公務員の給料

【都道府県庁で働く公務員の給料のすべて】月収・年収・ボーナス・生涯年収・退職金が丸わかり

都道府県庁で働く公務員の月収ってどれくらいなの?

都道府県庁で働く公務員の年収やボーナスについても知りたい。

サラリーマンの生涯年収は2億から3億くらいって聞くけど、都道府県庁で働く公務員はどうなの?

このような疑問にお答えします。

 

本文では、

  • 都道府県庁職員の初任給
  • 都道府県庁職員の月収
  • 都道府県庁職員の年収
  • 都道府県庁職員のボーナス
  • 都道府県庁職員の退職金
  • 都道府県庁職員の生涯年収
  • 地方公務員の全体平均との比較

について解説しています。

 

本記事を読めば「都道府県庁職員の給料」について全てが分かります。

都道府県庁職員の年齢ごとの給料を分かりやすく紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。

本記事のソースは総務省、そして人事院の統計データを元にしています。

都道府県庁職員の初任給

大卒の職員 23万6074円
短大卒の職員 20万4394円
高卒の職員 17万2715円

 

上記の初任給の表をみて「少なすぎる・・・」とガッカリした方もいるかもですが、都道府県庁職員の給料はこれに下記の各種手当を含めたものが月収となります。

 

  • 残業代
  • 地域手当(ゼロの自治体もあり)
  • 扶養手当
  • 住居手当(賃貸の家賃補助)
  • 交通費

上記を加味した「都道府県庁職員の月収」を次の項目で紹介していきます。

スポンサーリンク




都道府県庁職員の月収

都道府県庁で働く公務員の年齢ごとの月収は以下の通りです。

 

19歳 18万2900円
20歳 21万5969円
21歳 24万9038円
22歳 25万6380円
23歳 26万3722円
24歳 27万1064円
25歳 27万8406円
26歳 28万7171円
27歳 29万5936円
28歳 30万4701円
29歳 31万3465円
30歳 32万3305円
31歳 33万3145円
32歳 34万2985円
33歳 35万2824円
34歳 36万4281円
35歳 37万5738円
36歳 38万7195円
37歳 39万8651円
38歳 41万430円
39歳 42万2209円
40歳 43万3988円
41歳 44万5768円
42歳 45万2913円
43歳 46万58円
44歳 46万7203円
45歳 47万4348円
46歳 47万9372円
47歳 48万4396円
48歳 48万9420円
49歳 49万4563円
50歳 49万8743円
51歳 50万2923円
52歳 50万7103円
53歳 51万1282円
54歳 51万4869円
55歳 51万8456円
56歳 52万2043円
57歳 52万5629円
58歳 52万9216円
59歳 53万2803円
60歳 53万6390円

都道府県庁職員の年収

都道府県庁職員の年齢ごとの年収は以下の通りです。

 

19歳 301万542円
20歳 347万1635円
21歳 393万2727円
22歳 408万221円
23歳 422万7715円
24歳 437万5209円
25歳 452万2703円
26歳 466万6085円
27歳 480万9467円
28歳 495万2849円
29歳 509万6218円
30歳 525万3375円
31歳 541万532円
32歳 556万7689円
33歳 572万4832円
34歳 590万2834円
35歳 608万836円
36歳 625万8838円
37歳 643万6827円
38歳 661万3481円
39歳 679万135円
40歳 696万6789円
41歳 714万3454円
42歳 725万4541円
43歳 736万5628円
44歳 747万6715円
45歳 758万7802円
46歳 766万6704円
47歳 774万5606円
48歳 782万4508円
49歳 790万4838円
50歳 796万9002円
51歳 803万3166円
52歳 809万7330円
53歳 816万1481円
54歳 821万3590円
55歳 826万5699円
56歳 831万7808円
57歳 836万9904円
58歳 842万2013円
59歳 847万4122円
60歳 852万6232円

 

公務員はご存知の通り年功序列なので、年齢を重ねるごとに給料が上がっていくのが上記を見れば一目瞭然ですね。

ちなみに都道府県庁で働く公務員全体の平均値なので上記の感じですが、地域手当の多い自治体では課長クラスになると年収1000万円を超えてきます。

都道府県庁職員のボーナス

都道府県庁職員のボーナスについてですが、以下のデータ(平均値)を元に算出しています。

 

平均年齢 43.1歳
ボーナス平均額 161万322円
平均月額基本給 32万7050円
扶養手当 8893円
地域手当 17974円
支給ヶ月 4.55ヶ月

 

