警察官シリーズ

【長野県警察の採用試験まとめ】面接・集団討論・論文・適性検査を勝ち抜く方法を解説します

長野県警察の採用試験を受けようと思ってるんだけど、県警のホームページって見にくいし、いちいちpdfファイルだったりしてうっとおしい・・・

もう少し分かりやすくまとめられてサイトってないのかな?

そんなあなたのために、長野県の警察官採用試験について、どこよりも分かりやすく説明します。

 

本文では、

  • 長野県警察の採用試験の流れ
  • 採用試験について
  • 論文試験について
  • 面接カードについて
  • 適性検査について
  • 集団討論について
  • 体力検査について
  • 採用試験の倍率
  • 長野県警察官の給料・ボーナス・初任給など

について解説しています。

 

長野県の警察官を志望する方のために、採用試験について分かりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

本記事は、令和3年度の採用試験情報を元にまとめています。試験概要に変更があればその都度更新しますが、長野県警察の採用試験を受けられる方は必ず最新の長野県警採用情報を確認ください。

誰でもスラスラ書ける論文(作文)テンプレート

これさえ読めば面接試験はもう怖くない!

長野県警察の採用試験の流れ

長野県警察の採用試験の申し込みから最終合格までの流れは以下の通りです。

  1. 電子申請による申し込み
  2. 1次試験実施 & 1次合格者発表
  3. 2次試験実施 & 最終合格者発表

①:電子申請による申し込み

長野県警察の職員採用試験を受けるには、まずはインターネット、もしくは郵送による申し込みをしなければいけません。

長野県警察の採用試験を受けるための申込み方法については、公式ホームページで詳しく説明されています。

②:1次試験実施 & 1次合格者発表

令和3年度の採用試験は以下の日時で開催予定となっております。

 

警察官A

第1回 5月9日(日)
第2回 7月11日(日)

 

警察官B

10月採用 5月9日(日)
4月採用 9月19日(日)

 

③:2次試験実施 & 最終合格者発表

長野県警察の採用試験は2次が最終試験になります。

最終合格までのありとあらゆる試験を通じて、長野県警察は以下のような人を採用したい思いがあります。

 

  • 県民生活の向上や地域の発展に喜びを感じられる熱意のある人材
  • 向上心を持って高いレベルを追求できる人材
  • 周りの人と協力し合える人材
  • 責任感を持って主体的に行動できる人材
  • 粘り強く取り組む実行力のある人材
  • 困難にも果敢に挑戦できる人材
  • 前例に固執せず柔軟な発想ができる人材

 

面接での受け答えや、あなたのビジネスマナーを見ることにより「上記に当てはまる人材かどうか」を品定めされることになります。

スポンサーリンク




長野県警察の採用試験について

採用試験の「採用人数」と「募集区分」は以下の通りです。

令和3年度

第1回

男性 女性
警察官A 55名程度 15名程度
警察官B 15名程度 5名程度

 

第2回

男性 女性
警察官A 30名程度 5名程度
警察官B 40名程度 10名程度

 

令和2年度

第1回

男性 女性
警察官A 55名程度 15名程度
警察官B 25名程度 5名程度

 

第2回

男性 女性
警察官A 25名程度 5名程度
警察官B 25名程度 5名程度

 

試験内容

  1. 1次試験:教養試験
  2. 2次試験:集団討論・個別面接・論文(作文)試験・適性検査・体力試験・身体検査

長野県警察の採用試験は最終合格までに筆記・論文・個別面接・集団討論と、ありとあらゆる試験で受験者をふるいにかけます。

特に重視されるのが面接試験なのですが、面接対策で第一にやるべきことは「過去にどんな質問をされたのか」を知ること。

 

というわけで突然ですがあなたに質問です。

警察官の採用試験でどのような質問がされるかご存知ですか?

面接試験を受けるにあたり絶対に過去問は頭に入れておくべきなのですが、もしどんな質問がされるのか分からずに不安を感じている方はぜひ以下の記事を読んでみてください。

赤ずきん
赤ずきん
ノウハウ本を買うことなく、警察官の採用試験で過去にされた質問100個を無料で知る方法を紹介しているよ!
スポンサーリンク




長野県警察の論文試験について

論文(作文)試験があるとなると、「作文が苦手だからどうしよう」とか、「書き慣れてないから何を書けばいいか分からない」というように考える方も多いかもですが・・・

実は、公務員試験の論文には書き方のコツがあって、それさえ把握しておけば何も怖くありません。

むしろ、何を聞かれるか分からない面接試験よりも、圧倒的に準備がしやすいんです。

なので、長野県警察の採用試験のポイントは論文試験で失敗しないことでして、そのために試験本番までに論文の書き方を知っておきましょう。

 

[なぜ、論文試験が実施されるの?

