都道府県庁シリーズ

【神奈川県庁の採用試験まとめ】面接・グループワーク・論文で失敗しない方法を解説します

神奈川県庁の採用試験を受けようと思ってるんだけど、自治体のホームページって見にくいし、いちいちpdfファイルだったりしてうっとおしい・・・

もう少し分かりやすくまとめられてサイトってないのかな?

そんなあなたのために、神奈川県の職員採用試験について、どこよりも分かりやすく説明します。

 

本文では、

  • 神奈川県庁の採用試験の流れ
  • 採用試験について
  • 論文試験について
  • 面接カードについて
  • グループワークについて
  • 採用試験の倍率
  • 神奈川県庁の給料・ボーナス・初任給など

について解説しています。

 

神奈川県庁を志望する方のために、採用試験について分かりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

本記事は、令和元年度の採用試験情報を元にまとめています。試験概要に変更があればその都度更新しますが、神奈川県庁の採用試験を受けられる方は必ず最新の神奈川県庁採用情報を確認ください。

神奈川県庁の採用試験の流れ

神奈川県庁の採用試験の申し込みから最終合格までの流れは以下の通りです。

  1. インターネットによる受験申し込み
  2. 1次試験実施 & 1次試験合格者発表
  3. 2次試験実施 & 最終合格者発表

①:インターネットによる受験申し込み

神奈川県庁の採用試験を受けるには、まずはインターネットによる申し込みをしなければいけません。

大半の自治体では、電子申請と郵送による申し込みのどちらかが選べるのですが、神奈川県庁は「インターネット申込み推奨」となっています。

ちなみに、神奈川県庁の採用試験を受けるためのインターネットによる申し込み方法については、公式ホームページで詳しく説明されています。

②:1次試験実施 & 1次試験合格者発表

神奈川県庁では1次試験は筆記試験が行われます。

筆記試験は教養と専門両方の試験が実施されるため、幅広い科目の勉強が求められます。

 

日程はいわゆる「A日程」でして、6月の第4日曜日に行われます。

神奈川県庁を受験する方は同じ日程になってしまうので、政令指定都市など他のA日程に行われる採用試験を受けることは出来なくなります。

ちなみに、令和2年の採用試験は以下の日時で開催されます。

1種(大卒程度) 6月28日(日)
3種(短大・高卒程度) 9月27日(日)
経験者採用 6月28日(日)

 

③:2次試験実施 & 最終合格者発表

神奈川県庁は、2次試験では論文試験、そして面接試験とグループワークが行われます。

ちなみに神奈川県庁では面接試験(個別)を2度も行います。

個別面接2回、グループワークと計3回の面接試験を通じて、神奈川県庁は以下のような人を採用したい思いがあります。

 

  • 自らの仕事に誇りを持ち、誠実に職務を遂行できる人
  • 県民の声を聴き、連携・協力できる人
  • 時代や社会の動きを先取りし、前例にとらわれない人
  • 高い専門性を備え、粘り強く課題に取り組める人
  • よき社会人として地域に貢献できる人

 

面接での受け答えや、あなたのビジネスマナーを見ることにより「上記に当てはまる人材かどうか」を品定めされることになります。

スポンサーリンク




採用試験について

令和元年度採用試験の「採用人数」と「募集職種」は以下の通りです。

 

1種試験

試験区分 採用予定数
行政 110
農政技術(農業) 5
農政技術(森林) 6
水産 1
総合土木 20
建設技術(建築) 5
環境技術 4
機械 2
電気 9
行政(秋季チャレンジ) 50
総合土木(秋季技術職) 10

 

3種試験

試験区分 採用予定数
行政 10
建設技術(建築) 4
電気 3

 

公立小中学校事務採用試験

試験区分 採用予定数
1種 5
3種 5

 

免許資格職採用試験

試験区分 採用予定数
福祉職 34
福祉職(第2回) 17
司書A 3
管理栄養士 1
薬剤師 4
獣医師 8
保健師 10
栄養士 5

 

経験者採用試験

試験区分 採用予定数
総合土木 10
建設技術(建築) 3
機械 2
電気 5

 

警察事務採用試験

試験区分 採用予定数
1種 20
3種 15

1次試験

  • 教養試験(2時間):40問【100点】
  • 専門試験(2時間):80問中40問選択【100点】

2次試験

  • 論文試験(1時間30分):1200文字【50点】
  • グループワーク(1時間)【50点】
  • 面接試験①(15分程度)【50点】
  • 面接試験②(30分程度)【200点】

 

神奈川県庁の採用試験は筆記・論文・面接(個別2回)・グループワークと、ありとあらゆる試験が実施されます。

おそらく日本の自治体の中でもトップクラスの過酷さだと思います。

 

ちなみに論文試験とは、与えられたテーマにしたがって作文を書く試験のことで、2次試験で課せられることが多い試験です。

狼くん
狼くん
論文試験なんて、どう書けばいいか分からないんだけど・・・
赤ずきんくん
赤ずきんくん
論文には書き方のコツがあるんだよ!
スポンサーリンク




論文試験について

論文試験があるとなると、「作文が苦手だからどうしよう」とか、「書き慣れてないから何を書けばいいか分からない」というように考える方も多いかもですが・・・

実は、公務員試験の論文には書き方のコツがあって、それさえ把握しておけば何も怖くありません。

むしろ、何を聞かれるか分からない面接試験よりも、圧倒的に準備がしやすいんです。

なので、神奈川県の職員採用試験のポイントは論文試験で失敗しないことでして、そのために試験本番までに論文の書き方を知っておきましょう。

 

公務員試験で論文を行う意図とは?

