技能労務職

下水業務員はどんな仕事してるの?試験問題は?について徹底解説します

某政令指定都市で公務員として働いている、赤ずきんです。

数あるサイトの中から当ブログに足を運んでいただきありがとうございます。

本文では、技能労務職の仕事の1つである「下水業務員」はどんな仕事なのか?また、どんな試験問題が出るのかについて書いています。

 

下水業務員の仕事といえば、下水道の維持管理をするというのが世間一般的なイメージだと思いますが、下水道の維持管理とは具体的にどういった仕事かご存知ですか?

そのように、世間的にイマイチよく認知されていない下水業務員の仕事内容の話だけではなく、下水業務員になるためにはどのような勉強をすればいいかといった話についても紹介していきますね。

技能労務職の下水業務員はどんな仕事?


下水業務員の仕事は大きく分けて2つあります。

・下水処理施設において下水浄化業務

・下水ポンプ場においてポンプの運転

どちらの仕事もあまりピンとこないかもしれませんので、詳しく紹介していきますね。

下水処理施設での業務

下水処理場に勤務し、下水が適切に処理(浄化)されるための維持管理を行います。

私たちの生活排水である、台所・トイレ・風呂・洗面所での排水はポンプ場を経て最終的に下水処理場へ集められます。

 

そこで微生物の働きにより様々な菌を処理し、最終的に次亜塩素を混ぜて大腸菌などを滅菌させた処理水を海へ放流するのが一連の流れです。

この一連の流れはほぼ全て機械が行なってくれるので、下水業務員が何か肉体労働をするといったことはありません。

 

処理水が正しい数値内に収まっているかを監視したり、数値が異常値の場合は塩素や酸素の量を増やしたりといったことを行います。

ザックリ言ってしまえば監視業務が主な仕事です。

ポンプ場においてポンプ運転業務

私たちの生活排水は、まずは下水ポンプ場と呼ばれる施設に流れ着きます。

そこでトイレットペーパーや砂などのゴミを機械で取り除かれた生活排水を、ポンプの力によって下水処理場まで送ります。

このポンプの運転をするのが下水業務員の主な仕事です。

 

ポンプの運転といっても近年では全自動なので、下水処理場と同様、主な仕事は監視業務となっております。

ポンプ場は生活排水だけでなく、降雨による雨水もポンプで排水します。

降雨による雨水は量が尋常じゃないため、下水処理場ではなくそのほとんどをポンプにより海へ直放します。

 

晴天時はほかの技能労務職(調理員、清掃業務員など)よりも仕事は少ないのである意味暇なのですが、降雨があった場合は夜通しポンプ運転をするケースもあるため激務な仕事といえます。

他には、マンホールの中に据えられている小型のポンプを車で巡回しながら点検するといった業務も行っています。

何歳まで受けれる?資格とかいるの?


自治体にもよりますが、下水業務員の試験は35歳くらいまで受験資格があります。

普通、一般職の試験の受験資格は30歳までという自治体がほとんどですが、下水業務員をはじめとした技能労務職の多くは35歳まで受けれる自治体が多くなっています。

 

これは、民間企業を辞めて中途採用で公務員になりたい人のために、少しでもチャンスがあるように一般職よりも受験資格の年齢幅を広くしているという配慮があってのことです。

下水業務員を受験するのに何か特別な資格は必要ありません。受験資格のある年齢の方なら義務教育さえ受けていれば誰でも受験することができます。

 

ただし、公用車に乗って様々なポンプ場を巡回したり、夜中の突然の降雨のために呼び出しがかかるといった自治体も多いため、普通運転免許くらいは持っておいた方がいいでしょう。

もし下水業務員の受験を考えていて、まだ普通運転免許を持っていない人は試験までに取っておいて損はないと思います。

下水業務員の1日の勤務内容は?


下水業務員は8:30~17:15が勤務時間となっています。そして昼休憩は12:00~13:00の1時間で、自治体によっては12:15~13:00までの45分となっている所もあります。

下水処理場とポンプ場で若干仕事内容の違いがありますが、午前中の主な仕事は見回り業務です。

・機械が正常に動いているか

・電流値は適正な値か

・ポンプの試運転

といったような仕事を行なっています。

 

午後からは午前中に何か機械などにトラブルがあった際、原因を解明して、自分たちで直せるようであれば修理をするといった仕事をします。

業者でないと直せない案件に関しては、担当の職員に見積もりを取らせて、修理または工事を企業に発注するといったことを行います。

 

また、自治体によっては24時間体制のところもあります。

いわゆる夜勤を行っているということですね。

夜勤については自治体によって勤務体系がまちまちのようですが、主な仕事は監視業務なので、何もトラブルがなければ特別何か仕事があるわけではありません。

下水業務員は異動あるの?その頻度は?