論文試験と聞くと、「文章の流れが分からない」といったように苦手意識が強い人が多いのが事実。

では、なぜ長野県警察サイドが多くの受験者が苦手意識のある論文試験を行うかというと、理由は以下の通りです。

 

長野県警察と同じビジョンを持っている人を採用したいから。

 

論文試験で与えられるテーマは、その自治体のビジョンについてだったり、抱える問題だったりします。

その与えられたテーマについてのあなたの考えが、警察サイドの思いと似たものであればOKというわけです。

それと、論文試験を通じて自分の考えを整理して文章にまとめるスキルを見られています。

 

覚えるだけでスラスラ書ける!最強の論文テンプレート

論文は論理的な文章を書けばいいのですが、文章を書き慣れていない人にとっては難易度の高いことだと思います。

しかし心配は要りません。

結論から言いますと公務員試験の論文の書き方にはテンプレートがありまして、その雛形に合わせて書けば、どのようなテーマであれどんどん筆が進んでいきます。

 

ちなみに、論文をサクサク書けるようになるテンプレートについては、以下のnoteで解説しています。

赤ずきん
赤ずきん
「論文なんてどうやって書いたらいいか分からない・・・」という方は、ぜひ以下のnoteを参考にしてみてくださいね!

長野県警察の面接カードについて

多くの自治体では面接試験の質問材料にするために、面接カードの記入が行われます。

試験当日までに書いておく自治体もあれば、試験当日に現地で書く自治体もあり、その提出時期はさまざま。

そしてご存知のように、公務員試験では筆記試験よりも面接試験に重きを置くようにシフトされています。

ということは、面接試験でより一層人物の品定めをされるということなので、ぶっちゃけ凄くシビアになります。

要するに、「面接試験でつまずく=不合格になる」でして、面接試験で失敗しないためのファーストステップは面接カードを万全に仕上げることになります。

 

知らなきゃヤバイ!試験で失敗しない面接カードの書き方

面接カードと聞くと、「ただ質問に答える形で書けばいいんでしょ?」と、甘く見る人が多いのですが・・・

それだと間違いなく面接試験で落とされることになります。

結論から言うと、「面接をコントロールするように書くこと」が合格へのカギとなります。

 

ちなみに、面接に苦手意識がある人でも有利に進めることが出来る「面接カードを書く方法」については、以下のnoteで解説しています。

赤ずきん
赤ずきん
「コントロールするように面接カードを書く方法なんて分からない・・・」という方は、ぜひ以下のnoteを参考にしてみてくださいね!

長野県警察の適性検査について

適性検査には大きく分けて2タイプの試験があります。

 

  1. 簡単な質問に、「はい」「いいえ」で答えて性格や、適性を見抜く試験
  2. 図形の異同や、共通点を見つける試験

 

市役所や都道府県庁の採用試験では②が実施されるケースも多いですが、警察官の採用試験では「警察官にふさわしい人材かどうか」を重視するようになっているので①の適性検査(性格検査)が実施されます。

①の試験はあなたの性格や特性、そして「ウソをついているかどうか」を見抜くための試験なので、くれぐれも正直に、そして質問によって辻褄(つじつま)が合わないようにならぬよう注意してください。

舐めると痛い目を見る!適性検査は合否を左右する

近年では面接試験と同じくらいのレベルで適性検査を重視する傾向になっています。

つまり、適性検査をただのアンケートと捉えていると痛い目に合うので注意が必要です。

ちなみに、適性検査では基本的には以下のことを検査するための試験となっています。

 

  • 警察官の仕事に向いているかどうか
  • 積極性や情緒が安定しているかどうか
  • 社会適応能力があるかどうか

 

単純な質問を100問以上答えていくことで上記について診断され、その結果を合否の判断材料にされます。

具体的には以下の感じです。

 

  • 人とのコミュニケーションで生じるストレス耐性
  • 難しい目標や課題に直面した時に生じるストレス耐性
  • 忙しいこと、時間や手間を有する作業等が発生した際のストレス耐性
  • 組織の決まりや職務上の制約で行動を制限された際にかかるストレス耐性
  • 仕事を最後までやり通すことができるかを見極める

 

赤ずきん
赤ずきん
警察官になりたい!適性検査で失敗したくない!という方は、最強の対策法を解説しているので以下の記事も合わせて読んでみてくださいね!