論文試験と聞くと、「文章の流れが分からない」といったように苦手意識が強い人が多いのが事実。

では、なぜ自治体サイドが多くの受験者が苦手意識のある論文試験を行うかというと、理由は以下の通りです。

 

自治体と同じビジョンを持っている人を採用したいから。

 

論文試験で与えられるテーマは、その自治体のビジョンについてだったり、抱える問題だったりします。

その与えられたテーマについてのあなたの考えが、自治体サイドの思いと似たものであればOKというわけです。

それと、論文試験を通じて自分の考えを整理して文章にまとめるスキルを見られています。

 

公務員試験の論文の書き方

論文は論理的な文章を書けばいいのですが、文章を書き慣れていない人にとっては難易度の高いことだと思います。

しかし心配は要りません。

結論から言いますと公務員試験の論文の書き方にはテンプレートがありまして、その雛形に合わせて書けば、どのようなテーマであれどんどん筆が進んでいきます。

 

ちなみに、論文をサクサク書けるようになるテンプレートについては、以下のnoteで解説しています。

「論文なんてどうやって書いたらいいか分からない・・・」という方は、ぜひ以下のnoteを参考にしてみてくださいね。

▶︎どんなテーマでもサクサク書ける、論文のテンプレートを知りたい方へ

▶︎公務員試験の論文の正しい書き方【これさえ読めば論文は怖くない】

面接カードについて

多くの自治体では面接試験の質問材料にするために、面接カードの記入が行われます。

試験当日までに書いておく自治体もあれば、試験当日に現地で書く自治体もあり、その提出時期はさまざま。

そしてご存知のように、公務員試験では筆記試験よりも面接試験に重きを置くようにシフトされています。

ということは、面接試験でより一層人物の品定めをされるということなので、ぶっちゃけ凄くシビアになります。

要するに、「面接試験でつまずく=不合格になる」でして、面接試験で失敗しないためのファーストステップは面接カードを万全に仕上げることになります。

 

面接カードの書き方

面接カードと聞くと、「ただ質問に答える形で書けばいいんでしょ?」と、甘く見る人が多いのですが・・・

それだと間違いなく面接試験で落とされることになります。

結論から言うと、「面接をコントロールするように書くこと」が合格へのカギとなります。

 

ちなみに、面接試験をコントロール出来るように面接カードを書く方法については、以下のnoteで解説しています。

「コントロールするように面接カードを書く方法なんて分からない・・・」という方は、ぜひ以下のnoteを参考にしてみてくださいね。

▶︎面接試験をコントロールするには、面接カードを万全に仕上げるべき

▶︎公務員試験に合格したいなら、人事担当者にとって都合のいい面接カードを書くべき

グループワークについて

神奈川県庁では2次試験でグループワークが行われます。

グループワークとは簡単な自己紹介のあとにテーマを与えられて、複数人の受験者が討論する形態の試験です。

たとえば、「少子化に向けて行政が出来ることは?」というテーマが与えられて、各々少子化の対策について語り合うといった感じです。

 

公務員試験でグループワークを行う意図とは?

グループワークって多くの人があまり経験がないかと思います。

それもそのはず、グループワークを行う自治体はそれほど多くはありません。

では、なぜこのような珍しい形態の試験を行うのかと言うと、理由は以下の通りです。

 

他人の意見を聞きつつ、自分の意見も言える「調整力」があるかどうかを見るため。

 

グループワークはとにかく喋ればいい、と思っている人も多いですが・・・

そういうスタンスだと試験に落とされるので注意が必要です。

ちなみに、グループワークの心得的な話は以下の記事で解説していますので、合わせて読んでみてくださいね。

採用試験の倍率

令和元年度の採用試験の結果は、以下の通りです。

 

1種試験

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
行政 757 542 187 4.0
農政技術(農業) 29 24 8 3.6
農政技術(森林) 22 20 8 2.8
水産 17 9 1 17.0
総合土木 31 28 14 2.2
建設技術(建築) 13 10 7 1.9
環境技術 36 24 5 7.2
機械 11 10 3 3.7
電気 7 5 0
行政(秋季チャレンジ) 628 281 68 9.2
総合土木(秋季技術職) 39 36 15 2.6

 

