公務員になりたい

数的処理が苦手でストレスを感じるなら、音楽を聞きつつ勉強すべし【おすすめも紹介】

これから勉強(数的処理)を始めるぞ!

さあ、集中するぞ!

(気合いを入れて問題集を開き、勉強する環境を整える)

よし、今日も勉強を頑張ろう。

勉強を始めるのに、いちいちこんなことしてませんか?

たしかに勉強をする際はやる気スイッチを入れて、オンオフを切り替えるのは大事かもですが・・・

数的処理に関して言うと、音楽でも聞きながらノリに合わせて勉強した方が効率が良かったりします。

 

本文では、

  • 数的処理は音楽でも聞きながら勉強した方が効率がいい
  • 数的処理のお供におすすめの音楽

について解説しています。

 

暗記する時はなるべく無音状態で集中しないといけませんが、数的処理はただひたすら問題を解くだけなので音楽でも聞きつつ、ストレスを感じないようにしましょう。

記事の後半では、おすすめの音楽についても紹介しています。

数的処理にストレスを感じるなら、音楽を聞きながら勉強すべし


音楽なんて聞いたら集中できない?

それでもOKです。

 

勉強するなら集中しないといけないという考えを捨て去るべき。

無理して聞く必要はないけど、好きな音楽を聞きつつ、ノリノリで勉強した方がシンプルに気持ちいいですよね。

暗記効率を気にするかもしれないけど、ここでの話は数的処理を勉強する時のこと。

暗記する時は無音状態で集中すべきですが、数的処理の場合、音楽を聞きながら解いた方がむしろストレスフリーで勉強できて、パフォーマンスも高まります。

スポンサーリンク




勉強でストレスを感じることが最も生産性を阻害します

勉強するときは、なるべく無音状態がベストという勘違い。

 

勉強するときは無音状態こそが正義と思っている人が多いですが・・・

無音状態だと逆に少しの音にもナーバスになって、むしろ勉強効率は低下します。

大事なのは、呼吸するように勉強すること

  • 暗記するなら、呼吸するように覚えること。
  • 数的処理なら、呼吸するように問題を解くこと。

実にシンプルです。

 

雑音を徹底排除するよりも、いかに自分が当たり前のように勉強できるか。

この思考法だと、心理的負担が圧倒的に減ります。

これに加えて、お気に入りの音楽でも聞きながら勉強すれば完璧。

いかにリラックス状態を作るかが、数的処理を勉強するときの秘訣な気がします。

 

私がおすすめする音楽はこれ!

最近だと上記がおすすめです。

 

音楽選びのコツは「ノリがいいこと」を優先すべきかと。

また、歌詞が頭に入って来ない曲もいいですね。

歌詞が頭に入ってくるとそちらに意識を持っていかれるので、なるべく歌詞は入って来ないのがベスト。

なので洋楽とかは勉強と相性がいいかもです。

 

ちなみに、上記で動画で紹介した曲はPassCodeというグループの「Ray」という曲でして、「CLARITY」というアルバムに収録されています。

どの曲も圧倒的にカッコイイのでオススメです。

スポンサーリンク




さいごに


そもそもですが、カフェとかに行って勉強する人がいますが、周りの雑音ほど気になるものはないですよね。

わざわざ外に出かけてストレスを感じて帰るなんてバカバカしいので、それくらいなら家で音楽でも聞いて勉強すべき。

公務員になるという目標があるのに、勉強でいちいちストレスを感じるのは良くないです。

なぜなら、合格する人は圧倒的に集中して勉強しているので。

 

当たり前の話ですが、「他人の騒音が・・・」とか「モチベーションが上がらない」と言ってる人ほど不合格になっている印象です。

なので、余計なストレスを感じることなく勉強に集中し、試験に合格していただけたらなぁと思います。

 

というわけで、結論は呼吸をするように勉強しましょう。

テンションの上がる曲を聞きましょう。

科学的根拠はないけど、ノリノリで勉強した方がシンプルに気持ちいいですよ。

 

最後に公務員を目指している方へ。

少し固定概念を変えてみませんか?

勉強のストレスが激減しますよ。

 

私が自信を持ってオススメする数的処理の問題集

社会人から公務員へ転職する方へ

公務員試験の論文の最強のテンプレート