長野県警察の集団討論について

長野県警では2次試験で集団討論が行われます。

集団討論とは簡単な自己紹介のあとにテーマを与えられて、複数人の受験者が討論する形態の試験です。

たとえば、

 

「あおり運転による事故を未然に防止するためにドライバー、そして警察としてどのような対応をとるべきか」

 

というテーマが与えられて、各々上記の対策について語り合うといった感じです。

 

ここを見られてる!?面接官が集団討論でチェックするものとは?

集団討論って多くの人があまり経験がないかと思います。

それもそのはず、集団討論を行う自治体はそれほど多くはありません。

では、なぜこのような珍しい形態の試験を行うのかと言うと、理由は以下の通りです。

 

他人の意見を聞きつつ、自分の意見も言える「調整力」があるかどうかを見るため。

 

集団討論はとにかく喋ればいい、と思っている人も多いですが・・・

そういうスタンスだと試験に落とされるので注意が必要です。

赤ずきん
赤ずきん
以下の記事で集団討論の心得的な話を解説しているから、参考にしてみてください!

長野県警察の体力試験について

警察官の試験では体力検査が行われますが、「実際どれくらい出来ればいいの?」と、疑問に思いますよね。

ちなみに長野県警察が行なう体力試験の内容は以下の通りです。

 

  • 上体起こし(30秒)
  • 反復横とび(20秒)
  • 垂直とび
  • 握力
  • 20mシャトルラン

 

ちなみに、上記のテストでどれくらいの数値を出せばいいのか気になりますよね?

長野県警が公開している基準の数値は次の通りです。

 

男性 女性
上体起こし 17〜22回 11〜16回
反復横跳び 39〜43回 35〜39回
垂直とび 44〜51cm 25〜34cm
握力 39〜42kg 25〜27kg
20mシャトルラン 32〜49回 19〜29回

 

普通の人であれば上記は難しい数値ではないため、「体力無しのため不合格」なんてことにはならないと思います。

赤ずきん
赤ずきん
警察官の体力試験で、記録を誰でも簡単に伸ばすことができる秘訣については以下の記事で紹介してるよ!

長野県警察の採用試験の倍率

採用試験の結果は、以下の通りです。

 

令和2年度

第1回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 213 186 69 3.1
警察官A 83 70 24 3.5
警察官B 126 99 29 4.3
警察官B 41 33 8 5.1

 

第2回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 91 57 14 6.5
警察官A 21 18 3 7.0
警察官B 198 126 19 10.4
警察官B 65 43 12 5.4

 

令和元年度

第1回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 282 236 75 3.8
警察官A 71 50 16 4.4
警察官B 161 87 20 8.1
警察官B 27 16 5 5.4

 

第2回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 106 81 15 7.1
警察官A 30 27 6 5.0
警察官B 182 149 40 4.6
警察官B 73 37 12 6.1

 

平成30年度

第1回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 320 232 98 3.3
警察官A 91 34 11 8.3
警察官B 166 122 29 5.7
警察官B 37 24 6 6.2

 

第2回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 142 107 34 4.2
警察官A 41 36 8 5.1
警察官B 208 146 32 6.5
警察官B 59 31 8 7.4

 

平成29年度

第1回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A(10月採用) 39 28 8 4.9
警察官A(10月採用) 6 3 1 6.0
警察官A(4月採用) 318 223 98 3.2
警察官A(4月採用) 94 68 30 3.1

 

第2回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 176 80 21 8.4
警察官A 57 21 8 7.1
警察官B 208 178 46 4.5
警察官B 61 49 13 4.7

 

平成28年度

第1回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A(10月採用) 55 34 8 6.9
警察官A(10月採用) 4 2 0
警察官A(4月採用) 388 297 125 3.1
警察官A(4月採用) 106 48 19 5.6

 

第2回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 169 102 29 5.8
警察官A 45 22 8 5.6
警察官B 193 124 50 3.9
警察官B 69 21 12 5.8

 

平成27年度

第1回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A(10月採用) 64 49 17 3.8
警察官A(10月採用) 9 7 2 4.5
警察官A(4月採用) 292 252 106 2.8
警察官A(4月採用) 74 63 30 2.5

