都道府県庁シリーズ

【新潟県庁の採用試験まとめ】面接・集団討論・論文・適性検査で失敗しない方法を解説します

新潟県庁の採用試験を受けようと思ってるんだけど、自治体のホームページって見にくいし、いちいちpdfファイルだったりしてうっとおしい・・・

もう少し分かりやすくまとめられてサイトってないのかな?

そんなあなたのために、新潟県の職員採用試験について、どこよりも分かりやすく説明します。

 

本文では、

  • 新潟県庁の採用試験の流れ
  • 採用試験について
  • 論文試験について
  • 面接カードについて
  • 適性検査について
  • 集団討論について
  • プレゼンテーションについて
  • 採用試験の倍率
  • 新潟県庁の給料・ボーナス・初任給など

について解説しています。

 

新潟県庁を志望する方のために、採用試験について分かりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

本記事は、令和2年度の採用試験情報を元にまとめています。試験概要に変更があればその都度更新しますが、新潟県庁の採用試験を受けられる方は必ず最新の新潟県庁採用情報を確認ください。

新潟県庁の採用試験の流れ

新潟県庁の採用試験の申し込みから最終合格までの流れは以下の通りです。

  1. 電子申請による受験申し込み
  2. 1次試験実施 & 1次試験合格者発表
  3. 2次試験実施 & 最終合格者発表

①:インターネットによる受験申し込み

新潟県庁の採用試験を受けるには、まずはインターネットによる申し込みをしなければいけません。

大半の自治体では、電子申請と郵送による申し込みのどちらかが選べるのですが、茨城県庁は「インターネット申込みを推奨」となっています。

ちなみに、新潟県庁の採用試験を受けるための電子申請のやり方については、公式ホームページで詳しく説明されています。

②:1次試験実施 & 1次試験合格者発表

令和2年の採用試験は以下の日時で開催予定となっております。

 

大卒程度 6月28日(日)
短大卒業程度 9月27日(日)
高卒程度 9月27日(日)
市町村立義務教育諸学校事務職員 9月27日(日)
就職氷河期世代を対象 9月27日(日)

 

③:2次試験実施 & 最終合格者発表

新潟県庁は2次試験が最終になります。

ちなみに、最終合格までの試験を通じて、新潟県庁は以下のような人を採用したい思いがあります。

 

  • チャレンジ精神を持ち、主体的に行動できる人
  • 状況の変化に柔軟に対応しながら、自分の役割を果たすことが出来る人

 

面接での受け答えや、あなたのビジネスマナーを見ることにより「上記に当てはまる人材かどうか」を品定めされることになります。

スポンサーリンク




新潟県庁の採用試験について

令和2年度採用試験の「採用人数」と「募集職種」は以下の通りです。

 

大学卒業程度

一般行政 38人程度
一般行政(病院) 3人程度
警察行政 1人程度
福祉行政 8人程度
福祉行政(心理) 3人程度
総合土木 15人程度
総合土木(新方式) 3人程度
林業 4人程度
農業 6人程度
水産 1人程度
建築 1人程度
環境 2人程度
電気 5人程度
保健師 2人程度
薬剤師(行政) 1人程度
少年警察補導員 3人程度

 

短大卒・高卒程度・学校事務職員

司書(短大卒) 1人程度
一般事務 6人程度
警察事務 1人程度
総合土木 6人程度
電気 3人程度
学校事務職員 5人程度

 

就職氷河期世代を対象

一般事務 5人程度
総合土木 5人程度
学校事務職員 3人程度

 

大学卒業程度

  1. 1次試験:教養試験・専門試験
  2. 2次試験:論文試験・集団討論・個別面接・適性検査

総合土木(新方式)

