副業

自治体が勧め始めた公務員の副業。あなたは何もしないままですか?

政府は「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする。企業が就業規則を定める際に参考にする厚生労働省の「モデル就業規則」から副業・兼業禁止規定を年度内にもなくし「原則禁止」から「原則容認」に転換する。複数の企業に勤める場合の社会保険料や残業代などの指針もつくる。働く人の収入を増やし、新たな技能の習得も促す。

「副業・兼業」を推進へ 厚労省がガイドライン案提示、来年度から周知:産経ニュース

 

副業というのは日本人の今までの価値観からはなかなか受け入れがたいことかもしれませんが、やらないと豊かな生活ができない時代が確実に近づいています。

先ほどの引用文は、民間に勤めるサラリーマンを対象とした政府の副業推進の文言ですが、神戸市や生駒市といった自治体で副業が解禁されたように、公務員にも副業の波は確実に押し寄せてきています。

とはいえ、公務員の副業となるとおそらく賛否両論の「否」が多いんだろうなぁと思ったので、世間の声を調べてみました。

世間の声を要約してみる

  • 最近公務員で副業をされている方が増えてきた
  • 公務員が副業解禁したら給料下げられる
  • 能力の高い人材を抱えているのが役所だから副業奨励すべき
  • 本来なら副業やらなくても済むくらいの給料が欲しい
  • もうすでに副業(不動産投資)始めてる

思ったよりも否定的な意見ばかりじゃなく、どんどん推奨すべきといった声が多いので驚きました。

中にはもうすでに副業を始めているツワモノも!

 

これだけ「公務員の副業」について世間が関心を持ち始めているということが言えますね。

とは言え、世の中には副業と聞くと「よく分からない」「難しいから自分には無理」といった人も数多くいるのが現実。

本文では、

副業にも色々種類がある

副業は実は簡単にできる

ということについて書いています。

「やり方がよく分からないけど副業には興味がある」という人は、本文を読んで副業についての知識を今から身につけておきましょう。

副業にも色々種類がある


多くの人にとって副業と聞くと、以下の感じではないでしょうか。

  • 副業なんて簡単にできない
  • 副業したら過労になる
  • 副業する余裕なんてない

副業というと、本業とは別の会社で雇われたりアルバイトをするといった発想しかなければそう思うかもしれません。

全然そんなことはないですよ。

現代ほど副収入を得やすい時代はないですし、副業は過労になるという考え方もどうなのかなと。

というよりもまずは分かりやすく、「副業」というよりは「お金儲け」という観点で考えてみましょう。

副業は誰にでもできる

副業と聞くと難しく考える人がいますが、要はお金儲けです。

ヤフオクやメルカリで要らない物を売って、お金にするのも立派な副業と言えます。

また、プレミアが付きそうな物を買って、それを未使用のまま高値で売るというのも上手くいけば儲かりますね。

 

価格差でお金を儲けるのにオススメなのがメガネ。

実はここだけの話ですが、メガネってプレミアが付きやすいんです。

定価2万円の物が4万円で売れるなんてことも珍しくありません。

 

そして、プレミアがつく物を探すコツはドラマで使われているもの。

たとえば大人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で星野源さん演じる平匡さんが着用していたオリバーピープルズのメガネは、即品切れになってネットで高値で取引されていました。

他にも最近で言えば白石麻衣さんが着用した衣装などもプレミアが付きやすいみたいですね。

このようにタレントが着用するものにアンテナを張っておいて、ブランド名と商品が分かり次第即購入してそのまま売る、いわゆる「せどり」はけっこうお金になるんです。

▶︎メルカリで要らないものを売って、副収入を得る経験をしてみましょう

▶︎メルカリの公式サイトはこちらから

スキルは金になる

英語が得意な人はUpworkで、外国人に日本語を教えるといったこともできるようです。

私は英語がこれっぽっちも話せないので、詳しいやり方は説明できないのですが・・・

 

ほかにも例をあげると副収入を得る方法はいくらでもあります。

ぶっちゃけて言うと、知る・知らないによってお金稼ぎの難易度は圧倒的に変わってきます。

副業ができないという人は、ただ単に情報弱者なだけといえますね。

せどりのように、家にいながらスマホさえあればできるお金儲けも数多くあるのですから、素晴らしい世の中になってきてますね。

「副業は難しい」という発想を変えるべき

「副業は難しい」「過労になる」といった発想はまず捨てるべきです。

仕事を終えて家に帰り夕飯、風呂を済ませたら夜21時。

寝るのが24時だとすると残りは3時間。

1日に自由に使える時間はこれだけなのに、副業でさらに負荷をかけたら身体がもたないですよ。

 

あなたは公務員としての収入があるので、たとえ副業で稼げなくても生活には困らない。

なので、最初から稼ぐことばかりを考えずに、

  • 興味があるもの
  • やってて楽しいもの

をまずは始めてみるべきですね。

よくある質問:副業は儲からない?


元も子もないことを言えば、それはあなたのやり方次第。

先ほどの転売ネタもそうですが、家にいながら収入を得る方法はいくらでもあります。

「これはプレミアがつく!」というアンテナの精度が高いか。

また、お金に変えることができるスキルをこれまでの人生で培ってきたかどうかが一番重要ですね。

 

ちなみに、副業が儲からないという考えは勘違いということについては、下記の記事で解説しています。

スポンサーリンク




副業で稼いで役所を辞める必要はない。けど、稼ぐ経験は身につけておくべき


世の中には副業、とくにブログやアフィリエイト報酬で役所の月収をはるかに超える額を稼いで、公務員を辞めた人もたくさんいます。

副業で稼いで公務員を辞めろとは言いませんが、自分で稼ぐ経験をしておくのはアリだと思います。

公務員の副業を全国に先駆けて解禁している生駒市の市長さんもインタビューで答えているので抜粋しますね。

稼ぐ力をつけるための教育に取り組むんだと言っても、稼ぐことをしていない公務員には、よく分からないわけですよね、正直。他にも、地域活性化とか産業振興も「お前ら金稼いだこともないくせに何言ってんねん」とか言われてしまいますが、やっぱり経験することによって、僕らもこんなことして稼いでますと言えるようになりますしね。
最近ではさらに一歩踏み出して、お金を自分で稼ぐ経験を職員も持っておいた方がいい、と言っています。

「本業ができてから副業でしょ」なんて全然ダメ!~生駒市・小紫市長インタビュー(前編)~

さすが全国に先駆けて副業を解禁している市長さんは考え方がスマートですね。

要するに、自分でお金を稼ぐことで仕事の行動にも責任が出て、発言にも説得力が増しますよ!ということ。

世の中には「公務員は副業禁止だろ!」と頭ごなしに否定する人もいますが、まずは自分に合った方法で「1円でもいいので稼ぐ経験」を積んでみることが第一歩につながるのではないかなと。

 

今回は以上です。

副業について勉強し、行動を起こさないと取り残される時代がもうすぐそこまで来ていますので、今のうちからなるべく早くトライしてみましょう。

 

公務員がブログで副収入を得るための基本を学ぶ

公務員がWordPressでブログを始める方法

公務員がアフィリエイトで簡単に10万円稼ぐ方法