面接

「人は見た目が9割って本当!?」公務員試験ではどうなのか心理学を元に解説します

誰もがこれまでに1度は「人は見た目が9割」という言葉を聞いたことがあると思います。

実際、人の外見が大切なのは疑いのない事実ですが、公務員試験の面接においても同じことが言えるのでしょうか?

イケメン、美人だと、それだけで試験で優遇されるかどうか気になるところですよね。

このような疑問にお答えします。

 

本文では、

  • 「人は見た目が9割」の勘違い
  • 公務員試験で「人は見た目が9割」は通用しない

について解説しています。

 

そもそもですが、多くの人が「人は見た目が9割」の言葉の意味を勘違いしています。

なので、まずはその勘違いを説明しつつ、公務員試験では「人は見た目が9割」が通用しない話について書いていきます。

これから公務員を目指す人にとって、わりと参考になると思いますので、記事の最後までお付き合いくださいね。

「人は見た目が9割」の勘違い

心理学に「メラビアンの法則」というものがあるのですが、どういうものかざっくり言うと以下の通りです。

 

第一印象はほぼ「視覚情報」から得られる。

 

というものです。

これは言い換えると以下のことが言えます。

 

  • 話の内容よりも相手の容姿の方が印象に残る
  • 服装や表情で演出した方が相手に話が伝わる
  • プレゼンは内容よりも資料の見せ方の方が重要

 

要するに、人と会話をする際は話の中身が無くても、形から入ってハッタリをかます方が説得力があるということです。

こういったことから「人は見た目が9割」とよく言われるのですが・・・

実はこれは公務員試験に関していうと間違いというか、見た目が良ければ万事OK!というほど簡単なものではありません。

スポンサーリンク




公務員試験で「人は見た目が9割」は通用しない

当たり前の話ですが、見た目は大事です。

特に面接試験は面接官と初対面でのコミュニケーションなので、外見から人柄を判断されると言っても過言ではないでしょう。

 

面接官に好印象を与えたいのであれば、外見や表情を作って良く見せるようにセルフプロデュースするのが効果的なのは言うまでもありません。

しかし、「外見が9割ほどの重要性を持つのなら、話す内容は適当でも大丈夫だろう」というように思っていると、それは大間違いということになります。

公務員試験の面接では、受け答えの振る舞いと話の内容両面から「熱意と人柄」を判断されるため、話す内容をないがしろにすると大怪我をすることに。

なので、「自分はイケメンだから」とか「私は美人だから」といったようにあぐらをかいていると、面接で落とされるのは確実です。

見た目が大事とは言いましたが、まずはしっかりとした志望動機、そして自身の性格(強み)を深く把握して、それを自治体の仕事にどう活かせるかまでを論理的に説明できることが面接では最重要なんです。

スポンサーリンク




まとめ

心理学的には「人は見た目が9割」と言う言葉がありますが、面接試験に関して言うと以下の感じですね。

  1. 第一印象に見た目は大事だけど、受け答えがしっかり出来ないと論外
  2. 面接で何より大切なのは外見の良さではなく、あなたの熱意と人柄

 

採用者サイドからしたら、自治体に尽力してくれるやる気のある人材、そしてコミュニケーション能力に優れた人柄のいい人材を採用したい思いがあります。

なので、「自分は容姿に自信がないから・・・」とネガティブに考えるのではなく、自分のやる気と人柄を100%、面接官に伝えられるように面接対策をすることが重要です。

 

というわけで今回は以上になります。

これから公務員を目指す方は、見た目よりも面接官に自分を売り込むことを意識しましょう。

この記事があなたが公務員を目指す上で少しでも役に立てたら嬉しいです。