19歳 81万5742円
20歳 88万7円
21歳 94万4271円
22歳 100万3661円
23歳 106万3051円
24歳 112万2441円
25歳 118万1831円
26歳 122万33円
27歳 125万8235円
28歳 129万6437円
29歳 133万4638円
30歳 137万3715円
31歳 141万2792円
32歳 145万1869円
33歳 149万944円
34歳 153万1462円
35歳 157万1980円
36歳 161万2498円
37歳 165万3015円
38歳 168万8321円
39歳 172万3627円
40歳 175万8933円
41歳 179万4238円
42歳 181万9585円
43歳 184万4932円
44歳 187万279円
45歳 189万5626円
46歳 191万4240円
47歳 193万2854円
48歳 195万1468円
49歳 197万82円
50歳 198万4086円
51歳 199万8090円
52歳 201万2094円
53歳 202万6097円
54歳 203万5162円
55歳 204万4227円
56歳 205万3292円
57歳 206万2356円
58歳 207万1421円
59歳 208万486円
60歳 208万9552円

 

2020年公務員の夏のボーナスまとめ

2020年公務員の冬のボーナスまとめ

都道府県庁職員の退職金

退職金 2303万1567円

 

都道府県庁職員の退職金です。

退職金もボーナスと同様、職種が違えど同じ月数が支給されます。

ちなみに現在の公務員の退職金は、上限で「47.709ヶ月分」となっています。

上限というのは、退職金は勤続年数によって支給月数が変わってきます。

35年以上勤めると、上限である47.709ヶ月分がもらえることになりますので、25歳までに公務員になっておけば上限の退職金をもらえます。

 

公務員の退職金についてもっと詳しく知りたい方へ

自己都合で辞めた場合の退職金について

都道府県庁職員の生涯年収

生涯年収 2億8150万8124円

 

内訳:2億5847万6557円+退職金2303万1567円

サラリーマンの生涯年収は2億円から3億円と言われているので、3億円に近い都道府県庁職員の生涯年収は労働者の中でも高い方だといえますね。

スポンサーリンク




地方公務員の全体平均との比較

地方公務員の全体平均と都道府県庁で働く公務員で給料について比較してみました。

 

地方公務員 都道府県庁職員
平均年齢 42.2歳 42.3
平均年収 704万5092円 725万4541円
ボーナス 174万4212円 181万9585円
生涯年収 2億8995万2289円 2億8150万8124円

 

上記を見れば、両者の差はほぼ誤差レベルの違いなのが分かると思います。

さいごに

都道府県庁の職員になりたいあなたへ

これまで紹介した都道府県庁職員の給料事情を見て、「こんなに給料がいいなら都道府県庁職員になりたい!」という方へ、当ブログのおすすめ記事を紹介します。

 

社会人から都道府県庁職員へ転職したいあなたへ

社会人から都道府県庁で働く公務員へ転職するには「知っておくべき情報」があります。

たとえば採用試験の日程だったり、忙しい社会人が勉強時間を確保する方法など。

それら全てが以下で紹介する、公務員専門学校のクレアールが無料で発行する「社会人のための公務員転職ハンドブック」に掲載されています。

給料が安定していて定年まで安泰で働ける都道府県庁職員になりたいと考えている方は、ぜひ手に入れて読んでみてくださいね。

▶︎公務員になりたい社会人の方は読んでおきましょう

▶︎社会人のための公務員転職ハンドブックはこちらから

収入を増やしたい都道府県庁職員のあなたへ

今の給料に不満がある、もしくは月に1万円でもいいから自分のおこずかいを増やしたいというあなたにオススメなのが「副業」です。

副業と聞くと「なんだか難しそう」とか「そんな時間ない」と、やる前から諦める人が多いですが・・・

実は時間のゆとりがある公務員こそ、副業と相性がいいという事実があります。

詳しくは以下の記事で解説していますので、興味のある方はぜひ合わせて読んでみてください。

 

それでは今回は以上になります。

今回の記事は、総務省の地方公務員、国家公務員の統計データを元に算出しています。

また、給料やボーナスの数字は平均値なので、田舎の自治体で働く人にとっては「こんなにうちの給料多くないよ!」なんてこともあるかと思います。

都道府県庁職員の給料は全て地域手当によって多い少ないが左右されるため、基本的には都庁が給料が多く、田舎の自治体ほど給料が少なくなっています。

日本で働く都道府県庁職員全体の平均値であると思ってもらえたら幸いです。

それでは記事の最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

公務員になりたい社会人はもちろん、学生も読むべき

合格する人がみんなやってる自己分析

絶対に失敗しない公務員専門学校の選び方