公務員の出世・仕事論

公務員って左遷や降格ってあるの?出先機関に行かされるってヤバい?

お悩みさん
お悩みさん
・公務員って左遷とか降格ってあるの?

・出先機関は左遷とかよく言われるけど・・・

・公務員の左遷や降格について教えてほしい

こんな疑問にお答えします!

 

本記事では、

  • 公務員の左遷・降格の実態
  • 私が見た左遷の真実

について解説しています。

 

公務員として20年働いた私が見てきた経験談を元にお話します。

左遷や降格について詳しく知りたい方はぜひ記事の最後までお付き合いください。

公務員の降格の本当のところ

まず降格についてです。

たとえば、課長から課長補佐に役職がランクダウンするとかってことですね。

公務員は懲戒処分による降格がルールとしてありますが、私が某政令指定都市で20年間勤めた間に降格は聞いたことがないですね。

 

  • 公の場で露出
  • 盗撮
  • 痴漢
  • 金品の横領

 

職員による上記の不祥事はたまに起きる案件ですが、それにより降格したというケースは私の知っている限りありません。

不祥事により減給や停職にあった人を見聞きしたことはもちろんありますが、役職がダウンしたというのは全国的に見てもレアケースだと思います。

なので、ルール上、公務員の降格はあるけど、実行されたことはほぼ無い!と考えいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク




公務員の左遷の本当のところ

次に左遷についてですが、降格とは違い、ルールに明記されていません。

そりゃ「◯◯に飛ばされたら左遷」みたいな暗黙のルールはありますが、それを公に定める訳にはいかないですからね(笑)

どこに飛ばされたら左遷扱い?

ルール上明記されていないだけで、降格とは違い左遷はあります。間違いなくあります。

よくある事例は次の通りです。

 

本庁に勤める課長補佐が不祥事により減給処分を受ける

翌年の人事異動で出先機関に次長(役職的には課長補佐と同クラス)として飛ばされ、二度と本庁には戻って来れない。

 

課長補佐と次長は同ランクの役職ですが、厳密には課長補佐の方が格が上。

出世コースに乗っかっている人は本庁で課長補佐として働き、出世コースから外れている人は出先機関で次長とか係長といった役職名で働くケースが多いんです。

この話のように、市役所や都道府県庁には暗黙の了解として「出世コースの人が配属される部署」や「もう出世の目がない人がいく部署」というものがあります。

なので、出世の目がない部署に飛ばされた=左遷を喰らったということになりますね。

赤ずきん
赤ずきん
ちなみに、公務員の出世コースの花形についての話は以下の記事で解説しています。
スポンサーリンク




まとめ

  1. 降格はほぼ無い
  2. 左遷はルール上はないけど実際はある
  3. 出先機関は左遷扱いのケースが多い

 

公務員の降格・左遷事情についてお話しました。

民間企業は仕事で結果を出さないと降格されるなんてことは珍しくありません。

なので、公務員はルール上明記されているけど実際降格されるケースはほぼ無いことから、やはり労働環境として温いですよね。

 

出世するのに試験制度が採用されている自治体もありますが、それはまだまだ一部。

ほとんどの自治体が年功序列を軸にして、要領のいい上司に擦り寄るのが上手い人が出世しているという事実があります。

もしあなたが出世したいなら、仕事が出来る出来ないよりも「出世に必要な処世術」を身につける方がコスパがいいですね。

何がなんでも出世したい公務員の方へ

出世コースに乗っていない、短大卒もしくは高卒だから出世を諦めている、そんなあなたに1つだけ勧めたい武器がある。

それは仕事をフルパワーで頑張れという精神論でも、とにかく資格をとって勉強しろという根性論でもない。

公務員が出世するために最も効果を発揮できるものが1つだけある。

それがこの上司からの評価アップを狙う!本気で出世したい公務員が知っておくべき「パーフェクト処世術」

 

他でもない、この処世術を知らないばかりに、いつまでも評価されることなく出世から遠のいてしまう苦い思い出をあなたに味わって欲しくないからこういっているのだ。

あなたも知っていると思うが、公務員は日々の頑張りや能力ではなかなか評価されにくい。

人よりも頑張っているのに世渡り上手だけが取り柄の奴に出世レースで負けるなんてこともザラである。

 

公務員の出世はコミュニケーション能力がモノを言う

出世したければ上司と上手く付き合う必要があるのだが、ここで『上司からの評価アップを狙う!本気で出世したい公務員が知っておくべき「パーフェクト処世術」を知らないと悔しい思いをする。

分かっていると思うが、公務員が出世するにはコミュ力がモノを言う。

仕事で優劣がつけにくいからだ。

あなたが仕事の頑張りだけで出世しようと思っているなら、ぶっちゃけコスパが悪すぎるのでオススメしない。

多くの人は実力で出世を勝ち取ろうとするが、なかなか上手くいってないのが実情である。

考えてみてほしい。

仕事ができる部下と可愛げだけが取り柄の部下を。

あなたが上司だったとして、どちらを出世させてやりたいかと聞かれたら後者を選ぶのではないだろうか。

 

公務員の出世はときに理不尽である

たしかに努力してればいつかは報われると思うかもしれない。

でも、現実は違うのだ。

頑張っているのに評価されるのは自分よりも仕事が出来ない奴で、その理不尽さが嫌になってだんだん仕事に行くのが辛くなっていくものである。

途中でそのことに気づいても時すでに遅し、出世するには年齢を重ね過ぎてしまった・・・という羽目になる。

そんな思いをあなたはしたくないですよね?

『上司からの評価アップを狙う!本気で出世したい公務員が知っておくべき「パーフェクト処世術」』を知らなかったばっかりに出世の目が消える。

そうならないで欲しいと心底思っている。

▶︎出世はちょっとしたコミュニケーションテクニックで勝ち取れる!

▶︎上司からの評価アップを狙う!本気で出世したい公務員が知っておくべき「パーフェクト処世術」

 

高卒はデメリットばかりじゃない!

出世できる人にはある特徴があった

出世したいなら独身でいるとヤバイ!?