面接

公務員試験の面接に合格したい人必見!コツは場数を踏むことにあった!

猛勉強の甲斐あって公務員試験の1次筆記試験は合格できるんだけど、いつも面接試験で落ちてしまう。

「あともう一歩なのに・・・」と自分の不甲斐なさに情けなくなるかもしれませんが、

実は面接に苦労している人ってたくさんいるんですよね。

しかし面接に苦戦してる人がたくさんいるとは言え、せっかく筆記試験は通過しているのに毎回面接で落とされたらどうしたらいいか分からなくて泣きたくなりますよね。

・面接のノウハウは勉強してるのになぜか落とされる

・毎回面接で緊張して実力が出せない

・集団面接でどう振る舞うのが正解か分からない

など、面接の疑問や不安って人それぞれ抱えていることと思います。

もし面接で毎回落ちてしまったらどうしたらいいのでしょうか?

面接で落ちてしまう理由というのは人によって色々あると思いますが、多くの人に共通する原因は「面接の場数が足りない」ことです。

面接のノウハウ本を買って読んだり、ネットで情報を集めたり、公務員専門学校で講師から面接のトレーニングを受けている人もいると思います。

しかしそれだけでは面接試験を上手にこなすには不十分なんです。

ここでは、公務員試験の面接、もしくは民間企業の面接など、就職に関する面接試験全般でいつも結果が出なくて壁にぶち当たってしまっている時に、どのようにすれば面接試験を突破できるかについて解説しています。

どうか面接不合格にへこたれず、自分の力と努力で合格を勝ち取ってください。

 

▶︎公務員試験の論文の「最強のテンプレート」を知りたい人はこちらから

▶︎公務員試験の論文の正しい書き方【これさえ読めば論文は怖くない】

ノウハウコレクターになってないですか?


面接の攻略法を書いた本や、インターネットでの面接のノウハウなどは数え切れないほどあります。

それらを出来るだけ目を通しておくことは悪い事ではありません。

しかし、ノウハウをたくさん読んだからといって全て身になっていると勘違いしてはいけません。

プロ野球選手の投球術を学んだからといって150kmの速球が投げれる訳ではないし、中村俊輔選手のFKの蹴り方を見たからといって同じようには蹴れないのと一緒で、面接のノウハウを読んだからといってすぐそのまま実践できる訳ではありません。

多くの人がノウハウを読んだらもうマスターした気になって、次々と本やインターネットの情報に触れ続けているんです。

ノウハウを学ぶのはいい事ですが、最も大事なのはそれらを実践して自分の身にしていくことです。

情報をインプットしたらしっかりとアウトプットしましょう。

本番の面接や模擬面接の場でもいいので、新しく得た知識をまずは試してみましょう。

そうしていくことで、気がついたらスラスラと面接の場で自己表現ができるようになって、自分自身の成長に驚くはずです。

緊張して面接で上手く話せない


面接で落とされる理由として1番あるあるなのは「緊張して上手く話せなかった」ではないでしょうか。

公務員試験の面接ではスラスラと一度も噛まない、もたつかないで話さないといけない必要はないのですが、それでも常識の範囲内でなめらかに話す必要はあります。

「えーと、」

「うーん、それは・・・」

といったように、質問のたびになかなか言葉が出てこないようではやはり印象が悪くなってしまいますからね。

面接で緊張して上手く話せない原因もだいたいは場数の少なさからきているので、面接の場数さえ増やしてやれば簡単に解決できます。

なので、面接で結果が出なくて困っている人は模擬面接でもいいので、とにかく面接形式で話しをする練習の場を増やしてみましょう。

面接の模擬試験は公務員専門学校などで行われています。

実際に学校に通うのが難しい人でも自宅にいながら勉強できる「WEB通信」という学習方法を選べば、自分の自由な時間に勉強ができるのでスケジュールを立てやすく勉強もはかどります。

そして資格の大原のように、面接試験対策についてはスカイプなどで本番さながらの状況で行なってくれる専門学校もあります。

集団面接ってどうするのが正解なの?


私が公務員試験を受けた頃にはすでに集団面接を行う自治体が増えていました。

最近、受験者数の多い自治体では2次試験で集団面接、そして最終試験で個人の面接と、最終合格までに2度も面接を行っています。

あなたが面接以上に頭を悩ませているのがこの集団面接ではないですか?

