公務員になりたい

大手民間企業 vs 公務員 就職するならどっちがいいの?【注意点あり】

大手民間企業か公務員か・・・どっちに就職するか迷っている学生ってたくさんいると思います。

・せっかく大学に行ったからには学んだことを活かした仕事がしたい

・将来的なことを考えると公務員の安定は魅力的

どちらを選ぶにしても一長一短あるので、22歳という若さだとなかなか決めきれないのも仕方ないと思います。

そこでそんな悩める学生さんに向けて、

 

本文では、

大手民間企業 vs 公務員 就職するならどっち?

新卒で就職先を選ぶときに、注意すべきこと

について解説しています。

この記事を書いている私は、公務員歴が15年以上の市役所中堅職員。

ちなみに私は1年弱ですが上場企業(現在東証一部)への就職経験があります。

 

こういった職歴の私が「大学生が新卒で就職するなら大手企業 or 公務員のどっちがいいのか?」という疑問について答えようと思います。

結論をネタバレすると、民間企業、公務員ともに会社(自治体)によりけりなので「いつでも転職できるフットワークの軽さを持とう」という当たり前すぎる話なのですが、わりと参考になると思います。

大手民間企業 vs 公務員 就職するならどっちがいいの?


いきなり申し訳ないですが、一概には比較できないです。

公務員の方が、安定度は高い

まず間違いなく言えるのは、公務員の方が安定度が高いです。

当たり前の話ですが、大手企業といえども10年先はどうなるか分かりません。

潰れる可能性はどの会社にもありますし、会社が潰れなくてもあなたがリストラされる可能性だってあります。

 

私の友人は財閥系の大企業に勤めていますが、収益を上げれないプロジェクトはそのチームごと他社に売却のようです。
大企業に入ったからといって定年まで安泰・・・というわけではないという感じです。

大手は給料が良いけど、危険もある

よくある話として「大手企業は給料がいいし、安定している」というものがあります。

しかしこれはちょっと勘違いで、たとえば下記のような働き方は危険です。

 

  • 大手企業に就職して、給料は良いものの激務で残業に明け暮れる。
  • 大手企業に就職して、その安心感からか向上心を失う

たとえば上記の感じだと、ぶっちゃけあなたが定年までその会社で働くのは難しいでしょう。

 

たとえば大手広告代理店といえば誰もがうらやむような企業ですが、その実態は残業に明け暮れ精神的に病んでしまうといった感じです。

また、大手企業に就職したからといって向上心を失えば、その会社にとってあなたに価値がないので、たぶん定年を迎えるまでにクビを切られる危険性が高いです。

大切なこと:定年まで食いっぱぐれがないか

大企業だろうが公務員だろうがあまり関係なくて、大切なことは「定年まで食いっぱぐれがないか」だと思います。

大手に入っても結果を出せないとその後のキャリアは不透明ですし、公務員でも財政状況の悪い自治体へ入ると先行きは不安です。

体験談:私はまずは民間企業を選びました

大手企業とは言えませんが、私は新卒で上場企業への就職を選びました。

その理由は「公務員試験への勉強が間に合わなかったから」です。

なんとも情けない話で申し訳ないのですが・・・とはいえ本音の話です。

 

なんだかんだ「この企業だと仕事が楽しそう」といった考え方よりも、もっとシンプルに「ここだと食いっぱぐれなさそう」という仕事を選べばいいと思います。

世の中の大半の仕事はつまらないですからね。

仕事が楽しいと感じれる人ってある意味特別な人ですから。

それでも大手企業か公務員か決めれないなら、私のようにまずはとりあえず民間企業に勤めてみて、そこが嫌なら公務員へ転職するのでいいと思います。

 