下水業務員にも異動はあります。

下水業務員の異動先はその自治体にある各下水処理場、もしくはポンプ場なので、比較的異動場所は多いといえます。

自治体によっては処理場とポンプ場を合わせると100を超えるケースもあります。

 

そして異動の頻度ですが、市役所や区役所で働く一般行政職の職員と同様、3~5年程度での異動が一般的です。

なので、最初に配属された下水処理場またはポンプ場で定年まで勤める、といったことはありません。

 

また、下水業務員として採用されたので、下水施設の維持管理以外の仕事をさせられることはありません。

「来年4月からは区役所の窓口で働く」なんてことにはなりませんので、全ての部・局に異動させられて、全く畑違いの仕事を異動のたびにしなければならない一般行政職に比べたら異動のストレスは少ないと言えます。

下水業務員はどんな試験問題が出るの?


技能労務職の試験というのは、地方初級レベルの一般教養試験が行われるのですが、下水業務員の試験もこれと同様です。

下水業務員の試験は清掃業務員、学校用務員などと同一の問題で、問題数は50問(自治体によっては40問)の一般教養試験が行われます。

 

数的処理、日本史、世界史、地理、物理、化学、生物、時事問題など、一般的な公務員試験と同様、様々な科目から出題されますので、技能労務職といえども本腰を入れて勉強しなければ合格することは難しいでしょう。

技能労務職の中でも調理員は調理に関する専門的な問題が出題されますが、下水業務員の試験では下水に関する何か特別な問題というのは出題されません。

 

ちなみに、実際に自治体の技能労務職の採用試験で出題された問題を「知りたい」「解いてみたい」という方は、82問掲載されたnote(ノート)がワンコイン(500円)で販売されています。

これから試験を受けられる方は購入しておきましょう。

▶︎実際に自治体の試験で出題された82個の問題はこれだ!

▶︎技能労務職の問題集(note)はこちらから

下水業務員の教養試験対策は?


技能労務職の筆記試験は、一般的な公務員試験と同じく一般教養試験が課されます。

先ほども少し触れましたが、地方初級公務員試験と同じくらいの難易度の問題が出題されますので、勉強方法としては地方初級の公務員試験の問題集などを解けばいいでしょう。

 

技能労務職の試験の問題や勉強方法については、技能労務職の採用試験の難易度と、過去に出題された問題はこれだ!の記事で紹介していますので、合わせて読んでみてくださいね。

リンク先の問題がほとんど解けなかったという人は、はっきりと言うならば試験に合格するのは難しいでしょう。

 

技能労務職といえども試験で点を取れないことには合格できません。

しかし、「やっぱりわたしが公務員になるなんて無理だったんだ・・・」と簡単に諦めないでください!

先ほどの問題がほとんど解けない人でも、独学での勉強を諦めて公務員専門学校、もしくは通信講座で試験勉強をしっかり行えば技能労務職の試験は必ず合格できます!

 

後ほど紹介していますが、技能労務職の仕事というのは民間委託などで、どんどん縮小傾向にあります。

あなたが今年度受けようとしている清掃業務員の試験が今年限りで、来年からはもう新規採用が無い・・・ということも十分可能性があるからです。

 

なので、1年でも早く公務員試験に合格する必要がありまして、そのためには1回のチャンスも無駄にしないでくださいね。

公務員専門学校、もしくは通信講座を利用した方がいいと言いましたが、一般行政職を目指す訳ではないので、受講料の高い公務員専門学校の大手であるLECやTACといったスクールに通う必要はありません。

受講料のリーズナブルな専門学校もありますので、そちらを利用すれば清掃業務員の試験に合格することは十分可能です。

 

講義の動画をスマホやパソコンで見ながら、いつでも好きな時間に勉強したい人には、WEB通信に特化したクレアールがおすすめです。

午前中空いた時間や夜寝る前など、自分の好きな時間に勉強できるので、クレアールは忙しい社会人にはもってこいの公務員専門学校なんです。

学校を街中に構えていない専門学校なので、その分受講料がリーズナブルなのもおすすめポイントですよね。

 

また、もっと受講料を抑えたい人はヒューマンアカデミー通信講座『たのまな』がおすすめです。

こちらは教材が送られて来て、そちらを見ながら勉強するといった学習システムになっています。

どちらがいいかすぐには決めれないと思いますので、まずはクレアールとたのまな両方に資料請求をして、両社を比較してみてください。

当然ながら、資料請求は無料で行えますし、資料請求したからといってしつこい勧誘は一切ありませんので、安心して利用してみてくださいね。

↓クレアールとたのまなへの資料請求はこちらから↓

クレアールたのまな

下水業務員の試験の倍率はどれくらい?