集団面接で多くの受験生が悩むのは以下の理由からだと思います。

・人よりも多くしゃべって目立てばいいのか

・でしゃばるよりも少し引いた方がいいのか

・そもそもの立ち振る舞い方が分からない

集団面接なんて日常生活の中でも経験することが無いので戸惑うのも仕方ありません。

では集団面接の中では、どのように振る舞うのが正解なのでしょうか?

集団面接ではまず最低限守らなければならない事がいくつかあります。

・他の人の話をしっかり聞いておく

・むやみやたらにでしゃばらない

・あまり喋らないのは論外

・バランサーに徹する

これだけ守っていればマイナス要素は無いので余程のことがない限りは落とされることはないでしょう。

なので、日頃から周囲の会話には敏感になり、しっかりと意識して訓練しておくことが大事です。

ところで、集団面接では必ずといっていい程ガツガツでしゃばって話をする人が1人はいますよね?

そのような人は十中八九落ちるので気にしないで構いません。

「自分も負けずに喋らないと!」

などと、後を追ってでしゃばるとあなたも一緒に試験に落ちてしまうので気をつけましょう。

集団面接の中で面接官が見ているのは「集団の中で調和を取る能力」だったり、

「周囲の話をしっかり聞いて流れを読む能力」です。

・今誰がどうのような話をしているのか

・その意見に対して自分はどのように思うのか

・暴走する受験生が出現したらどう立ち回るのか

これらを瞬時に判断して的確に自分の意見を述べるには、やはり1度や2度の経験ではなかなか上手くいきません。

そのためにも、あなたの本命の公務員試験の前に、練習がてら面接を受けれるだけ受けておく必要があります。

面接慣れしてないから面接試験で落とされる


面接で落とされた理由を自己分析するとほとんどの人が「緊張して上手く喋れなかった」と答えると思います。

では面接に落ちた理由というのは本当にそれだけでしょうか?

面接官が見ているのはあなたが質問に対してどう答えたかの「話の内容」だけだと思っていませんか?

もしそう思っているなら、あなたは今後何回面接を受けても落ちてしまうでしょう。

なぜなら、面接官が見ているのはあなたの話の内容だけではないからです。

結論から言うと、面接官は話の内容に加え、あなたの立ち振る舞いを見ています。

・背筋がしっかり伸びて姿勢はいいか

・ハキハキと大きい声で話しているか

・話す時に鼻や口周りなどを触る癖がないか

など、会話とは別の部分を実はしっかりと見ています。

そして、「会話の中で主語と述語はちゃんとしているか」なども意識してよく聞いています。

これらの事を全て初めての面接から上手くできる人はなかなかいません。

面接官がマイナス要素として感じないように立ち振る舞うにはやはり面接経験を増やすほかにありません。

あなたが成功するには失敗しながら試行錯誤を重ね、成功にたどり着くのが1番の正攻法です。

しかしなるべくなら公務員試験本番で失敗はしたくないですよね。

だったら面接の練習の場でこれでもかというくらい失敗を重ねましょう。

そして本番ではしっかりと仕上げて、100%の状態で臨みましょう。

面接の場数を増やす裏技はこれだ!


公務員試験は毎週どころか毎月すら行われていません。

あなたがある程度選り好みをした場合、受けれる試験の数は年に5つもないでしょう。

その5つの試験全て筆記試験を合格できれば面接試験を最低5回は受けれることになりますが、現実はそんなに上手いことはいかないでしょう。

「じゃあ面接の場数を増やそうにもどうしようもないじゃないか」

と思うかもしれませんが、実は面接の場数を増やせる裏ワザがあるんです。

それは、「民間企業の面接試験を受けに行くこと」です。

新卒で就職活動して民間企業の採用試験を受ける場合、1次で筆記試験やSPIの試験を行い、2次で面接試験を行う企業がほとんどのため、そう簡単には面接を受けることができません。

しかし「転職サイト」を利用して採用試験を受ける場合、その多くは筆記試験がなくいきなり面接試験を受けることができます。

この制度を上手く利用して面接の場数を増やせるといった訳です。

転職サイトでは様々な求人情報が載っており、その中からあなたが気になる企業をピックアップして、採用試験のアポを取って転職採用試験を受けに行くことができます。

転職サイトは便利なのですが、数があり過ぎてどこを利用すればいいのかイマイチ分かりにくいのが難点なんです。

そんなどこの転職サイトを利用すればいいか分からないというあなたにオススメなのが、リクナビNEXTです。

リクルートが運営するリクナビNEXTという転職サイトは、新卒やフリーターといった若年層から、30代・40代といった中堅サラリーマンまで幅広い年代に合った求人情報が載っています。

