特別区シリーズ

【特別区の平均年齢ランキング】若い職員が多くて働きやすい職場環境の良い区はここだ!

お悩みさん
お悩みさん
・若い世代が多い区があれば教えてほしい

・特別区の職員の平均年齢ってどれくらい?

・平均年齢が高い=働きにくい職場って本当?

このような疑問にお答えします!

 

平均年収や残業時間は気になるけど、職員の平均年齢に注目する人ってあまり多くないのではないでしょうか?

実は職員の平均年齢は働く上で意外と大事な要素でして、あなたがストレスなく働けるかどうかがかかっているかもしれない・・・というのは大袈裟な話でもなんでもないんです。

なので志望先を選ぶにあたって、平均年齢という重要な情報を気にしないのはもったいないですよね。

というわけで、

 

本文では、

  • 特別区の平均年齢ランキング
  • 若い世代が多いと働きやすい?

について解説しています。

 

これから特別区を目指す方にとって参考になる話についてお話していきますので、ぜひ記事の最後までお付き合いくださいね!

これさえ読めば面接試験はもう怖くない!

特別区の平均年齢ランキング

まずは23区別の平均年齢ランキングをご覧ください。

 

杉並区 42.4歳
渋谷区 42.3歳
大田区 42.1歳
豊島区 42.0歳
練馬区 41.3歳
中野区 41.2歳
港区 41.1歳
墨田区 41.0歳
足立区 40.8歳
江戸川区 40.8歳
目黒区 40.7歳
江東区 40.6歳
千代田区 40.4歳
北区 40.4歳
新宿区 40.3歳
荒川区 40.3歳
世田谷区 40.3歳
文京区 39.8歳
葛飾区 39.4歳
品川区 39.2歳
板橋区 38.9歳
中央区 38.0歳
台東区 37.6歳
東京都全体 41.8歳

 

区によって少しバラつきはありますが、東京都全体の平均年齢が41.8歳ということから、特別区は全体的に平均年齢が若い傾向があります。

自治体にもよりますが、政令指定都市や都道府県庁の平均年齢はだいたい42歳台なので、それに比べると特別区はフレッシュな職場であることが分かります。

「若い世代が多い=イキイキした職場」と言えるので、特別区の職員はとても魅力的な職場と言えますね!

スポンサーリンク




若い世代が多いと働きやすい?

結論から言うと、働きやすいです。

正確に言うと、上司から仕事や雑用をお願いされることが自分一人に集中しないので、余計な仕事を一人で背負い込むことが少なくなります。

また、公務員はどの自治体も年齢が上がるにつれてやる気がなく仕事をしない職員の割合が増えるのですが、「若い人が多い=きちんと仕事をする人が多い」ので、無駄な残業をすることはほとんどありません。

飲み会で気を遣い過ぎないで済む

ここ数年は新型コロナウイルス感染拡大のため、公務員職場の飲み会で公なものは実施されていませんが、そもそも公務員は飲み会が多いことで有名です。

理由はシンプルでして、「金と暇を持て余しているから」なんですが、当然酒の席だと上司への気遣いで疲れてしまうこともあると思います。

しかし特別区は平均年齢が低めなので、50代の人数も他の自治体に比べて少なく、極端に気をつかう事もあまりありません。

若い世代だけの飲み会とかもあるので、学生気分で騒げる飲み会も出来ます。

上司の圧が少ない

年配の上司が多いと、

「ミスしたら怒られそう」

「常に仕事ぶりを監視されてる気がする」

といった緊張を感じている人も多いはず。

ですが特別区は30〜40代が多いので、変に上司の圧を感じることも少ないし、若手職員にとって非常に働きやすい職場環境です。

出世のチャンスが多い

若い人が多いので、出世のチャンスも多い。

上の世代が多いとなかなか自分たちの世代に役職のポストが巡って来ないものですが、若い世代が多いということはそれだけ出世のチャンスが回ってくる可能性が高いということ。

もちろん、公務員は出世したからといって給料が大きく跳ね上がることはありませんが、向上心ややりがいを求めている人にとっては良い環境なのではないでしょうか。

スポンサーリンク




まとめ:特別区の平均年齢ランキング

今回の記事では特別区の平均年齢をランキング形式にし、若い世代が多い区を視覚化してみました。

 