 

第2回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 136 89 19 7.2
警察官A 24 16 5 4.8
警察官B 215 139 33 6.5
警察官B 70 27 9 7.8

 

平成26年度

第1回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A(10月採用) 83 74 22 3.8
警察官A(10月採用) 10 10 4 2.5
警察官A(4月採用) 282 201 82 3.4
警察官A(4月採用) 94 61 20 4.7

 

第2回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 179 93 28 6.4
警察官A 60 24 8 7.5
警察官B 226 172 45 5.0
警察官B 65 25 10 6.5

 

平成25年度

第1回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A(10月採用) 118 91 23 5.1
警察官A(10月採用) 14 10 3 4.7
警察官A(4月採用) 326 245 83 3.9
警察官A(4月採用) 78 58 23 3.4

 

第2回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 253 89 20 12.7
警察官A 70 40 11 6.4
警察官B 288 165 49 5.9
警察官B 61 40 9 6.8

 

平成24年度

第1回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A(10月採用) 108 79 21 5.1
警察官A(10月採用) 16 12 3 5.3
警察官A(4月採用) 382 249 87 4.4
警察官A(4月採用) 96 61 30 3.2

 

第2回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 328 79 19 17.3
警察官A 60 31 11 5.5
警察官B 296 167 30 9.9
警察官B 70 43 14 5.0

 

平成23年度

第1回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A(10月採用) 133 115 23 5.8
警察官A(10月採用) 16 14 3 5.3
警察官A(4月採用) 444 288 77 5.8
警察官A(4月採用) 111 62 26 4.3

 

第2回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 399 101 28 14.3
警察官A 95 28 10 9.5
警察官B 280 163 40 7.0
警察官B 67 22 10 6.7

 

平成22年度

第1回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A(10月採用) 149 99 30 5.0
警察官A(10月採用) 15 12 4 3.8
警察官A(4月採用) 504 363 123 4.1
警察官A(4月採用) 93 40 13 7.2

 

第2回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 426 160 37 11.5
警察官A 87 16 4 21.8
警察官B 311 141 30 10.4
警察官B 79 20 5 15.8

 

平成21年度

第1回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A(10月採用) 81 65 18 4.5
警察官A(10月採用) 22 12 3 7.3
警察官A(4月採用) 473 382 100 4.7
警察官A(4月採用) 80 20 5 16.0

 

第2回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 372 136 30 12.4
警察官A 64 13 4 16.0
警察官B 287 146 35 8.2
警察官B 58 12 3 19.3

 

平成20年度

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A(1回目) 343 281 95 3.6
警察官A(1回目) 67 29 6 11.2
警察官A(2回目) 291 97 40 7.3
警察官A(2回目) 76 20 3 25.3
警察官B 270 158 45 6.0
警察官B 65 15 4 16.3

 

平成19年度

第1回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A(10月採用) 124 66 29 4.3
警察官A(10月採用) 22 10 6 3.7
警察官A(4月採用) 163 90 50 3.3
警察官A(4月採用) 38 20 11 3.5

 

第2回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 247 148 64 3.9
警察官A 採用なし
警察官B 226 138 40 5.7
警察官B 50 34 10 5.0

 

平成18年度

第1回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 176 125 36 4.9
警察官A 22 17 4 5.5
警察官B 222 86 26 8.5

 

第2回

試験区分 受験者 1次合格 最終合格 倍率
警察官A 423 224 68 6.2
警察官A 105 28 6 17.5
警察官B 240 158 48 5.0
警察官B 69 22 7 9.9

 

警察官の全国平均は7~10倍くらいなので、長野県警察は全国平均と比べて競争率は低めですね。

長野県警察の給料・ボーナスその他まとめ

長野県警察の給料やボーナスといった各種データは以下の通りです。

 

平均年齢 37.7歳
平均年収 680万1148円
平均月額基本給 32万3700円
平均総支給給料(月額) 43万5479円
ボーナス 157万5400円
退職金(60歳定年) 2223万6000円

 

長野県警察の初任給は?

長野県警察の初任給(地域手当含む)は次の通りです。

大学院卒 23万7100円
大卒 22万2400円
短大卒 20万4800円
高卒 18万8800円

 

赤ずきん
赤ずきん
警察官の給料やボーナスなどの給料事情は、以下の記事でまとめてあるよ!