3種試験

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
行政 209 63 15 13.9
建設技術(建築) 5 4 1 5.0
電気 1 1 1 1.0

 

公立小中学校事務採用試験

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
1種 52 30 6 8.7
3種 74 33 6 12.3

 

免許資格職採用試験

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
福祉職 87 75 30 2.9
福祉職(第2回) 59 54 15 3.9
司書A 54 40 4 13.5
管理栄養士 20 11 1 20.0
薬剤師 28 22 7 4.0
獣医師 28 24 12 2.3
保健師 26 24 16 1.6
栄養士 37 30 6 6.2

 

経験者採用試験

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
総合土木 28 25 14 2.0
建設技術(建築) 9 8 2 4.5
機械 14 10 2 7.0
電気 15 12 3 5.0

 

警察事務採用試験

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
1種 156 93 31 5.0
3種 166 96 20 8.3

 

行政職の全国平均は7倍くらいなので、神奈川県庁は4.0倍ということから、全国平均と比べると低めですね。

ちなみに、令和元年よりも前の採用試験結果のデータ(倍率)が見たい方は、下記の記事で掲載しています。

神奈川県庁の給料・ボーナスその他まとめ

神奈川県庁(行政職)の給料やボーナスといった各種データは以下の通りです。

 

平均年齢 43.3歳
平均年収 701万9300円
平均月額基本給 33万3447円
平均総支給給料(月額) 44万2025円
ボーナス 171万5000円
退職金(60歳定年) 2274万2000円

 

神奈川県庁職員の初任給は?

神奈川県庁の初任給は次の通りです。

一般行政職(大卒) 20万6606円
教育職(短大卒) 23万755円
警察職(高卒) 23万9475円

 

ちなみに、地方公務員の給料やボーナスなどのより細かい情報は、以下の記事で紹介しています。

さいごに

神奈川県庁の採用試験情報についてまとめてみました。

 

記事内でも解説しましたが、神奈川県庁はありとあらゆる試験で受験者を十分に吟味して採用する自治体です。

作文が苦手な方は「論文試験があるとかマジでヤバイ」と思うかもですが・・・実はそれほど気負うことはありません。

繰り返しになりますが、論文には書き方のコツというかテンプレートがありますので、それに従って書けばテーマがどんなものであれスラスラ書けるようになります。

 

最後におさらいですが、神奈川県庁は次のような人材を求めています。

 

  • 自らの仕事に誇りを持ち、誠実に職務を遂行できる人
  • 県民の声を聴き、連携・協力できる人
  • 時代や社会の動きを先取りし、前例にとらわれない人
  • 高い専門性を備え、粘り強く課題に取り組める人
  • よき社会人として地域に貢献できる人

 

上記を図る手段が面接試験と論文試験なので、もしあなたが「絶対に神奈川県庁に合格したい」という思いがあるなら、以下の2点を実践してみてください。

1つは先ほどから繰り返し説明している、論理的な論文を書くこと。

そしてもう1つは、面接で自己PRや長所といった、「あなたを売り込むための質問」が来たときのために、自己分析をしっかり行っておくこと。

 

自己分析をする方法

神奈川県庁では面接試験が行われますが、そこで必ず聞かれると思っておいて間違いないのが、「長所と短所」と「志望動機」です。

ここで注意してほしいのが、面接で落とされる人の大半が「長所と短所」と「志望動機」について面接官から掘り下げられて適切な返しが出来なかったという事実があります。

なので、質問を掘り下げられて困らないためにも、面接本番までに自分の性格(長所と短所)についてはしっかりと掘り下げて把握しておきましょう。

狼くん
狼くん
自分の性格を掘り下げて把握するってどうしたらいいの?

 

結論から言いますと、グッドポイント診断をしておきましょう。

グッドポイント診断とは、リクナビNEXTが無料で提供している自己診断ツールでして、簡単な質問に答えていくだけで、あなたが自分でも気づいていなかった性格を言い当ててくれます。

自己分析で有名なのはストレングスファインダーですが、唯一の弱点がありまして、それは有料であること。

一方、グッドポイント診断なら誰でも無料で出来ますし、その診断結果はとても無料とは思えないほどの充実ぶりなんです。

 

公務員試験の面接で、面接官が長所を聞く意図は「あなたの分析力」を図ること。

「分析が出来ていない=自分のことが見えていない」ということなので、そういう人は控えめにいって公務員には向いていないですよね。

また診断結果で得た長所は、志望動機と絡めて話すことで「神奈川県庁で働きたい熱意」に根拠を持たらすことができます。

以上のことからも、公務員試験において長所を把握しておくことは大変重要ですので、試験で落とされたくないならグッドポイント診断だけは絶対にしておきましょう。

▶︎自分の強みを把握しておきたいなら、グッドポイント診断をしておきましょう

▶︎無料で出来るグッドポイント診断はこちらから

 

社会人から公務員へ転職する方へ

合格する人がみんなやってる自己分析

自分が公務員に向いているどうか知りたい方へ