杉並区 42.4歳
渋谷区 42.3歳
大田区 42.1歳
豊島区 42.0歳
練馬区 41.3歳
中野区 41.2歳
港区 41.1歳
墨田区 41.0歳
足立区 40.8歳
江戸川区 40.8歳
目黒区 40.7歳
江東区 40.6歳
千代田区 40.4歳
北区 40.4歳
新宿区 40.3歳
荒川区 40.3歳
世田谷区 40.3歳
文京区 39.8歳
葛飾区 39.4歳
品川区 39.2歳
板橋区 38.9歳
中央区 38.0歳
台東区 37.6歳
東京都全体 41.8歳

 

上記を見れば一目瞭然ですが、

 

平均年齢
中央区 38.0歳
台東区 37.6歳

 

台東区と中央区が最も平均年齢が低いため、若い世代の多い、フラッシュで働きやすい環境の職場である可能性が高いと思います。

ただし、忙しい・働きにくいは平均年齢だけで完全に測れるものではありません!

今回の記事を参考にしつつ、希望区選びの判断材料の1つと考えていただければ幸いです。

 

平均年齢・平均年収などの統計からも分かる通り、特別区は働く上でバランスの取れた職場です。

きっと特別区なら安定した、そして充実した公務員ライフを送れる職場になるはずです。

それだけ人気の自治体ですが、高い競争率を勝ち抜いて合格すれば素晴らしい生活が待っています。

なので他の受験生に負けないためにも、特別区の採用試験を左右する面接試験と論文試験で失敗しないことが重要になってきます。

特別区の論文試験で大失敗したくないあなたはこのテクニックを使うべき!

特別区の合否を左右する負けられない戦い。それが論文試験です。

誰もが苦労する論文試験に臨む前に、1つだけあなたに勧めたい武器がある。

それは魔法のテクニックでも、予想的中のテーマでもなんでもない。

論文試験で最も威力を発揮するものが1つだけある。

それがこの『【特別区の論文攻略法】絶対に負けられない試験を制するパーフェクト解析術」

他でもないこの解析術を知っていないばかりに、特別区の論文試験で大失敗する苦い思い出をあなたに味わって欲しくないからオススメしています。

 

あなたも知っていると思いますが、特別区の論文試験のテーマは難しい。

説明文が長いし、書いていくうちに論点がズレてしまうなんてこともザラに起こり得ます。

合格できる論文を書くには、論文の書き方、構成の方法、自分の意見の入れ方を身につけてないといけませんが、

ここで『【特別区の論文攻略法】絶対に負けられない試験を制するパーフェクト解析術』を読まないと大変な思いをするでしょう。

 

ご存知かもですが、特別区は論文試験の比重がむちゃくちゃ高い。

今も昔もその採用システムはずっと変わらないでいます。

なのであなたが論文試験の対策方法を我流で身につけようとすると、予想以上に労力がかかります。

いや、むしろ頑張ってはみたものの結局上手くいかず試験本番で失敗する羽目になる。

これが多くの人がやってしまう失敗なんです。

 

考えてみてください。

 

我流で何とかなると思ってたけどなんともならず、年に一度しかチャンスのない採用試験に落ちてしまうことを。

「またもう1年勉強しなければない・・・」というガッカリな状況を。

「今年がラストチャンスだったからもう特別区の公務員になれない・・・」という絶望を。

そもそも、我流で身につけた論文の書き方が間違っていたら?

一瞬で論文が台無しになること間違いありません。

 

「論文はそこそこ点を取れればいい」

「教養と専門で点を取ればいい」

そう考える人もいるかもしれない。

たしかに特別区でなければその考えでもいいかもしれない。

でも、特別区は違うんです!

1次試験の配分を論文は6割を占めると言われているので、ぶっちゃけ論文に失敗すると即終了なんです。

途中で論点がズレてしまったり論文の構成が悪かったら最後、競争率の高い特別区の採用試験で不合格になる羽目になる。

 

そんな悔しい思いをあなたはしてもいいのでしょうか?

 

【特別区の論文攻略法】絶対に負けられない試験を制するパーフェクト解析術』を学ぶだけで、あなたはきっと笑顔になる!

この機会に行動を起こしてそうなって欲しいと心底願っています。

特別区の採用試験に合格するには、論文対策からは絶対に避けられない。

他の受験生に負けないためにも、最強の論文術を身につけてみませんか?

▶︎特別区の論文試験は正しい書き方を知るかどうかで9割決まる!

▶︎【特別区の論文攻略法】絶対に負けられない試験を制するパーフェクト解析術

 

特別区の採用試験を受ける方はまずはこの記事から!

特別区を目指す方へ!オススメの公務員予備校

これで特別区の面接試験はもう怖くない!