勉強方法・コツ

【警察官・消防士の体力試験】落ちる人はモヤシなのでこれを読んで対策しろ

いきなり厳しいことを言いますが、

 

体力試験で落とされる人はモヤシです。

 

けど基礎体力をつけ、試験合格へ直結するのはもちろん、楽しみながら挫折しない『腹筋メソッド』も紹介しますので、

本気で警察官や消防士になりたい方はぜひ記事の最後までお付き合いくださいね!

体力試験は「体力とメンタル」を測る試験

まず前提として、体力試験は得点を上乗せさせる試験ではないことに注意して下さい。

要するに出来る人に加点があるのではなく、出来ない人が足切りされるための試験ということです。

体力試験はちょっとでも運動ができる人からすると簡単すぎて、基準点くらいなら容易く取れてしまうんです。

「ちょっとでも運動ができる」というところが肝なのですが、これを言い換えると体力試験で落とされてしまう人というのは論外な運動能力だということです。

言い換えると、体力試験とは「運動の出来なさ」を表す指標だということが言えます。

 

  • 体力試験に合格:最低限運動ができる
  • 体力試験に不合格:モヤシ

 

採用担当者は間違いなく上記の認識を持っています。

スポンサーリンク




モヤシは基礎体力をつけるべし

では、体力試験に合格できないモヤシは何をするべきでしょうか。答えはシンプルで、

 

基礎体力をつければOK

 

です。

ちなみに、体力試験で落とされる人(以下モヤシ)は次のような特徴を持ちます。

 

  • スタミナがゴミ
  • 柔軟性がゴミ
  • 筋力がゴミ

 

上記の3つをすべて改善する必要があります。

スタミナを鍛える

モヤシはなんといってもスタミナが足りなさすぎです。

「学生時代運動だったし!」じゃないんです。今のあなたの体力がマジでゴミなんです。

 

スタミナを鍛えるために必要なこと

警察官や消防士を目指すあなたはスタミナをつけるために毎日走るとか無理ですよね?

筆記試験の勉強や面接対策とかの勉強で、ぶっちゃけ運動なんてしてる暇はない!

ごもっともだと思います。

なので、歩くだけでいいので毎日少しだけ体を動かすようにしましょう!

 

  • 一駅分歩く
  • 通学や通勤に自転車を使う
  • エレベーターやエスカレーターを使わない

 

上記程度でもOK!やるのとやらないのでは大違い!

とにかく、日常生活の中で歩く回数を増やしてみましょう。

柔軟性を鍛える

「体力さえあれば体力試験はどうにかなる」などという思い込みを持っていたら今すぐ捨てましょう!

体力試験にはスタミナを測る20mシャトルラン、筋力を測る握力などがありますが、体前屈のような「柔軟性を測る種目」も課せられます。

なので、体力試験で落とされたくないなら柔軟性も磨かなければいけません。

ちなみに柔軟性を磨く方法ですが、風呂上がりにストレッチするだけで全然違います。

面倒に感じるかもですが、まずは地道にストレッチから始めてみましょう!

筋力を鍛える

警察官や消防士の体力試験ははっきり言って簡単です。

普段から運動習慣がある人からすると退屈で、「こんなんやる意味あるの?」ってくらい余裕です。

こんなクソ試験がパスできない人は、ハッキリ言って体力が無さすぎです。

というわけで筋トレをしましょう!

とは言っても何もジムに通えといった話ではありません。そんな暇はあなたには無いですから、そのような実現性のないアドバイスはしません。

時間がない人にオススメの運動

まったく時間が無い人にとって、これまで紹介した「毎日歩く」とか「毎日ストレッチ」でもなかなか難しいですよね?

そんな時間的にも精神的にも余裕のない人は3日に1回、腹筋をするだけでOK!

 

  • 腹筋をすればスタミナがつく
  • 腹筋をすれば筋力がつく
  • 腹筋をすれば腰回りの可動域が広がる

 

このように、腹筋をすれば「体力試験に必要なもの」がすべて同時に身につけることが出来るんです!

スポンサーリンク




100秒でOK!お手軽にできる腹筋メソッド

3日に1回でいいとは言え、筋トレって本当に続かないものなんですよね。

つまり体力試験に合格するには、腹筋の継続性が問題となるわけです。

継続的にやるには楽しくできることが重要で、楽しく腹筋ができるようになれば体力試験はもう合格できたも同然!

じゃあ、どうやって楽しく腹筋すればいいの?ですが、

 

『プランク100秒チャレンジ』でやればOK!

 

プランク100秒チャレンジ』はAmazonオーディブルを利用すれば視聴できるフィットネスコンテンツで、30日無料キャンペーンを利用すれば本来1,000円かかるところが無料で利用できちゃうんです!

たった100秒なのに効果抜群なのはもちろん、単調作業で楽しくない筋トレを楽しいものへと変えてくれます。

Amazonオーディブルは利用方法が少し面倒に感じるかもですが、Amazonのアカウントをお持ちであれば後はアプリを入れて視聴するだけなのでとっても簡単!

モヤシと判断されて採用試験に落とされるのが嫌なら、ぜひこの機会に『プランク100秒チャレンジ』で筋力や体力を身につけてみませんか?

『プランク100秒チャレンジ』を3日に一度でいいので真面目にこなした人は簡単に体力試験の基準値を達成することができるはず!

体力試験を合格したら、いよいよ警察官や消防士の道が開かれてきます。

ぜひ来年の春に公務員となれることを陰ながら応援しておりますね!

▶︎警察官・消防士になりたいならチャレンジしてみよう!

▶︎『プランク100秒チャレンジ』はこちらから