公務員専門学校

資格の大原とTACを徹底比較!公務員試験にどっちが強いか比べてみた

当ブログでは、公務員になりたい人にとって役に立つ情報を発信しているのですが、

先日、ブログの読者様から「資格の大原とTACを選ぶならどっちがいいのでしょうか?」という質問が届きました。

確かに、どちらを選べばいいか悩ましいですよね。

というわけで、

 

本文では、

  • 資格の大原とTACの選び方
  • コースや価格
  • どんな人にどっちがおすすめか

を解説しています。

 

これまでたくさんの公務員試験合格者を見てきた私が、資格の大原とTACの違いを比較して、選び方を解説します!

誰でも理解できるように解説するので、公務員予備校の利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

赤ずきん
赤ずきん
公務員予備校はどこを選んでも高額なので、ぜひ最後まで読んで後悔のない選択をしましょう!

本記事では資格の大原とTACの比較をしていますが、それぞれの詳細のレビュー記事については、以下も合わせて読んでください。

1次合格者の実績業界No.1、資格の大原の実力とは?

ネームバリューNo.1のTACの実力とは?

資格の大原とTACを比較した結論

まずは結論を知りたい人のために、結論から。

資格の大原とTACを比較して分かった違いは、以下の通り!

「◯」が優れている方を指します。

 

資格の大原 TAC
価格 引き分け
合格実績 引き分け
コースバリエーション
学習しやすさ
カリキュラムの質 引き分け
面接対策
論文対策 引き分け
生講義
WEB学習 引き分け

 

後述しますが、「学習しやすさ」「コースバリエーション」「面接対策」は、ほぼ誤差なので実質的な違いは、

 

生講義の特徴

 

上記のみですね。

講師による教え方のレベル差がないことを重視するなら、資格の大原を選んでおけば間違いなし。

逆に、人気講師による授業を重視するなら、TACを選びましょう。

詳細な違いはこの後に詳しく説明していくので、後悔しないためにもぜひ最後まで読んでくださいね!

【資格の大原とTAC】価格の比較

とっても気になる受講料。

資格の大原とTACの費用の違いを比較します。

 

資格の大原 TAC
国家一般職・都道府県庁・市役所 35万5400円 38万円
教養試験のみの自治体 20万2600円 21万円
警察官・消防士 22万2000円 21万円
国税/財務専門官 36万5600円 39万5000円
裁判所事務官 35万5400円 37万円

 

上記を見れば、だいたい費用は同じことが分かります。

赤ずきん
赤ずきん
スクール費用はそれほど大きな違いはないね!

▶︎より詳しい費用が知りたい方は、まずは資料請求を!

 資格の大原への資料請求はこちらから

【資格の大原とTAC】合格実績の比較

続いて、合格実績の違いを比較します。

まずはTACの合格実績を見てみましょう。

ちなみに、TACが公式サイトで公表している合格数は次の通りです。

 

TACの合格実績

国家総合職(大卒) 156名
国家一般職(大卒) 1043名
国税専門官 655名
財務専門官 128名
裁判所総合職 6名
裁判所一般職(大卒) 360名
特別区Ⅰ類 695名
東京都1類A 27名
東京都1類B 193名
道府県庁(上級) 593名
政令指定都市 467名
市町村(上級) 402名
警察官(大卒) 202名
消防士(大卒) 83名

 

大手公務員予備校の名に恥じない合格実績ですね!

続いて資格の大原の合格実績です。

 

資格の大原の1次合格者 19667名

 

残念ながら資格の大原が公表しているのは1次合格者の数のみで、最終合格者の数や、具体的にどの試験に合格したかなどは公表されていません。

しかし、1次試験の合格者が2万人近くもいるので、3割が最終合格したとしても最終合格者は6000人以上いることに!

なので、資格の大原とTACともに素晴らしい合格実績ということで、引き分けとします!

【資格の大原とTAC】コースの比較

コースバリエーションが豊富なのは、資格の大原!

まずは、資格の大原のコースを見てみましょう。

 

国家一般職・地方上級・市役所を目指す方向け

公務員2年合格コース 41万4500円
公務員合格コース 35万5400円
公務員合格コース【WEB】 15万9000円
教養型市役所合格コース 20万2600円
国家一般・地方上級合格コース【WEB・オンライン指導】 25万円

 

国税・財務専門官を目指す方向け

国税・財務専門官併願合格コース 36万5600円

 

警察官・消防官を目指す方向け

警察官・消防官1.5年合格コース 27万3900円
警察官・消防官1.5年合格コース【WEB】 26万3700円
警察官・消防官併願合格コース 22万5000円
警察官・消防官併願合格コース【WEB】 21万4900円
警察官合格コース 22万2000円
警察官合格コース【WEB】 21万1800円
消防官合格コース 22万4000円
消防官合格コース【WEB】 21万3800円

 

どこを志望したとしても、志望先にマッチしたコースが細かく開設されています。

続いてTACのコースは次の通り。

 

志望先 コース名
国家一般職・都道府県庁・市役所 総合本科生
上記 + 国税・財務 トリプル本科生
警察官・消防士 教養型市役所本科生
国税専門官・財務専門官 国税/財務専門官本科生A・B
裁判所事務官 裁判所一般職本科生
労働基準監督官 労働基準監督官A本科生
社会人経験者 民間経験者採用本科生

 

資格の大原ほどではないですが、こちらも志望先に合わせたコースが用意されていますね。

赤ずきん
赤ずきん
どちらもコースバリエーションは充実しているよ!