  1. 1次試験:専門試験
  2. 2次試験:プレゼンテーション・集団討論・個別面接・適性検査

短大卒業程度

  1. 1次試験:教養試験・専門試験
  2. 2次試験:個別面接・適性検査

高卒程度・学校事務

  1. 1次試験:教養試験・専門試験・作文試験
  2. 2次試験:個別面接・適性検査

※専門試験は総合土木・電気のみ実施

※作文試験は総合土木・電気以外の試験で実施

就職氷河期世代を対象

  1. 1次試験:教養試験・専門試験
  2. 2次試験:個別面接・適性検査
  3. 3次試験:個別面接

※専門試験は総合土木のみ実施

赤ずきん
赤ずきん
職種や試験区分によって、実施される試験はさまざまだね!
スポンサーリンク




新潟県庁の論文試験について

論文試験があるとなると、「作文が苦手だからどうしよう」とか、「書き慣れてないから何を書けばいいか分からない」というように考える方も多いかもですが・・・

実は、公務員試験の論文には書き方のコツがあって、それさえ把握しておけば何も怖くありません。

むしろ、何を聞かれるか分からない面接試験よりも、圧倒的に準備がしやすいんです。

なので、新潟県の職員採用試験のポイントは論文試験で失敗しないことでして、そのために試験本番までに論文の書き方を知っておきましょう。

 

なぜ、論文試験が実施されるの?

論文試験と聞くと、「文章の流れが分からない」といったように苦手意識が強い人が多いのが事実。

では、なぜ自治体サイドが多くの受験者が苦手意識のある論文試験を行うかというと、理由は以下の通りです。

 

自治体と同じビジョンを持っている人を採用したいから。

 

論文試験で与えられるテーマは、その自治体のビジョンについてだったり、抱える問題だったりします。

その与えられたテーマについてのあなたの考えが、自治体サイドの思いと似たものであればOKというわけです。

それと、論文試験を通じて自分の考えを整理して文章にまとめるスキルを見られています。

 

覚えるだけでスラスラ書ける!最強の論文テンプレート

論文は論理的な文章を書けばいいのですが、文章を書き慣れていない人にとっては難易度の高いことだと思います。

しかし心配は要りません。

結論から言いますと公務員試験の論文の書き方にはテンプレートがありまして、その雛形に合わせて書けば、どのようなテーマであれどんどん筆が進んでいきます。

 

ちなみに、論文をサクサク書けるようになるテンプレートを知りたい!という方のために、

赤ずきん
赤ずきん
以下のnoteで誰でもスラスラ書ける論文テンプレートを解説しているから、参考にしてみてください!

新潟県庁の面接カードについて

多くの自治体では面接試験の質問材料にするために、面接カードの記入が行われます。

試験当日までに書いておく自治体もあれば、試験当日に現地で書く自治体もあり、その提出時期はさまざま。

そしてご存知のように、公務員試験では筆記試験よりも面接試験に重きを置くようにシフトされています。

ということは、面接試験でより一層人物の品定めをされるということなので、ぶっちゃけ凄くシビアになります。

要するに、「面接試験でつまずく=不合格になる」でして、面接試験で失敗しないためのファーストステップは面接カードを万全に仕上げることになります。

 

知らなきゃヤバイ!試験で失敗しない面接カードの書き方

面接カードと聞くと、「ただ質問に答える形で書けばいいんでしょ?」と、甘く見る人が多いのですが・・・

それだと間違いなく面接試験で落とされることになります。

結論から言うと、「面接をコントロールするように書くこと」が合格へのカギとなります。

 

ちなみに、面接に苦手意識がある人でも有利に進めることが出来る「面接カードを書く方法」については、以下のnoteで解説しています。

赤ずきん
赤ずきん
「コントロールするように面接カードを書く方法なんて分からない・・・」という方は、ぜひ以下のnoteを参考にしてみてくださいね!

新潟県庁の適性検査について

適性検査をご存知でしょうか?

自治体によって形態が若干異なりますが、基本的には以下のような試験となっています。

 

  • 同じ形のものを選ぶ
  • 簡単な計算(足し算や引き算)をする

 

上記のような単純な問題が100問くらい出題され、制限時間まで解けるだけ解きます。

正解すると1点、そして不正解だと-2点となるため、速さと同時に正確性も求められます。

赤ずきん
赤ずきん
適性検査については以下の記事で解説していますので、合わせて読んでみてくださいね!