そしてリクナビNEXTの登録会員数はなんと700万人。

転職を考えている人の大半が登録してると言ってもいい程の大規模な転職サイトとなっています。

リクルートという誰もが知っている大手が運営してるサイトなので、まずは面接だけでも受けに行きたいあなたにとって、安心して利用できる転職サイトと言えます。

なのでリクナビNEXTを利用すると、スムーズに面接試験を受けれる会社を見つけることができるので、今ここでアカウントを作るだけでもしておきましょう。

「いきなり面接を受けに行くのは勇気がいる・・・」

というあなたもまずは無料登録をしてみて、リクナビNEXTにどんな企業の求人が掲載されているか検索して見てみましょう。

軽い気持ちで眺めていたら、意外にもあなたに合った会社が見つかるかもしれませんよ!

転職サイトは自分で企業を検索し、自ら企業にアポを取って採用試験を受けに行くサイトだと先ほど説明しましたが、面接のアポ取りなど全てを担当のアドバイザーが行なってくれるサイトもあります。

それは「転職エージェント」といって、転職サイトと大きく異なる点は、転職エージェントはあなた担当のキャリアアドバイザーがついてくれて、あなたの希望する条件に合った求人を紹介してくれます。

しかも紹介するだけじゃなく、面接試験の日程や給料の条件など全てキャリアアドバイザーが企業とやり取りをしてくれるので、あなたは日程が決まれば面接を受けに行くだけでいいんです。

何から何までやってくれて至れり尽くせりな転職エージェントですが、やはり向こうも転職してもらおうと真剣に取り組んでくれるので、あなたに電話やメールで連絡を取ってくる事があります。

「ガンガン求人持ってこられるのめんどくさいなぁ」「とりあえず自分のペースで企業を探して面接だけ受けに行きたいなぁ」という人は、転職サイト(リクナビNEXT)をおすすめします。

さいごに


公務員試験の面接までは行けるけどそこで毎回落ちてしまった場合、精神的なダメージは非常に大きいと思います。

だけどここで諦めるのではなく、まずは面接試験に向き合うことからはじめてみましょう。

・なぜ面接に受からないのか

・緊張はどうすれば解消されるのか

・面接の経験を増やすにはどうしたらいいのか

分析していけば必ずあなたが面接試験において足りなかった原因が見つかります。

そしてその原因の多くは、面接の場数を踏んで経験値を増やせば解決することがほとんどです。

面接が不安で仕方ないという場合は、ぜひリクナビNEXTを利用して面接試験を受けて、面接の場数を増やしてみましょう。

ここで大切なのが、ただ面接を受けに行っただけではあなたの面接スキルがアップすることはありません。

受けに行く会社の事を自分なりに調べて、「いかにもその会社で働きたいんだ」という姿勢を見せれるようにしっかりと準備しましょう。

間違っても「面接の練習がてら来ました」というような姿勢ではいけません。

そもそも転職サイトや転職エージェントは本気で転職したい人向けのサービスです。

あなたが企業の面接試験に臨む場合、誠心誠意熱意を持って企業と向き合って来てください。

そうすれば面接での立ち振る舞いが上手くなり、面接試験の合格を勝ち取ることができるようになりますよ。

「どうせ練習だから」というような軽い気持ちで臨んでいたのでは、一向にあなたの面接レベルはアップしないですよ!

それにもし民間企業の面接を受けてみて、その会社に魅力を感じたならまずは就職してみるのもアリだと思います。

後々公務員を受けるにしても、やはりニートよりも職歴があった方が有利なのは間違いないですからね。

公務員と民間企業、二段構えで活動する事もできるので、ぜひリクナビNEXTに無料登録をしてあなたの公務員試験の面接レベルアップに役立ててみてくださいね。

【↓↓面接の場数を増やすのに使える転職サイトの登録はこちらから↓↓】

面接を受けに行くならリクナビNEXTで探してみましょう!

 

合格する人がみんなやってる自己分析

無料で面接対策を受ける方法

公務員試験の論文の最強のテンプレート