立小中学校事務A 187 159 62 3.0

 

B区分(高卒・短大卒)

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政B 592 350 190 3.1
教育行政B 73 70 32 2.3
警察行政B 77 41 20 3.9
農業B 7 5 5 1.4
水産B 3 3 2 1.5
林業B 40 39 36 1.1
総合土木B 60 45 43 1.4
建築B 6 3 2 3.0
公立小中学校事務B 49 48 24 2.0

 

C区分(社会人経験者)

試験区分 受験者 1次合格 2次合格 最終合格 倍率
一般行政C 476 212 141 76 6.3
教育行政C 70 39 21 13 5.4
社会福祉C 21 15 11 7 3.0
農業C 8 3 3 2 4.0
水産C 6 4 3 1 6.0
林業C 4 4 2 2 2.0
総合土木C 40 28 17 10 4.0
建築C 11 7 6 3 3.7
普及職員(農業)C 8 7 3 3 2.7
普及職員(水産)C 2 2 1 1 2.0
公立小中学校事務C 142 65 45 20 7.1

 

障がい者を対象

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政 33 27 2 8.3
教育行政 1
警察行政 0
公立小中学校事務 1

 

2015年(平成27年度)の採用試験結果

平成27年度の採用試験の結果は、以下の通りです。

 

A区分(大卒)

試験区分 受験者 1次合格 2次合格 最終合格 倍率
一般行政A(第1回) 1526 683 484 284 5.4
一般行政A(第2回) 471 217 133 80 5.9
教育行政A(第1回) 278 108 75 61 4.6
教育行政A(第2回) 101 48 35 29 3.5
警察行政A(第1回) 200 100 55 3.6
警察行政A(第2回) 52 22 7 7.4
環境科学A 24 20 6 4.0
社会福祉A 28 16 10 2.8
農業A 15 11 10 1.5
水産A 15 10 8 1.9
林業A 8 6 5 1.6
総合土木A(第1回) 71 55 45 1.6
総合土木A(第2回) 17 8 6 2.8
建築A 12 8 5 2.4
普及職員(農業)A(第1回) 67 54 39 1.7
普及職員(農業)A(第2回) 22 17 10 2.2
普及職員(水産)A 6 4 3 2.0
公立小中学校事務A 181 99 53 3.4

 

B区分(高卒・短大卒)

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政B 681 360 221 3.1
教育行政B 54 43 31 1.7
警察行政B 68 47 21 3.2
農業B 8 6 4 2.0
水産B 4 3 2 2.0
林業B 21 14 11 1.9
総合土木B 43 28 19 2.3
建築B 1 0
公立小中学校事務B 54 40 25 2.2

 

C区分(社会人経験者)

試験区分 受験者 1次合格 2次合格 最終合格 倍率
一般行政C 506 188 120 75 6.7
教育行政C 60 20 10 9 6.7
社会福祉C 22 10 6 4 5.5
農業C 5 3 2 0
水産C 7 5 4 3 2.3
林業C 10 5 2 2 5.0
総合土木C 41 22 12 10 4.1
建築C 10 3 1 1 10.0
普及職員(農業)C 31 13 9 9 3.4
普及職員(水産)C 1 1 0
公立小中学校事務C 120 61 32 18 6.7

 

障がい者を対象

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政 41 40 10 2.0
教育行政 1
警察行政 5
公立小中学校事務 5

 

北海道庁の試験に受かるコツ

北海道庁に限らず、公務員試験に受かるコツは以下の通りです。

 

試験の概要を知ること。

 

どういったことかと言いますと、試験はデータ戦です。

どんな試験が出るか、また、競争率はどれくらいかなどを頭に入れておくかどうかで、試験に合格できるかどうかは圧倒的に変わってきます。

教養試験のみなのか、専門試験は出るのか?だけでなく、面接試験にどれほどの比重を置いているかを知ることで万全の準備をすることができます。

 

ちなみに、北海道庁の試験の概要については以下の記事でまとめています。

赤ずきん
赤ずきん
自治体が採用したい人物像や面接試験のコツについても紹介していますので、北海道庁を受験する方はぜひ合わせて読んでみてください!

 

というわけで当記事は以上となります。

あなたが北海道庁の採用試験に合格できる手助けになれば幸いです。

と言いたいところですが、最後に1点だけ!

 

最後になりましたが、「社会人のための公務員転職ハンドブック」についてご紹介させてください。

知らないと損をするので、必ず読んでみてくださいね!

手に入れる方法は簡単、クレアールに資料請求するだけなので、面倒や負担は一切ナシです!

 

社会人のための公務員転職ハンドブックとは?

社会人のための公務員転職ハンドブックとは、クレアールが発行している公務員試験の概要が学べる冊子です。校舎に行かなくても公式サイトから資料請求するだけでもらえるので、簡単に有益な情報を手に入れることが出来ます!

公務員を目指す社会人は当然のこと、学生も読んでおいて損はないのでぜひ手に入れましょう!

 

なぜオススメするかと言うと、これ1冊だけで「公務員試験の内容」「採用試験の日程」「忙しい人が勉強時間を確保する方法」といった、非常に有益な情報が載っているからです。

実際に私もどんな物かと手に入れてみたところ、その情報量の多さ、そして無料なのにこんなにページ数があるの!?とビックリしました!

繰り返しになりますが、社会人のための公務員転職ハンドブックは誰でも無料でもらえるので、ぶっちゃけもらわないだけ損!

もちろん、資料請求したからといってしつこい勧誘とかダイレクトメールとか一切無いので、安心してください(笑)

 

ただ1つだけ注意点があるのですが、それは数量限定ということ。

つまり、「無料だけど無くなったらそこで終了!」という訳なので、なるべく早めに手に入れてください。

クレアールを検討している人もそうじゃない人も、ぜひ以下の公式サイトから資料請求してみてください!

社会人も学生も、公務員試験の概要を知りたいなら公務員転職ハンドブックがオススメ!

資料請求はわずか2〜3分もあれば出来るのでぜひ!

  • 公務員試験の内容(科目など)
  • 公務員試験の日程
  • 忙しい人が勉強時間を確保する方法

 社会人のための公務員転職ハンドブックはこちらから

赤ずきん
赤ずきん
社会人の方だけでなく学生の方も読んでおいて損はないと思うので、ぜひこの機会に手に入れてみましょう!