新潟県庁の集団討論について

新潟県庁では2次試験で集団討論が行われます。

集団討論とは簡単な自己紹介のあとにテーマを与えられて、複数人の受験者が討論する形態の試験です。

たとえば、「少子化に向けて行政が出来ることは?」というテーマが与えられて、各々少子化の対策について語り合うといった感じです。

 

ここを見られてる!?面接官が集団討論でチェックするものとは?

集団討論って多くの人があまり経験がないかと思います。

それもそのはず、集団討論を行う自治体はそれほど多くはありません。

では、なぜこのような珍しい形態の試験を行うのかと言うと、理由は以下の通りです。

 

他人の意見を聞きつつ、自分の意見も言える「調整力」があるかどうかを見るため。

 

集団討論はとにかく喋ればいい、と思っている人も多いですが・・・

そういうスタンスだと試験に落とされるので注意が必要です。

赤ずきん
赤ずきん
集団面接の心得的な話は以下の記事で解説していますので、合わせて読んでみてくださいね!

新潟県庁のプレゼンテーションについて

プレゼンテーションは、ザックリ説明をすると「自分を売り込むための試験」ですが、

「困った、どうしよう・・・自分を売り込むなんてやったことないし、自信がない・・・」

「人にドヤれるほどの強みがない」

「自分の強みがプレゼンテーションで使える長所かどうか不安」

「緊張しそうだし、考えただけで今から胃が痛い・・・」

と、不安に思い、困っている方も多いはず。

 

このように、プレゼンテーションに自信がない人の大半は、ただ単に「自分の強みをよく把握していないだけ」なんです。

狼くん
狼くん
自分の長所くらい分かってるつもりだけど!

 

という方が挙げる長所って、

 

  • 粘り強い
  • 好奇心旺盛
  • 努力ができる

 

とかですよね?

上記も立派な長所ではあるのですが、それを詳細に裏付ける「自己分析」が出来ていないと、思いっきり薄っぺらい長所になってしまいます。

結論から言いますと、自己診断ツールを利用して自己分析を行えば、あなたの強みに自信を持つことが出来るようになります。

また、その分析結果はあなたの短所や志望動機を聞かれた時にも利用することが出来ます。

 

ちなみに、無料で出来るオススメの自己分析ツールについては以下の記事で紹介しています。

赤ずきん
赤ずきん
合格してる人はみんな自己分析をしっかり行なっているので、合格したいならぜひやってみよう!

新潟県庁の採用試験の倍率

令和元年度の採用試験の結果は、以下の通りです。

 

大学卒業程度

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政 328 183 69 4.8
一般行政(病院) 11 7 2 5.5
警察行政 21 9 4 5.3
福祉行政 46 22 11 4.2
総合土木 46 39 27 1.7
総合土木(新方式) 9 7 2 4.5
林業 11 9 7 1.6
農業 30 26 13 2.3
水産 13 8 3 4.3
建築 3 3 0
環境 20 6 2 10.0
電気 6 6 2 3.0
保健師 11 10 6 1.8
管理栄養士(行政) 27 6 3 9.0
薬剤師(行政) 3 3 1 3.0
少年警察補導員 2 1 0
科学捜査(電気) 5 4 1 5.0
交通工学 2 1 1 2.0

 

大学卒業程度(追加募集)

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
福祉行政 21 10 6 3.5
総合土木(新方式) 11 7 5 2.2
建築 3 3 1 3.0

 

民間企業経験者

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般行政 62 16 4 15.5
福祉行政 4 4 1 4.0
総合土木 5 3 1 5.0
林業 3 3 3 1.0
農業 5 4 2 2.5
水産
環境 4 3 0
電気 2 2 1 2.0
保健師 2 2 1 2.0

 

高校卒業程度

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
一般事務 104 36 16 6.5
警察事務 17 4 2 8.5
総合土木 21 12 10 2.1
電気 8 6 4 2.0

