副業

【SEO対策】Googleで検索上位を獲得する記事の書き方【ライティングのコツ】

「ブログにアクセスを集めようにも検索で上位に表示されない・・・」

そんな悩みを抱えている人ってたくさんいますよね?

今回はそんな悩みにお答えしたいと思います。

本文では、

グーグルで検索された際、上位表示される方法

について解説しています。

なお、先にネタバレすると、記事を書く前の戦略ですでに勝負が決まっています。

とりあえず詳しくは以下を順番に読み進めてくださいね。

記事を書く前の戦略で勝負は決まる


上位に検索されるかどうかは、記事を書く前の戦略次第です。

そこを誤っていると、いくら長文にしようが毎日更新しようが上位に表示されることはありません。

記事を書く前の戦略を誤っているパターン

  • 読者(検索者)の悩みが分かっていない
  • 検索キーワードが入っていない

上記のような状態でいくら記事を書いても、グーグルで検索された時に上位表示はされません。

まずは的確なキーワード選定、そしてしっかりと読者の悩みに寄り添った記事を書きましょう。

 

たとえば、【公務員 AI】というキーワードで記事を書く場合、読者が知りたいことは「AIが導入されて公務員の仕事はどうなるか?」です。

つまり、AIにより公務員の仕事がどうなるかを解説すればOK。

下記は私が書いた記事ですが、【公務員 AI】で1位を獲得できています。

 

キーワードが選定できていない状態でいくら頑張ってブログを書いてもダメです。

読者のニーズを理解することがブログを書く上で最も重要です。

狼くん
狼くん
キーワード選びが重要なのは分かったぞ!じゃあ具体的にどう書けばいいんだ?
スポンサーリンク




読者が知りたいことが、多様なキーワードで検索上位される方法


具体的な記事を書く方法に入る前にもう少し解説です。

【公務員 AI】の検索者の知りたい情報は分かりやすかったけど、分かりにくいキーワードもあります。

具体例:【公務員 専門学校】の場合

【公務員 専門学校】と検索する人が知りたい情報は様々です。

こういった場合は、まずは読者が知りたいことを整理しましょう。

検索キーワード 読者の知りたい情報
【公務員 専門学校 おすすめ】 おすすめの公務員専門学校を知りたい
【公務員 専門学校 学費】 公務員専門学校の学費を知りたい
【公務員 専門学校 独学】 専門学校を利用するか独学、どちからがいいか知りたい
【公務員 専門学校 東京】 東京にある公務員専門学校を知りたい
【公務員 専門学校 いつから】 公務員専門学校に何月から通えばいいか知りたい

こうやって整理していくと簡単ですよね。

こうやって1つ1つ整理して、狙ったキーワードで記事を書くことが検索上位をゲットするコツになります。

スポンサーリンク




【SEO】検索上位をゲットする記事の構成とは


すいません、具体的な記事の書き方についてはもう少しお待ちください。

記事を書くまえにしっかりと設計することが大切です。

具体例:【公務員 専門学校 学費】の場合

先ほど【公務員 専門学校 学費】というキーワードで読者が知りたいことは、公務員専門学校の受講料を知りたいことだと書きました。

しかし、読者がもっと掘り下げて知りたい情報まで考えるべきです。

  • 知りたい情報:公務員専門学校の受講料を知りたい
  • 掘り下げて知りたい情報:できるだけ受講料を安く抑えたい

読者はただ受講料を知りたいから検索しているのではなく、できるだけ受講料が安い公務員専門学校を探しています。

このように、読者が知りたいことを深掘りし、記事で解決してあげるところまで考えましょう。

 

ちなみに、ブログのネタが無くなったり、そもそも何を書けばいいか分からない人は以下の記事を読んでみてください。

スポンサーリンク




結論:【公務員 専門学校 学費】で検索上位をゲットする記事設計とは

タイトル
公務員専門学校にかかる費用とは?