【資格の大原とTAC】学習しやすさの比較

学習しやすいのは、資格の大原!

両社ともに主要都市に校舎があるので、どちらを選んでも「通学しやすい=学習しやすい」ですね。

ちなみに、校舎の数は次の通りです。

 

資格の大原 47校
TAC 36校

 

2社を比べた場合、11校も差があるので、あえて優劣を決めるなら資格の大原の方が上ですね。

赤ずきん
赤ずきん
資格の大原なら、大半の都道府県をカバーしているよ!

【資格の大原とTAC】カリキュラムの比較

カリキュラムは引き分け!

驚く方もいるかもですが、ぶっちゃけどの公務員予備校を選んでも、カリキュラムに大した違いはありません。

 

かなり乱暴に言うと、どこも一緒!

 

なんて言ってしまうと、怒られそうなのでもう少し詳しく解説しますね。

公務員試験に必要な勉強の科目や範囲は、かれこれ20年以上変化がありません。

変わるものと言えば「時事問題」くらいのもので、「最新版カリキュラム!」みたいなのって残念ながら無いですね(笑)

しかも、公務員予備校はライバル校を研究し尽くしているので・・・ますますカリキュラムに差がなくなっています。

赤ずきん
赤ずきん
資格の大原とTAC、どちら優秀なカリキュラムで、きっとあなたを合格に導いてくれるよ!

【資格の大原とTAC】面接対策の比較

面接対策は、TACの勝ち!

本当は「引き分け」と言いたいところですが、資格の大原には唯一気になる点があります。

それは・・・

 

最終合格者の数が分からない

 

先ほど、合格実績の項目でも解説しましたが、資格の大原は2万人近い1次合格者を輩出しているにも関わらず、最終合格者の数を公表していません。

なので、「もしかすると最終試験で落とされているのかも・・・」なんて考えてしまいますよね。

もしそうだとしたら、面接対策がイケてないんじゃないの?と個人的には思ってしまうので、面接指導についてはTACの勝利とします。

赤ずきん
赤ずきん
資格の大原にはぜひ最終合格者の数を公表してほしいね!

【資格の大原とTAC】論文対策の比較

論文指導は、引き分け!

というより、そもそも論文対策はあまり各社差が出にくいんです。

東京アカデミーのように、「時事ネタのテーマの的中率が高い」といった強みがあるなら話は別ですが、資格の大原もTACも、良くも悪くも論文指導は「普通」です。

とは言え、論文試験で足切りにならないレベルの論文を書き上げるスキルは当然身につきますので、心配ナッシングですね。

赤ずきん
赤ずきん
論文試験は基本さえ頭に入れておけば、そんなに難しくないよ!

【資格の大原とTAC】生講義の比較

生講義の比較ですが、これは好みの問題なので難しいですが、個人的には資格の大原を推します!

さて、好みの問題と言いましたが、どういうことかと言うと主な違いとしては、

 

資格の大原 講師による講義のレベル差が少ない
TAC 人気講師と一般講師のレベル差がある

 

資格の大原の講義は良くも悪くも平準化されているので、ちょっと大げさに言うと

 

講師が誰でも分かりやすさは似たようなもの

 

一方、TACの人気講師は参考書を出版するくらいの、いわゆる「カリスマ講師」がいまして、その講義の分かりやすさやレベルは素晴らしいの一言!

ただ、「人気講師=東京近郊に在籍」なので、地方の方からすると、あまり恩恵は無いかもです。

というわけで、好みの問題になりますが、生講義の比較は資格の大原が優れているとします。

赤ずきん
赤ずきん
地方の方にとって、資格の大原は大きな味方と言えるね!

【資格の大原とTAC】WEB学習の比較

WEB学習は、引き分け!

資格の大原もTACも、通学とWEB学習の両方に対応しているのが特徴。

LECのように、通学もWEBもオンリーワン価格の公務員予備校もありますが、残念ながら資格の大原もTACも通学を選んだ場合、WEBは別料金がかかります。

なので、「通学もWEB学習もしたい」となると、資格の大原もTACもちょっと他社に比べて割高になってしまいます。

赤ずきん
赤ずきん
通学とWEBのハイブリッド学習をしたいなら、LECがオススメだね!

資格の大原とTACの比較まとめ

以上、資格の大原とTACの比較でした。

両スクールの違いをまとめると、以下の通り。

「◯」が優れている方を指します。

 

資格の大原 TAC
価格 引き分け
合格実績 引き分け
コースバリエーション
学習しやすさ
カリキュラムの質 引き分け
面接対策
論文対策 引き分け
生講義
WEB学習 引き分け

 

上記を見ると、資格の大原の方が若干優れているように見えますが、「コースバリエーション」「学習しやすさ」「面接対策」はほぼ誤差なので、実質的には生講義の好みで選べばOK。

違いを踏まえた上で、どちらを選ぶか判断しましょう!

 

1次合格者の実績業界No.1、資格の大原の実力とは?

ネームバリューNo.1のTACの実力とは?