下水業務員の試験の倍率がどれくらいなのか、実際に行われた試験のデータを見てみましょう。

こちらは広島市の下水業務員(技能労務職)の過去の採用試験結果です。

最も倍率の高い年は90.5倍と、一般行政職よりもはるかに高い倍率となっています。

その年によって受験者数にバラつきがあるので調べてみると、受験者数が多い年は清掃や学校用務といった他の技能労務職の採用試験が行われなかったために、下水業務員に人が集中したようです。

 

自分が受けるときにその他の試験が行われるかどうかによって受験者数が変わってきますので、そこはもう運によるものが大きいんです。

続きまして、こちらは岐阜県関市の平成29年度の採用試験結果です。

このように、自治体によって技能労務職は受験者数の人数の多い・少ないが非常にハッキリしているので、なるべく競争相手が少ない試験を受けたいのであれば、採用試験がどこであるかの情報をアンテナを張ってチェックしておきましょう!

下水業務員の給料はどれくらいもらえるの?


下水業務員は技能労務職であるため、市役所や区役所で働く一般行政職の職員に比べると基本給は低く設定されています。

しかし、技能労務職といえども立派な公務員であるため、給料は安定していますし、ボーナスに関しては一般行政職の人と同じヶ月分夏と冬に支給されます。

 

下水業務員が技能労務職の中でも特殊なのは、夜勤があったり、下水は水道と同じくライフラインであるため土日・祝日も出勤する形態の自治体も多くあることです。

公務員は月曜から金曜まで8:30~17:15が就業時間というイメージが強いかと思いますが、下水業務員はシフト制で働いている自治体も多くあります。

 

なので、夜勤手当や祝日勤務手当(残業扱い)がつくことで、他の技能労務職はおろか一般行政職よりも給料が多いことも珍しくありません。

「技能労務職は給料が安い」という理由で敬遠されがちですが、下水業務員に関しては様々な手当や時間外勤務手当がつきますので「給料が低くて困る・・・」という心配はないでしょう。

 

技能労務職の試験を受けるのに清掃か下水か学校用務で迷っているという人は、給料の観点から下水業務員を選ぶことは悪くない選択だと思います。

それと、出世願望がある人に知っておいてもらいたいのが、技能労務職で採用されると途中で出世が頭打ちになります。

 

下水業務員でいうと「課長補佐」や「次長」という役職くらいまでで頭打ちなので、「課長や部長まで出世して稼ぎたい!」という人は、技能労務職ではなく一般行政職で入庁したほうがいいということになります。

下水業務員のこれから


下水業務員の仕事は多くの自治体で民間委託が進んでいます。

また、まだ民間委託ではなく役所が直営で行なっている場合でも、すでに新規採用をストップし、段階的に民間委託を考えている自治体が多くなっています。

 

「民間委託されたらせっかく公務員になったのに仕事を失うことになるんでは・・・」と不安に思う人もいるでしょう。

しかし、役所というのは現役職員を正当な理由なしにクビにすることは滅多にありません。

 

先ほども説明した通り、新規採用をストップして自然減少の形に持っていくのがセオリーなので、言いかえれば入庁さえしてしまえば高い確率で定年までは公務員として面倒を見てもらえます。

ただし数年前、大阪市において例外的な事例が発生しました。

 

橋下前大阪市長の方針で、技能労務職の新規採用を停止するだけでなく、一部の現業(技能労務職)職場が廃止されました。

その一部になってしまった大阪市の下水業務員は、任用替え(試験を受けて行政職に身分を変更する制度)した職員を除き、大阪市と民間企業が共同出資して設立した「クリアウォーターOSAKA」という会社に移籍しました。

 

簡単に言うと、公務員の身分を捨てて民間企業の社員となったということです。

これらの詳しい話は、民営化?存続?技能労務職(現業)の今後はどうなるのか徹底解説の記事で紹介していますので、興味のある方は読んでみてくださいね。

まとめ

  1. 下水業務員は、下水処理施設の維持管理が主な仕事
  2. ポンプ場勤務の職員は突然の降雨で呼び出しがあることも
  3. 資格は無くても受験できる
  4. 手当や時間外により技能労務職の中では最も年収が高い
  5. 試験の難易度は地方初級公務員試験と同レベル

下水業務員の試験といえども、学校を卒業して何年も勉強から遠ざかった状態で挑むのは大変だと思います。

なので、比較的リーズナブルに利用できる公務員専門学校であるクレアールもしくは「たのまな」を利用して、効率的に勉強することも考えてみましょう。

 

まずは両社に資料請求して、どちらが安いか、そしてどちらが自分に向いているか比較検討してみましょう!

↓クレアールとたのまなへの資料請求はこちらから↓

クレアールたのまな

大阪市のような例外もありますが、公務員は基本的になってしまった者勝ちなので、技能労務職といえども採用されたら定年まで公務員として働き続けれる可能性が高いんです。

なので、「今年ダメでもまた来年・・・」という甘い考えでいては厳しい試験を勝ち抜くことはできませんし、来年もう採用試験がない可能性だってあります。

1度のチャンスも無駄にしないためにも、公務員専門学校や通信講座を利用して、1年でも早く公務員になりましょう!

 

技能労務職の試験問題を知りたい方へ

社会人から公務員へ転職する方へ

技能労務職の試験でも論文が出題される自治体はあります