導入文を書く

■H2見出し:公務員専門学校にかかる費用

H3見出し:LECの場合

H3見出し:TACの場合

H3見出し:東京アカデミーの場合

H3見出し:資格の大原の場合

■H2見出し:格安の公務員専門学校は?

H3見出し:クレアールの場合

H3見出し:ヒューマンアカデミーの場合

■さいごに締めの文を書く

上記の通りです。

まずは日本全国にある公務員専門学校の受講料をまとめます。

そしてその後に費用の安い公務員専門学校を紹介するという流れがベストです。

 

注意点:情報はきめ細かく書くこと

たとえば、公務員専門学校の学費なら、費用だけでなく「各社の売り」なども書きましょう。

読者は何回も検索して複数の記事を見るとかしたくないですからね。

めんどくさいですから。

Googleで検索上位をゲットする記事の書き方


まずは読者が誰かをしっかりと想定することです。

あなたがブログで発信することが「公務員について」なら、文字を装飾したりしてチャラチャラした記事を書くよりも、真面目で少しお堅いぐらいの方が良いと思います。

ブログが面白くて難しいところは「書き方の正解がない」ことでして、ここでアドバイスするならば「読者の悩みに寄り添い、しっかり解決策を提案してくれるブログ」を目指すこと。

それができれば小手先の書き方のコツとか考えなくてもOK。

読者が求めているものとは?

しつこいようですが、Google検索から流れてくる読者が求めているものは、悩みを解決してくれる記事です。

なので、ブログでは結論をまず最初に書きましょう。

ダラダラと長い文章で、結論までに時間がかかると読者は途中で離脱します。

また、実際のデータを分析すると、しっかりと読まれている記事(滞在時間の長い記事)は検索上位を獲得しやすいといった特徴があります。

Google検索で上位が取れない2つのパターンとは


Google検索で上位が取れない2つのパターンは以下の通り。

  1. キーワード選定と読者の悩みの想定ミス
  2. ブログ自体がSEO最適化されていない

①:キーワード選定と読者の悩みの想定ミス

たとえば【公務員試験 問題集】というキーワードを狙ったとして、次のような記事を書いたとします。

  • 記事タイトル:公務員試験合格のためのおすすめ問題集5選
  • 記事の内容:公務員試験の勉強におすすめの問題集を5つ紹介している

これでも読者のニーズは満たしているので悪くはないのですが、これだと上位表示されるのは厳しいです。

②:ブログ自体がSEO最適化されていない

これはちょっと専門的な話になってくるのですが、ブログ(サイト)自体が内部対策されていないと検索上位をゲットするのが難しいと言われています。

とくにWordPressでブログをやるなら「ブログの内部対策」は必須です。

おそらくほとんどの人が「内部対策?なにそれ美味しいの?」状態だと思います。

私も実際そのようなレベルなので、サイトの内部対策を行ってくれている有料テーマを迷わず購入しました。

ちなみに私が購入したWordPressテーマは「JIN」でして、JINを使えば当ブログのようなデザインに誰でも簡単にすることができます。

まとめ


SEOで検索上位をゲットする記事の書き方やブログ設計について紹介しました。

「こうすれば検索上位をゲットできる!」というようなテンプレートがないので申し訳ないのですが、そんな人のマネで簡単に攻略できないのがブログの楽しいところだと個人的には思っています。

熱を入れて書いた記事がGoogle検索上位を獲得し、たくさんの人に読まれ、報酬をゲット・・・なんて経験は本当に快感です。

 

まずはあなたがオリジナリティ溢れる記事を書けるジャンルを選定し、そして読者のニーズに寄り添って解決策を提案してあげる。

これこそが最大のコツでして、それをコツコツと続けて徐々にブログのドメインパワーを上げていくことがGoogleに認められる唯一の正攻法だと思います。

というわけで今回は以上です。

本文があなたのブログ運営の参考になりましたら幸いです。

 

公務員がブログで副収入を得るための基本を学ぶ

公務員がWordPressでブログを始める方法

公務員がアフィリエイトで簡単に10万円稼ぐ方法