 

学校事務職員

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
学校事務A 211 95 49 4.3
学校事務B 35 6 0

 

行政職の全国平均は7倍くらいなので、新潟県庁は4.8倍ということから、全国平均より若干低めですね。

赤ずきん
赤ずきん
令和元年よりも前の採用試験結果のデータ(倍率)が見たい方は、下記の記事で掲載しています。

新潟県庁の給料・ボーナスその他まとめ

新潟県庁(行政職)の給料やボーナスといった各種データは以下の通りです。

 

平均年齢 43.8歳
平均年収 662万6184円
平均月額基本給 33万4759円
平均総支給給料(月額) 41万4032円
ボーナス 165万7800円
退職金(60歳定年) 2191万7000円

 

新潟県庁職員の初任給は?

新潟県庁の初任給は次の通りです。

一般行政職(大卒) 18万7200円
一般行政職(高卒) 15万3000円
警察職(大卒) 22万1200円
警察職(高卒) 18万1700円
小・中学校教育職 20万9100円
高等学校教育職 20万9100円
技能労務職(高卒) 15万700円

 

赤ずきん
赤ずきん
都道府県庁で働く公務員の給料やボーナスなどの給料事情は、以下の記事でまとめてあるよ!

さいごに

新潟県庁の採用試験情報についてまとめてみました。

新潟県庁の採用試験は他の自治体同様、筆記試験よりも圧倒的に面接試験に重きが置かれています。

面接試験が苦手な方は「面接での受け答えとかコミュ力ないからマジでヤバイ」と思うかもですが・・・実はそれほど気負うことはありません。

繰り返しになりますが、面接試験は面接カードを適切に書けば、ある程度面接官からの質問をコントロールすることが出来ます。

なので、コミュニケーションに自信がない人こそ、下記の2つのnoteを自己投資だと思って参考にしてみてくださいね。

 

それでは今回は以上で終わりになります。

と言いたいところですが、最後に1点だけ!

 

それでは最後に、「グッドポイント診断」についてご紹介させてください。

知らないと損をするので、必ず読んでみてくださいね!

診断方法は簡単、リクナビNEXTの公式サイトで無料で行えますので、負担は一切ナシです!

 

グッドポイント診断とは?

グッドポイント診断とは、リクナビNEXTが無料で提供しているあなたの知られざる性格(強み)を診断できる自己分析ツールです。スマホやパソコンがあれば誰でも無料で診断できるので、簡単に面接試験で役立つ情報を手に入れることが出来ます!

 

なぜオススメするかと言うと、診断するだけで「自分でも気づかなかった強みを知れる」「その強みが面接で使える」「自分の発言に説得力をもたらすことが出来る」といった、非常に有益な診断結果が得られるからです。

実際に私もどんな物かと診断してみたところ、その情報の的確さ、そして無料なのにこんなにボリュームがあるの!?とビックリしました!

繰り返しになりますが、グッドポイント診断は誰でも無料で診断できるので、ぶっちゃけやらないだけ損!

もちろん、自己分析したからといってしつこい勧誘とかメールとか無いので、安心してください!

 

公務員試験に合格してる人には1つだけ秘密があるのですが、それは「合格してる人はみんな自己分析をしている」ということ。

つまり、「公務員になりたいなら自己分析はやっておくべき!」という訳なので、今この機会にぜひ自己分析やっておきましょう!

自己分析をやったことがある人もそうじゃない人も、ぜひ以下の公式サイトからグッドポイント診断をしてみてくださいね!

面接試験で使える、あなたの知られざる性格(強み)を知りたいならグッドポイント診断がオススメ!

質問に答えていくだけなので、楽しみながら行えますのでぜひ!

  • 知られざるあなたの強み
  • 面接で長所を聞かれた際に使える
  • 発言や回答に説得力をもたらすことができる

 無料で出来るグッドポイント診断はこちらから

 

社会人から公務員へ転職する方へ

合格する人がみんなやってる自己分析

自分が公務員に向いているどうか知りたい方へ