さいごに

長野県警察の採用試験情報についてまとめてみました。

本記事ですでに紹介しましたが、長野県警察が採用したい人物像は次の通りです。

 

  • 県民生活の向上や地域の発展に喜びを感じられる熱意のある人材
  • 向上心を持って高いレベルを追求できる人材
  • 周りの人と協力し合える人材
  • 責任感を持って主体的に行動できる人材
  • 粘り強く取り組む実行力のある人材
  • 困難にも果敢に挑戦できる人材
  • 前例に固執せず柔軟な発想ができる人材

 

上記をチェックするために、面接試験や論文試験といった「あなたの内面をチェックする試験」に重きを置いています。

なので面接に自信が無い方ほど「面接での受け答えとかコミュ力ないからマジでヤバイ・・・」と思うかもですが、実はそれほど気負うことはありません。

繰り返しになりますが、私のnoteで紹介するテクニックを用いて面接カードを書けば、ある程度面接官からの質問をコントロールすることが出来ます。

なので、コミュニケーションに自信がない人こそ、「試験を制する面接カードの書き方」を自己投資だと思って参考にしてみてくださいね!

 

それでは今回は以上で終わりになります。

と言いたいところですが、最後に1点だけ!

 

それでは最後に、『【適性検査スーパー攻略法】性格検査を制して試験を制す!公務員にふさわしい人材だと思われる方法』についてご紹介させてください。

適性検査のシステムやノウハウを知らないと情報不足によって警察官の試験で必ず失敗しますので、必ず読んでみてくださいね!

 

適性検査を制して警察官の試験を制す!

『【適性検査スーパー攻略法】性格検査を制して試験を制す!公務員にふさわしい人材だと思われる方法』とは、適性検査を研究し続け、ついに書き上げたnoteです。書籍や他のサイトには載っていないノウハウ・有益な情報が詰まっています!

なので、警察官だけでなく公務員を目指すすべての人に読んでほしいnoteとなっています。

 

なぜ警察官を目指す人が『【適性検査スーパー攻略法】性格検査を制して試験を制す!公務員にふさわしい人材だと思われる方法』を読んでおくべきかと言うと、

 

  1. 適性検査の重要性について
  2. 適性検査を公務員試験で行う目的とは
  3. 適性検査で分類されるタイプ
  4. どう答えたら有利になるの?
  5. 適性検査におけるNG行為とは
  6. 警察官と消防士志望の方が気をつけること
  7. 公務員にふさわしくないと思われないために
  8. 適性検査で実際に出題された質問【300問以上】

 

上記の内容が読むだけで適性検査に失敗しないようになれるからです。

繰り返しになりますが、『【適性検査スーパー攻略法】性格検査を制して試験を制す!公務員にふさわしい人材だと思われる方法』は適性検査のノウハウ・テクニックがてんこ盛りなので、警察官になりたいのなら絶対にゲットするべき!

 

私は受験した公務員試験すべてに合格できたのですが、それには2つの理由があります。

1つは出題数の多い「数的処理」を勉強しまくって得点源にできたこと。

そしてもう1つは「採用試験で公務員にふさわしい人材だと面接官に思わせることができたから」ということです。

 

ここで突然質問ですが、警察官の採用試験で最も重要な試験が何かご存知ですか?

それは、

「面接試験」と「適性検査」

です。

 

年々、面接試験の重要度は増してるのはご存知かと思いますが、面接試験で失敗する人の多くが自己分析をちゃんとしていないから「自分の発言に一貫性がなく評価を落としている」という採用担当者のみが知る裏事情があります。

また、受験者の性格、言い換えると「警察官としてふさわしい性格であるか」を判断するために適性検査が行われるのですが、質問量の多さから、途中で回答のつじつまが合わなくなることにより、

 

回答に一貫性がない → ウソつき → 警察官にふさわしくない

 

という評価をされて試験に落ちてしまう受験者が実はむちゃくちゃ多いんです。

つまり、「警察官になりたいなら適性検査のノウハウやテクニックは頭に入れておくべき!」という訳なので、今この機会にぜひ読んでおきましょう。

これさえ読めば適性検査はもう怖くない!

赤ずきん
赤ずきん
note購入は負担に感じるかもですが、だからこそ他の受験者をリードできるのでぜひ読んでみてくださいね!

 

社会人から公務員へ転職する方へ

警察官になりたい学生の方へ

面接官に「採用したい!」と思わせるための戦略