条件の良い大企業へは新卒でないとなかなか入るのは難しいですが、公務員ならアラサーでも十分転職可能ですからね。

大手企業 or 公務員どっちがいいかは、実際に入ってみないと分からないですし、自分に合わないと思えばやめればいいんです。

人生は長いですし、一度失敗したからといって20代であればぜんぜんやり直しがききますからね。

とくに民間企業だと終身雇用という時代でもないですし、就職したら一生安心とかも無いですからね。

 

ちなみに、私が新卒で入った会社を1年足らずで辞めて公務員に転職した話は以下の記事で紹介しています。

スポンサーリンク




大学生が就職先を選ぶ際に、注意すること


大学生が就職先を選ぶ際に注意することは以下の3点です。

 

  1. ノルマがあるかどうか
  2. 実力主義かどうか
  3. 営業職かどうか

このあたりはどこの会社にも当てはまる定番の注意事項なので、詳しく書いていきます。

①:ノルマがあるかどうか

銀行や保険会社に多いですが、給料がいい代わりにノルマがあるというもの。

メガバンクなどでは30代で年収が1000万円を超える所も珍しくないですが、「給料が良い=激務」なのは間違いありません。

上昇志向があり、ノルマ・競争ばっちこい!ならいいですが、そうじゃなければノルマや競争が厳しい企業はぶっちゃけ個人的にはオススメしません。

なぜかというと、当たり前な話ですが精神的に壊れてしまうからです。

 

鋼のメンタルがあるのならいいですが・・・そういう人って少ないと思うので、ゆったりノルマなくほどほどの給料をもらう方が、人生の安定化につながると思います。

事実、銀行員から公務員への転職者は後を絶ちません。

 

ちなみに、銀行員から公務員に転職した当ブログの読者様の体験談は以下の記事で紹介していますので、合わせて読んでみてくださいね。

②:実力主義かどうか

ここは賛否両論あると思いますが、あくまでわたしの考えとして「実力主義の企業は無いな」と思います。

というのも、50歳過ぎてまで出世レースで消耗するのはしんどいですし、我々が定年を迎える頃には定年70歳になっているのはほぼ確実。

普通に考えて、その歳になって若い人に勝つのは無理な話ですし、勝てないということはそれはつまり「リストラされる」ことを意味します。

 

また、若い人の中には「年功序列はクソ」と思っている人っていますが、そんなこと言ってられるのも若い間だけですからね。

偏見があるかもですが、実力主義の仕事よりも年功序列の古い体質の方が精神的に楽に働けると思います。

③:営業職かどうか

これはあるあるな話なのですが、「学部不問」とか表向きは「IT業界っぽい雰囲気」だったとしても、実際は社員のほとんどが営業マンという会社があります。

 

営業マンの仕事が悪いとは言いませんが・・・営業の仕事は早く出世しないと悲惨なことになりますからね。

営業の仕事だとノルマからは逃れられないので、できれば営業ではない仕事を選ぶ方がいいと思いますよ。

 

ちなみに、民間企業ではなく公務員を志望する際に、後悔しない自治体の選び方については以下の記事で解説していますので、合わせて読んでみてください。

スポンサーリンク




「雇ってもらう」ではなく「働いてやる」というスタンス


就職先で悩む人もいますが、大切なことは企業(もしくは自治体)から「この人を採用したい」と思われることだと思います。

そうすればどの職場でも居心地よく働けますし、自分に合わないと思えば条件の良い会社に転職するだけです。

こういったスタンスが取れるように頑張りつつ、日々勉強に取り組み、コツコツと知識を積み上げていくことが大切だと思います。

お金と知識はどれだけあっても邪魔にならないですからね。

 

というわけで今回は以上なのですが、ざっくり言うと「大手企業よりも公務員の方が安定度が高い」ということです。

大手企業だと出世レースは過酷ですし、それに勝たなければ給料アップは望めない。

しかし公務員であれば、与えられたことをこなしておけばとりあえずクビはないですからね。

 

合格する人がみんなやってる自己分析

社会人から公務員へ転職する方へ

自分の市場価値を測定したい方へ